AKB48グループの派生ユニット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

AKB48グループの派生ユニット(エーケービーフォーティーエイトグループのはせいユニット)では、アイドルグループ・AKB48グループおよびAKB48から派生したユニットや特定のメンバー構成について解説する。

目次

概要[編集]

AKB48グループは大人数であることから、メンバー数人でユニットを結成してグループから独立した活動をするケースが多数ある。AKB48、SKE48NMB48などを「グループ」と表現するのに対し、グループから派生した集団のことを「ユニット」とよんでいる。

メンバーごとに所属事務所が異なるという特徴を持つグループであるが、派生ユニットは常設のものを主としてプロダクション単位での活動となる場合が多い。2007年のChocolove from AKB48office48)を初めとして、渡り廊下走り隊ノースリーブス(以上プロダクション尾木)、フレンチ・キスワタナベエンターテインメント)、Not yet太田プロダクション)、DiVAフレイヴ エンターテインメント)と、2011年までに長期的に活動するユニットが次々に誕生し、『AKB48ユニット祭り』というライブイベントも2012年から2014年まで3回開催された[1]。2014年以降、渡り廊下走り隊、DiVA(DIVA)、フレンチ・キスが相次いで解散し、ほかの常設ユニットもリリースや活動は縮小傾向にあり活発な動きはなくなっており、その後に結成されたてんとうむChu!などのユニットは単独でデビューせず、AKB48のシングルのカップリング曲を担当するなどに留まっている[2]。ライターの香月孝史はAKB48の派生ユニットについて「『その時期に旬を迎えているメンバーをピックアップして組みあわせることで、グループのダイナミズムに刺激を与える』ためのもの」であったとして、グループの知名度向上をはかるべき時期において重要な責務を負っていたと分析している[2]

本項における所属表記は結成または加入当時のものであり、記載がない場合はAKB48のメンバーを示す。なお、AKB48以外のAKB48グループに関するユニットは各グループの項目で解説している。

略歴[編集]

2006年10月18日、教育番組『からだであそぼ』に出演するAKB48初の派生ユニットほね組 from AKB48の結成が発表され[3]、2007年2月21日に「ほねほねワルツ」でCDデビューした。以降、『ドラゴンボール改』のエンディングテーマ「心の羽根」を歌うチームドラゴン from AKB48、『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマ「アイドルはウーニャニャの件」を歌うニャーKB with ツチノコパンダのように、テレビ番組や企業などとタイアップした企画ユニットが度々結成されている。

本格的な派生ユニットは、2007年のChocolove from AKB48を皮切りに[4]、各プロダクションごとの運営によって発足していった。2008年に渡り廊下走り隊ノースリーブス、2010年にフレンチ・キス、2011年にNot yetDiVAが結成され、メジャーデビューしている。

2009年にはアイドリング!!!とのコラボレーションユニットAKBアイドリング!!!が結成され、シングル「チューしようぜ!」を発売した[5]。2012年にはグループの「声優選抜」によるユニットNO NAMEが結成され、「希望について」と「この涙を君に捧ぐ」の2作のシングルをリリースした。

研究生のみから選出されたユニットも存在し、2010年にミニスカート、2013年にてんとうむChu!が結成された。

常設ユニット[編集]

単独で音楽作品をリリースし、継続的に活動を行うユニット。

Chocolove from AKB48[編集]

2007年3月に結成を発表[6]。コンセプトは「ネオ正統派アイドル」[7]

渡り廊下走り隊 / 渡り廊下走り隊7[編集]

2008年10月に結成[8]。2014年2月9日に解散[9]。コンセプトは「国民的妹分ユニット」。

ノースリーブス[編集]

2008年11月26日に結成[10][11]。「制服を脱いで秋葉原を飛び出し、課外活動する」というコンセプトのもと、デビュー[12]

フレンチ・キス[編集]

2010年6月28日に結成を発表[13]。2015年11月5日に解散[14]。コンセプトは「親に紹介したい3人組」。

Not yet[編集]

2011年1月21日に結成を発表[15]。コンセプトは「歌もダンスも“まだまだ”だけど、『その分、成長できるんだ』と解釈して、一生懸命に頑張る等身大の4人」。

DiVA / DIVA[編集]

2011年2月27日に結成を発表[16]。2014年11月30日に解散。コンセプトは「AKB48初ダンス&ヴォーカルユニット」。

期間限定ユニット[編集]

期間限定的に継続的な活動があった音楽ユニット。

AKBアイドリング!!![編集]

AKB48グループとアイドリング!!!から選抜されたユニット。

NO NAME[編集]

アニメ『AKB0048』の声優選抜によるユニット。

AKB48 チームサプライズ[編集]

CRぱちんこAKB48』および「ぱちスロAKB48」のスペシャルユニット。18歳以上のメンバーが参加する。

重力シンパシー公演
  • 板野友美、大島優子、柏木由紀、北原里英、小嶋陽菜、篠田麻里子島崎遥香高城亜樹、高橋みなみ、前田敦子、峯岸みなみ、宮澤佐江、横山由依、渡辺麻友、松井玲奈(SKE48)、指原莉乃(HKT48)
ラブラドール・レトリバー
ラブラドール・レトリバー」とのタイアップによるCMおよびWEBムービーに出演しているメンバー。
バラの儀式公演
  • 板野友美、大島優子、柏木由紀、北原里英、小嶋陽菜、篠田麻里子、島崎遥香、高城亜樹、高橋みなみ、峯岸みなみ、横山由依、渡辺麻友、松井玲奈(SKE48)、山本彩(NMB48)、渡辺美優紀(NMB48)、指原莉乃(HKT48)
AKB48 曲づくりプロジェクト♪
「AKB48曲づくりプロジェクト♪」の選抜メンバーで、(じゃんけん選抜を除く)シングル選抜経験のないメンバーから選出されている[17]。伊豆田がセンターで、「Reborn」を歌唱する[18]
ぱちスロAKB48 勝利の女神(AKB48 in KYORAKU DOME)
『ぱちスロAKB48 勝利の女神』に登場する、AKB48グループから選抜された100名で構成されるユニット[19]

カップリング・アルバム曲担当ユニット[編集]

AKB48のシングルのカップリング曲やアルバム収録曲のために結成されたユニット。

チームPB・チームYJ[編集]

当時期待された「ネクストブレイクメンバー」の中から集英社の2大青年誌『週刊プレイボーイ』と『週刊ヤングジャンプ』の編集部がそれぞれ同数(7名)のメンバーを選び両誌合同で「神保町決戦」(神保町とは集英社の所在地)と称して対抗企画を行った[20]。後に合同で写真集『AKB48 チームPB・チームYJ 神保町決戦SPECIALムック』をリリースしている。

チームPB[編集]

チームPBは、集英社『週刊プレイボーイ』のスペシャルユニット。15thシングル通常盤Aのカップリング曲「遠距離ポスター」を歌う。

  • 柏木由紀、宮澤佐江、高城亜樹、宮崎美穂、多田愛佳、仁藤萌乃、前田亜美

チームYJ[編集]

チームYJは、集英社『週刊ヤングジャンプ』のスペシャルユニット。15thシングル通常盤Bのカップリング曲「Choose me!」を歌う。

  • 北原里英、峯岸みなみ、指原莉乃、河西智美、倉持明日香、仲川遥香、菊地あやか

野菜シスターズ[編集]

野菜シスターズ(やさいシスターズ)は、カゴメ『野菜一日これ一本』のCM出演および同CMソングの「ヘビーローテーション」のカップリング曲「野菜シスターズ」と「フライングゲット」のカップリング「野菜占い」を歌う。参加メンバーにはそれぞれ決まった野菜があり、CMやミュージック・ビデオではそれぞれの野菜をイメージした衣装を着用している[21][22]。☆は「野菜シスターズ」のみ、★は「野菜占い」のみの参加を示す。


MINT[編集]

MINT(ミント)は、アメーバピグとのコラボレーションによる「チームピグ指名戦」で1位となったユニット。18thシングル通常盤Aのカップリング曲「君について」、20thシングル通常盤Aのカップリング曲「キスまで100マイル」を歌う。

  • 片山陽加、前田敦子、仁藤萌乃、松井咲子、河西智美

セレクション6[編集]

セレクション6(セレクションシックス)は、「GIVE ME FIVE!」のカップリング曲「スイート&ビター」を歌唱するユニット。

  • 板野友美、大島優子、指原莉乃、篠田麻里子、高橋みなみ、前田敦子

ぐぐたす選抜[編集]

YM7[編集]

YM7(ヤンマガセブン)は、講談社『ヤングマガジン』のスペシャルユニットで、YJ7(ヤンジャンセブン)のライバルとして活動し「YJ7 vs YM7 神保町・護国寺大戦」で勝利した[23][24]。オリジナル曲「恋愛総選挙」が制作され、『1830m』への収録に至った[25]

  • 指原莉乃[注 9]、河西智美、宮崎美穂、高城亜樹、小森美果、佐藤すみれ、竹内美宥

Up-and-coming girls[編集]

Up-and-coming girls(アップアンドカミングガールズ)は、『1830m』の収録曲「いつか見た海の底」を歌唱するメンバー構成である。

  • 渡辺麻友、入山杏奈、加藤玲奈、川栄李奈、島崎遥香、大島涼花
  • SKE48:木﨑ゆりあ、松井珠理奈、矢神久美、木本花音
  • NMB48:山田菜々、渡辺美優紀、城恵理子
  • HKT48:兒玉遥、菅本裕子、宮脇咲良

OKL48[編集]

OKL48(オーケーエルフォーティーエイト)は、テレビ番組『めちゃ2イケてるッ!』で誕生したユニットであり、同番組の小道具担当である岡田寿也(オカピー)作詞・作曲による「永遠より続くように」(「永遠プレッシャー」のカップリング曲)を歌唱する。「OKL」はオカレモンOKaLemon)の略であり、AKB48メンバーとオカレモンで構成される[26]

  • オカレモン岡村隆史
  • 市川美織(みおりん)、入山杏奈(あんにん)、大島優子(ゆうこ)、大家志津香(しいちゃん)、加藤玲奈(れなっち)、河西智美(ちゆう)、川栄李奈(りっちゃん)、北原里英(きたりえ)、倉持明日香(もっちぃ)、小嶋陽菜(こじはる)、小森美果(こもりん)、永尾まりや(まりや)、藤江れいな(れいにゃん)、峯岸みなみ(みぃちゃん)、渡辺麻友(まゆゆ)

BKA48[編集]

BKA48(ビーケーエーフォーティーエイト)は、『めちゃ2イケてるッ!』の企画「抜き打ち期末テスト」の下位7名(バカ7)によるユニットであり、「ハステとワステ」(「さよならクロール」のカップリング曲)を歌う。「BKA」はバカ(BaKA)の略である[27]

  • 川栄李奈、高橋みなみ、小嶋陽菜、島崎遥香、峯岸みなみ、指原莉乃(HKT48)、柏木由紀

てんとうむChu![編集]

当時のAKB48グループ研究生から選抜されたユニット(その後、全員が正規メンバーに昇格している)。

てんとうむChu! & かぶとむChu![編集]

かぶとむChu!(かぶとむちゅ)は、てんとうむChu!に対抗する非公式ユニットであり、てんとうむChu!に参加していないAKB48の14期生によって構成される[28]。「初恋のおしべ」(「Green Flash」のカップリング曲)において、てんとうむChu! & かぶとむChu!として初めて公式に楽曲が制作された。

  • てんとうむChu!:小嶋真子、西野未姫、岡田奈々、北川綾巴(SKE48)、渋谷凪咲(NMB48)、田島芽瑠(HKT48)、朝長美桜(HKT48)
  • かぶとむChu!:内山奈月、橋本耀、前田美月

こじ坂46[編集]

小嶋陽菜と乃木坂46メンバーによるコラボユニット[29]

でんでんむChu![編集]

でんでんむChu!(でんでんむチュ)は、2015年3月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された『AKB48ヤングメンバー全国ツアー〜未来は今から作られる〜』の初日公演において、その結成とメンバーが発表されたユニット[30]。「僕たちは戦わない」のカップリング曲「カフカとでんでんむChu !」を歌う。同年発売のアルバム『0と1の間』収録曲の「あれから僕は勉強が手につかない」も歌う。

WONDA選抜[編集]

WONDA選抜(ワンダせんばつ)は、アサヒ飲料WONDA』のCMに出演するメンバーによるユニット。「僕たちは戦わない」のカップリング曲「バレバレ節」を歌う。

  • 柏木由紀、島崎遥香、高橋みなみ、横山由依、渡辺麻友

ゲンソー&ジキソー[編集]

ゲンソー&ジキソーは、AKB48グループ総監督であった高橋みなみと次期総監督であった横山由依によるユニット。「僕たちは戦わない」のカップリング曲「出逢いの日、別れの日」を歌う。

  • 高橋みなみ(ゲンソー)、横山由依(ジキソー)

れなっち総選挙選抜[編集]

れなっち総選挙選抜(れなっちそうせんきょせんばつ)は、加藤玲奈が選定する「れなっち総選挙」(2015年)によって選抜されたメンバーによるユニット。「唇にBe My Baby」のカップリング曲「マドンナの選択」を歌う。

れなっち総選挙(2015)結果[31]
順位 メンバー 所属 順位 メンバー 所属
1位 田中菜津美 HKT48 09位 佐藤すみれ SKE48
2位 田野優花 AKB48 10位 前田亜美 AKB48
3位 大島涼花 AKB48 11位 松岡菜摘 HKT48
4位 山本彩 NMB48 12位 白間美瑠 NMB48
5位 島崎遥香 AKB48 13位 入山杏奈 AKB48
6位 加藤玲奈 AKB48 14位 神志那結衣 HKT48
7位 佐藤七海 AKB48 15位 村重杏奈 HKT48
8位 向井地美音 AKB48 16位 茂木忍 AKB48

虫かご[編集]

虫かご(むしかご)は、AKB48グループの若手から選抜されたユニット。「唇にBe My Baby」のカップリング曲「さっきまではアイスティー」を歌う[注 10]

乃木坂AKB[編集]

乃木坂AKB(のぎざかエーケービー)は、AKB48グループと乃木坂46から選抜されたユニット。「君はメロディー」のカップリング曲「混ざり合うもの」を歌う[33]

レナッチーズ[編集]

レナッチーズは、加藤玲奈が選定する「れなっち総選挙」(2016年)によって選抜されたメンバーによるユニット。「ハッピーエンド」(「ハイテンション」のカップリング曲)を歌唱する。メンバーによる写真集『16colors』も発売された[34]

れなっち総選挙 (2016) 結果[35]
順位 メンバー 所属 順位 メンバー 所属
1位 小栗有以 AKB48 10位 木﨑ゆりあ AKB48
2位 市川美織 NMB48 11位 山口真帆 NGT48
3位 田野優花 AKB48 12位 大島涼花 AKB48
4位 向井地美音 AKB48 13位 高木由麻奈 SKE48
5位 松岡はな HKT48 14位 岡田彩花 AKB48
6位 佐藤すみれ SKE48 15位 中井りか NGT48
7位 長久玲奈 AKB48 16位 田中菜津美 HKT48
8位 茂木忍 AKB48 なし 加藤玲奈 AKB48
9位 小嶋菜月 AKB48

Team 8 EAST[編集]

Team 8 EAST(チームエイトイースト)は、AKB48チーム8の東日本代表メンバーによる構成である。オリジナル楽曲に「星空を君に」(「ハイテンション」のカップリング曲に収録)がある[36]

  • 坂口渚沙、横山結衣、谷川聖、佐藤七海、早坂つむぎ、佐藤朱、舞木香純、岡部麟本田仁美、清水麻璃亜、髙橋彩音、吉川七瀬、小栗有以、小田えりな、佐藤栞、左伴彩佳、歌田初夏、横道侑里、服部有菜、野田陽菜乃、橋本陽菜、長久玲奈

Team 8 WEST[編集]

Team 8 WEST(チームエイトウエスト)は、AKB48チーム8の西日本代表メンバーによる構成である。オリジナル楽曲に「思春期のアドレナリン」(「ハイテンション」のカップリング曲)がある[36]

  • 永野芹佳、太田奈緒山田菜々美、山本瑠香、大西桃香、濵咲友菜、中野郁海、阿部芽唯、人見古都音、谷優里、下尾みう、濵松里緒菜、行天優莉奈、高岡薫、廣瀬なつき、吉田華恋、福地礼奈、寺田美咲、倉野尾成美、吉野未優、谷口もか、下青木香鈴、宮里莉羅

チームボーカル[編集]

チームボーカルは、「ハイテンション」のカップリング曲「また あなたのことを考えてた」を歌唱するユニットである。

  • 明石奈津子(NMB48)、東李苑(SKE48)、小田えりな、坂本愛玲菜(HKT48)、白間美瑠(NMB48)、高柳明音(SKE48)、田野優花、古畑奈和(SKE48)、峯岸みなみ、宮崎美穂、山内鈴蘭(SKE48)

サシニング娘。[編集]

サシニング娘。(サシニングむすめ)は、指原莉乃とモーニング娘。'17メンバーのコラボレーションユニットである。

山本彩&稲垣潤一[編集]

山本彩&稲垣潤一(やまもとさやか アンド いながきじゅんいち)は、山本彩と稲垣潤一のコラボレーションである。

  • 山本彩(NMB48)
  • 稲垣潤一

坂道AKB[編集]

坂道AKB(さかみちエーケービー)は、AKB48グループと坂道シリーズ(乃木坂46・欅坂46けやき坂46)から選抜されたユニット。

誰のことを一番 愛してる?
AKB48のシングル「シュートサイン」のカップリング曲「誰のことを一番 愛してる?」を歌うユニットとして2017年に結成され、センターは平手友梨奈(欅坂46)が務めた[37]
国境のない時代
2018年に「坂道AKB」第2弾として、AKB48のシングル「ジャーバージャ」のカップリング曲「国境のない時代」を歌うユニットとして結成され、センターは長濱ねる(欅坂46)が務めた[38]
  • AKB48グループ:岡田奈々、岡部麟、小栗有以、向井地美音、松井珠理奈(SKE48)、宮脇咲良(HKT48)
  • 乃木坂46:大園桃子、久保史緒里、齋藤飛鳥、堀未央奈、山下美月与田祐希
  • 欅坂46:今泉佑唯、小林由依、菅井友香、長濱ねる、渡邉理佐
  • けやき坂46:加藤史帆

まゆゆきりん[編集]

まゆゆきりんは、「シュートサイン」のカップリング曲「悲しい歌を聴きたくなった」を歌うユニット。

  • 柏木由紀、渡辺麻友

7秒後、君が好きになる。[編集]

7秒後、君が好きになる。(ななびょうご きみがすきになる)は、「11月のアンクレット」のカップリング曲「微笑みの瞬間」を歌うユニットで、ユニット名はSHOWROOMTwitterを通して募集された[39]

  • 川本紗矢、久保怜音、倉野尾成美、込山榛香、谷口めぐ、福岡聖菜、矢吹奈子(HKT48)

ダンス選抜[編集]

ダンス選抜(ダンスせんばつ)は、「11月のアンクレット」のカップリング曲「野蛮な求愛」の歌唱メンバーである。

  • 加藤夕夏(NMB48)、斉藤真木子(SKE48)、中野郁海、藤田奈那、松井珠理奈(SKE48)、本村碧唯(HKT48)、山本彩(NMB48)、横山結衣

U-17選抜[編集]

U-17選抜(アンダーセブンティーンせんばつ)は、発表当時の年齢が17歳以下であったAKB48グループメンバーで結成された「11月のアンクレット」のカップリング曲「法定速度と優越感」の歌唱メンバーである。2018年1月にフレッシュオールスターズとしてコンサートを開催した[40]

  • 浅井七海、小栗有以、久保怜音、倉野尾成美、後藤萌咲、坂口渚沙、千葉恵里、西川怜、樋渡結依、福岡聖菜、山内瑞葵、山邊歩夢
  • SKE48:小畑優奈、後藤楽々、菅原茉椰
  • NMB48:太田夢莉、上西怜、山本彩加
  • HKT48:田中美久、松岡はな、矢吹奈子
  • NGT48:高倉萌香、本間日陽
  • STU48:岩田陽菜、薮下楓

ボーカル選抜[編集]

ボーカル選抜(ボーカルせんばつ)は、「11月のアンクレット」のカップリング曲「予想外のストーリー」の歌唱メンバーであり、300人を超える国内AKB48グループのなかでも歌声に定評のある8人で構成される[41]

  • 岡田奈々、柏木由紀、白間美瑠(NMB48)、高柳明音(SKE48)、田野優花、峯岸みなみ、山本彩(NMB48)、横山由依

まちゃりんと仲間たち。[編集]

まちゃりんと仲間たち。(まちゃりんとなかまたち)は、「ジャーバージャ」のカップリング曲「友達ができた」を歌うユニットで、AKB48台湾留学生の馬嘉伶とAKB48ドラフト2期生、AKB48台湾研究生/TPE48 1期生から構成される。

  • 馬嘉伶、久保怜音、千葉恵里、西川怜、樋渡結依、山邊歩夢
  • AKB48台湾研究生/TPE48一期生:陳詩雅(みやび)、陳詩媛(ひめ)、邱品涵(ぴんはん)、林倢(りんじぇ)、國興瑀(くに)、張羽翎(なつみ)

単発ユニット[編集]

AKB48グループ外(メンバーのソロ活動を含む)のシングル等に楽曲が収録されたユニットで、直接的なタイアップもなく継続的な活動も行われなかったもの。

まゆ坂46[編集]

渡辺麻友の2ndシングル「大人ジェリービーンズ」のカップリング曲「ツインテールはもうしない」を歌唱する渡辺と乃木坂46メンバーによるコラボユニット[29]

指原莉乃 with アンリレ[編集]

指原莉乃の2ndシングル「意気地なしマスカレード」の活動上の名義。

  • 指原莉乃(HKT48)
  • アンリレ:川栄李奈、入山杏奈、加藤玲奈

向谷実&佐藤亜美菜・倉持明日香・中村麻里子 from AKB48[編集]

  • 向谷実
  • Porrima from AKB48:佐藤亜美菜、倉持明日香、中村麻里子

内田裕也 feat. 指原莉乃[編集]

じゃんけん民[編集]

第7回じゃんけん大会における上位7名によるユニット。

  • 田名部生来、湯本亜美、込山榛香、渋谷凪咲(NMB48)、福岡聖菜、竹内彩姫(SKE48)、野澤玲奈

kissの天ぷら[編集]

kissの天ぷら(キスのてんぷら、略称:鱚天)は、AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017に出場するため結成されたユニットで、3人組ガールズバンドという設定になっている[42]。同大会で優勝したfairy w!nkの「天使はどこにいる?」のカップリング曲「僕たちの地球」を歌う。

  • 大家志津香、宮崎美穂、北原里英(NGT48)

タイアップ(音楽作品あり)[編集]

AKB48グループ外部の媒体とのタイアップにより結成し、音楽作品を発表したユニット。

ほね組 from AKB48[編集]

からだであそぼ』に出演。

ICE from AKB48[編集]

ICE from AKB48(アイス フロム エーケービーフォーティーエイト)は、OVA『ICE』(2007年)に声優として参加し、主題歌「アイサレルトイウコト」を歌うユニット。

  • 今井優、大島優子、小野恵令奈、河西智美、佐藤夏希

クレヨンフレンズ from AKB48[編集]

クレヨンフレンズ from AKB48
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2007年
レーベル 日本コロムビア
メンバー 本文を参照

クレヨンフレンズ from AKB48は、映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』にゲスト出演したメンバーによるユニット[43]

お菓子なシスターズ[編集]

渡り廊下走り隊の前身ユニット。『味楽る!ミミカ』のエンディングテーマ「恋のチューイング」を担当し、エンディング映像に出演した。

  • 多田愛佳、仲川遥香、渡辺麻友

Summer Lips[編集]

Summer Lips(サマーリップス)は、テレビ番組『アイドル夏物語』(読売テレビ)で結成された夏限定ユニット[44]

  • 板野友美、河西智美

ペルソナ[編集]

ペルソナは、ノースリーブスが主演ドラマ『メン☆ドル 〜イケメンアイドル〜』の劇中で演じたイケメンアイドルグループ[45]

  • 小嶋陽菜(リク)、高橋みなみ(カイ)、峯岸みなみ(クウ)

ナットウエンジェル[編集]

  • 板野友美、河西智美、宮崎美穂

Queen & Elizabeth[編集]

仮面ライダーW』出演。

  • 板野友美、河西智美

チームドラゴン from AKB48[編集]

ドラゴンボール改』のエンディング・テーマを歌う。

  • 小嶋陽菜、高橋みなみ、前田敦子、板野友美、大島優子、柏木由紀、渡辺麻友

ナットウエンジェルZ[編集]

  • 仁藤萌乃 → 山内鈴蘭、石田晴香、佐藤すみれ、宮崎美穂

ミニスカート[編集]

タカラトミーとのコラボユニット。「ミニスカートの妖精」を歌う。

チームZ[編集]

パチンコ『CRびっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ』のテーマソング「恋のお縄」を歌うAKB48姉妹グループ混成型ユニット。

おじゃる丸シスターズ[編集]

おじゃる丸シスターズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2011年
レーベル 日本クラウン
事務所 AKS
公式サイト 日本クラウン
メンバー 本文を参照

おじゃる丸シスターズ(おじゃるまるシスターズ)は、『おじゃる丸 第14シリーズ』のエンディング・テーマ「初恋は実らない」を歌うユニット[46]。所属レーベルは日本クラウン

  • 阿部マリア、伊豆田莉奈、市川美織、入山杏奈、大場美奈、加藤玲奈、小林茉里奈、島崎遥香、島田晴香、竹内美宥、永尾まりや、仲俣汐里、中村麻里子、藤田奈那、森杏奈、山内鈴蘭

BABY GAMBA[編集]

BABY GAMBA
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2011年 - 2012年
レーベル avex trax
事務所 Mousa
公式サイト avex trax
メンバー 田名部生来
仲谷明香

BABY GAMBA(ベビーガンバ)は、『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』をベースにしたキャラクターとのコラボユニットで、DVDシングル「ええじゃないか」をリリースした[47]。所属事務所はMousa。所属レーベルはavex trax

  • 田名部生来、仲谷明香

スケバンGirls[編集]

パチンコ『CRびっくりぱちんこスケバン刑事』のスペシャルユニット。

  • 大島優子、河西智美、松井玲奈(SKE48)

Yui Yokoyama with friends (from AKB48)[編集]

Yui Yokoyama with friends (from AKB48)(ユイヨコヤマ ウィズ フレンズ フロム エーケービーフォーティーエイト)は、横山由依が資格取得に挑戦したユーキャンのCMソング「見えない空はいつでも青い」(Not yet「ヒリヒリの花」に収録)の歌唱メンバーの名義である[48]

  • 大島優子、柏木由紀、川栄李奈、北原里英、小嶋陽菜、島崎遥香、高橋みなみ、横山由依、渡辺麻友

指原莉乃 with AKB48 Team 8[編集]

指原莉乃 with AKB48 Team 8(さしはらりの ウィズ エーケービーフォーティーエイトチームエイト)は、トヨタ自動車TOYOTOWN」のCMに出演し、CMソング「恋する充電プリウス 〜恋するフォーチュンクッキー2〜」を歌唱するメンバー構成である[49]

  • 指原莉乃(HKT48)
  • AKB48 Team 8:坂口渚沙、横山結衣、谷川聖、佐藤七海、早坂つむぎ、佐藤朱、舞木香純、岡部麟、本田仁美、清水麻璃亜、髙橋彩音、吉川七瀬、小栗有以、小田えりな、佐藤栞、左伴彩佳、藤村菜月、横道侑里、山本亜依、橋本陽菜、北玲名、長久玲奈、近藤萌恵里、永野芹佳、太田奈緒、山田菜々美、山本瑠香、大西桃香、濵咲友菜、中野郁海、阿部芽唯、人見古都音、谷優里、下尾みう、濵松里緒菜、行天優莉奈、高岡薫、廣瀬なつき、森脇由衣、福地礼奈、岩﨑萌花、倉野尾成美、吉野未優、谷口もか、下青木香鈴、宮里莉羅

ミルクプラネット[編集]

ミルクプラネット(Milk Planet)は、テレビドラマ『セーラーゾンビ』劇中に登場するアイドルグループで、同ドラマのエンディングテーマ「セーラーゾンビ」を歌う[50]

  • 渡辺麻友(マユ)、横山由依(ユイ)、岩田華怜(カレン)

ニャーKB with ツチノコパンダ[編集]

テレビアニメ『妖怪ウォッチ』のエンディング・テーマ「アイドルはウーニャニャの件」を歌うユニット[51]

  • 島崎遥香、松井珠理奈(SKE48)、宮脇咲良(HKT48)、川栄李奈、木﨑ゆりあ、加藤玲奈、小嶋真子

その他タイアップ[編集]

ユニット名 メンバー 解説
AKB卓球部 板野友美、小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみ、宮崎美穂、秋元才加、小野恵令奈、宮澤佐江 世界卓球2009応援ユニット。
読売巨人軍創立75周年応援隊 板野友美、小嶋陽菜、篠田麻里子、高橋みなみ、前田敦子、宮崎美穂、大島優子、小野恵令奈、宮澤佐江、柏木由紀、松井珠理奈(SKE48)、松井玲奈(SKE48) 2009年に結成された読売ジャイアンツ応援ユニット[52]。応援およびPR活動を行う。
AKB48卓球部2010 指原莉乃、高橋みなみ、仲川遥香、大島優子、峯岸みなみ
宮澤佐江、石田晴香、柏木由紀、宮崎美穂、渡辺麻友
世界卓球2010応援ユニット。
AKB48カスペルスキー研究所 大場美奈、島田晴香、竹内美宥、永尾まりや、森杏奈、横山由依、阿部マリア、市川美織、加藤玲奈、金沢有希 カスペルスキー研究所プロジェクト研究生。初代所長は前田敦子[53]
Team KISHIN From AKB48 倉持明日香、前田亜美、大場美奈、島田晴香、竹内美宥、森杏奈 写真家・篠山紀信と秋元康が選抜したユニット[54]。2010年に写真集『窓からスカイツリーが見える』、2011年に同名のDVDが発売された。
チームぴちぴちNHK 大島優子、前田敦子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、柏木由紀、指原莉乃、横山由依 NHKの新番組をPRするために結成され、2011年3月28日より活動する予定であったが[55]東日本大震災の発生による番組編成への影響とも相まって、活動することはなかった。
カケダセ!シスターズ 大場美奈、島田晴香、仲俣汐里 ラジオ『カケダセ!』にレギュラー出演したメンバー。
チキンタツターズ 指原莉乃、高橋みなみ、峯岸みなみ、北原里英 ほっともっとのCMに出演[56]
YJ7 多田愛佳、峯岸みなみ、横山由依、北原里英、佐藤亜美菜、市川美織、山内鈴蘭 集英社『週刊ヤングジャンプ』のスペシャルユニット、YM7のライバルとして活動。
AKB卓球部2011 高橋みなみ、仲川遥香、梅田彩佳、松井咲子、峯岸みなみ、宮澤佐江、横山由依、柏木由紀、増田有華 世界卓球2011応援ユニット。
チーム亀有 渡辺麻友、宮澤佐江、増田有華、倉持明日香、梅田彩佳、菊地あやか 秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載35周年を記念した、集英社『週刊ヤングジャンプ』とのコラボユニット[57]
AKB競馬部 秋元才加、板野友美、梅田彩佳、大島優子、大場美奈、大家志津香、河西智美、柏木由紀、片山陽加、北原里英、倉持明日香、小嶋陽菜、小林香菜、佐藤亜美菜、佐藤夏希、篠田麻里子、鈴木まりや、高城亜樹、高橋みなみ、仲川遥香、中田ちさと、仲俣汐里、仲谷明香、仁藤萌乃、野中美郷、前田敦子、増田有華、松井咲子、松原夏海、峯岸みなみ、宮澤佐江 日本中央競馬会 (JRA) 「AKBのガチ馬」「AKBのガチ馬2リベンジ」参加メンバー。
前田敦は卒業に伴い辞退。
仲俣・仁藤・峯岸は「AKBのガチ馬2リベンジ」からの参加。
佐藤夏・増田は、卒業および脱退に伴い「ガチ馬2」を途中辞退。
バランス戦隊ベジレンジャー 高橋みなみ、板野友美、高城亜樹、峯岸みなみ、横山由依、大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜、宮澤佐江、渡辺麻友、柏木由紀、北原里英、河西智美、倉持明日香、島崎遥香、大場美奈、島田晴香、入山杏奈、加藤玲奈、阿部マリア、竹内美宥、岩田華怜、永尾まりや、市川美織、中村麻里子、川栄李奈、山内鈴蘭、仲俣汐里、高橋朱里、田野優花、前田敦子(OL)、指原莉乃(べジンジャーロボ) カゴメ『野菜一日これ一本』のCMに登場する、野菜をモチーフにした正義の味方[58]
NHK BS選抜 チームBS 大島優子、島崎遥香、高橋みなみ、渡辺麻友、松井珠理奈(SKE48)、松井玲奈(SKE48)、山本彩(NMB48)、渡辺美優紀(NMB48)、指原莉乃(HKT48)、田島芽瑠(HKT48) NHK BSのキャンペーン[59]
ノックアウト隊 高橋みなみ、高橋朱里、佐々木優佳里、名取稚菜、大森美優、川本紗矢、北澤早紀、梅田綾乃[60] NHK『いじめをノックアウト』で結成された[61]。「いじめノックアウト隊」[61]、「ノックアウト隊from AKB48」とも称される[62]
高橋みなみと温泉娘 高橋みなみ、加藤玲奈、西野未姫、小嶋真子、岩田華怜、木﨑ゆりあ、大島涼花、大和田南那、向井地美音 大江戸温泉物語サポーターユニット。
AKB48チーム神奈川 大島涼花、岡田奈々、川栄李奈 東日本旅客鉄道(JR東日本)「横浜線新型車両導入キャンペーン」の宣伝を担当[63]
円陣アンバサダー 大島優子、岡田奈々、小嶋真子、西野未姫 アディダス ジャパン「円陣プロジェクト」アンバサダー[64]
AKB48おせち選抜 渡辺麻友、柏木由紀、高橋みなみ、木﨑ゆりあ、加藤玲奈、武藤十夢、向井地美音、大和田南那 大丸松坂屋百貨店のメニューを開発[65]
公式インスタグアマー 入山杏奈、古畑奈和(SKE48)、太田夢莉(NMB48)、山本彩(NMB48)、朝長美桜(HKT48)、荻野由佳(NGT48)
追加メンバー:太田奈緒、大森美優、岡田奈々、加藤玲奈、佐々木優佳里、福岡聖菜、山田菜々美、大場美奈(SKE48)、高倉萌香(NGT48)、太野彩香(NGT48)、中村歩加(NGT48)、山口真帆(NGT48)[66]
グアム政府観光局「#instaGuam」キャンペーンに出演するメンバー編成[67]

イベント限定ユニット[編集]

おもにコンサートなど、イベントに登場するユニット。

SONE[編集]

2010年10月10日に葛西臨海公園で行われた『AKB48 秋祭り』に登場した4人組エアバンドで、同日に解散した。ZONEコピーバンドで「ソーン」と読む。メンバー発信の非公式ユニットであったが、その後も『AKB48リクエストアワーセットリストベスト100』などのAKB48グループのイベントにたびたび登場し、復活・解散を繰り返している[68]

  • 峯岸みなみ、北原里英、指原莉乃、宮崎美穂

ザ・エイトルズ[編集]

ザ・エイトルズ(THE EIGHTLES!!)は、AKB48チーム8のメンバーで結成されたバンド形式のユニットである。『TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜 チーム8結成3周年前夜祭 in さいたまスーパーアリーナ 春の入学式祭り みんな〜!8推しになってね〜!!』で初登場した[69]

チーム8結成3周年前夜祭[69]

  • ボーカル:岡部麟
  • ギター:小田えりな、長久玲奈
  • ベース:舞木香純
  • ピアノ:高橋彩音
  • バイオリン:高岡薫
  • ドラム:山田菜々美、下青木香鈴

チーム8結成4周年記念祭[70]

  • ボーカル:岡部麟、横山結衣、谷川聖、小田えりな
  • ギター:吉川七瀬、長久玲奈
  • ベース:佐藤栞、谷口もか
  • キーボード:左伴彩佳
  • バイオリン:高岡薫
  • ドラム:山田菜々美
  • コーラス:小栗有以、倉野尾成美、歌田初夏、太田奈緒

AKB48 SHOW![71]

  • ボーカル:坂口渚沙、横山結衣、小田えりな、太田奈緒、大西桃香、濵咲友菜、行天優莉奈、宮里莉羅
  • ギター:吉川七瀬、長久玲奈
  • ベース:佐藤栞、谷口もか
  • キーボード:左伴彩佳
  • バイオリン:高岡薫
  • ドラム:下青木香鈴

プロダクションによるメンバー構成[編集]

AKB48 TeamOgi[編集]

AKB48 TeamOgi(エーケービーフォーティーエイト チームオギ)は、プロダクション尾木所属のAKB48グループメンバーの構成およびファンクラブ名であり、グループ卒業後にも在籍する。2017年12月31日をもってサービスは終了した。

  • 小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみ、渡辺麻友、多田愛佳、市川美織、浦野一美
  • 旧メンバー:岩佐美咲、菊地あやか、小森美果、仲川遥香、野中美郷、平嶋夏海、松原夏海

ホリだしもの(仮)[編集]

ホリだしもの(仮)(ホリだしものかっこかり)は、ホリプロに所属するAKB48グループメンバーで構成される[72]

  • 宮崎美穂、山内鈴蘭(SKE48)
  • 旧メンバー:石田晴香、佐藤すみれ(SKE48)

特殊なメンバー構成[編集]

AKB歌劇団[編集]

AKB歌劇団(エーケービーかげきだん)は、ミュージカル『∞・Infinity』に出演したメンバーで構成される[73]

  • 秋元才加、高橋みなみ、宮澤佐江、柏木由紀、中田ちさと、佐藤夏希、片山陽加、田名部生来、中塚智実、仲谷明香、米沢瑠美、岩佐美咲、内田眞由美、野中美郷

AKB48 ステージファイター選抜[編集]

AKB48 ステージファイター「センター争奪バトルイベント」によって上位に入ったメンバーで構成される。

AKB48ヤングメンバー[編集]

AKB48ヤングメンバーは、2015年に開催された『AKB48ヤングメンバー全国ツアー〜未来は今から作られる〜』に出演したメンバーによる構成である[74]。チーム8は除き、兼任は含むAKB48のメンバーから選出されている。メンバーの選出基準は明かされていないが、1995年度以降生まれおよび10期以降に加入したメンバーは全員選出されている(卒業予定者は除く)。

  • 飯野雅、市川愛美、入山杏奈、岩田華怜、川栄李奈、小嶋菜月、田北香世子、達家真姫宝、谷口めぐ、中西智代梨、西山怜那、藤田奈那、古畑奈和、前田亜美、宮脇咲良、武藤十夢、矢倉楓子、相笠萌、阿部マリア、小嶋真子、兒玉遥、後藤萌咲、下口ひなな、松井珠理奈、湯本亜美、生駒里奈、伊豆田莉奈、内山奈月、梅田綾乃、大島涼花、大和田南那、川本紗矢、高橋朱里、竹内美宥、朝長美桜、名取稚菜、野澤玲奈、橋本耀、平田梨奈、福岡聖菜、横島亜衿、岩立沙穂、大川莉央、大森美優、岡田彩花、岡田奈々、加藤玲奈、木﨑ゆりあ、北澤早紀、小林茉里奈、込山榛香、佐々木優佳里、佐藤妃星、篠崎彩奈、渋谷凪咲、土保瑞希、西野未姫、前田美月、向井地美音、村山彩希、茂木忍

NHK紅白歌合戦選抜[編集]

NHK紅白歌合戦に出演する選抜メンバー。事前発表があった場合のみ記載する。

夢の紅白選抜

  • 入山杏奈、大家志津香、大和田南那、岡田奈々、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢、木﨑ゆりあ、小嶋陽菜、小嶋真子、島崎遥香、峯岸みなみ、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、横山由依、渡辺麻友
  • SKE48:大場美奈、北川綾巴、須田亜香里、惣田紗莉渚、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈、松村香織
  • NMB48:市川美織、太田夢莉、木下百花、渋谷凪咲、上西恵、白間美瑠、須藤凜々花、矢倉楓子、薮下柊、山本彩、吉田朱里
  • HKT48:兒玉遥、指原莉乃、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、松岡菜摘、松岡はな、宮脇咲良、本村碧唯、森保まどか、矢吹奈子
  • NGT48:加藤美南、北原里英、中井りか

紅白選抜(2017年)

  • 入山杏奈、谷口めぐ、横山由依、峯岸みなみ、向井地美音、柏木由紀、加藤玲奈、渡辺麻友、岩立沙穂、岡田奈々、川本紗矢、小嶋真子、込山榛香、高橋朱里、村山彩希、岡部麟、太田奈緒、大西桃香[75]、小田えりな[注 11]
  • SKE48:北川綾巴、松井珠理奈、大場美奈、惣田紗莉渚、高柳明音、古畑奈和、須田亜香里[75]
  • NMB48:山本彩、渋谷凪咲、白間美瑠、吉田朱里、太田夢莉、村瀬紗英、矢倉楓子[75]
  • HKT48:指原莉乃、松岡菜摘、朝長美桜、宮脇咲良、本村碧唯、森保まどか[75]
  • NGT48:荻野由佳、加藤美南、北原里英、中井りか、西潟茉莉奈、本間日陽、山口真帆[75]
  • STU48:瀧野由美子、土路生優里[75]

AKB48世界選抜[編集]

AKB48世界選抜(エーケービーフォーティーエイトせかいせんばつ)は、2018年に放送された『NHK WORLD presents SONGS OF TOKYO』に出演した日本国内外のAKB48グループから選抜されたメンバー構成である[77]

  • 柏木由紀、横山由依
  • SKE48:松井珠理奈
  • JKT48:アヤナ・シャハブ、シャニ・インディラ・ナティオ、シャニア・グラシア、マデ・デヴィ・ラニタ・ニンタラ
  • BNK48:ジャー、ミュージック
  • TPE48(候補生):邱品涵、林倢
  • ほか多数

劇団れなっち[編集]

劇団れなっち(げきだんれなっち)は、加藤玲奈が実施する「れなっち総選挙2017」において選出されたメンバー構成であり、堤幸彦が責任演出を手がける舞台「ロミオ&ジュリエット」に出演した[78]

公演会場

公演日程 (全8回)

2018年5月 9日 (水) 10日 (木) 11日 (金) 12日 (土) 13日 (日)
13:00 ~     黒 組 白 組
14:00 ~     白 組
18:00 ~   黒 組 白 組
19:00 ~ 白 組 黒 組 黒 組

キャスト (合格者31名)

  • グループ別人数:AKB48 = 15人 , SKE48 = 5人 , NMB48 = 2人 ,

   HKT48 = 3人 , NGT48 = 3人 , STU48 = 2人 , BNK48 = 1人

役 名 白 組 黒 組
ロミオ 神志那結衣 (HKT48 teamH) 藤田奈那 (AKB48 teamK)
ジュリエット 岡田奈々 (AKB48 team4) 福岡聖菜 (AKB48 teamB)
ロレンス神父 小嶋菜月 (AKB48 teamK) 田島芽瑠 (HKT48 teamH)
バルサザ 大森美優 (AKB48 team4) 太田奈緒 (AKB48 team8)
ラインハルト 塩井日奈子 (STU48) 山田菜々美 (AKB48 team8)
ばあや 北川愛乃 (SKE48 teamS) 久代梨奈 (NMB48 teamBⅡ)
ベンヴォーリオ 大久保美織 (BNK48) 薮下楓 (STU48)
ヒデ 髙畑結希 (SKE48 teamE) 佐々木優佳里 (AKB48 teamA)
ロザンナ 濵咲友菜 (AKB48 team8) 歌田初夏 (AKB48 team8)
ティボルト 古賀成美 (NMB48 teamBⅡ) 清水麻璃亜 (AKB48 team8)
マキューシオ 菅原りこ (NGT48 teamNⅢ) 斉藤真木子 (SKE48 teamE)
ロミオ父 都築里佳 (SKE48 teamS) 谷口もか (AKB48 team8)
ジュリエット父 深井ねがい (SKE48 研究生) 小熊倫実 (NGT48 teamNⅢ)
ロミオ母 秋吉優花 (HKT48 teamH)
ジュリエット母 橋本陽菜 (AKB48 team8) 北澤早紀 (AKB48 team4)
ミカポン 大西桃香 (AKB48 team8)
ミポリン 西潟茉莉奈 (NGT48 teamNⅢ)
前説として両組共に座長の加藤玲奈が勤めた。
  • 責任演出:堤幸彦
  • 脚本:川尻恵太(STUGARBOY)
  • 演出補佐:冨田昌則
  • 振付:横山結衣
  • 音楽:楠瀬拓郎/伊真吾(OVERCOME MUSIC)
  • 美術:中根総子
  • 照明:林順之(ASG)
  • 音響:中島聡
  • 映像:中尾孝/大場嵩之(オフィスクレッシェンド)、荒川ヒロキ(stack pictures)
  • 衣装:山下和美
  • ヘアメイク:今野ふき子/杉本陽子
  • 制作進行:米田理恵
  • 舞台監督:今野健一(キーストーンズ)
  • プロデューサー:松田誠

WRD48[編集]

WRD48(WORLD48、ワールドフォーティーエイト)は、AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙開票イベント前に行われたAKB48グループコンサートにおいて結成された、世界のAKB48グループメンバーから選抜されたユニットであり、BNK48のチャープランがセンターを務めた[79]

  • 岡田奈々、小栗有以、野澤玲奈、馬嘉伶、横山由依
  • SKE48:松井珠理奈
  • NMB48:白間美瑠
  • HKT48:宮脇咲良
  • NGT48:荻野由佳
  • STU48:瀧野由美子
  • BNK48:チャープラン、ジェニス、ミュージック
  • TPE48:陳詩雅、陳詩媛、邱品涵

チームピグ指名戦[編集]

2010年10月27日に発売した18thシングル「Beginner」のカップリングを、同年7月23日 - 29日にアメーパピグで実施された投票が一番多かったユニットが歌う。結果発表は8月9日に行われ、1位はMINTに決まった。

また、ノースリーブスメンバー(小嶋陽・高橋み・峯岸)の所属する、「EYES」「ガールズ・ING」「恋愛運上昇団」の3ユニットは、2011年1月1日発売のノースリーブスのアルバム『ノースリーブス』に収録されている[注 12]

エントリーしたユニットは下記の通り。

No. ユニット名 曲名 メンバー
1 LOVE COMPANY Thirsty 仲谷明香、大島優子、佐藤亜美菜、宮崎美穂
2 MINT 君について 片山陽加、前田敦子、仁藤萌乃、松井咲子、河西智美
3 U Delete 大家志津香、松原夏海、板野友美、小林香菜、小森美果、平嶋夏海、増田有華
4 ロリータ・ピーターパン 天使のフルーツパフェ 石田晴香、渡辺麻友
5 EYES NEXT HEAVEN 岩佐美咲、高橋みなみ、仲川遥香、内田眞由美、中塚智実、奥真奈美
6 ガールズ・ING 嘘でしょ?[注 13] 倉持明日香、小嶋陽菜、梅田彩佳、菊地あやか、佐藤夏希、近野莉菜
7 メリーゴーランド コスモス時計 指原莉乃、前田亜美、藤江れいな、柏木由紀
8 恋愛運上昇団 尺が欲しい 多田愛佳、高城亜樹、田名部生来、野中美郷、峯岸みなみ
9 保健室 バラ色カウントダウン 中田ちさと、宮澤佐江、米沢瑠美、北原里英、佐藤すみれ、鈴木まりや
10 サリー秋元 カムチャッカ渡り鳥慕情 秋元才加

AKB48 STREAM ぐぐたす選抜プロジェクト[編集]

Google+とのコラボレーションによるスペシャルサイト「AKB48 STREAM」の第1弾として企画された「ぐぐたす選抜」を決定するものである[80][81]。オリジナル楽曲「ぐぐたすの空」(「真夏のSounds good !」カップリング曲)が制作され、GoogleのテレビCMに出演した[82]。センターは石田晴香が務めた[82]。なお「ぐぐたす選抜」という名称は楽曲の正式な名義として使用されていない。

  • 石田晴香、北原里英、高城亜樹、松井玲奈(SKE48)、横山由依、山本彩(NMB48)、倉持明日香、仲川遥香、藤江れいな、松井咲子、片山陽加、松村香織(SKE48)、仲俣汐里、鈴木紫帆里、山口夕輝(NMB48)、田名部生来[81]

AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017[編集]

『AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017〜絆は拳から生まれる!〜』の開催にあたり、AKB48グループからソロを含む108組のユニットが結成され、48組が本戦に出場した。優勝ユニットがシングル表題曲を担当しメジャーデビューとなり、2位から4位までのユニットにはそのカップリング曲が制作された。

AKB48グループ センター試験[編集]

『AKB48グループ センター試験』は、2018年3月10日に日本国内6都市10会場・国外3会場で実施され、日本国内外すべてのAKB48グループメンバーが受験した[注 14](卒業予定者など一部未受験)。AKB48グループに関する問題で構成された試験により、上位16名となったメンバーが「AKB48グループ センター試験選抜」として「Teacher Teacher」のカップリング曲「君は僕の風」を歌う[84][85]

AKB48グループ センター試験選抜[84][86]
順位 点数 メンバー 所属
1 157 向井地美音 AKB48
2 135 岩立沙穂 AKB48
135 柏木由紀 AKB48
4 128 村雲颯香 NGT48
128 渕上舞 HKT48
6 127 福岡聖菜 AKB48
7 121 日下部愛菜 NGT48
8 119 川本紗矢 AKB48
119 荒井優希 SKE48
119 佐々木優佳里 AKB48
119 横山由依 AKB48
12 117 小田えりな AKB48
13 115 坂口理子 HKT48
14 114 都築里佳 SKE48
114 指原莉乃 HKT48
16 113 入山杏奈 AKB48
2018年3月15日発表、200点満点

メンバー参加ユニット[編集]

AKB48グループメンバーと外部のアイドルやタレントとの混成で結成したユニット。

XANADU loves NHC[編集]

ホリプロの女子フットサルチームであり、AKB48やSDN48のメンバーも参加していた。AKB48グループメンバーのみ記載する。

  • 板野友美、河西智美、宮崎美穂、大堀恵(SDN48)

ワタナベガールズ[編集]

ワタナベガールズ(Watanabe Girls)は、旧ビスケットエンターティメントワタナベエンターテインメントに所属する、AKB48やアイドリング!!!のメンバーなどから構成される女性タレントの集団である[87]

ホリプロガールズ[編集]

ホリプロガールズ(Horipro Girls)は、ホリプロに所属する女性タレントの構成であり、Twitterなどのソーシャルメディアを一覧表示するウェブサイトを展開していた[88]。AKB48やSDN48のメンバーも参加していた。

PRODUCE 48[編集]

PRODUCE 48(プロデュース フォーティーエイト)は、Mnet制作のオーディション番組名であり、AKB48グループメンバーも含めた日韓の練習生から選ばれた12名がガールズグループとしてデューする予定である。番組のテーマ曲「NEKKOYA (PICK ME)」が「PRODUCE 48」名義で配信されている[90]

  • AKB48:後藤萌咲、永野芹佳、中野郁海、中西智代梨、茂木忍、武藤十夢、宮崎美穂、佐藤美波、篠崎彩奈、下尾みう、浅井七海、小田えりな、岩立沙穂、市川愛美、千葉恵里、小嶋真子、高橋朱里、竹内美宥、本田仁美
  • SKE48:松井珠理奈、浅井裕華
  • NMB48:内木志、村瀬紗英、白間美瑠、梅山恋和、植村梓、加藤夕夏
  • HKT48:松岡菜摘、本村碧唯、村川緋杏、宮脇咲良、荒巻美咲、矢吹奈子、今田美奈、月足天音、栗原紗英、田中美久
  • NGT48:山田野絵、長谷川玲奈
  • その他(韓国):カン・ヘウォン、キム・チョヨン、キム・ナヨン、キム・ダヘ、コ・ユジン、キム・ダヨン、キム・ユビン、ユン・ウンビン、イ・ユジョン、ホン・イェジ、キム・ヒョナ、ハン・チョウォン、シン・スヒョン、キム・ドア、パク・ヘユン、チョ・アヨン、キム・ミンソ、ワン・クー、ユ・ミニョン、ソン・ウンチェ、チョ・サラン、ウォン・ソヨン、パク・ミンジ、パク・チャンジュ、イ・チェジョン、イ・ハウン、ユン・ヘソル、チェ・ソウン、イ・カウン、ホ・ユンジン、ナ・ゴウン、パク・ジウン、アン・ユジン、チャン・ウォニョン、チョ・ガヒョン、ペ・ウニョン、イ・シアン、チャン・ギュリ、チョ・ユリ、キム・ミンジュ、カン・ダミン、ファン・ソヨン、イ・スンヒョン、イ・チェヨン、チョ・ヨンイン、クォン・ウンビ、キム・ソヒ、キム・スユン、キム・チェウォン、アン・イェウォン、チェ・ヨンス、キム・シヒョン、ワン・イーレン、チェ・イェナ、アレックス・クリスティーン、パク・ソヨン、パク・ジニ

ガチンコ☆[編集]

ガチンコ☆(ガチンコスター)は、音組が手がける「☆歌の上手さを追求しない☆楽器を弾けなくていい☆可愛く踊れる☆」をコンセプトとした、事務所やレーベルの枠を超えたユニットである[91]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2012年、HKT48へ移籍。
  2. ^ 2012年、JKT48へ移籍。
  3. ^ 渡り廊下走り隊7時代に脱退、解散時に復帰。
  4. ^ 2015年、NGT48へ移籍。
  5. ^ 2012年、HKT48へ移籍後、2017年よりSTU48を兼任。
  6. ^ 2014年、NMB48へ移籍。
  7. ^ 2013年1月7日付で活動辞退したのち、2014年8月に復帰。
  8. ^ 2012年、SNH48へ移籍後、2014年よりSKE48を兼任。
  9. ^ 実動時はAKB48、『1830m』発売時点でHKT48。
  10. ^ 同曲は2016年1月22日の『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016』において初披露された[32]
  11. ^ 兒玉遥(HKT48)が休業となったため選出された[76]
  12. ^ 一部曲名・ユニット名の変更あり
  13. ^ 音源化の際の曲名は「嘘でしょ?〜七里ガ浜の七不思議〜」。
  14. ^ 日本国内ではファンも受験できた[83]

出典[編集]

  1. ^ “初の試み「AKB48 ユニット祭り」はサプライズも用意”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年1月24日). https://natalie.mu/music/news/63219 2018年3月7日閲覧。 
    “AKB48「ユニット祭り」でまさかのコラボレーションを披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年1月24日). https://natalie.mu/music/news/83640 2018年3月7日閲覧。 
    “AKB48大島優子、卒業は国立公演&「感謝祭」も開催予定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年1月28日). https://natalie.mu/music/news/108661 2018年3月7日閲覧。 
  2. ^ a b “フレンチ・キス解散から読み解く、AKB48グループ“派生ユニット”の役割とは?”. Real Sound (blueprint). (2015年8月26日). http://realsound.jp/2015/08/post-4347.html 2018年3月7日閲覧。 
  3. ^ BIG NEWS!”. AKB48オフィシャルブログ (2006年10月18日). 2018年6月5日閲覧。
  4. ^ “AKB48、初の女性限定ライブ!ソロユニットも始動”. ORICON STYLE. (2007年6月4日). https://www.oricon.co.jp/news/45161/full/ 2018年6月5日閲覧。 
  5. ^ “AKBアイドリング!!!初シングルで双方の代表曲カバー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2009年2月10日). https://natalie.mu/music/news/13282 2018年6月5日閲覧。 
  6. ^ 新ユニット「Chocolove from AKB48」始動!”. AKB48オフィシャルブログ (2007年3月24日). 2018年3月7日閲覧。
  7. ^ “AKB48から本格ソロ・ユニット“Chocolove from AKB48”誕生”. BARKS. (2007年6月4日). https://www.barks.jp/news/?id=1000032005 2018年8月15日閲覧。 
  8. ^ 渡り廊下走り隊、解散へ まゆゆ「ワロタのこと忘れないで」 オリコンスタイル(2013年11月14日)2014年3月8日閲覧。
  9. ^ “渡り廊下走り隊:解散でまゆゆ泣き崩れる “波瀾万丈”の5年は「私の青春だった」”. まんたんウェブ (毎日新聞社デジタル). (2014年2月9日). https://mantan-web.jp/article/20140209dog00m200031000c.html 2015年12月18日閲覧。 
  10. ^ プロフィール ノースリーブス公式ホームページ、2014年3月8日閲覧。
  11. ^ ノースリーブスが結成5周年! メンバーがメッセージ「これからもよろしくね」 シネマトゥデイ、2013年11月27日付、2014年3月8日閲覧。
  12. ^ “AKB48主力メンバーが制服を脱いでアキバ脱出”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2008年9月3日). https://natalie.mu/music/news/9344 2018年8月15日閲覧。 
  13. ^ “AKB48柏木・高城・倉持が新ユニットで今秋デビュー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年6月29日). http://natalie.mu/music/news/33965 2017年11月16日閲覧。 
  14. ^ “フレンチ・キス解散 百恵さんのように…さようなら”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2015年11月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1562337.html 2015年12月18日閲覧。 
  15. ^ AKB48大島優子率いる新ユニット「Not yet」デビュー決定! オリコン、2011年01月21日付、2014年3月8日閲覧。
  16. ^ AKB48から新派生ユニット・DiVA誕生! 東京マラソン完走の秋元才加ら4人組 オリコンスタイル(2011年2月28日)2017年11月16日閲覧。
  17. ^ AKB48曲づくりプロジェクト♪
  18. ^ “【エンタがビタミン♪】AKB48“曲づくりプロジェクト”の楽曲『Reborn』が一部公開に。作曲は『言い訳Maybe』の俊龍氏。”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). (2014年11月20日). http://japan.techinsight.jp/2014/11/akb48kyokudukurip-riborn-itibukoukai20141119.html 2017年9月5日閲覧。 
  19. ^ AKB48 in KYORAKU DOME”. 京楽産業.. 2017年8月15日閲覧。
  20. ^ 『AKB48 チームPB・チームYJ 神保町決戦SPECIALムック』P. 1。
  21. ^ “AKB48が“野菜コスプレ”で踊るキュートな新CMが登場”. NewsWalker (KADOKAWA). (2010年4月27日). https://news.walkerplus.com/article/14271/ 2018年4月1日閲覧。 
  22. ^ “AKB48野菜シスターズ、新メン加入で全30種類に強化”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年6月22日). https://natalie.mu/music/news/51753 2018年4月1日閲覧。 
  23. ^ “AKB48『神保町・護国寺大戦』がついに決着! 結果は異例のCM発表”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年10月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2003201/full/ 2018年3月10日閲覧。 
  24. ^ “AKB48の新ユニット“YM7”、初お披露目”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年11月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2003449/full/ 2018年3月10日閲覧。 
  25. ^ “AKB48、4thアルバム「1830m」は初収録22曲含む2枚組”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年7月19日). https://natalie.mu/music/news/73153 2018年3月10日閲覧。 
  26. ^ “ナイナイ岡村&AKBで“OKL48”結成! 大島、まゆゆらが全身白タイツで新曲披露”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年11月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2018945/full/ 2017年12月15日閲覧。 
  27. ^ “BKA48、めちゃイケで新曲初披露 秋元氏「川栄は違う路線にいった」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年5月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2024718/full/ 2017年12月15日閲覧。 
  28. ^ “ついに100位!AKB48リクアワ4日目昼公演は110位〜81位までをカウントダウン。なこみくの指原親衛隊が指!指!のコールを贈る!!”. GirlsNews (レゾリューション). (2015年1月25日). https://girlsnews.tv/unit/200880 2017年12月14日閲覧。 
  29. ^ a b ““坂道AKB”が「神コラボ」と話題沸騰 過去には“こじ坂46”“まゆ坂46”も<これまでの48&46グループ・奇跡のコラボを振り返る>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月28日). https://mdpr.jp/music/detail/1667253 2018年3月10日閲覧。 
  30. ^ “AKB新ユニット「でんでんむChu!」結成 大和田&向井地ら7人組”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2050600/full/ 2018年3月31日閲覧。 
  31. ^ “AKB48「れなっち総選挙」1位は田中菜津美、新ユニット結成も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年6月16日). http://natalie.mu/music/news/150795 2017年11月16日閲覧。 
  32. ^ AKB48グループの「リクエストアワー」始まる=若手がフレッシュな魅力を発揮2016年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ - 時事ドットコムニュース(時事通信社), 2016年1月22日
  33. ^ “AKB48&乃木坂46が“生コラボ” 小嶋陽菜センターで“混ざり合う”<小嶋陽菜卒業コンサート前夜祭>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月21日). https://mdpr.jp/music/detail/1665257 2017年11月16日閲覧。 
  34. ^ “100点満点で150点!れなっち総選挙の写真集、加藤P自ら太鼓判”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年2月3日). http://natalie.mu/music/news/219422 2017年7月17日閲覧。 
  35. ^ 美坂柚木 (2016年8月29日). “AKB48・加藤玲奈が選ぶ「れなっち総選挙」結果発表…1位は小栗有以”. CYCLE style of sports and technology (イード). https://cyclestyle.net/article/2016/08/29/40287.html 2017年11月16日閲覧。 
  36. ^ a b “AKBチーム8、新たに冠番組2本決定 47人で“天下統一”目指す”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2084531/full/ 2018年3月9日閲覧。 
  37. ^ “坂道AKBの新曲センターは平手友梨奈!切れ味鋭いダンスのMVも完成”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年2月28日). https://natalie.mu/music/news/222544 2017年12月22日閲覧。 
  38. ^ “坂道AKB第2弾センターは欅坂46長濱ねる LEDステージでクールに踊る”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2106745/full/ 2018年3月3日閲覧。 
  39. ^ AKB48 (2017年10月17日). “#AKB48 グループ #新ユニット名 大募集会議 #SHOWROOM のご視聴ありがとうございました”. Twitter. 2017年11月5日閲覧。
    AKB48 (2017年11月5日). “ただいまSHOWROOM配信中”. Twitter. 2017年11月5日閲覧。
  40. ^ “最初から最後まで元気ハツラツ! AKB48グループ『フレッシュオールスターズコンサート』開催”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク). (2018年2月5日). https://okmusic.jp/news/243642 2018年3月7日閲覧。 
  41. ^ “『Mステ』本番直前…AKB48ボーカル選抜、私服写真入手「いつも以上に緊張」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2104741/full/ 2018年3月7日閲覧。 
  42. ^ ポッター平井 (2017年10月24日). “AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017 笑わないアイドルが見せた笑顔と涙【ライブレポート】”. アイドルUtaTen (IBGメディア). http://idol.utaten.com/specialArticle/index/2154 2017年10月30日閲覧。 
  43. ^ “京本政樹とお子様がドン引きさせたアキバ系の熱いコールって?”. シネマトゥデイ. (2007年4月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0010426 2017年11月19日閲覧。 
  44. ^ 板野友美・河西智美ライブ&握手会開催”. AKB48オフィシャルブログ (2008年8月15日). 2018年3月7日閲覧。
  45. ^ “ノースリーブス、初主演ドラマ製作発表会でデビュー曲をパフォーマンス”. BARKS. (2008年10月9日). https://www.barks.jp/news/?id=1000043978 2017年11月19日閲覧。 
  46. ^ “16人組新ユニットが歌う「おじゃる丸」テーマ曲がCD化”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年5月1日). http://natalie.mu/music/news/48776 2017年11月19日閲覧。 
  47. ^ “AKB48メンバーが参加の新ユニット・BABY GAMBA、イベント開催決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年9月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2001344/full/ 2017年7月17日閲覧。 
  48. ^ 見えない空はいつでも青い レコチョク、2018年3月10日閲覧。
  49. ^ “指原莉乃 with AKB48 Team 8が公式替え歌「恋する充電プリウス」を熱唱!【トヨタ プリウスPHV 新TV-CM発表会】”. オートックワン. (2014年6月16日). http://autoc-one.jp/toyota/prius_phv/launch-1805385/ 2018年3月10日閲覧。 
  50. ^ “渡辺麻友、横山由依、岩田華怜が“ミルクプラネット”結成”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月11日). http://natalie.mu/music/news/114267 2017年11月19日閲覧。 
  51. ^ ジバニャン歓喜!AKBぱるるらリアル「ニャーKB」結成 | ORICON STYLE - 2014年12月17日(2014年12月18日閲覧)
  52. ^ AKB48が巨人軍75周年応援隊結成 AKB48オフィシャルブログ、2009年6月10日付、2014年3月8日閲覧。
  53. ^ 増田覚 (2010年9月28日). “「AKB48カスペルスキー研究所」設立、初代所長に前田敦子を任命”. INTERNET Watch (インプレス). https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/396474.html 2018年3月10日閲覧。 
  54. ^ “篠山紀信がAKB48の少女を選抜! Team KISHIN From AKB48写真集『窓からスカイツリーが見える』”. ORICON STYLE (oricon ME). (2010年10月8日). https://www.oricon.co.jp/news/80857/full/ 2017年11月19日閲覧。 
  55. ^ “AKB48:「チームぴちぴちNHK」を結成 たかみなは武士に「歴女ぶり出したい」”. MANTANWEB (MANTAN). (2011年3月7日). https://mantan-web.jp/article/20110307dog00m200023000c.html 2018年6月30日閲覧。 
  56. ^ “AKB峯岸 番組でレギュラー、チキンタツタCM写真公開”. Ameba News (サイバーエージェント). (2011年4月5日). https://news.ameba.jp/entry/20110405-191/ 2018年3月10日閲覧。 
  57. ^ “「こち亀」とAKB48のコラボマンガが本日発売ヤンジャンに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年9月29日). https://natalie.mu/comic/news/57217 2018年3月10日閲覧。 
  58. ^ “AKB、大島ら30人が戦隊レンジャーに変身 さしこはなぜかロボット!”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年5月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2012106/full/ 2017年11月19日閲覧。 
  59. ^ “AKB48「チームBS」結成!HKT2期生から田島芽瑠も抜擢”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年3月13日). https://natalie.mu/music/news/86639 2018年3月10日閲覧。 
  60. ^ NHK 「いじめをノックアウト」 (2016年3月19日). “【放送4時間前!】今回から新生ノックアウト隊としてAKB48より大森美優さん、川本紗矢さん、北澤早紀さん、梅田綾乃さんが登場”. Twitter. 2018年3月30日閲覧。
  61. ^ a b “AKB48高橋みなみ、いじめノックアウト隊を結成「無関心が一番怖い」”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年8月3日). https://news.mynavi.jp/article/20130803-a043/ 2018年3月30日閲覧。 
  62. ^ いじめをノックアウトスペシャル第5弾「小さな思いが、つながるとき…」 (3/21)”. NHK for School. 日本放送協会 (2015年3月16日). 2018年3月30日閲覧。
  63. ^ “AKB48チーム神奈川が発足…JRの新型車導入をアピール”. RBB TODAY (イード). (2014年1月29日). https://www.rbbtoday.com/article/2014/01/29/116332.html 2018年3月10日閲覧。 
  64. ^ “AKB大島らがアディダスW杯アンバサダーに 特別ユニフォーム公開”. Fashionsnap.com (レコオーランド). (2014年3月3日). https://www.fashionsnap.com/article/2014-03-03/adidas-w14-akb4/ 2018年3月10日閲覧。 
  65. ^ “AKB48おせちは変わった美味しさ!「なますにマンゴー」”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2014年9月21日). https://news.dwango.jp/2014/09/21/10959/idol/ 2018年3月10日閲覧。 
  66. ^ “AKB48、常夏のグアムで熱狂パフォーマンス グループ衣装を脱いでグアムに染まる”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年4月24日). https://mdpr.jp/music/detail/1761974 2018年4月24日閲覧。 
  67. ^ グアム政府観光局  #instaGuam(インスタグアム)キャンペーンに AKB48グループメンバーの起用決定! #instaGuamの「公式インスタグアマー」に就任, , @Press (ソーシャルワイヤー), (2017年12月4日), https://www.atpress.ne.jp/news/144398 2018年1月31日閲覧。 
  68. ^ “金爆に対抗!? AKBエアバンド「SONE」2年ぶり復活”. オリコンニュース. (2013年1月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2021029/full/ 2018年4月17日閲覧。 
  69. ^ a b “AKBチーム8、さいたまSAで3周年前夜祭 ミュージカルにバンド演奏も”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2088570/full/ 2018年7月18日閲覧。 
  70. ^ “渡辺麻友、AKB48チーム8小栗有以にサプライズ 初センターにエール<チーム8結成4周年記念祭/セットリスト>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年4月29日). https://mdpr.jp/music/detail/1763426 2018年7月18日閲覧。 
  71. ^ HKT48「早送りカレンダー」 選抜メンバー全員揃ってのフルサイズで!! / NGT48ご当地コント「新潟あるある2」 今回もまたメンバーが大暴走!! / チーム8の誇るバンド「ザ・エイトルズ」生演奏!! セカシモのパワフルドラムで「ファーストラビット」 / 今夜は「るんば祭り」なのか!! ふるさと講座はチーム8愛媛県の高岡薫 / AKB48田野優花最後のパフォーマンス!! 12期生で「1994年の雷鳴」を!!”. AKB48SHOWブログ:NHK. 日本放送協会 (2018年6月30日). 2018年7月18日閲覧。
  72. ^ 祝 『ホリだしもの(仮)』オフィシャルサイトオープン!!”. ホリだしもの(仮). ホリプロ, SKIYAKI (2016年2月5日). 2017年11月19日閲覧。
  73. ^ “AKB48初のミュージカル、AKB歌劇団「∞・Infinity」がスタート”. エキサイトアニメニュース (エキサイト). (2009年10月30日). https://blog.excite.co.jp/exanime/11476344/ 2018年3月10日閲覧。 
  74. ^ “小嶋陽菜も登場 AKB48ヤングメンバーがエネルギッシュなパフォーマンス”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年3月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1476563 2018年1月30日閲覧。 
  75. ^ a b c d e f “AKB48「紅白歌合戦」歌唱曲は視聴者投票で決定、選抜メンバーも発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年12月4日). https://natalie.mu/music/news/259529 2018年1月30日閲覧。 
  76. ^ “【紅白リハ】AKB48、史上初の“くじ引き”リハ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2103315/full/ 2018年1月30日閲覧。 
  77. ^ “AKB48、世界選抜メンバーで『NHK WORLD presents SONGS OF TOKYO』に出演決定”. エンタメステーション (ソニー・ミュージックエンタテインメント). (2017年11月24日). https://entertainmentstation.jp/news/145619 2018年1月30日閲覧。 
  78. ^ “AKB48岡田奈々:HKT48神志那結衣とロミオ&ジュリエット役で「ラブラブ」 堤幸彦も絶賛”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年5月9日). https://mantan-web.jp/article/20180509dog00m200027000c.html 2018年6月5日閲覧。 
  79. ^ “AKB48国内外精鋭「WRD48」誕生 593人のセンターはBNK48チャープラン”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2113770/full/ 2018年6月16日閲覧。 
  80. ^ “Google、スペシャルサイト「AKB48 STREAM ぐぐたす選抜プロジェクト」をオープン”. MdN Design Interactive (エムディエヌコーポレーション). (2012年3月15日). https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/22405/ 2018年3月15日閲覧。 
  81. ^ a b AKB48 STREAM とは?”. AKB48 STREAM ぐぐたす選抜プロジェクト. Google. 2012年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月15日閲覧。
  82. ^ a b “AKB〈ぐぐたす選抜〉出演のGoogle新CM、明日3月24日にオンエア開始”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2012年3月23日). http://tower.jp/article/news/2012/03/23/n04 2018年3月15日閲覧。 
  83. ^ “AKB48センター試験に大苦戦、居眠りも… 9グループ472人が一斉受験”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2107301/full/ 2018年3月15日閲覧。 
  84. ^ a b “AKB48センター試験 ぶっちぎり1位は向井地美音「AKB愛が証明できてよかった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/15/kiji/20180315s00041000250000c.html 2018年3月15日閲覧。 
  85. ^ ““美脚MV”撮影の舞台裏は? AKB48小栗&向井地&岡部&山内インタビュー”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年6月1日). https://thetv.jp/news/detail/148583/ 2018年6月5日閲覧。 
  86. ^ AKB48グループ センター試験 メンバー結果発表”. AKB48公式サイト. AKS. 2018年3月15日閲覧。
  87. ^ “フレンチ・キスらワタナベガールズがZepp Tokyoライブ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年11月29日). https://natalie.mu/music/news/60350 2018年7月18日閲覧。 
  88. ^ 森田秀一 (2010年11月12日). “AKB48所属アイドルらのTwitterをまとめて表示「ホリプロガールズ」”. INTERNET Watch (インプレス). https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/406547.html 2018年7月19日閲覧。 
  89. ^ a b タレント一覧”. ホリプロガールズ. ホリプロ. 2011年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月18日閲覧。
  90. ^ “「PRODUCE 48」日韓 96 人の練習生が初登場‼ 「M COUNTDOWN」 5月10日(木)18:00〜日韓同時生放送‼” (プレスリリース), PR TIMES, (2018年5月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000547.000003711.html 2018年7月19日閲覧。 
  91. ^ “「TIF」にHKT48坂本、たこ虹春名、はちロケ公野による新ユニット&ベッド・イン追加”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月11日). https://natalie.mu/music/news/290706 2018年7月18日閲覧。 

外部リンク[編集]