心のプラカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
心のプラカード
AKB48シングル
収録アルバム ここがロドスだ、ここで跳べ!
B面 誰かが投げたボール(Type A、Type B、Type C、劇場盤)
ひと夏の反抗期(Type A)
性格が悪い女の子(Type B)
チューインガムの味がなくなるまで(Type C)
セーラーゾンビ(Type D)
教えてMommy(Type D)
47の素敵な街へ(劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
板垣祐介(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2014年8月度月間1位(オリコン)
  • 2014年度年間5位(オリコン)
  • 登場回数17回(オリコン)
AKB48 シングル 年表
ラブラドール・レトリバー
(2014年)
心のプラカード
(2014年)
希望的リフレイン
(2014年)
ここがロドスだ、ここで跳べ! 収録曲
ハート・エレキ
(Disc1-8)
心のプラカード
(Disc1-9)
47の素敵な街へ
(Disc1-10)
テンプレートを表示

心のプラカード」(こころのプラカード)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲である。楽曲は秋元康により作詞、板垣祐介により作曲されている。2014年8月27日にAKB48のメジャー37作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションは渡辺麻友が務めた。

背景とリリース[編集]

前作「ラブラドール・レトリバー」から約3か月ぶりで、2014年3枚目のシングル。Type Aの初回限定盤と通常盤、Type Bの初回限定盤と通常盤、Type Cの初回限定盤と通常盤、Type Dの初回限定盤と通常盤、劇場盤の9形態でのリリース。

楽曲は、同年6月7日に開票結果が発表された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』の1位から16位までのメンバーによって歌唱されている。このイベントで1位を獲得した渡辺麻友が楽曲のセンターポジションを務めている。

「心のプラカード」は、2014年7月12日に日本テレビ系列で生放送された『THE MUSIC DAY 音楽のちから〜日本人に力をくれる名曲〜』で初披露された。生駒里奈柴田阿弥が初選抜メンバー入り。宮澤佐江は「恋するフォーチュンクッキー」以来約1年ぶりの選抜復帰。

カップリングは7曲で、『AKB48 37ndシングル選抜総選挙』で17位から32位、33位から48位、49位から64位、65位から80位に選ばれたメンバーがそれぞれ「アンダーガールズ」、「ネクストガールズ」、「フューチャーガールズ」、「アップカミングガールズ」として歌唱しており、Type Dでは、テレビ東京系列で放送された大和田南那川栄李奈高橋朱里主演のドラマ『セーラーゾンビ』のEDテーマ曲、大人AKB48の塚本まり子が初センターを務めた曲が収録されている。劇場盤では、チーム8の新曲が収録されている。このうち「ネクストガールズ」のメンバーである岩永亞美・木下有希子・二村春香(以上SKE48)、「アップカミングガールズ」のメンバーである阿比留李帆(SKE48)はAKB48グループメンバー全員参加の作品[注 2]を除いて初の参加。また、「フューチャーガールズ」のメンバーである坂口理子(HKT48)、「アップカミングガールズ」のメンバーである駒田京伽(HKT48)、大人AKB48の塚本と、チーム8のメンバーはAKB48の楽曲初参加となる。

今作は『AKB48 37thシングル選抜総選挙』で81位以下の圏外もしくは立候補表明をしなかった、チームAの12人[注 3]、チームKの10人[注 4]、チームBの11人[注 5]、チーム4の15人[注 6]、研究生の飯野雅、谷口めぐはいずれの楽曲にも参加していない。

CDの封入特典として、Type A、B、C、Dそれぞれの初回限定盤には全国握手会イベント参加券(予定)、それぞれの通常盤には生写真1種が封入されている。また、劇場盤には生写真および「心のプラカード発売記念大握手会」参加券が添付送付されている。

振り付けはラッキィ池田によるもので、ミュージック・ビデオやライブ・パフォーマンスでは心境を明かしたプラカードが出てくる[注 7]。ミュージック・ビデオは静岡県で撮影された。主なロケ地は静岡市清水区の次郎長通り商店街、浜松市立春野中学校、大井川港、アーボンハウス・フラメンコスタジオなど。中学校での撮影は運動場で行う予定だったが、当日(6月25日)が雨だった為体育館に変更されたというエピソードがある[2]。総選挙開票イベント前に発生した『AKB48握手会傷害事件』で負傷した川栄李奈は右腕にギプスをはめたままでの出演となった。

32ndシングル『恋するフォーチュンクッキー』と同様、『Dance Evolution ARCADE』とのコラボレーションが行われている[3]

CDにはshort ver.も収録されている。

キャッチコピーは「気づいて、プラカード!」。

アートワーク[編集]

ジャケットの写真のメンバーの割り振りは下表のとおり。裏面にメンバーは描かれていないため省略。

Type A 表 柏木由紀・柴田阿弥・島崎遥香・高橋みなみ・松井玲奈・宮脇咲良・横山由依・渡辺麻友
Type B 表 生駒里奈・川栄李奈・小嶋陽菜・指原莉乃・須田亜香里・松井珠理奈・宮澤佐江・山本彩
Type C 表 柏木由紀・指原莉乃・渡辺麻友
Type D 表 渡辺麻友
劇場盤 表 「心のプラカード」選抜メンバー16名

チャート成績[編集]

「心のプラカード」のシングルCDは、発売前日の2014年8月26日付オリコンデイリーシングルチャートにおいて推定売上枚数約87万2000枚を記録し、1位にランクインした[4]。 その後、2014年9月8日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。同チャートにおけるAKB48のシングルの1位獲得は「RIVER」から24作連続・通算24作目となった。初動売上は約100万6000枚とわずかに100万枚を上回り、初動のみでのミリオンセラーを達成した。AKB48のシングルのミリオンセラー達成は「桜の木になろう」から18作連続・通算19作目となり、初動のみでのミリオンセラー達成は「Everyday、カチューシャ」から17作連続となった[5]

メディアでの使用[編集]

  • dip バイトル「ライブ告知」篇、「ご当地グルメのバイト」篇 CMソング
  • GMOインターネット お名前.com×AKB48「東京のドメイン誕生。『.tokyo』」篇 CMソング
  • GREE AKB48ステージファイター「第4回センター争奪バトルイベント!!・一緒に踊ろう」篇 CMソング
  • トヨタ自動車 TOYOTOWN「オールトヨタキャンペーン」CMソング

シングル収録トラック[編集]

Type A[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「心のプラカード」 秋元康 板垣祐介 武藤星児
2. 「誰かが投げたボール」(アンダーガールズ) 秋元康 片桐周太郎 島崎貴光
3. 「ひと夏の反抗期」(ネクストガールズ) 秋元康 和泉一弥 佐々木裕
4. 「心のプラカード short ver.」   板垣祐介 武藤星児
5. 「心のプラカード off vocal ver.」      
6. 「誰かが投げたボール off vocal ver.」      
7. 「ひと夏の反抗期 off vocal ver.」      
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「心のプラカード」     谷川英司[6]
2. 「心のプラカード 振り付け映像 Type A」      
3. 「誰かが投げたボール」     斎藤渉
4. 「ひと夏の反抗期」     スミス

Type B[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「心のプラカード」 秋元康 板垣祐介 武藤星児
2. 「誰かが投げたボール」(アンダーガールズ) 秋元康 片桐周太郎 島崎貴光
3. 「性格が悪い女の子」(フューチャーガールズ) 秋元康 板垣祐介 板垣祐介
4. 「心のプラカード short ver.」   板垣祐介 武藤星児
5. 「心のプラカード off vocal ver.」      
6. 「誰かが投げたボール off vocal ver.」      
7. 「性格が悪い女の子 off vocal ver.」      
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「心のプラカード」     谷川英司
2. 「心のプラカード 振り付け映像 Type B」      
3. 「誰かが投げたボール」     斎藤渉
4. 「性格が悪い女の子」     竹石渉

Type C[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「心のプラカード」 秋元康 板垣祐介 武藤星児
2. 「誰かが投げたボール」(アンダーガールズ) 秋元康 片桐周太郎 島崎貴光
3. 「チューインガムの味がなくなるまで」(アップカミングガールズ) 秋元康 フジノタカフミ 若田部誠
4. 「心のプラカード short ver.」   板垣祐介 武藤星児
5. 「心のプラカード off vocal ver.」      
6. 「誰かが投げたボール off vocal ver.」      
7. 「チューインガムの味がなくなるまで off vocal ver.」      
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「心のプラカード」     谷川英司
2. 「心のプラカード 振り付け映像 Type C」      
3. 「誰かが投げたボール」     斎藤渉
4. 「チューインガムの味がなくなるまで」     土屋隆俊

Type D[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「心のプラカード」 秋元康 板垣祐介 武藤星児
2. 「セーラーゾンビ」(ミルクプラネット) 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ
3. 「教えてMommy」 秋元康 井上トモノリ 井上トモノリ、久下真音
4. 「心のプラカード short ver.」   板垣祐介 武藤星児
5. 「心のプラカード off vocal ver.」      
6. 「セーラーゾンビ off vocal ver.」      
7. 「教えてMommy off vocal ver.」      
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「心のプラカード」     谷川英司
2. 「心のプラカード 振り付け映像 Type D」      
3. 「セーラーゾンビ」     中村太洸
4. 「教えてMommy」     中村太洸

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「心のプラカード」 秋元康 板垣祐介 武藤星児
2. 「誰かが投げたボール」(アンダーガールズ) 秋元康 片桐周太郎 島崎貴光
3. 「47の素敵な街へ」(Team 8) 秋元康 Sungho 野中“まさ”雄一
4. 「心のプラカード short ver.」   板垣祐介 武藤星児
5. 「心のプラカード (off vocal ver.)」      
6. 「誰かが投げたボール (off vocal ver.)」      
7. 「47の素敵な街へ (off vocal ver.)」      
合計時間:

選抜メンバー[編集]

括弧内は「AKB48 37thシングル選抜総選挙」における順位。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算39作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」と「掌が語ること」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
  2. ^ 27thシングル『ギンガムチェック』収録の「あの日の風鈴」(ウェイティングガールズ)で『AKB48 27thシングル選抜総選挙』 圏外のメンバー全員が歌唱している。
  3. ^ 不参加メンバー:市川愛美、片山陽加、小嶋菜月、田北香世子、達家真姫宝、中田ちさと、中西智代梨、中村麻里子、西山怜那、藤田奈那、松井咲子、森川彩香。
  4. ^ 不参加メンバー:相笠萌、阿部マリア内田眞由美、後藤萌咲、小林香菜島田晴香、下口ひなな、鈴木紫帆里鈴木まりや、湯本亜美。
  5. ^ 不参加メンバー:伊豆田莉奈、梅田綾乃、大家志津香、川本紗矢、竹内美宥、名取稚菜、野澤玲奈、橋本耀、平田梨奈、福岡聖菜、横島亜衿。
  6. ^ 不参加メンバー:大川莉央、大森美優、岡田彩花、北澤早紀、小林茉里奈、込山榛香、佐藤妃星、篠崎彩奈、渋谷凪咲、髙島祐利奈、土保瑞希、前田美月、向井地美音村山彩希、茂木忍。
  7. ^ 例として、「音楽の日」では高橋みなみが激ヤセを否定するプラカードを掲示した[1]
  8. ^ AKB48の公式ライバルグループ・乃木坂46から選抜。発売当時AKB48を兼任。
  9. ^ 発売当時NMB48を兼任。
  10. ^ AKB48の姉妹グループ・HKT48から選抜。HKT48劇場支配人を兼任。
  11. ^ a b AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。
  12. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。AKB48を兼任。
  13. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。発売当時乃木坂46を兼任。
  14. ^ AKB48の姉妹グループ・SNH48から選抜。SKE48を兼任。
  15. ^ AKB48の姉妹グループ・HKT48から選抜。AKB48を兼任。
  16. ^ AKB48の姉妹グループ・NMB48から選抜。AKB48を兼任。

出典[編集]

外部リンク[編集]