AKBと××!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AKBと××!
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 讀賣テレビ放送
プロデューサー 上野正樹
薮亀かおり(CP)
出演者 AKB48
エンディング AKB48関連の楽曲
外部リンク AKBと××!
開始から2013年3月まで
放送時間 月1回木曜25:08 - 26:08
(翌金曜1:08 - 2:08)(60分)
放送期間 2010年7月13日 - 2013年3月21日
2013年4月から2015年3月まで
放送時間 月1回木曜25:30 - 26:30
(翌金曜1:30 - 2:30)(60分)
放送期間 2013年4月18日 - 2015年3月19日
2015年4月から
放送時間 第4火曜25:29(翌水曜1:29)- 終了時刻不定(30分または60分)
放送期間 2015年4月28日 -
テンプレートを表示

AKBと××!』(エーケービーとちょめちょめ)は、讀賣テレビ放送で放送されているバラエティ番組2010年7月13日に放送開始。ハイビジョン制作。

概要[編集]

  • AKB48としては在阪局初のレギュラー冠番組。ネット局のない関西ローカル番組として放送される。
  • ××(ちょめ・ちょめ)とは、AKB48とコラボレーションさせる“何か”を意味する言葉。
  • 2010年10月28日から2011年3月までは、毎月第4木曜に放送されていたが、2011年度から第3木曜に変更されている[1]。2013年3月までの放送時間は原則25:08(翌金曜1:08)開始だったが、同年4月からは原則25:30(翌金曜1:30)開始(時間は前後する場合あり)。
  • 2011年10月からは、長崎国際テレビと、日テレプラスCSチャンネル)で放送が開始された。これにより日本全国で視聴できるようになった。しかし、長崎国際テレビでは2012年3月で、日テレプラスでは同年10月で打ち切りとなったため、関西ローカルに戻った。再放送も実施されている。
  • DVDが発売されている。
  • 2015年4月からは放送日時が第4火曜25:29(翌水曜1:29)からに変更、放送枠も30分の回と1時間の回がある。

出演者[編集]

放送毎に複数名出演

××選抜[編集]

2011年4月 - 2012年11月まで、AKB48・SKE48・NMB48から、「××選抜メンバー」が常連出演するが、他のメンバーも適宜出演する。なお、「イイネ投票」が公式サイトで毎月実施されている。

2011年度

  • AKB48 - 大家志津香、小森美果、宮崎美穂
  • SKE48 - 高柳明音、向田茉夏、木本花音
  • NMB48 - 山本彩、渡辺美優紀、木下春奈

2012年度[2]

  • AKB48 - 峯岸みなみ[3]川栄李奈、山内鈴蘭、佐々木優佳里
  • SKE48 - 加藤るみ、須田亜香里、矢方美紀
  • NMB48 - 山本彩[4]、渡辺美優紀[4]、與儀ケイラ

※2012年度は、××選抜メンバーが揃わないことが増え、他のメンバーが出演していたが、必ずしも3グループが揃うわけではなくなった[2]
※2013年度は、××選抜という括りが無くなり、ランダムでAKB48ならびに姉妹グループから出演メンバーが選抜されている[5]

過去の出演者[編集]

番組自体が司会を除けば単一グループのみの出演なので、グループを卒業すると同時に事実上の番組降板となる。

メンバー個人のコーナー[編集]

これまで放送のメンバー個人のコーナー。

  • 木本花音 - ギョウ・ザのんの餃子食べるのん
  • 渡辺美優紀 - 書道家みるきーの書かせて下さい
  • 宮崎美穂 - みゃおのあのアイドルボディをもう一度
  • 木下春奈 - 木下ポスター貼る奈のコラボポスター貼り巡り旅!
  • 高柳明音 - おいしくないと××! シェフ・あかねのげっちゅり×クッキング
  • 島崎遥香 - それゆけ!メロンぱるるさん

放送リスト[編集]

時間帯の記載が無いのは25:08 - 26:08の通常放映時間

  • 番組スタイルが年度ごとに変更されることが多い。
    • 第1回(2010年7月13日) - 第9回(2011年3月14日)AKB48メンバーが関西をテーマにさまざまなことに挑戦&コラボ、またゲストがAKB48メンバーに自身の経験をふまえた上でのアドバイス、並びに趣味・趣向に趣を置いての企画など講師的な立場として出演していた。
    • 第10回(2011年4月21日) - 第21回(2012年3月15日)AKB48、SKE48NMB48の選抜メンバーがテーマに沿ってチーム対抗戦で対決。
    • 第22回(2012年4月19日) - 第31回(2012年11月15日)部分的にリニューアルし、大阪府南河内郡千早赤阪村協力の下、秋のイベントに向けての活動が中心となっていた。
    • 第34回(2013年2月21日) - 再度完全にリニューアルしトップニュースを目指して、メンバーが様々な取り組みをするという内容になった[6]
    • 第48回(2014年4月17日) - AKB48メンバーから2名ずつが出演、ある地域で2人旅をする。番組公式ツイッターとの連動も行われている。

音楽[編集]

エンディング曲

出演者がロケ地でライブパフォーマンスを披露する。

  • 1 - 9回:AKB48
  • 10 - 21回:ガチンコ対決の勝利チーム、引分・同点の場合は両方披露。負けたチームの映像はお蔵入り。

DVD[編集]

リリース日 タイトル 品番 販売形態 収録内容
1 2010年11月27日 AKBと××! 1 AKB-X0001 【Disc枚数】
・3枚組
【封入特典】
・ランダム生写真×5枚組
第1,2回+特典映像
2 2011年4月23日 AKBと××! 2 AKB-X0002 第3,4回+特典映像
3 2011年6月18日 AKBと××! 3 AKB-X0003 第5,6回+特典映像
4 2011年7月30日 AKBと××! 4 AKB-X0004 第7,8,9回+特典映像
5 2011年10月1日 AKBと××! 5 AKB-X0005 第10,11回+特典映像
6 2011年11月19日 AKBと××! 6 AKB-X0006 第12,13回+特典映像
7 2011年12月13日 AKBと××! 7 AKB-X0007 第14,15回+特典映像
8 2012年3月17日 AKBと××! 8 AKB-X0008 第16,17回+特典映像
9 2012年5月12日 AKBと××! 9 AKB-X0009 第18,19回+特典映像
10 2012年7月21日 AKBと××! 10 AKB-X0010 第20,21回+特典映像
11 2012年9月22日 AKBと××! STAGE2-1 AKB-X0011 第22,23回+特典映像
12 2012年11月17日 AKBと××! STAGE2-2 AKB-X0012 第24,25回+特典映像
13 2013年1月19日 AKBと××! STAGE2-3 AKB-X0013 第26,29回+特典映像
14 AKBと××! スペシャル版
×× in ASIA
AKB-XS001 【Disc枚数】
・3枚組
【封入特典】
・ランダム生写真×5枚組
・特製8枚組ポストカードBOOK
第27,28回+特典映像+未公開映像集
15 2013年3月23日 AKBと××! STAGE2-4 AKB-X0014 【Disc枚数】
・3枚組
【封入特典】
・ランダム生写真×5枚組
第30,31回+特典映像
16 2013年6月1日 AKBと××! STAGE2-5 AKB-X0015 第32,33回+特典映像
17 2013年7月20日 AKBと××! STAGE3-1 AKB-X0016 第34,35回+特典映像
18 2013年9月28日 AKBと××! STAGE3-2 AKB-X0017 第36,37回+特典映像
19 2013年11月23日 AKBと××! STAGE3-3 AKB-X0018 【Disc枚数】
・2枚組
【封入特典】
・ランダム生写真×5枚組
第38,39回+特典映像
20 2014年2月1日 AKBと××! STAGE3-4 AKB-X0019 第40,41回+特典映像
21 2014年4月5日 AKBと××! STAGE3-5 AKB-X0020 第42,43回+特典映像
22 2014年6月14日 AKBと××! STAGE3-6 AKB-X0021 第44,45回+特典映像
22 2014年9月20日 AKBと××! STAGE3-7 AKB-X0022 第46,47回+特典映像
23 2014年12月6日 AKBと××! STAGE4-1 AKB-X0023 【Disc枚数】
・2枚組
【封入特典】
・ランダム生写真×3枚組
第48,49,50,51回+特典
24 2015年3月14日 AKBと××! STAGE4-2 AKB-X0024 第52,53,54,55回+特典

番組スタッフ[編集]

ネット局[編集]

放送地域 放送局 系列 放送日時 備考
近畿広域圏 讀賣テレビ放送 日本テレビ系列 第4火曜 25:29 - 25:59
または第4火曜 25:29 - 26:29
制作局

他の日本テレビ系列局等でも不定期で放送されることがある。

過去のネット局

  • 長崎国際テレビ:2011年10月4日 - 2012年3月27日(毎週放送・事実上の集中放送 途中から月一回に)
  • 日テレプラス:2011年10月 - 2012年10月(月1回放送。再放送あり)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年7月は第4木曜に放送。
  2. ^ a b 2012年11月15日第31回放送分の千早赤阪村企画が終了を持って××選抜という括りが無くなった。
  3. ^ 正確には××選抜ではないが、千早赤阪村企画のリーダーとして2012年4月から出演している。
  4. ^ a b 2012年××選抜としては2012年4月19日第22回放送分のみの出演となった。
  5. ^ 2012年2月21日第34回放送分より
  6. ^ 年度途中に番組タイルが変更になった。
  7. ^ 第4回放送後、第2回を再放送
  8. ^ 第5回放送後、第4回を再放送
  9. ^ 第7回放送後、第5回を再放送
  10. ^ 第8回放送後、第7回を再放送
  11. ^ 第9回放送後、第8回を再放送
  12. ^ 相手はおなべだが告白時にはメンバーに告げていない。
  13. ^ この出演者9名が「××選抜」となることが秋元より決定された。
  14. ^ 以降、特記のない回でも経過が断片的に紹介されている。
  15. ^ 宮崎が急性胃炎で欠席のため。
  16. ^ ビデオメッセージのみの出演

外部リンク[編集]