ロマンス、イラネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロマンス、イラネ
AKB48シングル
収録アルバム SET LIST〜グレイテストソングス〜完全盤
B面 愛の毛布
リリース 2008年1月23日
規格 マキシシングル
録音 2007年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 秋元康(作詞)
Rie(作曲)
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
  • 週間6位オリコン
  • デイリー5位(オリコン)
  • 登場回数5回(オリコン)
  • 22位Billboard JAPAN Hot 100
  • 11位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 30位(Billboard JAPAN Hot Top Airplay)
AKB48 シングル 年表
夕陽を見ているか?
(2007年)
ロマンス、イラネ
(2008年)
桜の花びらたち2008
(2008年)
SET LIST〜グレイテストソングス〜完全盤 収録曲
桜の花びらたち
(チームA Ver.)
(13)
ロマンス、イラネ
(14)
桜の花びらたち2008
(15)
テンプレートを表示

ロマンス、イラネ」は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、Rieにより作曲されている。2008年1月23日にAKB48のメジャー7作目のシングル[注 1]としてデフスターレコーズから発売された。楽曲のセンターポジションは前田敦子小嶋陽菜

楽曲は、2008年元日に発売された『SET LIST〜グレイテストソングス 2006-2007〜』に収録される予定だったが、変更になりシングル化された。

楽曲のシングル盤は、初回生産限定盤 TypeA、初回生産限定盤 TypeB、通常盤の3種類がリリースされた。初回生産限定盤 TypeAには楽曲のミュージック・ビデオを収録したDVDが付属している。同TypeBには楽曲の2つのリミックス版が収録されている。

キャッチコピーは、「お待たせしました!アイドルの王道ポップス」。TVスポットはなちのん(佐藤夏希、野呂佳代)がナレーションを担当した。

楽曲のミュージック・ビデオは「BINGO!」以来3度目となる竹石渉が監督を務めている。東京タワースタジオ・第1スタジオで撮影された。このビデオはAKB48が歌番組に出演して「ロマンス、イラネ」を歌うという設定で、スタジオ内に本格的な歌番組風のセットを設けての撮影となった。そのため、メジャーデビュー後のシングル表題曲としては初、インディーズ時代を含めても、デビュー曲「桜の花びらたち」のミュージック・ビデオ以来となる、屋外撮影シーンが一切ないビデオとなっている。選抜メンバーではないがビデオとメイキングに、なちのん(佐藤夏希、野呂佳代)が出演している。

楽曲は2008年2月4日放送の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』でパフォーマンスされた。また、楽曲はTBS系『アッコにおまかせ!』のエンディングテーマに起用された。

シングル収録トラック[編集]

初回生産限定盤 TypeA[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「ロマンス、イラネ (Original Mix)」   秋元康 Rie CHOKKAKU  
2. 「愛の毛布」   秋元康 成瀬英樹 樫原伸彦  
3. 「ロマンス、イラネ (Original Mix Instrumental)」          
4. 「愛の毛布 (Instrumental)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「ロマンス、イラネ」    
2. 「Making of 「ロマンス、イラネ」」    

初回生産限定盤 TypeB[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「ロマンス、イラネ (Original Mix)」   秋元康 Rie CHOKKAKU  
2. 「愛の毛布」   秋元康 成瀬英樹 樫原伸彦  
3. 「ロマンス、イラネ(ひまわり 2nd 2.0Mix)」          
4. 「ロマンス、イラネ(ひまわり 2nd 2.1Mix)」          
5. 「ロマンス、イラネ (Original Mix Instrumental)」          
6. 「愛の毛布 (Instrumental)」          

通常盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「ロマンス、イラネ (Original Mix)」   秋元康 Rie CHOKKAKU  
2. 「愛の毛布」   秋元康 成瀬英樹 樫原伸彦  
3. 「ロマンス、イラネ (Original Mix Instrumental)」          
4. 「愛の毛布 (Instrumental)」          

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ インディーズシングルを含めると通算9作目に当たる。

出典[編集]

外部リンク[編集]