また逢う日まで (尾崎紀世彦の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
また逢う日まで
尾崎紀世彦シングル
B面 帰郷
リリース
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル フィリップス・レコード/
日本フォノグラム
作詞・作曲 阿久悠筒美京平
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(9週連続・オリコン
  • 初登場4位(オリコン)
  • 1971年度年間3位(オリコン)
  • 尾崎紀世彦 シングル 年表
    別れの夜明け
    (1970年)
    また逢う日まで
    (1971年)
    さよならをもう一度
    (1971年)
    テンプレートを表示

    また逢う日まで」(またあうひまで)は、尾崎紀世彦の楽曲である。1971年3月5日、ソロ2枚目のシングルとして日本フォノグラム(現:ユニバーサル ミュージック合同会社)より発売。規格品番はFS-1183。

    概要[編集]

    もともとは1969年昭和44年)、三洋電機(現・パナソニック)のエアコンCMソングの候補曲として作られたものであった[1]。まず筒美京平が3曲書き下ろし、その中の1曲にやなせたかしが歌詞を付け、槇みちるが歌い完成。しかしこの曲はスポンサー側の方針変更により採用されなかった[2][3]

    筒美の楽曲を管理していた日音村上司は、この曲を埋もれさせるのは惜しいと考え、「白いサンゴ礁」でヒットを飛ばしていたズー・ニー・ヴーの新曲として採用。曲を「白いサンゴ礁」の作詞者でもある阿久悠に渡した。阿久は「安保闘争で挫折した青年の孤独」をテーマにした歌詞を付け、1970年、「ひとりの悲しみ」というタイトルでリリースされたが、ヒットにはならなかった[2][3][4][5]

    その後、メロディの良さに惹かれていた村上は、「分かりやすい歌詞にして力強い声で歌えば、必ず聴衆の心をつかめる」と考え、尾崎に「ひとりの悲しみ」をテスト録音させる。また、尾崎自身もこの曲を気に入ったことを多くのテレビ番組で言及している。これはヒットすると確信した村上は、歌詞を書き直してくれるよう阿久を説得する。当初渋っていた阿久も度重なる依頼にリメイクを承諾し[6]、尾崎のために改めて「別れ」をテーマにした歌詞に書き換え、タイトルも「また逢う日まで」として1971年にリリースされた[2][7][8][9]オリコンシングルチャートで1位を獲得、同チャート集計では100万枚に近いセールスを記録した[10]。累計では100万枚を突破している[11]

    同年12月31日、初の第13回日本レコード大賞・大賞と第2回日本歌謡大賞・大賞をダブル受賞する。同日に開催された『第22回NHK紅白歌合戦』に白組トップバッターとして初出場。1990年にも、『第41回NHK紅白歌合戦』で「また逢う日まで」が歌唱されている。

    1972年第44回選抜高等学校野球大会入場行進曲、1977年には、バレーボールワールドカップイメージソングに選ばれた。

    2003年ブルボンから発売の食玩CD『懐メロクッキー(チョコバター味)』の1タイトルとして、ローソンにて期間限定(同年4月22日 - 5月5日)で販売された(1曲のみ収録の8cmCDシングル。CD製造はユニバーサルが担当し、本体の製品番号はBNU-003)[12]

    2005年3月23日、『速報!歌の大辞テン』最終回の歌唱前トークにて、「また逢う日まで」を「未だ(自分は)歌い切れていない」と述べている[13]

    余談だが、1980年代頃から尾崎はフェイクを入れる歌い方をしており、コンサートやテレビ出演時にレコード通り歌うことは晩年近くまではかなり少なかった。

    収録曲[編集]

    オリジナル盤
    1. また逢う日まで(2:55)
    2. 帰郷(3:01)

    演奏[編集]

    収録アルバム[編集]

    オリジナル・アルバム
    LP:FX-8017、CT:FT-5062 - 1971年7月25日
    CD:PHCL-8070(復刻版) - 1994年11月26日
    ベスト・アルバム
    他多数

    リリース日一覧[編集]

    リリース日 規格 品番 摘要
    1971年3月5日 EP FS-1183 オリジナル盤
    1975年 EP FX-3008 コンパクト盤 c/w「さよならをもう一度」「愛する人はひとり」「こころの炎燃やしただけで
    1976年 EP FX-2019 c/w「さよならをもう一度」 両A面
    1979年 EP 7PL-1508 c/w「さよならをもう一度」 両A面
    1979年 EP 6PL-2009 c/w「ゴッドファーザー・愛のテーマ」 両A面
    1991年3月25日 CD PHDL-1 女性コーラス版 c/w「ゴッドファーザー〜愛のテーマ」 両A面
    1992年11月26日 CD PHDL-1008 c/w「愛する人はひとり」 両A面
    2010年9月15日 MP3AAC 音楽配信 GOLDEN☆BEST 尾崎紀世彦
    2013年9月25日 CD MSCL-11661 オリジナル・レコードのオンデマンドCD復刻

    バージョン違い[編集]

    • また逢う日まで(別テイク) 1971年録音、女性コーラス
    • LOVERS & FOOLS(「また逢う日まで」英語版) 英語詞:Norman Simon(演奏:別テイク 3:00)
    • また逢う日まで(ライブバージョン)
      • 1973年 - アルバム『in person KIEYO/尾崎紀世彦“ライブ”』、2013年 - オリジナル・レコードのオンデマンドCD復刻
    • また逢う日まで(ボサノバ・バージョン)
    • また逢う日まで(タンゴ・バージョン)
      • 2004年 - タンゴモデルナvol.IV「〜TRAICION (背信) 〜」ASTRORICO東京公演、未CD化[16]
    • また逢う日まで(ディスコ・バージョン) Remix
      • 2005年 - アルバム『The Original Soundtrack of "La Maison de Himiko"』に収録

    メディアでの使用[編集]

    特記なき作品は尾崎歌唱による「また逢う日まで」
    他多数

    カバー[編集]

    また逢う日まで

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 亀山太一『固定客は一人もいない』日本工業新聞社、1983年、200頁。ISBN 4-8191-0592-2
    2. ^ a b c 阿久悠『愛すべき名歌たち -私的歌謡曲史-』(岩波書店 1999年7月19日) ISBN 978-4004306252
    3. ^ a b 榊ひろと『筒美京平ヒットストーリー 1967‐1998』白夜書房 1998年、66頁。ISBN 4-89-367563-X
    4. ^ ズー・ニー・ヴー4枚目のシングル「ひとりの悲しみ」1970年2月1日発売 - 『GOLDEN☆BEST 尾崎紀世彦ライナーノーツ閲覧
    5. ^ ズー・ニー・ヴーがこの曲を歌唱するシーンが、1970年公開の日活製作の映画『野良猫ロック マシン・アニマル』にある。
    6. ^ 強烈だった尾崎紀世彦さん「また逢う日まで」歌詞を大幅に変えて大ヒット
    7. ^ a b 広島FM『食卓ON楽』「また逢う日まで/尾崎紀世彦」小栗俊雄出演 - 2009年5月8日放送の要約
    8. ^ NHK映像ファイル あの人に会いたい 尾崎紀世彦 Archived 2013年10月29日, at the Wayback Machine. 尾崎自身は「ひとりの悲しみ」をカバーするつもりだった。 - NHK総合テレビあの人に会いたい』2012年8月25日放送の要約
    9. ^ [1],価格.com
    10. ^ 阿久悠『バック・トゥ・70'S 音楽シーンを彩ったヒット曲』 - ORICON STYLE ミュージック 尾崎紀世彦「また逢う日まで」95.6万枚 - 2007年8月8日閲覧
    11. ^ 尾崎紀世彦さん死去「また逢う日まで」日刊スポーツ、2012年6月2日 8:34。
    12. ^ パッケージに尾崎紀世彦をあしらったクッキー登場!! - CDJournal ニュース 2003年4月22日閲覧
    13. ^ 日本テレビ系列『速報!歌の大辞テン』最終回(2005年3月23日放送)のトリ歌手として歌唱。
    14. ^ 榊ひろと『筒美京平ヒットストーリー 1967‐1998』白夜書房 1998年、69頁。ISBN 4-89-367563-X
    15. ^ 妻の卒業式 | スタッフから Archived 2012年2月6日, at the Wayback Machine. 主題歌「また逢う日まで」について - NHKドラマアーカイブス
    16. ^ サントリーホール(2004年3月18-19日)にて客演、4曲歌唱。 - ライブ収録版をRFラジオ日本『ソング・マイ・フレンド』2004年10月15日出演時に放送
    17. ^ 尾崎がレコーディングに用いたオリジナル・カラオケ(尾崎を含むザ・ワンダースによるコーラスを省いたもの)を使用している。
    18. ^ Disc 3(10年史35曲メドレー)より。

    外部リンク[編集]