吉田朱里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よしだ あかり
吉田 朱里
150505 『여기가 로도스다 여기서뛰어라!』샤메회 후기 04.jpg
ここがロドスだ、ここで跳べ!』劇場盤
発売記念大握手会&写真会にて
(2015年5月5日、パシフィコ横浜
プロフィール
愛称 アカリン
生年月日 1996年8月16日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本大阪府
血液型 AB型
公称サイズ(2017年[1]時点)
身長 / 体重 165 cm / kg
活動
デビュー 2010年10月9日
所属グループ NMB48
活動期間 2010年 - 2011年9月4日
2012年 -
備考 NMB48 チームM
(元チームN)
事務所 Showtitle
主な楽曲 ジッパー
アイドル: テンプレート - カテゴリ

吉田 朱里(よしだ あかり、1996年8月16日 - )は、日本アイドルYouTuber。女性アイドルグループNMB48チームMのメンバーである。大阪府出身。KYORAKU吉本.ホールディングスを経てShowtitle所属。

略歴[編集]

2010年9月20日、『NMB48オープニングメンバーオーディション』(応募総数7256名、最終合格者26名)に合格し、10月9日、『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』においてNMB48第1期研究生26名の1人として初披露[2]

2011年1月1日、NMB48劇場こけら落しとして、『NMB48 1期生「誰かのために」』公演が開催され、選抜メンバー16名のうちの一人として劇場公演デビュー[3]。3月10日、NMB48第1期研究生25名の中から16人のうちの1人としてチームNを結成[4]

2011年9月4日、本人からの申し出により無期限の活動謹慎となる[5]。2012年1月15日、運営事務局より復帰に関する投票が、1月15日 - 1月21日に実施されることが発表され[6]、同年1月24日の劇場公演にて投票結果が発表され、賛成票が過半数を越え復帰が決定し[7]、2月23日に活動を再開[8]

2013年5月22日発売のAKB48 31stシングル「さよならクロール」のアンダーガールズに選出された。5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では50位で、フューチャーガールズに選出された[9]

2014年5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では72位で、アップカミングガールズに選出された[10]

2015年5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では64位で、フューチャーガールズに選出された[11][12]

一時期の吉田は、次世代メンバーの台頭などのためにNMB48の中で立ち位置に悩み、「グループを辞めたい」と思ったこともあったようだ。ツイッターでたまに投稿していたメイク動画が好評だったことをヒントに、一念発起で得意な美容ネタを活かし、2016年2月2日、YouTubeに個人の公式チャンネルを開設し、アイドル兼YouTuber宣言をした[13][14]。同年の『AKB48 45thシングル選抜総選挙』では77位だったが[15]、12月の第67回NHK紅白歌合戦で実施された「夢の紅白選抜」では6位に躍進した[16]。YouTubeでの女子力動画を通した自力でのポジション確立により、多くの女性ファンを取り込むことに成功した[17]

2017年より、前年10月18日に発表された「大組閣」によりチームMへ異動[18]。同年3月15日発売のAKB48の47thシングル「シュートサイン」で、AKB48のシングル表題曲における初選抜となった[19]。同年5月から6月にかけて実施された『AKB48 49thシングル選抜総選挙』では16位で、昨年から大幅ランクアップし選抜入りを果たした[20][21]。同年7月18日、自身初のフォトブック『NMB48 吉田朱里ビューティーフォトブックIDOL MAKE BIBLE@アカリン』を主婦の友社から発売[22]

人物[編集]

愛称は、アカリン[23]SKE48須田亜香里との愛称が一緒なので吉田朱里はカタカナで表記される[23]。「朱里」という名前の由来は、字数が良かったから。当初「ゆかり」とどっちにするか迷った挙げ句、最終的に「あかり」になった[24]。極めて女子力が高いということから、山本彩から「女子力おばけ」というニックネームを名付けられた[17][25]キャッチフレーズは、「あかりをつけましょみんなのハートにイェイ!!イェイ!! みーんなのハートにあ・か・りを灯したい、アカリンこと吉田朱里です」[26]

長所は、ポジティブなところ[27]

趣味は、メンバーとハグすること[27]。好きな食べ物は梅、プリン[28]

動画共有サービス・YouTubeに公式チャンネルを有している[13]。個人でのチャンネル開設は、AKB48グループの現役メンバーではSKE48の松村香織に次いで2人目である。内容については、「アカリンの女子力動画」という、自ら撮影と編集を行ったメイクやヘアアレンジを紹介する動画を配信している。吉田によると、元々男性のファンが多いため男性が何度も動画を見てくれているのかと思っていたが、解析データを見てみると、実際は女性ばかりだったという[29]第67回NHK紅白歌合戦で実施された「夢の紅白選抜」で6位に躍進したことについて、山本彩はYouTubeを通じた独自のファン層の投票があったからではないかと分析している[16]。YouTubeのチャンネル登録者数は30万人を突破している(2017年7月19日現在)[30]

NMB48[編集]

憧れの先輩は元AKB48の板野友美[31]小嶋陽菜[32][33]。NMB48メンバーでの推しメンは矢倉楓子[34]

NMB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

アルバム選抜曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

劇場公演ユニット曲[編集]

チームN 1st Stage「誰かのために」

  • 投げキッスで撃ち落せ!
  • 制服が邪魔をする

チームN 2nd Stage「青春ガールズ」

  • 禁じられた2人

チームN 3rd Stage「ここにだって天使はいる」

  • ジッパー
  • 初めての星
  • 100年先でも

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

  • NMB48吉田朱里の「アイドルべっぴんさん計画」(2017年1月29日 - 2月26日、Kawaiian TV) - MC[38]

映画[編集]

ラジオ[編集]

ネット配信[編集]

  • マジすか学園5(2015年8月25日 - 10月27日、Hulu[注 1] - レッド 役[36]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • 月刊エンタメ(2013年3月30日 - 、徳間書店)- コラム「なんばガールズコレクション」

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信[35]

出典[編集]

  1. ^ AKB48グループ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』 講談社〈講談社MOOK〉、2017年5月17日、150頁。
  2. ^ “NMB48第1期生26名、AKB48秋祭りでサプライズ披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年10月9日). http://natalie.mu/music/news/38903 2017年1月2日閲覧。 
  3. ^ “目指すは城ホール!NMB48初公演が本日スタート”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年1月1日). http://natalie.mu/music/news/42881 2017年1月2日閲覧。 
  4. ^ “NMB48チームN結成「新たなスタートラインに立った」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年3月10日). http://natalie.mu/music/news/46233 2017年1月2日閲覧。 
  5. ^ “NMB吉田、松田無期限謹慎 自ら申し出”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年9月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110905-830808.html 2017年1月2日閲覧。 
  6. ^ 1/15 NMB48謹慎メンバー「吉田朱里」復帰に関する投票実施のお知らせ”. NMB48公式サイト (2012年1月15日). 2017年1月2日閲覧。
  7. ^ “謹慎中NMB吉田朱里の復帰決定 ファン9割近くが賛成”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年1月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/25/kiji/K20120125002502420.html 2017年1月2日閲覧。 
  8. ^ 吉田朱里 (2012年2月23日). “吉田朱里です”. NMB48オフィシャルブログ. 2017年1月2日閲覧。
  9. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  10. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  11. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月17日閲覧。
  12. ^ 【第7回AKB総選挙】49位〜64位「フューチャーガールズ」決定 各メンバーコメント一覧”. オリコン (2015年6月6日). 2015年6月17日閲覧。
  13. ^ a b “NMB48の吉田朱里がYouTuber宣言”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年2月3日). http://natalie.mu/music/news/174732 2016年7月6日閲覧。 
  14. ^ YoshidaAkari - 公式YouTubeチャンネル
  15. ^ “NMB48吉田朱里「少し悔しい」順位発表<第8回AKB48選抜総選挙>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年6月18日). http://mdpr.jp/music/detail/1592664 2016年7月6日閲覧。 
  16. ^ a b “NMB吉田朱里 選挙77位→紅白6位はユーチューバー さや姉が明かす”. デイリースポーツ. (2017年1月6日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/06/0009808706.shtml 2017年1月7日閲覧。 
  17. ^ a b ““女子力おばけ”NMB48吉田朱里の躍進に見るアイドルが集団から“突出する術””. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年8月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1707460 2017年9月2日閲覧。 
  18. ^ “NMB48上西恵の卒業発表、波乱の大組閣、新シングル選抜…6周年ライブで新始動を予感<セットリスト/新チーム一覧>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月20日). https://mdpr.jp/music/detail/1625924 2016年12月10日閲覧。 
  19. ^ “NMB48吉田朱里、AKB48シングル初選抜入り<本人コメント>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月4日). https://mdpr.jp/music/detail/1660944 2017年4月4日閲覧。 
  20. ^ “【第9回AKB総選挙】吉田朱里が16位 昨年77位から“超躍進”で初の選抜入り”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2092594/full/ 2017年6月18日閲覧。 
  21. ^ “NMB48吉田朱里、“アカリンが選抜に”!「努力は必ず報われる」を証明”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年6月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1694566 2017年6月18日閲覧。 
  22. ^ “NMB48吉田朱里:“女子力おばけ”が快挙 初フォトブック発売前に重版決定”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年7月16日). https://mantan-web.jp/article/20170716dog00m200014000c.html 2017年7月19日閲覧。 
  23. ^ a b メンバー”. NMB48公式サイト. 2015年9月22日閲覧。
  24. ^ MBSうたぐみ Smile×Songs「NMB48のマジカルミュージック」(MBSラジオ)2011年5月25日放送分本人談
  25. ^ “「女子力おばけ」NMB48 吉田朱里が女性人気急増”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年2月10日). http://news.dwango.jp/2016/02/10/76401/news/ 2016年7月6日閲覧。 
  26. ^ 自己紹介☆アカリン☆”. NMB48 Official Blog (2012年2月25日). 2015年9月22日閲覧。
  27. ^ a b 吉田朱里 NMB48名鑑 ― スポニチ Sponichi Annex - スポーツニッポン
  28. ^ 「NMB48オフィシャルサイト・メンバー情報」
  29. ^ 吉田朱里 (2016年5月24日). NMB48吉田朱里、なぜYouTuberに?動画へかける情熱と理由「厳しい意見もある」<撮影の裏側公開>. (インタビュー). モデルプレス.. http://mdpr.jp/interview/detail/1587017 2016年7月6日閲覧。 
  30. ^ “NMB48吉田朱里「女子力動画」が脅威の登録者数30万人を突破”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年7月19日). https://news.dwango.jp/2017/07/19/141204/idol/ 2017年7月19日閲覧。 
  31. ^ 「NMB48 Special Interview「平均年齢14才!フレッシュな25人の素顔を大公開」(2010年12月4日)
  32. ^ AKB小嶋陽菜とNMB吉田朱里の負けショット!「小嶋潰し」のセクシーな吉田の衣装に歓喜”. GREE (2015年9月17日). 2015年9月22日閲覧。
  33. ^ 吉田朱里 [ やばいよ! ]”. NMB48 Official Blog (2015年8月7日). 2015年9月22日閲覧。
  34. ^ 「二期生(^3^)アカリン」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年8月27日)
  35. ^ “島崎遥香が単独主演『マジすか学園5』過激すぎて地上波は無理!?全話はHulu独占配信”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年7月17日). http://dogatch.jp/news/ntv/34112 2017年1月2日閲覧。 
  36. ^ a b キャスト”. マジすか学園5. 日本テレビ放送網 (2015年). 2017年1月2日閲覧。
  37. ^ 相関図”. キャバすか学園. 日本テレビ放送網 (2016年). 2016年12月10日閲覧。
  38. ^ NMB48吉田朱里の「アイドルべっぴんさん計画」”. Kawaiian TV. カワイイアン・ティービー. 2017年4月4日閲覧。
  39. ^ “NMB48吉田朱里、ファッション誌「Ray」監修の“女子力教科書”発売で予約殺到”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年6月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1696139 2017年7月7日閲覧。 

外部リンク[編集]