DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on
少女たちは傷つきながら、夢を見る
監督 高橋栄樹
製作 窪田康志
新坂純一
秋元伸介
北川謙二
吉田立
ナレーター 能登麻美子
出演者 AKB48
SKE48
NMB48
HKT48
SDN48
JKT48
音楽 大坪弘人
主題歌 ファースト・ラビット」AKB48
撮影 村上拓
編集 伊藤潤一
製作会社 AKS
東宝
秋元康事務所
north river
NHKエンタープライズ
配給 東宝映像事業部
公開 日本の旗 2012年1月27日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億6600万円[1]
前作 DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?
次作 DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?
テンプレートを表示

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』(ドキュメンタリー オブ エーケービーフォーティエイト ショウ マスト ゴー オン しょうじょたちはきずつきながら、ゆめをみる)は、2012年の日本のドキュメンタリー映画

解説[編集]

AKB48ドキュメンタリー映画第2作。2011年の1年間を扱っている。キャッチコピーは「AKB48は、傷つきながら、困難と向き合う、不屈のアイドルグループである。」。

監督は、メジャーデビュー間もない頃の「軽蔑していた愛情」から本作公開時点での最新作「上からマリコ」にいたるまでAKB48のミュージック・ビデオを多く手がけてきた高橋栄樹。ナレーションは声優能登麻美子が担当。主題歌「ファースト・ラビット」が映画用に書き下ろされた。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)復興支援のため、AKB48と姉妹グループが同年5月から開始した「誰かのために」プロジェクト被災地訪問ライブ活動の様子と、宮城県仙台市出身でメンバー唯一の被災者である12期研究生(当時)岩田華怜へのインタビューを軸に、前田敦子大島優子から1位の座を奪回した「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」や、過呼吸脱水症状で倒れるメンバーが続出した西武ドームコンサートの凄絶な舞台裏、そして新たに研究生から昇格したメンバーだけで結成されたチーム4の紆余曲折などが描かれた。

映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)では初登場第7位を記録している[2]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 210頁
  2. ^ 『ALWAYS』がV2で10億円!『ミッション:インポッシブル』は50億円突破!! AKBドキュメンタリーは7位初登場!!”. シネマトゥデイ (2012年2月1日). 2012年2月1日閲覧。

関連項目[編集]

  • 風は吹いている - 2011年10月26日に発売されたAKB48のメジャー23作目のシングルで、東日本大震災の被災地へ向けた「震災復興応援ソング」として制作されたメッセージソング。劇中でも被災地訪問ライブで歌う様子が映し出されている。
  • DOCUMENTARY of AKB48 AKB48+1 - 前作と同様、映画公開前の2012年1月23日深夜にNHK総合で放映されたテレビドキュメンタリー作品。AtoZ形式で2011年の活動を振り返る構成となっている。バンド形式の「GIVE ME FIVE!」の半年におよぶ楽器演奏特訓風景、メンバー全員によるインフルエンザ予防接種風景の映像が公開された。声優の保村真がナレーションを、AtoZ部分のタイトルコールはAKB48グループ(SDN48を除く)のOvertureを歌うDJ TAZがそれぞれ担当した。同年4月20日にリリースされたDVDの映像特典として、ディレクターズ・カット版が「ファースト・ラビット」PVと共に収録。
  • めざましテレビ - 2012年1月24日放映の芸能コーナー「見たもんGA-CHI」で、映画が未公開映像も含めて取り上げられた。

外部リンク[編集]