フライングゲット (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フライングゲット
AKB48シングル
初出アルバム『1830m
B面 抱きしめちゃいけない
青春と気づかないまま
アイスのくちづけ
野菜占い
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!キングレコード
作詞・作曲 秋元康(作詞)
すみだしんや(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
ミリオン(CD、日本レコード協会
ダブル・プラチナ(着うた、 日本レコード協会)
ダブル・プラチナ(着うたフル、日本レコード協会)
プラチナ(PC配信、日本レコード協会)
ミリオン(シングルトラック、日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2011年8月度月間1位(オリコン)
  • 2011年度年間1位(オリコン)
  • 2011年度年間3位(着うたフル、日本レコード協会)
  • 1位Billboard JAPAN Hot 100
  • 1位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales
  • 1位(Billboard JAPAN Hot Top Airplay
  • 1位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)
  • 1位RIAJ有料音楽配信チャート
AKB48 シングル 年表
Everyday、カチューシャ
(2011年)
フライングゲット
(2011年)
風は吹いている
(2011年)
1830m 収録曲
ユングやフロイトの場合
(Disc1-13)
フライングゲット
(Disc1-14)
風は吹いている
(Disc1-15)
テンプレートを表示

フライングゲット」(Flying Get)は日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲である。秋元康の作詞とすみだしんやの作曲で、2011年8月24日にAKB48のメジャーシングル22作目としてキングレコードから発売された[注 1]

リリースに先駆ける「AKB48 22ndシングル 選抜総選挙」で上位21位までのメンバーが歌唱し、前田敦子がセンターポジション務めている。シングル盤ジャケットはイラスト風加工を施した写真上に楽曲タイトルの和製漢語的直訳「飛翔入手」を配している。

ラテン音楽並びにロックの要素を持つポップソングで、歌詞は「フライングゲット」を恋愛感情に充てており、「アイドルミュージックの新境地を開拓したナンバー」など概ね肯定的評価で第53回日本レコード大賞の大賞を得る。オリコンシングルチャートで、デイリーは集計開始以来初めて集計初日にミリオンセラーを、ウィークリーは歴代最高の初週売上をそれぞれ記録して初登場1位、2011年度年間チャート1位のほかに、RIAJ有料音楽配信チャートビルボードジャパンチャートなど複数の音楽チャートで1位を記録して商業的な成功がみられる。ミュージック・ビデオは堤幸彦が監督し、グループメンバーと武闘集団、前田敦子大島優子、それぞれのアクションシーンなどで構成され約18分である。

ライブ・パフォーマンスは幾多のテレビ番組や第53回日本レコード大賞と『第62回NHK紅白歌合戦』などで披露された。

AKB48の楽曲で関係グループ以外初めて公式に女性歌手GILLEが、ほかにAKB48のメンバー、Acid Black Cherryがカバーを披露している。

背景とリリース[編集]

AKB48の22枚目のシングルについて、2011年3月29日にキングレコードから「AKB48 22ndシングル 選抜総選挙」開催が告知された。東日本大震災の影響で中止された3月25日から27日の横浜アリーナコンサートで総選挙開催を発表する予定であったため、インターネット上で告知された[1]。総選挙はファン投票によりシングル盤収録楽曲の歌唱担当メンバーを選抜するイベントで、2011年6月9日の開票イベントで投票結果が確定し、選抜メンバー21人と[2]最多獲票した前田敦子のセンターポジションが決定された[3]

開票イベントで本シングル発売日が2011年8月24日と発表され[4]、6月末に表題曲タイトルの決定が報じられた[5]。表題曲「フライングゲット」は7月10日にドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』主題歌として[6][7]、7月16日にTBS『音楽の日』でAKB48のパフォーマンスとともに、それぞれテレビで初披露された[8]。7月29日にORICON STYLEがアーティスト写真とCDジャケットを独占公開し[9]、8月1日にミュージック・ビデオが公開された[10][11]

CD発売に先駆け、8月3日から着うたおよび待ちうたが「オリジナル待受画像」全8種特典付きで[12][13]、8月17日から着うたフルが、それぞれレコチョクから配信された[13]。CDシングルは「通常盤Type-A」[14]、「通常盤Type-B」[15]、「劇場盤」[16]、通常盤Type-AとType-Bそれぞれの「イベント参加券入り数量限定盤」[17][18]の計5種、PC配信は数量限定盤を除いた「Type-A」[19]、「Type-B」[20]、「劇場盤」[21]の計3種、がそれぞれ発売された。

キャッチコピーは「“フライングゲット”って、何ですか?」[要出典]

アートワーク[編集]

ディスクジャケットは、イラストタッチ加工された写真が[9]用いられCDシングル5形態はそれぞれに個別のもので[22]、Type-AおよびType-B「イベント参加券入り数量限定盤」は「AKB48」「飛翔入手」「フライングゲット」の文字縁取り色のみが通常盤Type-A、Type-Bと異なる[23]。5種類のほかに「フラゲ認定」と金箔押したピールオフ広告が、2011年8月23日に東急田園都市線東京メトロ半蔵門線渋谷駅に約3000枚掲出されて1時間ですべて持ち帰られた[22]

オリコンは、「飛翔入手」は楽曲タイトル「フライングゲット」を漢字に置き換えたもので[9]、アーティスト写真もジャケット写真と同様にイラストタッチ加工が施されており[9]、通常盤Type-Aのジャケットは「ブルース・リーの大ヒット映画『燃えよドラゴン』のポスターをほうふつさせ」「これはAKB48初の武闘映画『紅い八月〜フライングゲット篇』と『赤い八月〜頂上決戦篇』のポスターと連動で、世界中にカンフーブーム、格闘技ブームを巻き起こしたブルース・リーへのリスペクトが込められ」ミュージック・ビデオと関係している[9][23]、と特集ページで三沢千晶が推測している[注 2][24]。東京ヘッドラインは、「昭和風、はたまたクラシックなカンフー映画を彷ふつとさせるジャケットはファンでなくとも目が止まる」と「フライングゲット」が「いつも以上に注目を集めている理由」を特集ページにあげている[25]

音楽性[編集]

ラテン系[24][26][25][27]とともにロック調[26][25]の「ラテン系リズムのハイテンションソング」で、AKB48のシングル曲で初の曲調[24]である。

楽曲タイトル「フライングゲット」は正規発売日より前倒しで商品を入手する俗語[5][24]を用いた「ファンを意識したタイトル」[24]で、公開当初より「フラゲ」と愛称されている[24]。歌詞は、恋愛経験豊富な男性[24][27]が愛しい女性の気持ちを誰よりも早く手に入れる、想いが綴られ[24][25][27]「フライングゲット」の語彙を恋愛感情に充てている[9]。AKB48の楽曲は従来「ポニーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」など男子目線の片想いが多かったが今回はかなり積極的で「草食系男子に喝を入れる」楽曲として方向性は違うものの「『RIVER』の恋愛編」、とする者もいる[24]

批評[編集]

音楽評論家による評価[編集]

「AKB48史上“最も暑苦しい”」曲調が「痛快」で、AKB48の従来の「夏の定番曲になりつつある」楽曲に対し「アイドルミュージックの新境地を開拓したナンバーとして、日本を1年中にわたって真夏に変えてしまうパーティーチューンとして、万人に愛されていく」[26]

「歌、アレンジ、衣装にPVと、どれも今までのシングル曲よりもちょっぴり大人っぽい」「今までにない色艶」は20歳になったメンバーが増えたことなど「すべての要素が絡み合った結果」[24]で、「勇猛なホーンの音色をフィーチャーしたソウルフルなサウンドと熱くポジティヴなメッセージに心躍る楽曲に仕上がっている」[27]

賞歴[編集]

チャート成績[編集]

「前作でも大きな記録を樹立でき、光栄に感じていましたが、今回の“初日でミリオン突破”の記録は私たちも全く想像していなかったことなので、とても驚いています。支えてくださる皆さんのおかげだと強く思っています」---「フライングゲット」の商業的な成功について、オリコンに語るメンバーの高橋みなみ[31]

「フライングゲット」のシングルCDは、発売前日(集計初日)の2011年8月23日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約102万6000枚を記録し、初登場で1位にランクインした。これにより、AKB48自身の前作「Everyday、カチューシャ」が2011年5月24日付で記録した約94万2000枚を抜き、集計初日の推定売上枚数の最高記録を更新した[注 3]ほか、オリコン史上初となる集計初日のみでのミリオンセラーを達成した。AKB48のシングルのミリオンセラー達成は「桜の木になろう」から3作連続、通算4作目であり、女性グループが3作連続でミリオンセラーを達成するのはピンク・レディー(1978年3月6日付週間チャートにて「渚のシンドバッド」で達成)以来33年半ぶりである[31]

その後、2011年9月5日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位を記録した。1位獲得は「RIVER」から9作連続となり、女性グループによる連続1位獲得数記録でピンク・レディー(「S・O・S」から「カメレオン・アーミー」で記録)に並び1位タイとなった。初週売上は約135万4000枚であり、前作「Everyday、カチューシャ」が記録した約133万4000枚を抜き、ランクイン当時のオリコン週間シングルチャートにおける歴代最高の初週売上を記録した[注 4]。また、週間チャートにおける初週売上のみでのミリオンセラー達成は前作から2作連続となり、これはオリコン史上初の記録となった[32]。集計4週目となる2011年9月26日付同チャートでは累積売上が150万枚を突破した。これも前作から2作連続であり、シングルが2作連続で累積150万枚を突破するのは女性グループ史上初で、それ以外のアーティストを含めるとB'zMr.ChildrenKinKi Kids宇多田ヒカルに続く5組目の達成である[33]

2011年度のオリコン年間シングルチャートにおいては、集計期間内に約158万7000枚を記録して1位にランクインした。この年の年間シングルチャートにおいてはAKB48の作品が上位5位までを占めており、本作はその中でも最も高い売上枚数を記録した。2位にランクインした「Everyday、カチューシャ」との差は389枚であった[34]

本楽曲の着うたフルは、日本レコード協会の2011年8月23日付RIAJ有料音楽配信チャートにおいて初登場1位を獲得し[35]、続く8月30日付[36]、9月6日付[37]と3週連続で1位を獲得した。また、同社調べによる2011年度の着うたフルの年間チャートにおいては3位にランクインした[38]

Billboard JAPANのチャートにおいては、2011年9月5日付のHot 100[39]、Hot Top Airplay[40]、Hot Singles Sales[41]、Adult Contemporary Airplay[42]で同時に1位にランクインした。同年間チャートでは、2011年度のHot 100 Year End[43]およびHot Singles Sales Year End[44]においてそれぞれ「Everyday、カチューシャ」に次ぐ2位にランクインしており、同年度のHot Top Airplay Year Endでは33位[45]、Adult Contemporary Airplay Year Endでは41位[46]にそれぞれランクインした。

週間チャート[編集]

チャート(2011年) 最高順位
日本 オリコン週間シングルチャート 1
RIAJ有料音楽配信チャート
Billboard Japan Hot 100
Billboard Japan Hot Top Airplay
Billboard Japan Hot Singles Sales
Billboard Japan Adult Contemporary Airplay

月間チャート[編集]

チャート(2011年) 最高順位
日本・オリコン月間シングルチャート(8月) 1

年間チャート[編集]

チャート(2011年) 最高順位
日本 オリコン年間シングルチャート 1
有料音楽配信チャート「2011年年間チャート」 3
Billboard Japan Hot 100 Year End 2
Billboard Japan Hot Top Airplay Year End 33
Billboard Japan Hot Singles Sales Year End 2
Billboard Japan Adult Contemporary Airplay Year End 41

ゴールド等認定[編集]

国、地域 認定
日本 ミリオン(邦楽[シングル])[47]
ダブル・プラチナ(着うた)[48]
ダブル・プラチナ(着うたフル)[49]
プラチナ(PC配信(シングル))[48]

ミュージック・ビデオ[編集]

「フライングゲット」のミュージック・ビデオは、堤幸彦が監督を務めている[50]。このビデオは「武闘映画『紅い八月〜フライングゲット篇』」と名づけられており、ドラマシーンやダンスシーンが盛り込まれた約18分間の映像作品となっている[7]。このほか、この映像のドラマシーンを中心とする「武闘映画『紅い八月〜頂上決戦篇』」およびダンスと歌からなる「ダンシングバージョン」があり、「武闘映画『紅い八月〜頂上決戦篇』」には予告編の映像も存在する[7]。監督を堤が担当することは、2011年6月9日に行われた選抜総選挙の開票イベントにおいて発表された[51]。ビデオの撮影は、堤によると同年6月16日・17日の2日間で行われた[52]

ドラマシーンは、AKB48のメンバーが食事をしながら談笑しているところへ、彼女たちを倒そうとする「赤辺古四十八士」という武闘集団が現れるという内容で始まる[53]。その後メンバーたちは敵である武闘集団に挑んで敗れていくが、最後に登場する前田敦子が敵を倒していく[25][54]。そして敵の黒幕が登場するが、黒幕はAKB48側のメンバーである大島優子であり、ラストシーンでは前田と大島による対決が繰り広げられる[25][53][54]。ビデオ中でメンバーとともに表示される数字は、そのメンバーの選抜総選挙における順位を表したものである[54]

ニュースサイト「東京ヘッドライン」の特集ページでは、このビデオを「人気米映画『キル・ビル』を想起させる、陰謀とアクション満載の短編映画のような作品」と評している。さらに「豪華なセットのなかでメンバーたちのドキッとする会話のやり取りがあったり、派手な殺陣があったりと、一般のミュージックビデオの枠をはみ出している」としている[25]。エキサイトニュース(ローリエ)の記事ではビデオのストーリーについて「この前の総選挙を彷彿とさせるドラマが展開される」と述べており、オープニング部分については「まるでカンフー映画のよう」だと形容している[53]

ライブ・パフォーマンス[編集]

「フライングゲット」は2011年7月16日に放送された『音楽の日』において、中国をイメージしたゴールドの衣装を着てテレビ初披露された[55][56]。その後、本楽曲は2011年7月22日から3日間にわたり行われたドームライブ『よっしゃぁ〜いくぞぉ〜!in西武ドーム』においても披露された。いずれの日のライブにおいても、本楽曲の披露はライブ本編の最後に行われた[57][58][59]。オリコンに掲載されたライブ初日のレポートによると、衣装はミュージック・ビデオと同じ衣装でパフォーマンスを行っており、大島優子が「制服っぽくない衣装は初めて」と発言した[60]。また、レポートの筆者である三沢千晶は、本楽曲について「新しいお祭りナンバー」と表現した上で「ダンスはどこか大人っぽく異国のカーニバルを想わせ、本編ラストに華やかな花火が上がったように感じられた」と記している[60]

2011年12月30日、本楽曲は第53回日本レコード大賞を受賞し、AKB48はその会場である新国立劇場で本楽曲を披露した。このときメンバーは、レコード大賞を意識したフォーマルな白と黒のチェック柄の新衣装でパフォーマンスを行っており[61]、オリコンによると衣装はこのパフォーマンスのためだけに用意されたものである[28]。このときのパフォーマンスについてニュースサイト「Techinsight」の記事は、「口パク」疑惑のあった従来のAKB48のパフォーマンスとは異なり「生歌」であることが明確に伝わったとして、「新鮮な感覚」で「好感が持てる」と評価している[62]

2011年12月31日、NHKホールで行われた『第62回NHK紅白歌合戦』においても本楽曲が披露された。MSN産経ニュースのレポートによると、パフォーマンスは「紅白2011 AKB48スペシャルMIX 〜がんばろう日本!〜」と題したメドレー形式で行われ、本楽曲はそのうち2番目に披露された[63]。選抜メンバーの衣装は、世間がイメージするAKBらしい赤チェックの制服風衣装であり、1番目の「風は吹いている」が終了した時に同曲の衣装を脱ぎ捨てる形で衣装を替えた。選抜以外のメンバーは青チェックの衣装であった[64]。このメドレーではパフォーマンスに参加する人数が楽曲ごとに異なり、本楽曲では61人だった[63]

音楽番組『ミュージックステーション』において本楽曲は計5回披露されている。2011年8月26日放送分では、ファン400名を目の前にした生ライブ形式で行われたAKB48スペシャルメドレーの2曲目に、青チェックのベストとジャケットの新衣装で披露された[65][66]。2011年9月16日放送『ミュージックステーション25周年記念3時間スペシャル』では、フルコーラスでテレビ初披露された[67]。衣装はカラフルな花づくしの新衣装で、この新衣装に関して倉持明日香は公式ブログ内で「歴代のAKBの衣装の中で一番好きかもしれない」とコメントしている[68]。2011年12月23日、千葉県幕張メッセ・イベントステージにおいて行われた『ミュージックステーションスーパーライブ2011』中では、AKB48スペシャルメドレーの3曲目にフルコーラスで披露された[69][70]。この時の衣装は、ゴールドのクリスマス飾りをイメージした装飾のある白色の新衣装であった[71][72]。2012年8月17日、前田敦子がAKB48として出演した最後の『ミュージックステーション』では、前田敦子卒業記念スペシャルメドレーの1曲目に、第53回日本レコード大賞受賞時と同じ白と黒のチェック柄の衣装で、約200名のファンを前にした生ライブ形式により披露された。この放送回の視聴率は13.8%(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)であった[73][74]。2012年12月21日、幕張メッセにおいて行われた『ミュージックステーションスーパーライブ2012』中では、AKB48スペシャルメドレーの1曲目に、シルバーのジャケットにゴールドのスカートという新衣装で披露された[75][76][77]

本楽曲は日本国外でも披露された。2011年10月9日にベトナムハノイで開催された「第2回日越友好音楽祭」において、AKB48はトップバッターとして本楽曲を含む2曲をパフォーマンスした[78]

メディアでの使用[編集]

「フライングゲット」はいくつかのメディアでも使用された。楽曲は、日本の放送局フジテレビによるドラマチック・サンデー枠のテレビドラマで、メンバーの前田敦子が主演した『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』の主題歌として使用された[14]

更にいくつかのコマーシャルソングとしても起用されており、ピーチ・ジョン「ハートブラ」[14]アパマンショップネットワーク「アパマン48キャンペーン」[14]ぷらら「ひかりTV by NTTぷらら」[14]Kaspersky Internet Security「カスペルスキー2012マルチプラットフォームセキュリティ」峯岸化ウイルスダンス篇[79]といったコマーシャルで使用されている。

キンタロー。がメディア出演時に前田敦子のものまねをする際に本曲を使用することが恒例。

また、2017年の金子修介監督による日本映画『リンキング・ラブ』において、1991年にタイムスリップした主人公が若き日の大学生である母親たちと結成した学園祭アイドルグループ「ASG16」が本曲を劇中で歌唱している。

シングル収録トラック[編集]

通常盤Type-A[編集]

「イベント参加券入り数量限定盤」も収録トラックは同一。

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「フライングゲット」秋元康すみだしんや生田真心
2.「抱きしめちゃいけない」(アンダーガールズ)秋元康高木洋増田武史
3.「青春と気づかないまま」秋元康y@suo ohtani野中“まさ”雄一
4.「フライングゲット (off vocal ver.)」   
5.「抱きしめちゃいけない (off vocal ver.)」   
6.「青春と気づかない (off vocal ver.)」   
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「フライングゲット Music Video 武闘映画「紅い八月〜フライングゲット篇」」  堤幸彦
2.「抱きしめちゃいけない Music Video」  中村太洸
3.「青春と気づかないまま Music Video」  佐藤太
4.「武闘映画「紅い八月〜頂上決戦篇」」   
5.「フライングゲット ダンシングバージョン」   

通常盤Type-B[編集]

「イベント参加券入り数量限定盤」も収録トラックは同一。

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「フライングゲット」秋元康すみだしんや生田真心
2.「抱きしめちゃいけない」(アンダーガールズ)秋元康高木洋増田武史
3.「アイスのくちづけ」秋元康矢吹香那増田武史
4.「フライングゲット (off vocal ver.)」   
5.「抱きしめちゃいけない (off vocal ver.)」   
6.「アイスのくちづけ (off vocal ver.)」   
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「フライングゲット Music Video 武闘映画「紅い八月〜フライングゲット篇」」  堤幸彦
2.「抱きしめちゃいけない Music Video」  中村太洸
3.「アイスのくちづけ Music Video」  丸山健志
4.「第3回 AKB48総選挙 ドキュメント映像」   
5.「武闘映画「紅い八月〜頂上決戦篇・予告」」   

劇場盤[編集]

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「フライングゲット」秋元康すみだしんや生田真心
2.「抱きしめちゃいけない」(アンダーガールズ)秋元康高木洋増田武史
3.「野菜占い」秋元康TANATONOTE武藤星児
4.「フライングゲット (off vocal ver.)」   
5.「抱きしめちゃいけない (off vocal ver.)」   
6.「野菜占い (off vocal ver.)」   

選抜メンバー[編集]

カップリング曲の歌唱メンバーは下記と異なる。詳細については「AKB48関連の楽曲一覧」を参照

かっこ内は「AKB48 22ndシングル 選抜総選挙」における順位。

カバー[編集]

GILLEによるカバー[編集]

「フライングゲット」は、日本の女性歌手・GILLEによって英語でカバーされている。このカバー曲は2012年6月27日、「フライングゲット(English Ver.)」としてデジタル・ダウンロード(着うた・着うたフル・PC配信)によりリリースされた[80]。AKB48の楽曲でその関係グループ以外により公式にカバーされたのは、本楽曲が初である[81]。この楽曲はGILLEのデビューアルバム『I AM GILLE.』の1曲目にも収録されている[82]。また、その後発売されたアルバム『I AM GILLE.-Special Edition-』のDVDには楽曲のミュージック・ビデオが収録されている[83]

GILLEはもともと、動画サイトのYouTubeに「フライングゲット」を英語でカバーした動画をアップロードしていた。この動画がアップロードされたのは2012年2月1日である[84]。動画は1ヶ月で100万回の再生を記録し、視聴者から反響を呼んでいた[81]。秋元康はこのことを知り、実際に動画を見てGILLEを高く評価した[81]。その後、秋元はGILLEとメジャー契約したユニバーサルミュージックからの「フライングゲット」の正式なカバー申請を快諾した[84]。秋元によると、AKB48の楽曲のカバー申請は「事務所の意向があり、なかなかご希望に沿えないのが現状です」とのことであるが、GILLEによるカバーを快諾したことについては「GILLEの歌を聴いた時、これは誰が何と言ってもプロデュースしたいと思いました」と話している[84]

Acid Black Cherryによるカバー[編集]

ヴィジュアル系ロックバンドJanne Da ArcのヴォーカリストyasuのソロプロジェクトAcid Black Cherryが本曲をカバーし、2017年1月25日に発売したカバーアルバム『Recreation 4』に収録された[85]

AKB48のメンバーによるカバー[編集]

「フライングゲット」はAKB48のメンバーによってもカバーされている。松井咲子は、自身のソロデビューアルバム『呼吸するピアノ』において本楽曲をピアノ演奏でカバーしている[86]。この演奏は、アルバムの音楽監修を務めた服部隆之により編曲されている[87]岩佐美咲は、本楽曲を「フライングゲット<演歌バージョン>」のタイトルで演歌としてカバーしており、このカバー曲は自身の2作目のシングル「もしも私が空に住んでいたら」にカップリング曲として収録されている[88]。このカバー曲は、野中“まさ”雄一により編曲されている[89]

SNH48によるカバー[編集]

飛翔入手
SNH48EP
リリース
録音 2013年
中華人民共和国の旗 中国
レーベル 久尚音楽[注 6]
プロデュース 秋元康
SNH48 年表
無尽旋転
(2013年)
飛翔入手
(2013年)
愛的幸運曲奇
(2013年)
テンプレートを表示

AKB48の姉妹グループであったSNH48は、本楽曲を「飛翔入手」のタイトルでカバーし、グループの2作目のEPとしてリリースした。2013年8月2日に久尚音楽から発売された。歌詞は中国語に翻訳されている。楽曲のセンターポジションは湯敏[要出典]

EP収録トラック[編集]

CD

  1. 飛翔入手
    (作詞:秋元康、作曲:すみだしんや、編曲:生田真心)
  2. 馬尾與髮圈
    (作詞:秋元康、作曲:多田慎也、編曲:生田真心)
  3. 石頭剪刀布
    (作詞:秋元康、作曲:小西裕子、編曲:生田真心)
  4. 飛翔入手(伴奏)
  5. 馬尾與髮圈(伴奏)
  6. 石頭剪刀布(伴奏)

DVD

  1. 飛翔入手 MV
  2. 馬尾與髮圈 MV
  3. 石頭剪刀布 525 LIVE Version

選抜メンバー[編集]

カップリング曲の歌唱メンバーは下記と異なる。詳細については「SNH48の楽曲一覧」を参照

JKT48によるカバー[編集]

Flying Get
JKT48シングル
B面 Hanikami Lollypop
Dareka no Tame ni - What Can I Do for Someone? –
Korogaru Ishi ni Nare
Heavy Rotation
Aitakatta
Baby!Baby!Baby!
RIVER
Fortune Cookie in Love
Shoujotachi Yo
リリース
規格 マキシシングル
録音 2011年 - 2014年
 インドネシア
レーベル Hits Records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
すみだしんや(作曲)
プロデュース 秋元康
JKT48 シングル 年表
Manatsu no Sounds Good!
(2013年)
Flying Get
(2014年)
Gingham Check
(2014年)
テンプレートを表示

AKB48の姉妹グループであるJKT48は、本楽曲を「Flying Get」というタイトルでカバーしている。このカバー曲は、グループの5作目のシングルとして2014年3月5日にHits Recordsから発売された[90]

歌詞は秋元の詞をインドネシア語に翻訳したものとなっている。楽曲のセンターポジションはメロディー・ヌランダニ・ラクサニ。シングル盤はAlfa Group盤と劇場盤がある。

シングル収録トラック[編集]

Alfa Group盤[編集]
CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Flying Get」秋元康すみだしんや生田真心
2.「Hanikami Lollypop - Malu-malu Lollypop -」秋元康池澤聡増田武史
3.Dareka no Tame ni - What Can I Do for Someone? – - Demi Seseorang – What Can I Do for Someone? -」秋元康井上ヨシマサ井上ヨシマサ
4.「Korogaru Ishi ni Nare - Jadilah Batu yang Berputar -」秋元康山崎燿Funta
5.Heavy Rotation秋元康山崎燿田中ユウスケ
6.Aitakatta - Ingin Bertemu -」秋元康BOUNCEBACK田口智則・稲留春雄
7.Baby!Baby!Baby!秋元康上杉洋史CHOKKAKU
8.RIVER秋元康井上ヨシマサ井上ヨシマサ
9.Fortune Cookie in Love秋元康伊藤心太郎武藤星児
劇場盤[編集]
CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Flying Get」秋元康すみだしんや生田真心
2.「Hanikami Lollypop - Malu-malu Lollypop -」秋元康池澤聡増田武史
3.「Shoujotachi Yo - Gadis Remaja –」秋元康小網準生田真心

選抜メンバー[編集]

カップリング曲の歌唱メンバーは下記と異なる。詳細については「JKT48の楽曲一覧」を参照

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算24作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
  2. ^ 三沢によるこの記述は通常盤Type-Aの「イベント参加券入り数量限定盤」にも言及したものである。
  3. ^ この記録は後に2011年10月25日付で自身の「風は吹いている」(約104万6000枚)が更新している。
  4. ^ この記録は後に2012年6月4日付で自身の「真夏のSounds good !」が更新している。
  5. ^ a b AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。
  6. ^ 実際のレーベルは天津北洋音像。

出典[編集]

  1. ^ AKB48 21stマキシシングル「タイトル未定」発売決定 及び「AKB48 22ndシングル 選抜総選挙」開催決定のご案内”. キングレコード (2011年3月29日). 2012年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月10日閲覧。
  2. ^ “AKB48第3回総選挙、前田敦子がトップに返り咲き果たす”. 音楽ナタリー. (2011年6月9日). http://natalie.mu/music/news/50971 2014年11月10日閲覧。 
  3. ^ “やったね、あっちゃん!大差で1位奪還”. nikkansports.com. (2011年6月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110610-788277.html 2014年11月10日閲覧。 
  4. ^ “22ndシングルは8月24日に発売”. デイリースポーツ. (2011年6月9日). http://www.daily.co.jp/gossip/akb48/election2011/2011/06/09/0004155045.shtml 2011年11月19日閲覧。 
  5. ^ a b “AKB48総選挙メンバー曲はその名も「フライングゲット」”. ナタリー. (2011年6月29日). http://natalie.mu/music/news/52146 2011年11月19日閲覧。 
  6. ^ 22ndシングル「フライングゲット」の楽曲が、どこよりも早く今夜9時に初OAします!”. AKB48 オフィシャルブログ (2011年7月10日). 2012年3月2日閲覧。
  7. ^ a b c “AKB48「フラゲ」付属DVDに総選挙ドキュメント映像収録”. ナタリー. (2011年7月11日). http://natalie.mu/music/news/52853 2012年3月2日閲覧。 
  8. ^ 真紀和泉 (2011年7月21日). “【エンタがビタミン♪】「打倒AKB!? 」。SKE48が司会者のしつこい問いかけに「力不足」連発。”. Techinsight. http://japan.techinsight.jp/2011/07/ske-ongakunohi-datouakb.html 2012年3月2日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f “AKB48、“総選挙選抜”の新曲ジャケ写初公開 前田、大島らメディア選抜が劇画に!”. オリコン. (2011年7月29日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2000091/full/ 2012年3月2日閲覧。 
  10. ^ “敦子と優子が決闘! AKB新曲PVで”. デイリースポーツ. (2011年8月1日). http://www.daily.co.jp/gossip/akb48/2011/08/02/0004324494.shtml 2012年3月2日閲覧。 
  11. ^ “AKB48総選挙メンバー アクション&ダンスで全力18分”. スポニチアネックス. (2011年8月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/02/kiji/K20110802001332020.html 2012年3月2日閲覧。 
  12. ^ 『フライングゲット』の着うた・待ちうた配信スタート”. AKB48 オフィシャルブログ (2011年8月2日). 2012年3月2日閲覧。
  13. ^ a b レコチョクアワード 2011年8月度”. レコチョク. 2012年3月2日閲覧。
  14. ^ a b c d e フライングゲット<通常盤Type-A>”. キングレコード. 2012年3月30日閲覧。
  15. ^ フライングゲット<通常盤Type-B>”. キングレコード. 2012年3月30日閲覧。
  16. ^ フライングゲット【劇場盤】”. キングレコード. 2012年3月30日閲覧。
  17. ^ フライングゲット<通常盤Type-A イベント参加券入り数量限定生産盤>”. キングレコード. 2012年3月30日閲覧。
  18. ^ フライングゲット<通常盤Type-B イベント参加券入り数量限定生産盤>”. キングレコード. 2012年3月30日閲覧。
  19. ^ フライングゲット (<Type-A>) - EP”. Apple Japan. 2012年3月30日閲覧。
  20. ^ フライングゲット (<Type-B>)”. Apple Japan. 2012年3月30日閲覧。
  21. ^ フライングゲット(<劇場盤>)”. Apple Japan. 2012年3月30日閲覧。
  22. ^ a b “AKB48「フラゲ」アナザージャケ配布で渋谷大パニック”. ナタリー. (2011年8月23日). http://natalie.mu/music/news/55316 2012年3月29日閲覧。 
  23. ^ a b “AKB48「フライングゲット」ジャケは昭和映画ポスター調”. ナタリー. (2011年7月29日). http://natalie.mu/music/news/53904 2012年3月29日閲覧。 
  24. ^ a b c d e f g h i j 三沢千晶 (2011年8月24日). “AKB48『第3回選抜総選挙による新曲リリース!ちょっぴり大人っぽい今までにない色艶!?』”. オリコン. p. 1. 2011年11月19日閲覧。
  25. ^ a b c d e f g “AKB48の22nd Maxi Single『フライングゲット』が“推し”なワケ。”. TOKYO HEADLINE. (2011年8月22日). オリジナル2012年3月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120316052840/http://www.tokyoheadline.com/vol521/feature1.html 2011年11月19日閲覧。 
  26. ^ a b c 平賀てくお. “フライングゲット”. hotexpress. プランテック. 2011年11月19日閲覧。
  27. ^ a b c d AKB48 / フライングゲット”. CDJournal.com. 音楽出版社. 2012年2月26日閲覧。
  28. ^ a b “【レコ大】大賞はAKB48「フライングゲット」 秋元康も涙浮かべ「夢は叶うんだということを彼女たちが証明してくれた」”. オリコン. (2011年12月30日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2005366/full/ 2011年12月30日閲覧。 
  29. ^ 第44回 日本有線大賞”. キャンシステム. 2012年3月25日閲覧。
  30. ^ 第26回 日本ゴールドディスク大賞・受賞作品/アーティスト”. 日本レコード協会. 2012年3月25日閲覧。
  31. ^ a b “【オリコン】AKB48新曲 史上初の初日ミリオン たった1日で102.6万枚”. オリコン. (2011年8月25日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2001072/full/ 2011年11月19日閲覧。 
  32. ^ “【オリコン】AKB48新曲 史上最高の初週135.4万枚 史上初の2作連続「初週」ミリオン”. オリコン. (2011年8月30日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2001222/full/ 2011年11月19日閲覧。 
  33. ^ “【オリコン】AKB48、2作連続売上150万枚突破…女性グループ史上初の快挙”. オリコン. (2011年9月20日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2001928/full/ 2011年11月19日閲覧。 
  34. ^ オリコン2011年年間CD&DVDランキング シングルTOP50 1位〜25位”. オリコン (2011年12月19日). 2012年3月15日閲覧。
  35. ^ レコード協会調べ 2011年08月17日〜2011年08月23日 <略称:レコ協チャート(「着うたフル(R)」)>”. 日本レコード協会. 2012年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月15日閲覧。
  36. ^ レコード協会調べ 2011年08月24日〜2011年08月30日 <略称:レコ協チャート(「着うたフル(R)」)>”. 日本レコード協会. 2014年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月15日閲覧。
  37. ^ レコード協会調べ 2011年08月31日〜2011年09月06日 <略称:レコ協チャート(「着うたフル(R)」)>”. 日本レコード協会. 2014年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月15日閲覧。
  38. ^ レコード協会調べ 2010年12月15日〜2011年12月13日「着うたフル(R)」有料音楽配信チャート「2011年年間チャート」(通称:レコ協チャート) (PDF)”. 日本レコード協会. 2012年3月15日閲覧。
  39. ^ Hot 100 2011/09/05 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2012年8月19日閲覧。
  40. ^ Hot Top Airplay 2011/09/05 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2012年8月19日閲覧。
  41. ^ Hot Singles Sales 2011/09/05 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2012年8月19日閲覧。
  42. ^ Adult Contemporary Airplay 2011/09/05 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2012年8月19日閲覧。
  43. ^ Hot 100 Year End”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2012年8月19日閲覧。
  44. ^ Hot Singles Sales Year End”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2012年12月7日閲覧。
  45. ^ Hot Top Airplay Year End”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2012年12月7日閲覧。
  46. ^ Adult Contemporary Airplay Year End”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2012年12月7日閲覧。
  47. ^ ゴールド等認定作品一覧 2011年9月”. 日本レコード協会. 2012年3月15日閲覧。
  48. ^ a b レコード協会調べ 12月度有料音楽配信認定<略称:12月度認定>”. 日本レコード協会. 2012年3月15日閲覧。
  49. ^ レコード協会調べ 9月度有料音楽配信認定<略称:9月度認定>”. 日本レコード協会. 2012年10月26日閲覧。
  50. ^ ミュージックビデオサーチ”. スペースシャワーTV. 2012年3月20日閲覧。
  51. ^ “AKB48第3回総選挙、トップ40メンバーのコメント全紹介”. ナタリー. (2011年6月10日). http://natalie.mu/music/news/51022 2012年3月20日閲覧。 
  52. ^ 楽しいような、痛いような”. 堤幸彦の2012日記 (2011年6月21日). 2012年3月20日閲覧。
  53. ^ a b c mic (2011年9月15日). “AKB48のPVを最後まで見てしまう理由”. エキサイトニュース. オリジナル2013年12月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131209014354/http://www.excite.co.jp/News/laurier/column/E1315563436325.html 2012年3月20日閲覧。 
  54. ^ a b c 日本テレビ系『ZIP!』2011年8月2日放送分より(「ZIP!」 2011年8月2日(火)放送内容”. 価格.com. カカクコム. 2013年2月3日閲覧。
  55. ^ 元気だよ〜。 - 柏木由紀オフィシャルブログ(2011年7月17日)
  56. ^ AKB48 mobile 衣装大図鑑 フライングゲット(ゴールド)
  57. ^ 西武ドームライブ 0722”. AKB48 オフィシャルブログ (2011年7月23日). 2012年3月24日閲覧。
  58. ^ 西武ドームライブ 0723 part2”. AKB48 オフィシャルブログ (2011年7月25日). 2012年3月24日閲覧。
  59. ^ 西武ドームライブレポ 0724 part3”. AKB48 オフィシャルブログ (2011年7月26日). 2012年3月24日閲覧。
  60. ^ a b 三沢千晶 (2011年8月3日). “AKB48『初ドームライブレポート&じゃんけん大会を大特集!写真付対戦表も』”. オリコン. 2012年3月24日閲覧。
  61. ^ AKB48 mobile 衣装大図鑑 第53回輝く!日本レコード大賞
  62. ^ 真紀和泉 (2011年12月31日). “【エンタがビタミン♪】『伝説の黒い涙再び』。AKB48が生歌を披露したレコード大賞2011。EXILEも登場して意外な展開に。”. Techinsight. http://japan.techinsight.jp/2011/12/akbrekotai2011-namida-namauta.html 2012年3月24日閲覧。 
  63. ^ a b “【紅白ライブ】(3)AKB48 210人で人文字「がんばろう日本!!」”. MSN産経ニュース. (2011年12月31日). オリジナル2012年5月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120524013018/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111231/ent11123120250014-n1.htm 2012年3月24日閲覧。 
  64. ^ AKB48 mobile 衣装大図鑑 第62回NHK紅白歌合戦
  65. ^ 大島優子 (2011年8月27日). “世に出ちゃいました。。。”. サイバーエージェント. 2014年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  66. ^ Mステ - 高城亜樹オフィシャルブログ(2011年8月26日)
  67. ^ テンション。 - 柏木由紀オフィシャルブログ(2011年9月17日)
  68. ^ (花・ω・)ノ - 倉持明日香オフィシャルブログ(2011年9月18日)
  69. ^ メリークリスマスじゃん!!(*^o^)/\(^-^*) - 宮澤佐江オフィシャルブログ(2011年12月24日)
  70. ^ 年末恒例「Mステ」スーパーライブの全出演者が判明! - エンターテイメントニュース(2011年12月10日)
  71. ^ Mステ - 篠田麻里子オフィシャルブログ(2011年12月24日)
  72. ^ AKB48 mobile 衣装大図鑑 ミュージックステーションスーパーライブ2011
  73. ^ Mステ - 篠田麻里子オフィシャルブログ(2012年8月18日)
  74. ^ さよならは生放送の後で!? AKB48前田敦子「Mステ」ラスト出演の未公開映像を放送! - ニュースウォーカー(2012年8月24日)
  75. ^ 真紀和泉 (2012年12月22日). “【エンタがビタミン♪】前田敦子以来?『MステSP』で転んだAKB48・中田ちさとが状況説明。”. Techinsight. http://japan.techinsight.jp/2012/12/akb48nakagawatisato-koketa-msta20121221.html 2013年4月25日閲覧。 
  76. ^ Mステ - 前田亜美オフィシャルブログ(2012年12月21日)
  77. ^ Mステスペシャル - 篠田麻里子オフィシャルブログ(2012年12月22日)
  78. ^ “次はVTN48!?たかみな「先生に言っときます!」”. スポニチアネックス. (2011年10月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/10/11/kiji/K20111011001796410.html 2012年3月25日閲覧。 
  79. ^ フライングゲット【劇場盤】”. ミュージコ. 2012年3月30日閲覧。
  80. ^ 本日6月27日(水)、AKB48初のオフィシャルカバー『フライングゲット(English Ver.)』配信スタート!”. ユニバーサルミュージックジャパン (2012年6月27日). 2012年7月1日閲覧。
  81. ^ a b c “GILLE、AKB48初のオフィシャル・カバー「フライングゲット」をリリース! シルエット・ライブも決定”. @niftyミュージック. (2012年6月28日). http://nmn.nifty.com/cs/catalog/nmn_topics/catalog_120628079239_1.htm 2012年7月1日閲覧。 
  82. ^ I AM GILLE. 【CD】”. ユニバーサルミュージックジャパン. 2013年2月3日閲覧。
  83. ^ I AM GILLE.‐Special Edition‐[+DVD] 【CD】”. ユニバーサルミュージックジャパン. 2012年10月28日閲覧。
  84. ^ a b c “GILLE、AKB初公式カバー快諾”. デイリースポーツ. (2012年6月27日). オリジナル2012年6月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120630132759/http://daily.co.jp/gossip/article/2012/06/27/0005167782.shtml 2012年7月1日閲覧。 
  85. ^ “Acid Black Cherry、『Recreation 4』収録曲を続々解禁”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年1月20日). https://www.barks.jp/news/?id=1000137307 2017年2月3日閲覧。 
  86. ^ “松井咲子イベント開催、『呼吸するピアノ』の詳細も明らかに”. BARKS. (2012年9月11日). http://www.barks.jp/news/?id=1000083079 2013年2月6日閲覧。 
  87. ^ “現役音大生AKB48松井咲子 ピアノ ソロデビュー!!”. HMV ONLINE. (2012年9月19日). http://www.hmv.co.jp/news/article/1208160047/ 2013年2月6日閲覧。 
  88. ^ “AKB岩佐美咲、ソロ第2弾で「フラゲ」「あじさい橋」カバー”. ORICON STYLE. (2012年12月7日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2019435/full/ 2013年2月6日閲覧。 
  89. ^ もしも私が空に住んでいたら”. JBOOK. 2013年2月6日閲覧。
  90. ^ JKT48 5thシングルCD「Flying Get」 2014年3月5日(水)発売!”. JKT48公式サイト (2014年3月5日). 2014年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]