日本有線大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本有線大賞
TBS headquarters 2013.JPG
2014年まで、及び2016年に番組の生放送が行われていた
TBS放送センター(東京・赤坂
受賞対象 有線リクエストにより決定
日本の旗 日本
授与者 全国有線音楽放送協会
初回 1968年
最新受賞者 西野カナDear Bride
(2016年/第49回)
日本有線大賞
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
放送時間 発表音楽祭の放送についてを参照
放送期間 1968年12月1日-現在(49回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 深谷俊介
プロデューサー 大木真太郎、時松隆吉、安永洋平
落合芳行(制作プロデューサー)
出演者 司会者を参照
音声 ステレオ放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
スタッフは2016年(第49回)現在。
テンプレートを表示

日本有線大賞(にほんゆうせんたいしょう)は、1968年に始まった日本の音楽に関する賞である。主催は全国有線音楽放送協会(通称:全音協)。TBSで放送されている[1]

有線放送シェア第2位の「キャンシステム」へ寄せられるリクエスト回数を基準に決定する賞である。なお国内シェア80%を占める最大手のUSEN[2]、主催者である全音協に加盟していないため、この賞に関与していない。

概要[編集]

第48回(2015年)の発表会会場となったグランドプリンスホテル新高輪・国際館パミール
  • 全音協加盟の有線放送会社の中では最大手となる「キャンシステム」へ前年12月第3週から当年12月第2週までに寄せられるリクエストの回数を基準に表彰するものである[3]
  • 有線放送最大手のUSENと読売テレビが主催する『ベストヒット歌謡祭』では、2007年までUSENへのリクエスト総数だけではなくオリコンの年間CD売上や視聴者のインターネット投票などを加味して各賞を決定していた。しかし2008年以降はUSENへのリクエストデータが審査対象から外されたため、かつて放送されていた『日本テレビ音楽祭』が事実上復活した形となり、『日本有線大賞』が日本唯一の有線放送大賞になった。
  • 読売テレビの『ベストヒット歌謡祭』(旧・『全日本有線放送大賞』、通称“大阪有線大賞”)と区別するため、関係者の間では“東京有線大賞”と言われていた時期がある。
  • 賞の種類としてグランプリである大賞の他、2009年までは最優秀新人賞・最多リクエスト歌手賞・最多リクエスト曲賞・有線音楽優秀賞・有線音楽賞・新人賞など様々な賞があるが、原則として有線音楽優秀賞は演歌歌手ポップス歌手各4組ずつ、有線音楽賞と新人賞は各2組ずつが選ばれていた。
    • 2010年の第43回では最優秀新人賞がなくなり、新人賞を演歌・ポップス各1組ずつ選出した他、最多リクエスト歌手賞・最多リクエスト曲賞に替わってロングリクエスト賞・有線問い合せ賞が新設されるなど、賞の種類が大きく変化した。[4]
  • 発表会は、2015年においてはグランドプリンスホテル新高輪国際館パミール・大宴会場「北辰」にて開催[5]。以前は、1980年代前半まで渋谷公会堂、1980年代前半から1999年まで東京郵便貯金会館ホール(東京メルパルクホール)、2000年東京ベイNKホール(現在閉鎖)、2001年2002年は東京・青山劇場2003年から2007年2009年から2014年2016年は東京都港区赤坂のTBS放送センター(2007・2009年・2016年はBスタジオ、それ以外はAスタジオ)、2008年は中野サンプラザでそれぞれ開催された。さらにその模様はテレビ(TBS系列全国ネット)で生中継されており、ラジオ(TBSラジオのみ)でも後日ダイジェスト版として放送される(なお1999年まではTBSラジオでも同時生中継されていたが2000年のe-NITE開始以後、JRN系列の同時ネット放送に伴い現在の放送形態になった)。
  • 第42回が放送された2009年からは番組ロゴが変更され、これまでの角ばったロゴから明朝体を主体とするロゴになった。
  • 一時期、「全日本有線放送大賞」と同様に上期・年間の2回行われた年がある。
  • 最高視聴率は、1984年12月7日放送の24.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[6]、この年の最優秀新人賞は、吉川晃司モニカ」、日本有線大賞は、テレサ・テンつぐない」であった。
  • 過去に行われた日本有線大賞の模様は、CS放送のTBSチャンネルで例年12月の中旬から下旬にかけて再放送される。

発表音楽祭の放送について[編集]

  • 発表音楽祭の放送は1982年まで毎年12月第1日曜日の19:30-20:54(毎日放送制作の『アップダウンクイズ』の後)に放送されていたが、1983年から2002年までは毎年12月の第1(後に第2・3)金曜日の19:00-20:54に放送されていた。当初は19:30-20:54での放送だったが1984年に『JNNニュースコープ』が19:20までの放送になると19:20-20:54、1987年に『ニュースコープ』が再び19:00までの放送になると19:00-20:54、2002年は18:55-20:54と3回も放送時間が変わった。ただし1990年から1999年は『金曜テレビの星!』を休止、2000年は『スーパーフライデー』を休止、2001年と2002年は逆に『スーパーフライデー』枠を使って放送した。
    • 1990年は第1週が「TBS宇宙プロジェクト・日本人初!宇宙へ」の編成が組まれた関係上、第3週に繰り下げた。
    • 1978年当時ではメイン会場とTBSのスタジオの2ヶ所を中心の放送だった。
  • 平成に入るとJ-POPアーティストが受賞する機会が増え、また翌年の2003年から2006年までは毎年12月第3土曜日の19:00-20:54に放送されていた。なお、土曜19:00-20:54のレギュラー番組は休止された。2006年10月からは1990年9月までの定時番組枠だった金曜19・20時枠がレギュラー番組化されている。
  • 40回目となる2007年は放送日を水曜日に移して12月12日に放送され、視聴率も13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)とここ数年の視聴率を上回っている[7]2008年も2007年に引き続いて水曜日(12月17日18:55-20:54放送)での放送となり、視聴率は13.3%で、昨年を若干上回った。
  • 2009年に開催された第42回は、3月30日よりTBSの平日夜7時の帯番組に「総力報道!THE NEWS」が入ったことから、12月20日日曜日19:00-20:54に放送され、1982年以来27年ぶりの日曜日復帰となった。しかし、1桁視聴率に低迷してしまった。
  • 2010年に開催された第43回は、例年の12月から11月18日の木曜日(時間は19:00〜20:54)と、例年より1か月早く、長年年末の賞取りレースの先陣を切っていた、読売テレビが主催、日本テレビ系列で放送している『ベストヒット歌謡祭』より1週間早く開催・放送された。通常この枠は「スパモク!!」を放送している時間枠のため、今回の放送は一部の系列局の番組表では『スパモク!!』の番組名が冠された。また、通常はローカルセールス枠であるが、この日に限ってはマストバイとなり、TBS・JNN系列全国ネットによって生放送され[8]、平均視聴率は10.0%と2009年より上昇、辛うじて2桁を回復したが、最優秀新人賞が廃止になった。
  • 2011年の第44回は当初、3月11日に発生した東日本大震災の被災者に配慮して中止することも予想されたが[9]、10月になって12月10日に放送されることが決定。例年通り12月の放送に戻り、5年ぶりに土曜日19時から2時間枠で放送された。視聴率は、0.2ポイント上昇の10.2%と、2年連続で2桁視聴率となった。
  • 2012年の第45回は、11月14日とこれまでで最速の放送日にあたることが発表された。放送枠は『水トク!』枠となり、2年ぶりにローカルセールス枠を特例でマストバイにする放送となった。しかし、裏番組に「2014 FIFAワールドカップ・アジア最終予選 オマーン×日本」(テレビ朝日、20:00 - 22:30)などの裏番組の競合化したことが影響し、3年ぶりの1桁となる9.0%となった。
  • 2013年では地上波では12月11日に第46回を放送する(終了時間が21:00に変更[10])ほか、TBSチャンネル1では1982年の第15回と1994年の第27回を12月1日・7日・8日に放送。平均視聴率は昨年より1.2%上昇の10.2%[11]だった。
  • 2014年は、この年の4月に「水トク!」の放送時間が変更されたことに伴い、12月20日の土曜日19:00[12] - 20:54に放送。3年ぶりに土曜日放送に戻すも、視聴率が9.0%と再び一桁と低迷。
  • 2015年は、12月14日の月曜日19:00 - 20:54に放送。初めて、月曜日での放送となるが、9.1%と2年連続一桁と低迷した。
  • 2016年は、12月5日の月曜日19:00 - 20:57に放送[13]。12月第1週の放送は1999年以来17年ぶりであった。

司会者[編集]

☆は担当時点でTBSアナウンサー

司会者の体制[編集]

  • 1978年:鈴木/小川・三雲
  • 1982年:小川・斉藤/松宮・生島
  • 1985年:愛川・紺野/松宮
  • 1986年:愛川・宮崎/松宮
  • 1987年・1989年:愛川・紺野/松宮
  • 1994年:渡辺・紺野/松宮
  • 1999年:薬丸/中井
  • 2000年・2001年:薬丸/木村
  • 2002年:薬丸/久保田
  • 2003年:磯野・小倉/有馬
  • 2004年:峰・ベッキー/小倉
  • 2005年・2006年:陣内・ベッキー/小倉
  • 2007年:草野・ベッキー/出水
  • 2008年:草野・ベッキー/加藤
  • 2009年:草野/出水・田中
  • 2010年:草野/久保田・小林
  • 2011年:草野/久保田・吉田(明)
  • 2012年:沢村・トリンドル/久保田
  • 2013年・2014年:沢村・トリンドル/枡田
  • 2015年:吉田(羊)/山本・石井
  • 2016年:高橋・小島/江藤

関連番組[編集]

  • 一時期、毎年6〜7月あたりに年度中間発表として「中間発表!第○○回日本有線大賞」と題した特別番組を原則として関東ローカル(TBSのみ)で放送されていたことがある(年によってはTBS系列局で放送されたこともある)。ただ、中間発表の放送は生放送ではなく録画で行われている。なお、以前は前述の通り「上期大賞」を実施した年があった。[14]
  • 1997年8月には同じTBS系列で「栄光の日本有線大賞30年史」という特別番組を放送した。
  • 2013年(第46回)は、生放送4日前に当たる同年12月7日に「日本有線大賞がグッと楽しくなる見どころSP」と題した事前番組が関東ローカルで放送された。
  • 2014年(第47回)は、本番当日の15:30 - 16:24に「日本有線大賞 直前ライブSP」と題した事前番組が関東ローカルで生放送され、今回有線優秀音楽賞を受賞したアーティスト数組が視聴者から事前募集したリクエスト曲を歌唱した。
  • 2015年(第48回)は、生放送2日前に当たる同年12月12日の16:00 - 16:54に「吉田羊の第48回日本有線大賞 見どころ全部見せます!」と題した事前番組が関東・北海道ローカルで放送された。

大賞受賞者一覧[編集]

この一覧では大賞受賞者のみを記載している。「放送日」はテレビでの放送日。その他の賞の受賞記録は公式サイトを参照。

回数 放送日 受賞者 受賞曲
第1回 1968年12月1日 森進一 盛り場ブルース
第2回 1969年12月7日 港町ブルース
第3回 1970年12月6日 内山田洋とクール・ファイブ 噂の女
第4回 1971年12月5日 鶴田浩二 傷だらけの人生
第5回 1972年12月3日 欧陽菲菲 雨のエアポート
第6回 1973年12月2日 内山田洋とクール・ファイブ そして、神戸
第7回 1974年12月8日 八代亜紀 愛ひとすじ
第8回 1975年12月7日 野口五郎 私鉄沿線
第9回 1976年12月5日 都はるみ 北の宿から
第10回 1977年12月11日 沢田研二 勝手にしやがれ
第11回 1978年12月3日 ダーリング
第12回 1979年12月2日 渥美二郎 夢追い酒
第13回 1980年12月7日 小林幸子 とまり木
第14回 1981年12月6日 竜鉄也 奥飛騨慕情
第15回 1982年12月5日 細川たかし 北酒場
第16回 1983年12月2日 都はるみ・岡千秋 浪花恋しぐれ
第17回 1984年12月7日 テレサ・テン つぐない
第18回 1985年12月6日 愛人
第19回 1986年12月5日 時の流れに身をまかせ
第20回 1987年12月4日 瀬川瑛子 命くれない
第21回 1988年12月2日 桂銀淑 夢おんな
第22回 1989年12月1日 PRENCESS PRINCESS Diamonds
第23回 1990年12月21日 堀内孝雄 恋唄綴り
第24回 1991年12月6日 香西かおり 流恋草
第25回 1992年12月4日 藤あや子 こころ酒
第26回 1993年12月3日 高山厳 心凍らせて
第27回 1994年12月2日 藤あや子 花のワルツ
第28回 1995年12月1日 長山洋子 捨てられて
第29回 1996年12月8日 シャ乱Q 涙の影
第30回 1997年12月5日 GLAY HOWEVER
第31回 1998年12月4日 L'Arc〜en〜Ciel HONEY
第32回 1999年12月3日 GLAY Winter,again
第33回 2000年12月15日 小柳ゆき 愛情」/「be alive
第34回 2001年12月14日 浜崎あゆみ Dearest
第35回 2002年12月13日 Voyage
第36回 2003年12月20日 氷川きよし 白雲の城
第37回 2004年12月18日 番場の忠太郎
第38回 2005年12月17日 面影の都
第39回 2006年12月16日 倖田來未 夢のうた
第40回 2007年12月12日 氷川きよし きよしのソーラン節
第41回 2008年12月17日 EXILE Ti Amo
第42回 2009年12月20日 氷川きよし ときめきのルンバ
第43回 2010年11月18日 虹色のバイヨン
第44回 2011年12月10日 ふくい舞 いくたびの櫻
第45回 2012年11月14日 氷川きよし
第46回 2013年12月11日 満天の瞳
第47回 2014年12月20日 水森かおり 島根恋旅
第48回 2015年12月14日 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE Summer Madness
第49回 2016年12月5日 西野カナ Dear Bride

各賞[編集]

現在[編集]

  • 日本有線大賞
    • 後述の有線音楽優秀賞の中から選ばれる(1991年-2009年までは演歌・ポップスとジャンル別だったが、大賞はどちらかから選ばれていたため、日本レコード大賞で以前あったジャンル別に1組ずつの大賞ではなかった)。1990年(ジャンル別なし)から有線音楽優秀賞、1978年-1989年までは、有線音楽賞から、1976年以前は、有線スター賞・歌唱賞などから、大賞が選ばれていたが、1977年・1968年-1971年は、賞にノミネートはせず、大賞のみでの発表もあった。1972年は、欧陽菲菲だが、ノミネート曲(優秀賞)「恋の追跡(ラヴ・チェイス)」と大賞曲「雨のエア・ポート」が違った。また、2000年の小柳ゆきも同様にノミネート曲(優秀賞)「愛情」と大賞曲「be alive」が違った。
  • 有線音楽優秀賞
    • 先述の通り、1991年-2009年までは演歌・ポップスとジャンル別だったが、演歌・ポップスは各4組ずつが基本。
  • 新人賞(1968年-1974年、1975年のみ優秀新人賞、1976年-)
  • 特別賞
2016年、2013年、2010年、1982年(第15回記念)、1981年・1979年、1978年(有線協会特別賞)、1977年、1976年(協会特別賞)、1975年(会長特別賞)、1974年・1973年・1971年・1970年・1969年・1968年
  • 有線大衆賞(1983年・1984年・2016年)
  • 有線話題賞(2005年・2006年・2016年)

過去[編集]

  • 有線放送協会賞
  • 有線問い合せ賞(2010年-2015年)
  • ロングリクエスト賞(2010年-2015年、50位以内に長くランクインした歌手に贈られる)
  • 最優秀新人賞(1975年-2009年、新人賞の中から選ばれていたが、1968年〜1974年・2010年以降は発表されず)
  • 最多リクエスト歌手賞(1982年〜2009年)
  • 最多リクエスト曲賞(1989年〜1991年・1994年〜2009年)
  • 有線協会奨励賞(2009年)
    • 特別奨励賞(1987年)
    • 有線奨励賞(1983年・1984年)
    • 奨励賞(1981年)
    • 評議員奨励賞(1979年)
  • 有線音楽賞(1978年〜2008年。1989年までは、大賞の候補がノミネートしたが、1990年以降は有線音楽優秀賞が設けられたので大賞の候補ではなくなった。)
    • 有線ヒット賞(1976年・1977年)
    • 優秀賞(1970年・1972年〜1974年)
    • 歌唱賞(1972年〜1974年)
    • 有線スター賞(1975年・1976年)
      • スター賞(1968年〜1971年)
      • GOLDENスター賞(1969年)
  • 有線功労賞(1975年・1976年・1985年・1995年・2005年)
    • 有線特別功労賞(1986年・1987年)
    • 第30回特別功労賞(1997年)
    • 特別功労賞(1980年)
    • 功労賞(1971年)
  • 有線放送創業30年特別出演(1992年)
    • 有線音楽特別大衆賞(1990年)
    • 大衆賞(1970年〜1974年)
  • 協会選奨(1983年〜1989年)
  • ベストヒット賞(1975年・1978年〜1988年)
  • 敢闘賞(1978年・1985年)
    • 特別敢闘賞(1976年)
  • 協会期待賞(1980年)
    • 有線新人期待賞(1984年)
    • 期待賞(1969年・1970年)
  • 注目曲(1981年・1983年)
  • 企画賞(1976年・1977年)
  • 会長賞(1974年)
  • 郵政大臣賞(1972年)
  • ホープ賞(1971年)
  • 努力賞(1969年・1970年)
  • グリーン賞(1970年)
  • 東京放送賞(1977年・1978年、他の年は不明、大賞受賞者に贈られた)
  • 集英社賞(1977年、他の年は不明、大賞受賞者に贈られた)

エキシビジョンコーナー[編集]

特徴[編集]

  • 1980年代の「最多リクエスト歌手賞」「最多リクエスト曲賞」は司会の読み上げではなく、司会者が上位3組(曲)を紹介したあと、コンピューターグラフィックスの横向き棒グラフで最も多くリクエストした曲・歌手に受賞したが、2005年以降は「最多リクエスト歌手賞」「最多リクエスト曲賞」をまとめて発表した。年によって発表しなかった回もあった。
  • 2009年まであった「最多リクエスト歌手賞」や「最多リクエスト曲賞」はあくまで当日出演のノミネート歌手限定のものであった。上記の賞の受賞者の中から「日本有線大賞」が選ばれることがほとんどであったが、どちらが選ばれるか、そうでないかは審査員次第であり、特に決まりというものは無かった。2010年以降は「最多リクエスト歌手賞」や「最多リクエスト曲賞」を発表することは無くなった。
  • 2009年まであった「最優秀新人賞」だが、有線リクエスト回数は必ずしも重要視されなかった。
  • 2010年の第43回まではメダルを出演歌手の首に掛ける唯一の歌番組だったものの、2011年の第44回のみ歌手にメダルを掛けることが無くなった[15]
  • 2011年の第44回は、初の達成を狙っていたAKB48か2回目の3連覇・通算7回目の受賞を狙っていた氷川の大賞が有力視されていた中、『第44回日本作詩大賞』を受賞した「いくたびの櫻」を歌うふくい舞が大賞を受賞。その影響により、視聴者・業界双方から騒然の声があり、「無名の歌手が受賞するのは?」という声があがっている[16]
  • 2012年の第45回は氷川が大賞を受賞し、通算7回目の受賞を達成することになった。
  • 番組観覧は2012年以前はTBSの番組観覧サイトから募集されていたが、2013年以降は前述の「視聴者リクエスト」をした人の中から抽選で招待している。

主なスタッフ[編集]

  • 制作:TBSテレビ(第42回以降表記廃止)
  • 製作著作:TBS(第42回以降はTBSテレビを指す)
2006年(第39回)
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・浅川寿人
  • プロデューサー:利根川展片山剛
  • 総合演出:木田将也
  • 舞台監督:岡本慎吾
  • 制作:TBS
2007年(第40回)
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・浅川寿人
  • チーフプロデューサー:利根川展
  • プロデューサー:服部英司
  • 構成:矢頭浩・あべ・古屋啓子・川上共子・播田ナオミ
  • 総合演出:木田将也
  • 舞台監督:高岡滋樹
2008年(第41回)
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・浅川寿人
  • プロデューサー:落合芳行・服部英司・木田将也
  • 総合演出:青山優子
  • 舞台監督:寺田祐樹
2009年(第42回)
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之
  • プロデューサー:落合芳行・服部英司・木田将也
  • 総合演出:青山優子
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・神田祐子
  • 編成:片山剛
2010年(第43回)
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・神田祐子
  • プロデューサー・総合演出:木田将也
  • プロデューサー:落合芳行・服部英司
2011年(第44回)
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・神田祐子
  • 総合演出:寺田淳史
  • プロデューサー:落合芳行・服部英司・木田将也
2012年(第45回)
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・神田祐子
  • 大阪中継演出:志賀大士
  • 舞台監督:細谷知世/植木修一
  • 演出:安永洋平
  • プロデューサー:片山剛・大木真太郎・服部英司・木田将也
  • 制作プロデューサー:落合芳行
2013年(46回)
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・神田祐子・佐藤誠子
  • 舞台監督:藤田亘/植木修一・深谷俊介
  • 演出:安永洋平
  • プロデューサー:片山剛・大木真太郎
  • 制作プロデューサー:落合芳行
2014年(47回)
  • 編成:渡辺信也
  • 宣伝:鈴木慎治
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・神田祐子・佐藤誠子
  • 舞台監督:植木修一、若原誉
  • 演出:安永洋平・深谷俊介
  • プロデューサー:片山剛・大木真太郎
  • 制作プロデューサー:落合芳行
2015年(48回)
  • 編成:岸田大輔、中島啓介
  • 宣伝:鈴木慎治、塩川篤史
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・神田祐子・佐藤誠子
  • 舞台監督:植木修一
  • 演出:深谷俊介
  • プロデューサー:片山剛・大木真太郎・安永洋平
  • 制作プロデューサー:落合芳行
2016年(49回)
  • 編成:岸田大輔、中島啓介
  • 宣伝:塩川篤史
  • アシスタントプロデューサー:鹿渡弘之・神田祐子・佐藤誠子
  • 舞台監督:植木修一
  • 演出:深谷俊介
  • プロデューサー:大木真太郎・時松隆吉・安永洋平
  • 制作プロデューサー:落合芳行

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 放送番組名は2008年(第41回)まで『発表!!第○○回日本有線大賞』で、第42回以降は「発表!!」の表記が無い
  2. ^ [1]
  3. ^ ただし、2010年の第43回は11月18日開催・放送となるため、対象期間が早くなっている。
  4. ^ [日本有線大賞]氷川きよし 「虹色のバイヨン」2年連続6度目の受賞(マイコミジャーナル、2010年11月18日)
  5. ^ 第48回日本有線大賞 TBSテレビ 2015年11月27日閲覧。
  6. ^ 1998年12月30日放送のテレビのちから「とっておき映像永久保存版 20世紀名番組ベスト200」より
  7. ^ 視聴率ランキング
  8. ^ この時間に別番組を編成している青森テレビ(ATV)、テレビ山口(tys)、宮崎放送(MRT)、南日本放送(MBC)、琉球放送(RBC)などの系列局でも同時ネットで放送されていた。
  9. ^ 2011年11月24日に開催された読売テレビの『ベストヒット歌謡祭』は、例年通り公開生放送されたが、各賞選考は行われず事実上のエキシビションとなり、賞取りレースの形式はこれをもって終了。
  10. ^ 大賞楽曲披露後、「JNNフラッシュニュース」を放送。
  11. ^ ビデオリサーチ週間高世界視聴率番組10 VOL50
  12. ^ 一部地域は18:55 - 19:00に「まもなく 日本有線大賞」を放送
  13. ^ 大賞楽曲披露後、「JNNフラッシュニュース」を放送。
  14. ^ 全国有線音楽放送協会ホームページの事業計画書より。
  15. ^ 過去に「全日本有線放送大賞」も出演歌手にメダルをかけたことがある。
  16. ^ “日本有線大賞受賞の「ふくい舞」 本人もびっくり、ネットでは「いったい誰?」”. J-CASTニュース. (2011年12月11日). http://www.j-cast.com/2011/12/11115960.html 2011年12月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]