がらくた (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑田佳祐 > がらくた
がらくた
桑田佳祐スタジオ・アルバム
リリース
録音 VICTOR STUDIO
猫に小判スタジオ
ジャンル ロック[1]
ジャズ[1]
ドゥーワップ[1]
サイケデリック・ミュージック[1]
フィリー・ソウル[1]
ラテン[1]
レゲエ[1]
ヒップホップ[1]
歌謡曲[1]
時間
レーベル タイシタレーベル
SPEEDSTAR RECORDS
プロデュース 桑田佳祐
チャート最高順位
  • 週間1位(通算2週、オリコン[2][3]
  • 週間1位(オリコンデジタル)[4]
  • 2017年8月度月間1位(オリコン)[5]
  • 2017年9月度月間2位(オリコン)[6]
  • 2017年度年間13位(オリコン)[7]
  • 週間1位(2週連続・通算3週、Billboard Japan Hot Albums[8]
  • 2017年度年間18位(Billboard JAPAN Hot Albums)[9]
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会[10]
  • 桑田佳祐 年表
    I LOVE YOU -now & forever-
    2012年
    がらくた
    (2017年)
    -
    EANコード
    EAN 4988002739684(完全生産限定盤A)
    EAN 4988002740055(完全生産限定盤B)
    EAN 4988002740062(完全生産限定盤C)
    EAN 4988002736799(通常盤)
    EAN 4988002739691(アナログ盤)
    『がらくた』収録のシングル
    1. Yin Yangイヤン
      リリース: 2013年3月13日
    2. ヨシ子さん
      リリース: 2016年6月29日
    3. 君への手紙
      リリース: 2016年11月23日
    ミュージックビデオ
    「若い広場」 - YouTube
    「オアシスと果樹園」 - YouTube
    テンプレートを表示

    がらくた』(英語: GARAKUTA)は、桑田佳祐の5枚目のオリジナル・アルバム2017年8月23日発売。発売元はタイシタレーベル / SPEEDSTAR RECORDSキャッチコピーは、「その男、どスケベにつき! ソロ30年目の衝動。」[1]

    背景[編集]

    桑田が2017年にソロデビュー30周年を迎え、前作のオリジナル・アルバム『MUSICMAN』から、ちょうど6年6ヶ月ぶりとなる作品[1]

    録音[編集]

    今作ではほとんどの曲のレコーディングが少人数で行われた。また、桑田は普段は曲を先に制作する「曲先」で楽曲制作を行っているが、今回は曲によっては詞を先に制作したうえで曲を作る「詞先」も意欲的に行い、そのことにより「歌のテーマも自然と広がった」とも述べている[11]

    本作収録の既発曲(シングル「Yin Yang」「ヨシ子さん」「君への手紙」に収録されている楽曲)では、アルバムバージョン(マスタリングしたもの)を収録している[11]。また、15曲収録されている内9曲がタイアップの付いた楽曲となっている[12]

    音楽性[編集]

    タイトルに関して桑田は、「ありとあらゆる要素が無作為に交錯する現代社会の見立てであり、そんな無意味に積み上げられた『がらくた』の中にこそ、ものごとの本質や素晴らしさが宿る」[1]「大上段に振りかざすことなく、みんなに親しんでもらえる“小品”を目指した」と語っている[11]。また、ポール・マッカートニーの楽曲「ジャンク」の事が頭の片隅にあったのかもしれないとも述べている[11]。本作はロック、ジャズ、ドゥーワップ、サイケデリック・ミュージック、フィリーソウル、ラテン、レゲエ、ヒップホップ、歌謡曲と、あらゆるジャンルをブレンドした桑田にとっての意欲作になっている[1]

    リリース[編集]

    サザンオールスターズがデビュー39周年を迎えた2017年6月25日に情報が解禁された[1][13]

    配信[編集]

    本作収録の「若い広場」が2017年7月21日に先行配信され[14]、同年8月9日には、「オアシスと果樹園」がNTTドコモ音楽配信サービス「dヒッツ」で先行配信された[15]。同年8月14日にはdヒッツだけではなく、他の配信サイトで解禁された[16]

    発売前2日前である8月21日に、GYAO!にて本作収録されている楽曲のミュージック・ビデオのフルバージョンが期間限定(2017年8月21日〜10月31日)で公開されることになった。また、過去の楽曲のミュージック・ビデオも順に期間限定で公開された[17]

    発売形態[編集]

    本作は初回生産限定盤A(CD+Blu-ray+特製歌詞ブックレット)、初回生産限定盤B(CD+DVD+特製歌詞ブックレット)、初回生産限定盤C(CD+特製歌詞ブックレット)、通常盤(CD)、アナログ盤(重量盤2LP / オリジナル特典付、完全生産限定)の5種類で発売される[18]。また、初回生産限定盤A・B・Cはブックケース入りデジパック仕様で、桑田書下ろしによるエッセイ集「がらくたノート」と撮り下ろしフォトが付属である[11]。映像特典は、同年7月10日11日の2日間にビルボードライブ東京で開催された桑田のプレミアム・ライブ「この夏、大人の夜遊びin日本で一番垢抜けた場所!! supported by ニッポンハム / Billboard Live 10th Anniversary」の11日に披露された8曲を収録している[19]

    本作の予約・購入者を対象にした先着オリジナル特典が8月3日に発表され、リアルショップ対象店[注 1]で予約・購入すると先着で、桑田の写真をポスター用にオリジナルでデザインされた「桑田佳祐『がらくた』オリジナルポスター」を手に入れることができ、Eコマース(オンラインショップ)対象店[注 2]で予約・購入すると、本作のジャケットをあしらった「桑田佳祐『がらくた』A5クリアファイル」を貰うことができる。また、全国のCDショップでは本作発売を記念し、タイシタレーベル旧譜作品キャンペーンの開催をし、8月初旬より対象商品を全国CDショップにて購入すると先着で、桑田佳祐「30th Anniversary オリジナルステッカー」がプレゼントされる[20]

    エッセイ集「がらくたノート」には、文庫本のような装丁で“波乗文庫”と記載されており、本作収録曲15曲にまつわる計15篇のエッセイが収められている。曲が完成するまでの過程、アルバム制作に携わった人たちへの気持ち、日常の中で感じているさまざまな思いや、生活の一部などがしたためられている。なお、自身のオフィシャルサイトにて、収録楽曲の「百万本の赤い薔薇」「オアシスと果樹園」の二篇と新作にまつわるインタビューを公開している[21]

    プロモーション[編集]

    動画配信[編集]

    同年6月25日にYouTubeで公開されたスペシャルトレーラーでは桑田が「波乗亭米祐(なみのりていべいすけ)」という落語家に扮し[注 3]、古典落語「火焔太鼓」を演じている[注 4]。波乗亭米祐は桑田とは別人という設定になっており、桑田に対して「いい年してただのエロい意地汚いオッサンだねぇ」「桑田のアルバムはどうせがらくたみたいなもんだよ」といったセリフを言うシーンも存在している[25]。なお、前日の24日放送分の自身のラジオ冠番組桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)では、この動画の音源が先行公開されており、「波乗亭米祐が桑田に物申す」といった宣伝広告も作られていた[26]

    テレビ放送[編集]

    発売後の2017年9月23日にWOWOWでスペシャル番組「桑田佳祐と『がらくた』 〜ソロ30年目の衝動〜」が放送され、本作の内容や楽曲の魅力を紹介し、2017年7月に行われたBillboard Live Tokyoでのプレミアムライブから2002年以来15年ぶりの出演の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」のステージ模様も放送される[27]

    テレビ出演[編集]

    「オアシスと果樹園」「若い広場」を披露[28]
    悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」「愛のささくれ~Nobody loves me」「若い広場」「簪/かんざし」「オアシスと果樹園」「波乗りジョニー」「ヨシ子さん」を披露[29]
    • ミュージックステーション(2017年8月25日、テレビ朝日)
    「オアシスと果樹園」「ヨシ子さん」を披露[30]
    「オアシスと果樹園」「若い広場」を披露[31][32]
    「若い広場」を披露[33]

    アートワーク[編集]

    ジャケットデザインの提案をしたのは千原徹也であり、アートディレクターの山口健司曰く「ロンドンで買った土産物のアヒルを使った、シリアスともコメディとも異なる引き算のアイデア」を桑田はひと目で気に入ったという[34]。なお、千原によるとこのジャケット写真は元々提案用のサンプルであり本番用に撮り直す予定だったが、桑田が「これがいいんだから。これでいい」と述べたためそのまま採用された。また、千原はこれ以外にもいくつかデザイン案を提案しており、宇宙塵の写真なども出したが通らなかったという[35]

    ツアー[編集]

    アルバム発売と同時に本作をひっさげ、全国10箇所18公演の全国アリーナ&5大ドームツアーを開催が発表された[1]

    批評[編集]

    専門家による評価[編集]

    Billboard JAPANでは、CDのセールスやマスコミの支持が非常に高い上に、ラジオを中心としたプロモーションが成功したことに関する宣伝戦略、作品の内容、桑田らしい自虐的なタイトルでもその中身のクオリティの高さと、これだけの実績を出せる自信があってこそと言えると評価された[36]

    Real Soundでは、ベテランアーティストのCD販売スパンは息が長いところを指摘しており、特に「初動(初週)売上=最高順位」のままチャートを下ってはなく、熱心に情報を追っていなくても「そういえばアルバム出たんだな」と気がついて買うような層が2週目以降の売り上げを支えていると評価した[37]

    桑田は2017年の振り返りとして、この作品に対し「ちっとも売れなかったアルバム」だと冗談半分で述べている[38]

    著名人による評価[編集]

    爆笑問題太田光はこのアルバムを絶賛し、一曲一曲について丁寧に感想をまとめたメールを桑田に送っている。『桑田佳祐のやさしい夜遊び』2017年9月2日放送分では桑田が太田の了承を得たうえでそのメールの一部を読み上げている[39]

    落語家3代目桂春蝶はこのアルバムの内容を「最高」と評している[40]

    受賞[編集]

    チャート成績[編集]

    2017年9月4日付のオリコン週間アルバムランキングで初週16.8万枚を売り上げて初登場1位を獲得し、ソロアーティストとして、今年の暫定1位の売上を記録した[注 6]。なお、ソロアルバムとして『TOP OF THE POPS』から4作連続・通算6作目の獲得となった[44]。また、同日付のオリコンデジタルアルバムランキングでも初週1.0万DLで1位を獲得した[45]。ソロアーティストでCDランキングとデジタルランキング両方首位獲得するのは秦基博(『All Time Best ハタモトヒロ』)以来2人目である[4]

    同日付のBillboard Japan Hot Albumsにおいても、チャートを構成する3指標(パッケージ・ダウンロード・ルックアップ)すべてを制して1位を獲得している[46]

    発売2週目となる2017年9月2日には出荷枚数が30万枚を突破した[47]。発売4周目となる2017年9月25日付のオリコン週間CDアルバムランキングで、週間1.3万枚を売り上げて3週ぶりに首位に返り咲いた。自身の作品の「返り咲き1位」は、2001年発売のシングル「波乗りジョニー」が2001年7月16日付と7月30日付で返り咲き1位を達成して以来16年2ヶ月ぶりとなり、また、男性ソロのオリジナル・アルバムではB'z稲葉浩志の作品『マグマ』の返り咲き首位以来である20年7ヶ月振りとなり、今世紀初となった[2]

    オリコン週間CDアルバムランキングでは、1位(16.8万枚)→2位(3.8)[注 7]→3位(1.9)→1位(1.3)と4週連続TOP3をキープした[48][49][2]。Billboard JAPAN Hot Albumsにおいても、ルックアップをはじめとした各指標で上位を獲得し、1位→2位→1位→1位→3位→3位と6週連続TOP3をキープし高順位を維持し続けていた[8][50][51]

    また、本作と「若い広場」「オアシスと果樹園」の3つを合わせると、オリコンやBillboard JAPAN、レコチョク、iTunes StoremoraUSENCOUNT DOWN TVTBS音楽番組)などの音楽チャートで1位を獲得し、20冠を達成した[52]

    オリコンによる本作の登場回数は38回である[3]

    収録曲[編集]

    共通[編集]

    • 全5種類共通で、カッコ内は演奏時間。
    1. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン) (4'18)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫)
      サウンド面ではザ・ビートルズを意識したものになっている[53]
      歌詞に桑田が2002年に発売したベスト・アルバムTOP OF THE POPS』や、 アミューズの後輩であるONE OK ROCK[注 8]などの言葉が登場している[57]
      2017年8月12日に放送された『桑田佳祐のやさしい夜遊び』でフル音源が解禁された[58]
    2. 若い広場 (4'20)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫 / 弦編曲:片山敦夫)
      NHK連続テレビ小説ひよっこ』主題歌。
      桑田がソロでNHKドラマに楽曲提供するのは初のことである[注 9][59]
      本作収録の既発曲を除けば、この楽曲が最初にメディアに解禁された楽曲であり、タイアップドラマの第1話放送日である2017年4月3日に解禁[60]、フル音源は4月8日放送の『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で初オンエアされた[61]
      レコーディング自体は2016年6月25日にWOWOWで放送された『偉大なる歌謡曲に感謝 〜東京の唄〜』の少し前から始めており、桑田は制作がスムーズに進んだという[62]
      歌詞に関して桑田は、自然と自分の人生を今一度辿っていく感覚とともに、夢と希望に溢れた日本の未来に思いながら書いたという[59]。また、「がらくたノート」では「アタシのオリジナルではありながら、偉大なる先人やご先祖様がアタシに書かせてくれたものだよ」と述べ、この曲を「そんなつもりじゃなかったけれど、なぜか身にしむ歌謡曲」と位置付けている[63]
      タイアップドラマの主演を務めた女優有村架純は、「暖色系の明かりが自分を包み込んでくれているような、そんな感覚になりました」「どこかしら懐かしく感じるメロディーと桑田さんの歌声は、暖かくてとても心地よく、聴き入ってしまいます」とコメントしている[59]
      歌詞には津村謙の「上海帰りのリル」を思わせるフレーズが登場している[64]。なお、リルとは「my little daring」の略であるとされている[65]
      PVは、2017年7月26日に公開され、内容は楽曲に合わせて昭和のホームドラマ風の世界が描かれており、桑田は一人二役を演じ、お茶の間を舞台に繰り広げられる人情あふれるドラマの雰囲気を感じさせる“佳祐”と、昔は歌声喫茶で人気を博したほどの歌手だったものの、今はしがない労働者として晩酌のビールを楽しみに毎日を生きるオヤジ“佳祐”の両方を演じている[66]。なお、桑田の相手役として女優の幸田尚子が出演している[16]。なお、ロケで使用された横浜元町のナイトクラブ「クリフサイド」は、奇しくも映画『上海帰りのリル』の舞台でもあり、これを知った桑田も驚いていたという[64]。このPVは2018年1月に発売のミュージック・ビデオ集『MVP』に収録されている。
      桑田は2017年7月21日に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』出演時に、同番組の司会者であるタモリに「タモリさん、(『ひよっこ』を)見ていただいてるとか?」と尋ね、タモリもこの楽曲を「毎日聞いている」と発言し「すごい懐かしい感じが出ていますよね。昭和の感じが」と暗に認める趣旨のコメントをした[67]。また、同番組で披露した際に一緒に出演していたお笑いタレントブルゾンちえみが桑田の誘いで楽曲のパフォーマンスに参加するシーンが放送された[68]
      2017年8月24日に放送されたNHK系『SONGS』で、タイアップドラマに出演している有村と佐久間由衣小島藤子藤野涼子松本穂香八木優希が登場し、桑田と肩を組みながら合唱したシーンが放送された[69]。タイアップドラマとのコラボもあり、その回の視聴率が7.0%であり、2017年度に放送された中では最高視聴率を記録した[70]
      ザテレビジョンが開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」では、最優秀ドラマソング賞に受賞した[71]。なお、「Yin Yang」以来4年ぶりと受賞となった。
      NEWSポストセブンが2017年に発表した「ドラマ好き女性1000人に聞いた人生史上いちばん好きな主題歌ランキング」で10位にランクインしている[72]
    3. 大河の一滴(Album Version) (4'16)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫)
      シングル「ヨシ子さん」のカップリング曲。
    4. 簪 / かんざし (4'31)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫 / 管編曲:片山敦夫)
      添い遂げることが叶わぬ男女の刹那がテーマとなっている[73]
      歌詞の「彩りが消えた部屋で独り言ちた」というフレーズは角田光代を意識したものである。それを知った角田本人は驚きつつも光栄である旨を語っている[74]
      「がらくたノート」では、この曲の制作風景と片山敦夫への感謝の念が綴られた[75]
      2017年6月24日に放送された『桑田佳祐のやさしい夜遊び』でフル音源が解禁された[76]
    5. 愛のプレリュード(Album Version) (4'21)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫)
      シングル「ヨシ子さん」のカップリング曲。
    6. 愛のささくれ~Nobody loves me (5'12)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫)
      自身出演のWOWOW CMソング。
      大人の夜の世界観を全面に押し出した楽曲[77]。歌詞にスティービー・ワンダーの名前が登場し、曲中にも「You Haven’t Done Nothin’(悪夢)」のシンセサイザーのフレーズが引用されている[39]
      WOWOWのCMでは桑田が定年間近のしがないサラリーマンに扮し、終電に揺られる様やお気に入りの女性がいるカラオケスナックでほろ酔い気分になる様子など、コミカルかつリアルな演技を披露しており、この曲にインスパイヤされてCMのコンセプトが生まれたという[78]
      2017年7月8日に放送された『桑田佳祐のやさしい夜遊び』でフル音源が解禁された[79]
    7. 君への手紙(Album Version) (4'27)
      (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
      2016年発売の17枚目シングル曲。
    8. サイテーのワル (4'36)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫)
      歌詞は情報社会を痛烈に風刺したものとなっており、「炎上」「メール」「LINE」「拡散(いいね!)」「ゲス」「ウィキペディア」などの制作・発売当時を連想させるフレーズが散見されている[80][77]。また、「何気ないような冗談があり得ない物語(ストーリー)に拡散(いいね!)されちゃう」といったフレーズにもあるように、過去に桑田自身が歌詞にあるようなトラブルに巻き込まれた事も反映されている[81]
      なお、桑田は「ウィキペディア」のフレーズを歌詞に入れた際に、スタッフが動揺していた旨をインタビューで述べている[80]
      「がらくたノート」では、この曲で触れている”他人の不幸”に興味を持ってしまう人間の本質を肯定も否定もしない形で語っており、自身もそうした人間であることを述べ、最後には「東スポ頑張れ!」「アナタ、いや御社だけは決してブレなかった」「東スポサイコー!!」といった事を述べている[82]
      高橋みなみはこの曲を絶賛している[83]
      2017年7月22日に放送された『桑田佳祐のやさしい夜遊び』でフル音源が解禁された[84]
    9. 百万本の赤い薔薇(Album Version) (4'40)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 , 原由子 & 曽我淳一
      シングル「ヨシ子さん」のカップリング曲。
    10. ほととぎす [杜鵑草] (5'46)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫)
      2017年8月12日に放送された『桑田佳祐のやさしい夜遊び』でフル音源が解禁された[58]
      「がらくたノート」では、バラードを制作する際の自身のモチベーションが綴られた[85]
      3代目桂春蝶はこの曲をベストソングとし高く評価している[40]
    11. オアシスと果樹園 (3'57)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫)
      自身出演のJTB「オアフ島」篇「ハワイ島」篇 CMソング。
      2016年に同CMで使用された「愛のプレリュード」から続く楽曲であり、前回と同様にハワイ州で撮影を行なっているが、今回はハワイ島オアフ島で撮影をしている[86][87]
      桑田はこの曲と「愛のプレリュード」を「ハワイ二部作」としている[11]
      前述の通り、この楽曲は詞先で制作された[88]
      2017年8月14日にPVが公開され、オアシス”そして“果樹園”を想起させる土地、ハワイの大自然の中で楽曲を熱唱するシーンを軸に、歌詞の世界観を表現するような甘酸っぱくもどこか切ない恋の記憶を表現している[89]。なお、PVにはファッションモデル沢田ゆうが出演している[90]。このPVはミュージック・ビデオ集『MVP』に収録されている。
    12. ヨシ子さん(Album Version) (4'51)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫)
      2016年発売の16枚目シングル曲。
    13. Yin Yangイヤン(Album Version)(3'48)
      (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
      2013年発売の15枚目シングル「Yin Yang/涙をぶっとばせ!!/おいしい秘密」の1曲目。
    14. あなたの夢を見ています(Album Version) (4'53)
      (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐 & 片山敦夫)
      シングル「君への手紙」のカップリング曲。
    15. 春まだ遠く (4'24)
      (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 管編曲・弦編曲:島健
      当時島健が音楽を担当したドラマ『やすらぎの郷』にインスパイヤされて制作された[91]
      「がらくたノート」では自身が適当な発言をする理由などが綴られている[92]
      この曲は当アルバムの収録曲で唯一全国ツアーで演奏されなかったものの、ツアーを映像化したライブ・ビデオ集『がらくたライブ』のエンドロールで流れている[93]

    Blu-ray Disc・DVD[編集]

    • 完全生産限定盤A(Blu-ray Disc)と完全生産限定盤B(DVD)のみ収録。
    この夏、大人の夜遊びライブ in 日本で一番垢抜けた場所!! at Billboard Live Tokyo」(2017.07.11)
    1. 百万本の赤い薔薇
    2. 大河の一滴
    3. 君への手紙
    4. 愛のささくれ~Nobody loves me
    5. 簪 / かんざし
    6. 若い広場
    7. オアシスと果樹園
    8. ヨシ子さん
    MUSIC VIDEO
    1. 悪戯されて(New Arranged Version)
      シングル「君への手紙」のカップリング曲。
      ミュージック・ビデオには広末涼子阿部翔平浜田晃が出演している[94]

    参加ミュージシャン[編集]

    過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)
    若い広場
    大河の一滴
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar, Male Voice & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Piano, Synthe Bass & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    • 斎藤誠:Electric / Gut Guitars
    • 今村明美:Female voice
    簪/かんざし
    • 桑田佳祐:Vocal & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Piano, Synthe Bass & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    • 成田昭彦:Drums, Shaker & Triangle
    • 竹下欣伸:Wood Bass
    • 西村浩二:Flugelhorn
    愛のプレリュード
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar, Ukulele, Shaker, Hand Claps & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Electric Piano, Hammond Organ, Synthe Bass & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    • 中重雄:Electric / 12-Strings Electric Guitars
    • 成田昭彦:Conga, Triangle & Tambourine
    • 原由子:Backing Vocal
    愛のささくれ~Nobody loves me
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Piano, Electric Piano, Hammond Organ, Synthe Bass & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    君への手紙
    • 桑田佳祐:Vocal, Acoustic / Electric Guitars, Tambourine & Backing Vocal
    • 原由子:Keyboards, Piano & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    • 401stオールスターズ:エンヤトット囃子
    サイテーのワル
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Piano, Synthe Bass & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 河村"カースケ"智康:Drums
    • 成田昭彦:Kendang & Bongo
    • TIGER:Scat
    百万本の赤い薔薇
    • 桑田佳祐:Vocal, Hand Claps & Backing Vocal
    • 原由子:Piano & Synthesizer
    • 曽我淳一:Synthe Bass, Synthesizer & Computer Programming
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • グレート栄田:Violin
    ほととぎす [杜鵑草]
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar, Cymbal & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Piano, Hammond Organ, Synthe Bass & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    • 原由子:Backing Vocal
    オアシスと果樹園
    • 桑田佳祐:Vocal, Acoustic Guitar, Hand Claps & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Piano, Synthe Bass & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 成田昭彦:Drums & Conga
    • 原由子:Backing Vocal
    • 401stオールスターズ:Hand Claps
    ヨシ子さん
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Piano, Synthe Bass, Synthesizer & Backing Vocal
    • 角谷仁宣:Computer Programming & Backing Vocal
    • 成田昭彦:Bongo & Backing Vocal
    • 増澤絵里子:Backing Vocal
    • 加納淳也:Backing Vocal
    Yin Yang
    • 桑田佳祐:Vocal, Electric Guitar, Quijada & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Piano, Hammond Organ & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 角田俊介:Bass
    • 河村"カースケ"智康:Drums & Tambourine
    • 西村浩二:Trumpet
    あなたの夢を見ています
    • 桑田佳祐:Vocal, Acoustic / Electric Slide Guitars, Tambourine, Bells, Hand Claps & Backing Vocal
    • 片山敦夫:Electric Piano, Hammond Organ, Synthe Bass & Synthesizer
    • 角谷仁宣:Computer Programming
    • 斎藤誠:Electric Guitar
    • 山本拓夫Soprano Saxphone
    春まだ遠く

    映像関連[編集]

    ミュージック・ビデオ[編集]

    既発曲のミュージックビデオに関しては、各収録作品のページを参照のこと。

    作品動画[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 対応店はタワーレコードの全国各店・TSUTAYA RECORDSの全国各店・HMVの全国各店 ・WonderGOOの全国各店・一部の新星堂・山野楽器 全国CD・DVD取扱い店舗・その他店舗。
    2. ^ 対象店はAmazon.co.jp・楽天ブックス ・セブンネットショッピング・タワーレコードオンライン・TSUTAYA オンラインショッピング・ローチケHMV・新星堂・WonderGOO・楽天市場店・山野楽器オンラインショップ・A!SMART(アスマート)・ビクターエンタテインメント オンラインショップ・その他店舗。
    3. ^ もともとは「君への手紙」に伴う『SONGS』(NHK、2016年12月1日初回放送)出演時に、番組内で創作落語「あなたへの手紙」を披露した際に名乗った名義[22]
    4. ^ 桑田はかねてから落語を好んで鑑賞しており、2012年7月18日放送のSONGSスペシャル「桑田佳祐の歌ってガッテン!」で立川志の輔と共演したり、落語を鑑賞したことがきっかけで3代目桂春蝶とメールでの交流を持つようになったり[23]、発売年の6月22日にかねてから親交のある桂雀々の独演会にゲスト出演する[24]など、落語家との交流も存在する。
    5. ^ 2017年12月31日には再放送している。
    6. ^ 本作発売後の2017年11月7日付のオリコンアルバムデイリーランキングで安室奈美恵の『Finally』が45.9万枚を記録したため最終的には2位である[43]
    7. ^ この週の1位であるBLACKPINKの『BLACKPINK』と本作との差は僅か699枚であった。
    8. ^ かねてから桑田はONE OK ROCKの事を気にかけており、自身のラジオでも何度か楽曲を流したことがある[54][55][56]
    9. ^ 1997年に桑田が作詞作曲した原由子の楽曲「涙の天使に微笑みを」がNHK連続テレビ小説『甘辛しゃん』の主題歌に起用されたことがある。

    出典[編集]

    1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 桑田佳祐、ソロ名義約6年ぶりのオリジナルアルバム発売決定&全国ツアーも ビルボードジャパン 2017年6月25日閲覧
    2. ^ a b c 【オリコン】桑田佳祐、ソロ30年で初のアルバム返り咲き首位 男性ソロ20年ぶり快挙 オリコン 2017年9月19日閲覧
    3. ^ a b がらくた(初回生産限定盤A) オリコン 2018年6月2日閲覧
    4. ^ a b 【オリコン】宇多田ヒカル、女性ソロアーティスト初のCD&デジタルアルバム同時2冠 オリコン 2018年7月4日閲覧
    5. ^ オリコン2017年8月度月間ランキング1位〜10位 オリコン(ウェブ魚拓使用)2017年9月13日閲覧
    6. ^ オリコン2017年9月度月間ランキング オリコン 2017年10月11日閲覧(ウェブ魚拓より)
    7. ^ 年間アルバムランキング 1位~25位 オリコン 2017年12月23日閲覧
    8. ^ a b 【ビルボード】桑田佳祐『がらくた』が総合アルバムV3、ミスチル配信ベストはトップ3に再浮上 阪神コンテンツリンク、2017年9月20日、同日閲覧
    9. ^ 2017年度年間アルバムランキング Billboard JAPAN 2018年8月22日閲覧
    10. ^ 乃木坂46『逃げ水』がミリオン認定 星野源、桑田佳祐らはプラチナ Billboard JAPAN 2017年9月8日閲覧
    11. ^ a b c d e f 桑田佳祐「がらくた」特設サイト 2017年6月28日閲覧
    12. ^ ソロ活動30周年の桑田佳祐は節目のアルバムになぜ『がらくた』と名付けたのか―。(Album Review) Billboard JAPAN 2017年8月23日閲覧
    13. ^ 桑田佳祐 史上初!2度目の5大ドームツアー ソロアルバム「がらくた」引っさげ gooニュース 2017年6月25日閲覧
    14. ^ 桑田佳祐、21日『Mステ』で今年初のテレビ出演 朝ドラ主題歌&CM曲披露 オリコン 2017年7月7日閲覧
    15. ^ サザンオールスターズofficial 2017年8月9日22:35ツイート
    16. ^ a b 幸田尚子 2017年7月26日7:14ツイート 2017年8月1日閲覧
    17. ^ 桑田佳祐、ソロ25作MVフル尺公開へ GYAO!で30周年特集スタート オリコン 2017年8月21日閲覧
    18. ^ 桑田佳祐、6年ぶり新アルバム『がらくた』 全国アリーナ&5大ドームツアー発表 オリコン 2017年6月25日閲覧
    19. ^ 桑田佳祐、新AL『がらくた』初回盤にビルボードライブ公演の映像を収録 ビルボードジャパン 2017年8月4日閲覧
    20. ^ 桑田佳祐、新アルバム『がらくた』予約・購入者特典を公開。旧譜キャンペーンも rockin’on.com 2017年8月3日閲覧
    21. ^ 桑田佳祐、エッセイ集『がらくたノート』内容が明らかに 新アルバム初回盤特典 オリコン 2017年8月9日閲覧
    22. ^ SONGS | 第402回 桑田佳祐 ~新境地!落語で誘う桑田ワールド~ NHK 2017年6月26日閲覧
    23. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 桑田佳祐さんからのメール 2012年07月29日ライブドアブログ
    24. ^ 桑田佳祐、桂雀々の芸暦40周年記念公演にサプライズ登場!新曲「若い広場」を初披露M-ON! MUSIC
    25. ^ 桑田佳祐 - ニューアルバム「がらくた」スペシャルトレーラー(波乗亭米祐が物申す!)YouTube
    26. ^ 『桑田佳祐のやさしい夜遊び』に謎の落語家“波乗亭米祐”が登場! 桑田に物申す!? Billboard JAPAN
    27. ^ 桑田佳祐、WOWOW特番で大熱狂の「RIJF 2017」&ビルボードライブ未公開映像を放送 ミュージックマンネット 2017年9月15日閲覧
    28. ^ ミュージックステーション 2017年7月21日出演者 テレビ朝日 2017年7月7日閲覧
    29. ^ SONGSスペシャル 桑田佳祐 NHK 2017年8月15日閲覧
    30. ^ ミュージックステーション2017年8月25日出演者 テレビ朝日 2017年8月18日閲覧
    31. ^ 桑田佳祐、「ひよっこ」主題歌をドラマセットをバックに熱唱 ザ・テレビジョン 2017年8月23日閲覧
    32. ^ サザンオールスターズ official 2017年8月29日20:20ツイート
    33. ^ 桑田佳祐『紅白』特別出演で「若い広場」披露 『ひよっこ』特別編も制作 オリコン 2017年12月22日閲覧
    34. ^ 「Pen」 2017年09月01日号 No.435 p86より
    35. ^ 桑田佳祐、ヒットアルバム“ジャケ写”の意外な裏話2018年9月11日
    36. ^ 「がらくた」ではなく、もはや「国宝」?! 桑田佳祐が支持される理由【Chart insight of insight】 BillboardJ APAN 2017年9月4日閲覧
    37. ^ 内田彩、チャートアクション好調の意義 声優アーティストの存在感さらに高まるか? リアルサウンド 2017年9月25日閲覧
    38. ^ 桑田佳祐 -【ROUND30】ついに完結!桑田佳祐の挑戦はまだまだ続く!今年の意気込みを述べる YouTube
    39. ^ a b 桑田佳祐の新作『がらくた』を爆笑問題・太田光が絶賛 「ジェラシーすら感じます」リアルサウンド
    40. ^ a b 桂 春蝶 @shunchoukatsura 2017年8月31日のツイート
    41. ^ 『第59回レコード大賞』各賞決定 大賞候補に乃木坂46&欅坂46ら オリコン 2017年11月16日配信・閲覧
    42. ^ 「CDショップ大賞」受賞に米津玄師が感謝、台風クラブ石塚はPUNPEEにサインもらう 音楽ナタリー 2018年3月24日閲覧
    43. ^ 安室奈美恵ベストアルバム、初日売上で1位 今年度ソロアーティスト最高記録 オリコン 2017年11月8日閲覧
    44. ^ 【オリコン】桑田佳祐、ソロアルバム今年度最高売上で首位 ソロ30周年に華 オリコン 2017年8月29日閲覧
    45. ^ オリコン週間デジタルランキング9月4日付 オリコン(パソコン用画面のみ対応。ウェブ魚拓)
    46. ^ 【ビルボード】桑田佳祐『がらくた』総合アルバムを完全制覇、スピッツ&欅坂46に続くロングヒットなるか 阪神コンテンツリンク、2017年8月30日、同日閲覧
    47. ^ 桑田佳祐の快進撃が止まらない!『がらくた』の総出荷枚数が早くも30万枚を突破 エムオンプレス 2017年9月2日閲覧
    48. ^ 桑田佳祐、快進撃 新アルバム『がらくた』3週連続TOP3キープ オリコン 2017年9月12日閲覧
    49. ^ オリコン2017年9月11日付アルバムランキング1位〜10位 オリコン (ウェブ魚拓使用)
    50. ^ 【ビルボード】TRIGGER『REGALITY』が総合アルバム首位 防弾少年団や安室奈美恵はダウンロード好調 阪神コンテンツリンク、2017年9月27日、9月28日閲覧
    51. ^ 桑田佳祐、新作『がらくた』がまたしても記録更新!Billboard JAPANアルバムチャートで6週連続TOP3入りの快挙 M-ON! MUSIC 2017年10月6日閲覧
    52. ^ 桑田佳祐、ニューアルバム『がらくた』&新曲「若い広場」「オアシスと果樹園」で20冠超え 各種チャートを席巻 SPICE 2017年9月3日閲覧
    53. ^ 『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p5より。
    54. ^ 【エンタがビタミン♪】桑田佳祐が『2013 邦楽ベスト20』を選ぶ。「一大傑作。よく作った!」と絶賛した楽曲とは。<動画あり>.Techinsight(2013年12月31日)2018年10月6日閲覧。
    55. ^ 【エンタがビタミン♪】桑田佳祐が選ぶ“2014年邦楽ベスト20”に異変。今年はアイドルの楽曲が入らず。 2014年12月29日 Techinsight
    56. ^ 毎年恒例!桑田佳祐が選ぶ、2016年邦楽シングル・ベスト20発表♪歌ネット
    57. ^ 「Pen」 2017年 09月01日号 No.435 p32 - 33より
    58. ^ a b サザンオールスターズ official 2017年8月12日23:55のツイート
    59. ^ a b c 桑田佳祐、新曲「若い広場」が4月放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』主題歌に決定 リアルサウンド 2017年6月27日閲覧
    60. ^ 有村架純主演、新・連続テレビ小説『ひよっこ』スタート オリコン 2017年6月27日閲覧
    61. ^ sasfannetのツイート(850729297471918080)
    62. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.138 4ページより
    63. ^ 『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p10より。
    64. ^ a b Pen」2017年 09月01日号 No.435 P82 - 83より
    65. ^ 『日本語がわかる本』(日本社、1980年)に『英語教育』(大修館書店)からの引用として紹介されている
    66. ^ 桑田佳祐「若い広場」のMV公開、歌声喫茶で大合唱シーンも Billboard JAPAN 2017年7月26日閲覧
    67. ^ タモリは毎日「ひよっこ」を見ている?暗に認めるような発言を… デイリースポーツ(ライブドアニュース) 2017年7月23日閲覧
    68. ^ 【エンタがビタミン♪】ブルゾンちえみ オースティン・マホーン&桑田佳祐を従え究極の“with” 2017年7月24日閲覧
    69. ^ 桑田佳祐、『SONGS』で有村架純ら乙女寮メンバーと共演 オリコン 2017年8月21日閲覧
    70. ^ 桑田佳祐、『がらくた』が全ウィークリーチャートで1位総ナメ BARKS 2017年9月3日閲覧
    71. ^ 桑田佳祐の「若い広場」がドラマソング賞に輝く! ザテレビジョン 2017年11月18日閲覧
    72. ^ 女性1000人が選んだ「いちばん好きなドラマ主題歌」トップ10 NEWSポストセブン 2017年12月22日閲覧
    73. ^ 「Pen」 2017年 09月01日号 No.435 p41より
    74. ^ 文藝春秋 2018年10月号 P169より。
    75. ^ 『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p15 – 16より。
    76. ^ サザンオールスターズ official 2017年6月25日0:19のツイート
    77. ^ a b 桑田佳祐、“どこか懐かしいようで新しい”感覚引き起こす音楽MusicVoice
    78. ^ 桑田佳祐が新CMで“悲哀溢れる”サラリーマン役を熱演 オリコン 2017年8月10日閲覧
    79. ^ サザンオールスターズ official 2017年7月9日0:22ツイート
    80. ^ a b 「Pen」 2017年09月01日号 No.435 p33より
    81. ^ サザンと違う「桑田佳祐」の矜持 連載「知新音故」朝日新聞デジタル
    82. ^ 『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p30 – 32より。
    83. ^ 桑田佳祐と高橋みなみが初対談!「桑田さんの●●を見てみたいです!」 2017年8月25日 ライブドアニュース
    84. ^ サザンオールスターズ official 2017年7月23日0:41ツイート
    85. ^ 『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p37 – 42より。
    86. ^ 桑田佳祐、10年ぶりハワイ撮影満喫 CMで新曲「愛のプレリュード」披露 オリコン 2016年7月29日閲覧。
    87. ^ JTB新CMに桑田佳祐登場&新曲「オアシスと果樹園」も披露 ビルボードジャパン 2017年6月27日閲覧
    88. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.138 6ページより
    89. ^ 桑田佳祐、本日14日より先行配信開始「オアシスと果樹園」MV公開 BARKS 2017年8月14日閲覧
    90. ^ 沢田ゆう CENTRAL JAPAN 2017年8月19日閲覧
    91. ^ 「Pen」 2017年 09月01日号 No.435 p34より
    92. ^ 『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p68 – 70より。
    93. ^ 桑田佳祐、“渦中”の加山雄三にエール「これからも元気に、必ずいい音楽を届けてくれる」リアルサウンド
    94. ^ 桑田佳祐新曲MV主演は広末涼子 史上初の“歌謡”サスペンス!? オリコン 2016年11月18日閲覧

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]