この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

会いたかった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
会いたかった
AKB48シングル
初出アルバム『SET LIST〜グレイテストソングス 2006-2007〜
B面 だけど…
リリース
規格 マキシシングル
録音 2006年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 秋元康(作詞)
BOUNCEBACK(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
  • ゴールド(CD、日本レコード協会
  • トリプル・プラチナ(シングルトラック、日本レコード協会)
  • ダブル・プラチナ(着うたフル、日本レコード協会)
チャート最高順位
AKB48 シングル 年表
スカート、ひらり
(2006年)
会いたかった
(2006年)
制服が邪魔をする
(2007年)
テンプレートを表示

会いたかった」(あいたかった)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、ソングライターグループのBOUNCEBACKにより作曲されている。2006年10月25日にAKB48のメジャー・デビューシングルとしてデフスターレコーズから発売された[1]。楽曲のセンターポジションは前田敦子が務めた[2]

背景とリリース

「会いたかった」の発売以前に、AKB48はインディーズレーベルから「桜の花びらたち」・「スカート、ひらり」の2作品を発売していたが、本作でAKB48はメジャーデビューを果たした。2006年8月20日にAKB48劇場で開催されたチームA公演で、劇場支配人戸賀崎智信によりメジャーデビューが発表され、観客には公演終了後に号外も配布された[3]。「会いたかった」は『チームA 2nd Stage「会いたかった」』で使用されている楽曲をシングルカットしたものである。

インディーズの2作は、AKB48の「チームA」のメンバーのみ参加していた。そのため本作もチームAメンバーのみの参加とすることを考えていたが、あとから加入した「チームK」のメンバーにとってのデビュー作にもしようとした。しかし両チームの合計人数が多く「CDジャケットにそんなにいっぱい載せられないと思った」という理由[4]により、メンバーの一部のみを楽曲に参加させる「選抜メンバー」制度を導入した。その後のリリース作品では全員参加のものを除き同様の制度が適用された。

「会いたかった」のシングルCDは、初回生産限定盤と通常盤の2種類がリリースされた。両者ともCDの収録内容は同一で、初回生産限定盤のみDVDが付属している。また、通常盤は初回プレス限定でピクチャーレーベルが採用された。CDのカップリング曲には、本楽曲と同じく『チームA 2nd Stage「会いたかった」』の楽曲である「だけど…」が収録されている。CDなどに印字されている「会いたかった」の文字は小野恵令奈による。

チャート成績

「会いたかった」のシングルCDは、オリコン週間シングルチャートで最高順位12位を記録。その後60週チャートインするロングセラー作品となった。

ミュージック・ビデオ

ビデオ撮影が行われた内房線那古船形駅(2006年11月、PV撮影後に塗装し直しされている)
ビデオのダンスシーン撮影が行われた洲埼灯台

「会いたかった」のミュージック・ビデオ (MV) は久保茂昭が監督を務めた[5]ロケーション撮影千葉県館山市周辺で行われ、のシーンは東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線那古船形駅で撮影された。また、歌唱シーンの舞台となったのは同市南部にある洲埼灯台である。ストーリー性のある内容で、主役は前田敦子。

MVで使用された衣装は、制服ファッションブランド「CandySugar」(株式会社よつばテーラー)の協力により制作された[2]。この衣装はAKB48グループ衣装責任者兼クリエイティブ・ディレクター(2017年現在)の茅野しのぶが初めてデザインを手がけたものである[2]

ライブ・パフォーマンス

「会いたかった」は2007年12月31日放送の『第58回NHK紅白歌合戦』で歌唱された。また、2010年12月24日放送の『ミュージックステーションスーパーライブ2010』でも披露されている。

メディアでの使用

「会いたかった」は以下のメディアで使用されている。


シングル収録トラック

初回生産限定盤

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1. 「会いたかった」 秋元康 BOUNCEBACK 田口智則・稲留春雄
2. 「だけど…」 秋元康 太田美知彦 藤田哲也
3. 「会いたかった (Instrumental)」      
4. 「だけど… (Instrumental)」      
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「会いたかった 〜Full Version〜」    
2. 「AKB48 History 〜メジャーデビューへの軌跡〜」    

通常盤

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1. 「会いたかった」 秋元康 BOUNCEBACK 田口智則・稲留春雄
2. 「だけど…」 秋元康 太田美知彦 藤田哲也
3. 「会いたかった (Instrumental)」      
4. 「だけど… (Instrumental)」      

選抜メンバー

カバー・アレンジ

「会いたかった」は、秋元康プロデュースの「雀」によってカバーされている。このカバーはデビューシングル「鶯谷チョンボ」のカップリング曲として収録されている[6]。また、楽曲は女性アイドルグループのアイドリング!!!から選ばれたメンバーである遠藤舞外岡えりか谷澤恵里香横山ルリカ酒井瞳朝日奈央菊地亜美三宅ひとみによりカバーされている。このバージョンはAKB48とアイドリング!!!のコラボレーションユニット「AKBアイドリング!!!」のデビューシングル「チューしようぜ!」のカップリング曲として収録されている。AKB48の日本国外の姉妹グループでもカバーされており、JKT48ではシングル「Flying Get」のカップリングとして収録され、BNK48においてはデビューシングルの表題曲に選ばれた(後述)。

AKB48・SKE48SDN48のメンバーで結成されたユニット・チームZの『びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ オリジナル・サウンドトラック』には「会いたかった 〜お江戸 Ver.〜」(編曲:野中“まさ”雄一)が収録されている。

「会いたかった」の歌詞・振り付けをそのままに曲調をマイナーロックアレンジしたものとして「会いたかったかもしれない」という楽曲がある[7]。これはAKB48の「公式ライバル」として結成された女性アイドルグループである乃木坂46による楽曲であり、グループのデビューシングル「ぐるぐるカーテン」にカップリング曲として収録されている[7]

BNK48によるカバー

Koisuru Fortune Cookie (คุกกี้เสี่ยงทาย)
BNK48シングル
B面 Oogoe Diamond (ก็ชอบให้รู้ว่าชอบ)
365 nichi no kami hikouki (365 วันกับเครื่องบินกระดาษ)
リリース
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
レーベル BNK48 Office
作詞・作曲 秋元康(作詞)
BOUNCEBACK(作曲)
プロデュース 秋元康
BNK48 シングル 年表
Aitakatta
(2017年)
Koisuru Fortune Cookie
(2017年)
テンプレートを表示

AKB48の姉妹グループであるBNK48は、本楽曲を「Aitakatta (อยากจะได้พบเธอ)」というタイトルでカバーし、グループのデビューシングルとして2017年8月8日に発売された[8]

歌詞は「会いたかった」の部分以外は秋元の詞をタイ語に翻訳したものとなっている。楽曲のセンターポジションはミュージックが務めた。

カップリングでは「大声ダイヤモンド」と「365日の紙飛行機」のカバーが収録されている。

本作は、有名アーティストでもCDの平均販売枚数が2,000〜5,000枚のタイで、13,500枚を売り上げた[9]

収録曲

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1. 「Aitakatta (อยากจะได้พบเธอ)」 秋元康 BOUNCEBACK 田口智則、稲留春雄
2. Oogoe Diamond (ก็ชอบให้รู้ว่าชอบ) 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ
3. 365 nichi no kami hikouki (365 วันกับเครื่องบินกระดาษ) 秋元康 角野寿和青葉紘季 清水哲平
4. 「Aitakatta (อยากจะได้พบเธอ)」   BOUNCEBACK 田口智則、稲留春雄
5. 「Oogoe Diamond (ก็ชอบให้รู้ว่าชอบ) (off vocal ver.)」   井上ヨシマサ 井上ヨシマサ
6. 「365 nichi no kami hikouki (365 วันกับเครื่องบินกระดาษ) (off vocal ver.)」   角野寿和、青葉紘季 清水哲平

選抜メンバー

カップリング曲の歌唱メンバーも下記と同一である。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ インディーズシングルを含めると通算3作目に当たる。
  2. ^ a b c 秋元康、オサレカンパニー 『AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット〜あの頃、彼女がいたら〜宝島社〈TJMOOK〉、2017年3月25日、37頁。
  3. ^ 『AKB48 History 〜メジャーデビューへの軌跡〜』
  4. ^ AKBINGO!』 2010年7月14日放送分
  5. ^ ミュージックビデオサーチ”. スペースシャワーTV. 2013年11月16日閲覧。
  6. ^ “秋元康も大プッシュ!人気雀ドルがAKB48をカバー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2008年11月5日). http://natalie.mu/music/news/10741 2017年11月25日閲覧。 
  7. ^ a b “乃木坂46「会いたかったかもしれない」PVに本家メンバー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年2月8日). http://natalie.mu/music/news/64115 2017年6月3日閲覧。 
  8. ^ “BNK、8月に初シングル「会いたかった」など収録”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年7月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1851210.html 2017年11月25日閲覧。 
  9. ^ 中島桃子 (2017年10月17日). “【アジアで会う】勝田隆仁さん BNK48仕掛け人 第173回 日タイ融合モデルで存在感(タイ)”. NNA ASIA (エヌ・エヌ・エー). https://www.nna.jp/news/show/1671899 2017年11月25日閲覧。 

外部リンク