本田仁美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほんだ ひとみ
本田 仁美
本田 仁美
2023 Melon Music Awardsでの本田仁美
(2023年12月)
生年月日 (2001-10-06) 2001年10月6日(22歳)
出身地 日本の旗 日本栃木県
身長 158
血液型 A型
活動期間 2014年 -
事務所 Mama&Son
公式サイト プロフィール
備考
AKB48元チーム8 栃木県代表
AKB48元チームB兼任→元チームA兼任→元チームA
テンプレートを表示

本田 仁美(ほんだ ひとみ、2001年平成13年〉10月6日 - )は、日本女優歌手。女性アイドルグループ・AKB48(旧Team8 栃木県代表)の元メンバーである。日韓合同グローバルガールズグループ・IZ*ONEの元メンバーでもある。愛称は、ひぃちゃん[1]栃木県出身[1]Mama&Son所属[2]

来歴[編集]

2014年、『AKB48 Team 8 全国一斉オーディション』に栃木県代表として合格[3]。12歳で加入する[4]

2014年12月5日、栃木県知事が委嘱する「とちぎ未来大使」に就任[5]

AKB48 大握手会 気まぐれオンステージ『フレッシュッシュ』にて(2017年5月14日)

2017年、とちぎテレビのローカルワイド番組『イブニング6Plus』毎週木曜日のコーナー「トヨタレンタリース栃木 Presents AKB48 Team 8 本田仁美の恋とち」で栃木県内の情報を紹介するメインレポーターを担当[6]。2018年4月5日、FM栃木で冠番組『トヨタレンタリース栃木 Presents 本田仁美 ひぃといずおん 〜HITOMI HONDA HEAT IS ON〜』が放送開始[7][8]

2018年5月から6月にかけて投票が実施された『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では82位となり、初めてランクインした[9]

左からPRODUCE 48、IZ*ONE COLOR*IZ SHOW-CONにて(2018年)

2018年8月31日、日韓合同オーディション番組『PRODUCE 48』のファイナリスト20人のなかで最終順位9位となり、本田はグローバルガールズグループ「IZ*ONE」のメンバー12人のうちの1人に選ばれ、活動期間2年6か月の予定で世界デビューすることが決定[10][11][12][13][14]。IZ*ONEの活動のため、兼任するチームBの新公演「シアターの女神」の9月8日に行われた初日公演に出演予定であったが、休演することとなった[15]

2018年11月28日発売のAKB48の54thシングル「NO WAY MAN」で、同グループのシングル表題曲の選抜メンバーに初選出されることが9月24日に発表された[16]。同日、IZ*ONEの活動に専念するため、2021年4月までの2年6か月間、国内グループ活動を休業することも発表した[17]

2018年10月29日、IZ*ONEのメンバーとしてミニアルバム『COLOR*IZ』でデビューし専任活動を開始した[18]

2021年4月29日、2年6か月の活動期間が終了し、IZ*ONEの専任活動が終了した[19][20]

2021年5月15日、約2年8か月ぶりに自身のTwitterInstagramの更新を再開した[21]

2021年5月23日、ぴあアリーナMMで開催されたAKB48チーム8全国ツアー最終公演に登場し[22]、2年半ぶりのAKB48のイベント出演となった[22]

2021年10月1日、TikTokアカウントを開設[23]。IZ*ONEやaespaKep1erなどのK-POPグループ、またIZ*ONEの出身メンバーの最新活動曲のダンスチャレンジ動画を挙げることが多く、高再生回数・高評価となっている[24][25][26]

2021年12月31日、Vernalossomとのマネジメント契約を終了し2022年1月1日に「株式会社DH」に移籍[27][28]

2022年2月23日、テレビ東京で放送された『AKB48、最近聞いた?〜一緒になんかやってみませんか?〜』にて、同年5月18日に発売されるAKB48の59thシングル『元カレです』のセンターを務めることが発表された[29]。本田の同グループの表題曲の選抜回数は通算3回目で、初となるセンターに抜擢された[29]

2022年3月1日、ウテナのヘアケア商品マトメージュの新ブランドミューズに就任したことが発表された[30][31]

2022年7月1日、「株式会社DH」からプロダクション尾木と提携するMama&Sonへの所属事務所移籍が発表された[2]

2022年7月21日、『オクトー 〜感情捜査官 心野朱梨〜』(読売テレビ・日本テレビ系)第3話でテレビドラマ初出演[32]

2022年10月放送の『北欧こじらせ日記』(テレビ東京)でテレビドラマ初主演[33]

2023年4月末でのチーム8の活動休止に伴い、5月1日よりチームA専任のメンバーとなった[34]

2023年8月30日、AKB48のYouTubeCHANNELにて、AKB48からの卒業を発表した[35][36]

2024年1月26日、パシフィコ横浜国立大ホールで『本田仁美卒業コンサート〜夢と希望に満ちた道〜』を開催し[37]、28日のAKB48劇場の卒業公演をもってAKB48を卒業した[38]

人物[編集]

趣味はダンス[39]で、プロバスケットボール Bリーグ東地区チーム「宇都宮ブレックス」のファンであり小学4年生から6年生まで「ブレックス」のチアリーディングチーム「BREXY」のチアスクールで活動していた[40]。また、同じく小学生時代の2012年から2014年には地元栃木県のインターネット放送局、ミヤッコテレビのコドモノジカンに出演をしていた[41]

振付習得の早さにも定評がある。PRODUCE48出演時、初回のレベル評価場面は放送上ではカットされていたが、軒並み低評価だった日本人練習生の中でも本田は最初からCクラスに格付けされたため、トレーナー陣の評価も高かったと見える。レベル再評価の課題であったNEKKOYA (PICK ME)をCクラスの練習生内で1番に習得し、韓国語での歌唱もこなしていたのでトレーナー陣から絶賛され、Aクラスへと昇格した。本田もその後、すぐ行われたグループバトル評価では課題曲:ノムノムノム1班に所属したが韓国人練習生でも苦戦していた振り覚えをいち早く達成し、チームメンバーに伝授してチームに貢献した。これらの場面が視聴者の支持を得たため、投票による順位は放送序盤から上位をキープすることになった。ノムノムノムは1班(メンバー選出者 アン・ユジンチャン・ウォニョンチェ・イェナ白間美瑠、ナ・ゴウン)と2班(メンバー選出者 宮脇咲良、イ・チェヨンキム・ミンジュ、本村碧唯、キム・チョヨン)の6名ずつであったが、レベル評価時点から注目を集めたメンバーによる構成であったため、双方ともアベンジャーズチームと呼ばれた。アベンジャーズチームは、後にIZ*ONEとなるメンバーが各チームに4名ずつ所属していたこともあり、現在もこれらのエピソードはファンによく語られている。また、バラエティ番組の「100回やったら会いましょう!」では、オリジナルダンス対決コーナーでダンス素人枠タイムマシーン3号関(100回分練習済)を相手に達人枠として初見(振付整理15分)で習得して勝利、反響を挙げた(課題曲は呪術廻戦のOPテーマ「廻廻奇譚」、振付:air:man)。

2018年9月6日(5日深夜)放送のラジオ番組『AKB48のオールナイトニッポン』に『PRODUCE 48』に参加した宮脇咲良を含む5人が生出演し、本田のことについても語った[42]。宮脇は今回の企画まであまり交流がなかった本田について、「あんなに可愛いって知らなかったくらい可愛さが爆発していた」、「“お餅ちゃん”ってあだ名がついてすっごい見た目は可愛いのに、ダンスになるとバキバキ踊るっていうのでひぃちゃんの魅力が発見された」と韓国での人気の理由を説明した[42]モデルプレスの記事では、「当初ダンススキルの無さが懸念されていた日本人練習生たちの中で、唯一そのスキルを認められ韓国人練習生たちにレクチャーする姿が国民プロデューサーの心を掴んだ。」と記述されている[42]

交友関係・ロールモデル[編集]

本田はIZ*ONEの日本人メンバーの宮脇、矢吹奈子との3人で「サナキ(ハングル表記:샄낰히)」と呼ばれている[43]。2001年生まれの同い年であり、同グループの楽曲ではシンメとしてのパート割り振りが多かった矢吹とのコンビ名称は、「ひぃなこ」[44][45][46]。なお、パンが大好物であることからIZ*ONEからはパン、パントミ[47]と称されることもあり、サンパン(キム・チェウォンとのコンビ(ケミ)名、ハングル表記:쌈빵)などがある。またIZ*ONEの2001年生まれのメンバー(キム・ミンジュ、矢吹、チョ・ユリ、本田)4名で01ズ[48]として配信や雑誌撮影、コンサートでユニット楽曲披露など、活動することが多かった。AKB48としては10歳年上で3期生の柏木由紀と主力メンバーコンビとして、プライベートでも仲良しである。

好きなK-POPガールズグループはTWICEで、個人ではTWICEのサナBLACKPINKロゼ (BLACKPINK)を挙げている。I.O.I出身兼現Weki Mekiのユジョン、Cherry Bulletの日本人メンバーでもあるレミ、公園少女のレナと仲が良く、それぞれ韓国滞在時にプライベートで遊んだことがある。PRODUCE48で共に練習生として出演していたRocket Punchのスユンとも仲が良く、22年6月にRocket Punchが日本1stシングルの活動で来日した際、2人で原宿デートしたことをSNSで報告した。

ITZYのメンバーとも面識があり、『ミュージックステーション』にAKB48で出演した際はMステ初出演のITZY、同じくリモートで出演していたTOMORROW X TOGETHERの2組と朝鮮語を交えて会話をした。韓国ではなく、日本の番組でのIZ*ONE、ITZY、TXTの同世代3組によるレアな交流にSNSを通して国外でもK-POPファンが盛り上がった。

好物・趣向品[編集]

好きな食べ物はパン、ベーグルチーズそば西京焼き、どら焼き。洋食より和食派。撮影や収録で出るお弁当も1日の楽しみにしている。アレルギーではないがニンニクを食べると腹痛を起こすため摂取は控えている。

好きなキャラクターはミッフィー。パジャマ、スリッパ、靴下、タオル、スマホケース、食器のスポンジ、メイクポーチなどをミッフィーデザインで統一している。本田が言うには「ミッフィーは2種類の顔があるうち、目と目の近い種類が好き」。

好きなアニメはSKET DANCEで、幼少時代からディズニージブリ作品をほとんど見たことがなかったため、大のアニメ好きでもある宮脇からは驚かれていた。

所有資格[編集]

韓国2種普通免許を所有している。IZ*ONEでの活動期間を終え、日本に帰国する前日である2021年4月28日に取得した。日本での使用権利基準に則っていないため、国内での自動車運転資格は有していない。

2021年8月19日、TwitterでTOPIK Ⅱの成績表を公開した。点数は215/300であり5級に該当するが、あと15点で最上級の6級であったためリベンジを誓った。

色に関して[編集]

メンバーカラー[編集]

AKB48時のメンバーカラーは無いが、イチゴをキャッチフレーズに入れているためペンライトの指定色を赤と緑にしていたことがある。同じペンライトカラーのメンバーがいたため、2022年7月以降は高級さつまいもをイメージしたオレンジと紫を指定色とした。IZ*ONEでの公式メンバーカラーはピーチ

髪色[編集]

本田は、PRODUCE48出演前まではずっと黒髪であったがIZ*ONE活動中は人生初の茶色、金、ピンク、紫などのヘアカラーを経験した。2021年にAKB48に復帰後もIZ*ONE活動期と同じ髪色(主に金髪)であるため、黒髪・茶髪のメンバーがほとんどであるAKB48の中ではトレードマークになっている。紫の髪色時のみポドミ(朝鮮語での葡萄に由来)という特別な愛称でファンから呼ばれている。2022年7月2日に放送されたMUSIC DAYにて人生初のオレンジカラーをサプライズ披露した。2022年10月の主演ドラマ『北欧こじらせ日記』では3年ぶりに黒髪に戻した[33]

参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

PRODUCE 48名義[編集]

  • NEKKOYA (PICK ME)
  • Rollin' Rollin - 韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」コンセプト課題オリジナル曲アルバム『30 Girls 6 Concepts』収録。
  • We Together - 「PRODUCE 48」デビュー評価オリジナル曲アルバム『PRODUCE 48 - FINAL』収録。
  • 夢を見ている間 - アルバム『PRODUCE 48 - FINAL』収録。

作詞[編集]

  • IZ*ONE
    • Really Like You - キム・ミンジュと共同作詞[49]。2ndミニアルバム「HEART*IZ」に収録。
    • With*One - 共同作詞[50]。3rdミニアルバム「Oneiric Diary (幻想日記)」に収録。
    • Merry-Go-Round - 単独作詞[51]。3rdミニアルバム「Oneiric Diary (幻想日記)」に収録。
      • Merry-Go-Round (Japanese Ver.) - 単独作詞。3rdミニアルバム「Oneiric Diary (幻想日記)」に収録。
    • Welcome_Japanese Ver. - 日本語版作詞。日本デジタルショーケース「ONEIRIC DIARY DIGITAL SHOWCASE IN JAPAN」で初披露された未発売楽曲。
    • La Vie en Rose_Japanese Ver. - 日本語版作詞[52]。日本1stアルバム「Twelve」に収録。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • TOCHIGI TOYOTA WEEKEND FREE STYLE「ひぃちゃんのとちぎドライブナビ」(2017年4月29日 - 2018年3月24日、RADIO BERRY FM栃木[61][62]
  • トヨタレンタリース栃木 Presents 本田仁美 ひぃといずおん 〜HITOMI HONDA HEAT IS ON〜(2018年4月5日 - 2019年3月28日、RADIO BERRY FM栃木)[7]
  • NEZAS presents IZ*ONE 本田仁美のWorld Get You(2019年4月4日 - 2021年3月、RADIO BERRY FM栃木)[63]
  • 柱NIGHT! with AKB48(2022年3月20日 - 2024年1月21日、bayfm) - 月1コーナーレギュラー
  • 太田胃散 presents Friday Night Party AKB48久しぶりの忘年会(2022年12月2日 - 30日、TOKYO FM[64]
  • IDOL CHAMP presents POP-K TOP10 Friday(2023年4月7日 - 2024年1月26日、TOKYO FM) - パーソナリティ[65]

舞台[編集]

ランウェイ[編集]

イベント[編集]

広告モデル・CM[編集]

  • トヨタレンタリース栃木「温泉編」「キャンプ編」(2018年4月9日 - )[75]
  • titty&Co.(2020年10月 - )[76]
  • KIRSH(2021年9月)[77]
  • BAYS(2021年10月 - ) - アンバサダー[78]
    • NOTONE(2021年10月)[79]
  • ウテナ(2022年3月 - )
    • マトメージュ(2022年3月 - ) - ミューズ[30][31]
  • イルソイルソ(2022年10月 - )[80]
  • とうもろこしのひげ茶(2023年4月 - ) - イメージキャラクター[81]

書籍・新聞[編集]

フォトブック[編集]

連載[編集]

Web連載[編集]

  • non-no集英社、2022年2月11日 - 5月16日 (全26回))
    • 「#Hii_Dictionary」- 期間限定ウェブ連載、週2回(月、金)更新 [83]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ IZ*ONE専任活動中、出演が困難な場合は他のチーム8メンバーが代役で出演した[55]

出典[編集]

  1. ^ a b 本田 仁美”. AKB48公式サイト. メンバー. AKS. 2018年9月5日閲覧。
  2. ^ a b “AKB本田仁美「頼れる先輩方が心強い」小嶋陽菜らの事務所に移籍「韓国語生かして海外の仕事も」”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年7月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202206300000639.html 2022年7月1日閲覧。 
  3. ^ “AKB、47都道府県選抜「チーム8」発足 平均年齢14歳・総選挙出馬OK”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年4月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2035962/full/ 2017年8月25日閲覧。 
  4. ^ AKB48新成人は「黄金のトラ(寅)イ世代!」センター経験者も多数”. 日刊スポーツ (2022年1月10日). 2022年1月10日閲覧。
  5. ^ 他にもある栃木の魅力”. 栃木県公式サイト. 栃木県. 2021年5月24日閲覧。
  6. ^ トヨタレンタリース栃木 Presents AKB48 Team 8 本田仁美の恋とち”. とちぎテレビ. 2018年9月5日閲覧。
  7. ^ a b タイトル決定! 「トヨタレンタリース栃木 Presents 本田仁美 ひぃといずおん 〜HITOMI HONDA HEAT IS ON〜」4月5日(木)スタート!”. AKB48 Team 8ホームページ. AKS (2014年4月3日). 2017年8月25日閲覧。
  8. ^ トヨタレンタリース栃木 Presents 本田仁美 ひぃといずおん 〜HITOMI HONDA HEAT IS ON〜”. RADIO BERRY. FM栃木. 2018年9月5日閲覧。
  9. ^ “AKB48 本田仁美さん(本県出身)が初ランクイン 選抜総選挙、5回目の挑戦”. 下野新聞「SOON」ニュース (下野新聞社). (2018年7月11日). オリジナルの2018年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180905225102/https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/47882 2018年9月6日閲覧。 
  10. ^ “AKB48本田仁美さん世界デビューへ 日韓12人の新ユニットに選抜”. 下野新聞「SOON」ニュース (下野新聞社). (2018年9月2日). オリジナルの2018年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180905182728/https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/69405 2018年9月5日閲覧。 
  11. ^ “宮脇咲良、矢吹奈子ら韓国とコラボで世界デビュー”. 日刊スポーツ. (2018年9月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201809010000043.html 2018年9月5日閲覧。 
  12. ^ 佐藤仁 (2018年9月2日). “「PRODUCE48」デビュー決定:韓国でも大注目! AKB48チーム8本田仁美”. OKMusic (JAPAN MUSIC NETWORK). https://okmusic.jp/news/289498 2018年9月9日閲覧。 
  13. ^ Isa Chang (2018年9月1日). “【PRODUCE 48】終結滿是淚水的100天 宮脇咲良抱亞軍出道” (中国語). KKBOX. 2018年9月9日閲覧。
  14. ^ “「PRODUCE48」日韓デビューメンバー12人が決定…日本人は3人に!グループ名は“IZONE””. Kstyle (LINE). (2018年8月31日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2100162 2018年9月9日閲覧。 
  15. ^ AKB48福岡聖菜、渡辺麻友から“継承” 新生チームB公演開幕<「シアターの女神」公演レポ>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年9月8日). 2018年9月9日閲覧。
  16. ^ AKB48、54thシングルセンター&選抜メンバー23名発表 宮脇咲良&矢吹奈子&本田仁美がAKB48グループ活動休止へ<初選抜3名>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年9月24日). 2018年9月24日閲覧。
  17. ^ 宮脇咲良&矢吹奈子&本田仁美、IZ*ONE専任&AKB48グループ活動休止にコメント ラスト握手会日程も”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年9月24日). 2018年9月24日閲覧。
  18. ^ “宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美在籍の日韓合同アイドルIZ*ONEが韓国デビュー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年10月30日). https://natalie.mu/music/news/305895 2018年11月1日閲覧。 
  19. ^ “宮脇咲良、IZ*ONEの活動終了報告「早かったけど長かった」今後の去就は明言せず”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年4月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2192042/full/ 2021年4月29日閲覧。 
  20. ^ IZ*ONE、本日(4月29日)予定どおり活動終了へ。予測される“メンバーの今後”は?”. スポーツソウル日本語版 (2021年4月29日). 2021年4月29日閲覧。
  21. ^ IZ*ONE活動終了の本田仁美、2年半ぶりSNS更新でエール殺到 今後の情報発信を予告”. モデルプレス (2021年5月15日). 2021年5月15日閲覧。
  22. ^ a b “本田仁美「帰ってきました」チーム8ツアー登場 先月までIZ*ONE活動”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年5月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202105230000396.html 2021年5月23日閲覧。 
  23. ^ あゆみすず (2021年10月5日). “AKB48本田仁美、TikTok開設1日で100万回再生の大反響 「私のアイメイクを大公開しました!」アイテム全部が気になる。”. ねとらぼエンタ. ITmedia. pp. 1 - 2. 2022年2月23日閲覧。
  24. ^ 本田仁美、元IZ*ONEメンバーも所属IVE「ELEVEN」ダンスカバーに「キレッキレ」「待ってた」の声”. モデルプレス (2021年12月20日). 2021年12月20日閲覧。
  25. ^ AKB48本田仁美、話題のKep1er「WA DA DA」カバーダンス公開「綺麗」「脚長い」と絶賛の声”. モデルプレス (2022年1月19日). 2022年1月19日閲覧。
  26. ^ AKB48本田仁美、チェ・イェナ「SMiLEY」ダンス披露 IZ*ONE出身メンバーのカバー続々”. モデルプレス (2022年1月24日). 2022年1月24日閲覧。
  27. ^ 所属アーティスト本田仁美 移籍のお知らせ”. 株式会社Vernalossom (2022年1月1日). 2022年1月1日閲覧。
  28. ^ “本田仁美が事務所移籍 AKB48を運営する「DH」へ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年1月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202201010000514.html 2022年1月3日閲覧。 
  29. ^ a b AKB本田仁美が初センター「私もいつか引っ張りたいと思っていた」5・18最新シングル”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2022年2月23日). 2022年9月6日閲覧。
  30. ^ a b 株式会社ウテナ【公式】 [@utena_official] (2022年3月1日). "マトメージュの新ブランドミューズに本田仁美さんが就任✨ 実は就任前からのマトメージュのご愛用者です♥ キービジュアルを公開しました! 本田さんの就任コメントはマトメージュブランドサイトからチェックしてね t.co/L518b2X1Rc #ウテナ #マトメージュ #本田仁美 #ひぃちゃん #AKB48". X(旧Twitter)より2022年9月6日閲覧
  31. ^ a b まとめ髪スタイリング「マトメージュ」がリニューアル!ブランドミューズに本田仁美さんが就任』(プレスリリース)株式会社ウテナ、2022年3月1日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000160.000018106.html2022年9月6日閲覧 
  32. ^ a b “本田仁美、ドラマ初出演で見せた透明感 演技にも意欲「上達させたい」<オクトー>”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2022年7月22日). https://thetv.jp/news/detail/1094531/ 2022年7月22日閲覧。 
  33. ^ a b c 本田仁美、連続ドラマ初主演「3年ぶりの黒髪姿の私にぜひ注目してください」 『北欧こじらせ日記』を実写化”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年9月6日). 2022年9月6日閲覧。
  34. ^ “AKB48チーム8、来年4月で活動休止”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年10月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2252274/full/ 2023年5月13日閲覧。 
  35. ^ 本田仁美 卒業に関してのご報告”. AKB48オフィシャルブログ (2023年8月30日). 2023年8月30日閲覧。
  36. ^ “AKB48本田仁美、卒業を発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年8月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2292814/full/ 2023年8月30日閲覧。 
  37. ^ “本田仁美がAKB48卒業コンサート「私にはまだ、かなえたい夢があります」と感極まる IZ*ONEとしても活躍 韓国語・中国語でもスピーチ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2024年1月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2311979/full/ 2024年1月26日閲覧。 
  38. ^ "本田仁美 卒業公演の日程と各種サービスの終了について". AKB48オフィシャルブログ. 2023年10月4日. 2023年10月4日閲覧
  39. ^ 本田 仁美”. AKB48 Team 8ホームページ. AKS. 2018年9月5日閲覧。
  40. ^ 宇都宮ブレックス / UTSUNOMIYA BREX [@linktochigibrex] (2018年5月16日). "AKB48 Team8の本田仁美さんと。 本田さんはBREXのチアスクール出身です。 #BREX". X(旧Twitter)より2018年9月5日閲覧
  41. ^ 放送局を開設した少年をリサーチせよ”. Honda Smile Mission (2014年9月2日). 2023年6月8日閲覧。
  42. ^ a b c “「PRODUCE48」デビュー決定のHKT48矢吹奈子&AKB48本田仁美の魅力は? 韓国での人気ぶりを宮脇咲良明かす”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年9月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1790827 2018年9月9日閲覧。 
  43. ^ IZ*ONE活動終了の宮脇咲良、矢吹奈子&本田仁美との“サナキ”過去写真公開 インスタ新機能に「3人でテンパってる」”. モデルプレス (2021年5月18日). 2021年5月18日閲覧。
  44. ^ 本田仁美&矢吹奈子、IZ*ONE活動振り返る 久々再会で緊張”. モデルプレス (2021年10月11日). 2021年10月11日閲覧。
  45. ^ 本田仁美&矢吹奈子、IZ*ONEダンス動画公開で喜びの声殺到「ひぃなこ最高」「揃い方すごい」の声”. モデルプレス (2021年12月4日). 2021年12月4日閲覧。
  46. ^ 【SABON】フレッシュな果実と花々の香りに包まれて――Citrus Blossom Collection”. SWEET WEB (2021年12月10日). 2021年12月10日閲覧。
  47. ^ IZ*ONE出身の本田仁美が“もちもち色白美肌”を披露!「理想的な体型」「さすがパントミ」とファン【PHOTO】”. スポーツソウル日本版. ピッチコミュニケーションズ (2021年7月13日). 2022年2月23日閲覧。
  48. ^ 新成人となった IZ*ONEの”01ズ”が”成人の日パーティー”を開催! おっとりした姿からは想像できない酒豪そうなメンバーは一体誰••?”. KPOP monster. TVグルーヴ・ドット・コム (2020年5月19日). 2022年2月23日閲覧。
  49. ^ IZ*ONE キム・ミンジュ&本田仁美、初の作詞に挑戦「メンバーに初めて会った瞬間を思い出しながら…」”. Kstyle. LINE (2019年4月2日). 2020年12月13日閲覧。
  50. ^ IZ*ONE、タイトル曲「幻想童話」3rdミニアルバムのトラックリストが公開!メンバー作詞・作曲も”. 雑食K-POP (2020年6月8日). 2020年12月13日閲覧。
  51. ^ IZ*ONE 本田仁美、作詞を担当した新曲「Merry-Go-Round」の制作秘話を語る! 日本語・朝鮮語のある違いに大苦戦・・?”. KPOP monster (2020年6月19日). 2020年12月13日閲覧。
  52. ^ IZ*ONE「Twelve」ユニット曲含む詳細公開、咲良・奈子・仁美は日本語版作詞も担当”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2020年9月17日). 2020年12月13日閲覧。
  53. ^ 4月7日(木)より、とちぎテレビの情報番組「5じはんLIVE @home」に本田仁美レギュラー出演決定!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2016年3月25日). 2018年9月9日閲覧。
  54. ^ 「AKB48 Team 8 本田仁美の恋とち」が、とちぎテレビ「イブニング6plus」で引き続きオンエア決定! 毎週木曜日登場!!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2017年3月31日). 2018年9月9日閲覧。
  55. ^ とちぎテレビ「トヨタレンタリース栃木 Presents 本田仁美の恋とち(恋するとちぎ)」の11月以降の放送について”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2018年10月25日). 2019年3月30日閲覧。
  56. ^ 本田仁美がMC!初開催「2021 Mnet Japan Fan's Choice Awards」12月28日に放送決定…ケンタ&トレエン斎藤らがゲスト”. Kstyle (2021年12月6日). 2021年12月7日閲覧。
  57. ^ “ドラマ「最高の教師」生徒キャストを出席番号順に解禁、第1弾の5名は1役”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年6月10日). https://natalie.mu/eiga/news/528138 2023年6月10日閲覧。 
  58. ^ 「最高の教師 1年後、私は生徒に◾️された」【公式】 [@saikyo_ntv] (2023年6月14日). "30秒ですね。初回は7月15日(土)よる10時です". X(旧Twitter)より2023年6月15日閲覧
  59. ^ 山崎紘菜、本田仁美、パース・ナクン、福地涼、福地清が「パティスリーMON」に出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2023年12月7日). 2023年12月7日閲覧。
  60. ^ 『最高の教師』の2年後を描く Huluオリジナルストーリー『拝啓、大人になる貴方へ』配信”. Real Sound | リアルサウンド映画部. blueprint (2023年9月23日). 2023年9月24日閲覧。
  61. ^ 4月29日(土・祝)より、RADIO BERRYで「ひぃちゃんのとちぎドライブナビ」がスタート!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2017年4月22日). 2018年9月9日閲覧。
  62. ^ RADIO BERRY「ひぃちゃんのとちぎドライブナビ最終回スペシャル」公開観覧募集中!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2018年3月10日). 2018年9月9日閲覧。
  63. ^ 4月4日(木)より、RADIO BERRYで本田仁美の新番組「NEZAS presents IZ*ONE 本田仁美のWorld Get You」スタート!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2019年3月28日). 2019年3月30日閲覧。
  64. ^ “AKB48・本田仁美、TOKYO FM『AKB48 久しぶりの忘年会』メインパーソナリティに決定”. THE FIRST TIMES. (2022年12月1日). https://www.thefirsttimes.jp/news/0000217940/ 2022年12月15日閲覧。 
  65. ^ 🍭 AKB48 本田仁美、K-POPアイドル応援アプリ『IDOL CHAMP』と連動したラジオ番組『IDOL CHAMP presents POP-K TOP10 Friday』パーソナリティ決定!”. Pop'n'Roll (2023年3月27日). 2023年3月27日閲覧。
  66. ^ 『ダンスレボリューション〜ホントのワタシ〜2017』”. パン・プランニング. 2018年9月5日閲覧。
  67. ^ 本田仁美と小田えりなが舞台出演決定!”. AKB48 Team 8公式ホームページ (2017年7月11日). 2017年8月25日閲覧。
  68. ^ “AKB本田仁美「なんで私?」舞台初出演、初主演”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2017年8月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1876502.html 2018年9月9日閲覧。 
  69. ^ 齋藤飛鳥、トップバッターで「ガルアワ」開幕 乃木坂46卒業後初出演<GirlsAward 2023 A/W>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2023年9月30日). 2023年10月1日閲覧。
  70. ^ AKB48卒業発表の本田仁美、“ほっぺツン”に視線集中<TGC 北九州 2023>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2023年10月7日). 2023年10月7日閲覧。
  71. ^ 9月20日(日)佐野警察署主催イベントにチーム8が出演! 栃木県代表・本田仁美は一日警察署長に!! ※9月8日追記”. AKB48 Team 8公式ホームページ (2015年9月8日). 2018年9月5日閲覧。
  72. ^ 本田仁美が〈那須烏山市秋の交通安全運動フェア〉に参加しました。”. AKB48 Team 8公式ホームページ (2015年9月28日). 2018年9月5日閲覧。
  73. ^ 今年は本田仁美が一日警察署長として〈中央警察署 交通安全キャンペーン〉に参加決定!”. AKB48 Team 8公式ホームページ (2017年9月11日). 2018年9月5日閲覧。
  74. ^ Dリーグ (D.LEAGUE) [@dleague_jp] (2022年2月12日). "第一生命 D.LEAGUE 21-22 ROUND.7 GUEST ENTERTAINER JUDGE 2014年「AKB48 チーム8 全国一斉オーディション」に合格。 AKB48の最新シングル「根も葉もRumor」で選抜入り。 雑誌やテレビ出演、コスメのプロデュースなど活躍の幅を広げる。 ▶▶本田仁美 / @hnd_htm__1006 #Dリーグ #本田仁美". X(旧Twitter)より2022年9月6日閲覧
  75. ^ 本田仁美、清水麻璃亜、小田えりな、佐藤栞、太田奈緒が出演するトヨタレンタリース栃木のCMが、4月9日(月)より順次オンエア!”. AKB48 Team 8公式ホームページ (2018年3月21日). 2018年9月5日閲覧。
  76. ^ titty&Co. × HONDA HITOMI”. titty&Co.. 2020年10月18日閲覧。
  77. ^ KIRSH × HONDA HITOMI SPECIAL COLLABORATION”. A'GEM/9. 2021年9月17日閲覧。
  78. ^ 佐藤仁 (2021年10月1日). “AKB48本田仁美 日韓合同ビューティープロジェクト「BAYS」アンバサダー就任!第一弾コスメブランド「NOTONE」からアイパレット発売”. OKMusic. 2021年10月1日閲覧。
  79. ^ 本田仁美 [@hnd_htm__1006] (2021年10月1日). "この度日韓合同開発コスメブランドNOTONEさんでアイパレットをプロデュースさせて頂きました". X(旧Twitter)より2021年10月1日閲覧
  80. ^ “AKB本田仁美、韓国商品専門店の新CMに出演 お出かけ中の彼氏目線の映像で構成”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年10月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202210110000112.html 2022年10月12日閲覧。 
  81. ^ “本田仁美、美の秘訣明かす!韓国で人気の「とうもろこしのひげ茶」の魅力も語る”. ACTRESS PRESS (ACTRESS PRESS). (2023年4月24日). https://actresspress.com/hitomi_honda20230424/ 2023年4月24日閲覧。 
  82. ^ “卒業間近AKB48本田仁美「見つけてくれて本当に感謝」フォトブック見所や卒コンへの思い語る”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2024年1月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202401250001495.html 2024年1月27日閲覧。 
  83. ^ ノンノ/nonno [@nonno_staff] (2022年2月9日). "news non-no webにて #本田仁美 さんの期間限定ウェブ連載が決定!タイトルは「#Hii_Dictionary」開いた本キラキラAからZのキーワードに沿い #ひぃちゃん の魅力を知っていく"辞書"を作ります". X(旧Twitter)より2022年2月9日閲覧

外部リンク[編集]