内山奈月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うちやま なつき
内山 奈月
生誕 (1995-09-25) 1995年9月25日(25歳)
日本の旗 日本・神奈川県
出身校慶応義塾大学経済学部
職業アクティベーションプランナー
コピーライター
活動期間2018年 -
雇用者博報堂
著名な実績AKB48メンバー
(2012年 - 2016年)
身長160 cm (5 ft 3 in)[1]
公式サイト内山奈月 (@natsuki___u) - Twitter
うちやま なつき
内山 奈月
本名 (芸名と同じ)
生年月日 (1995-09-25) 1995年9月25日(25歳)
出身地 神奈川県
身長 160cm[1]
血液型 A型[1]
職業 タレント[1]
活動期間 5年
活動内容 2012年 - AKB48のメンバーとしてデビュー
2016年 - AKB48を卒業し2018年3月まで単独活動
事務所 AKS
テレビ朝日アスク
ホリプロ
テンプレートを表示

内山 奈月(うちやま なつき、1995年平成7年〉9月25日 - )は、博報堂のアクティベーションプランナー、コピーライター[2]。第二クリエイティブ局勤務[2][3]。元タレント[1]、元AKB48チームBメンバー。かつては、「憲法アイドル」として有名であった[1]

経歴[編集]

タレント時代[編集]

神奈川県出身。2012年5月13日に行われた「AKB48 第14期研究生オーディション」で合格し、同年8月24日の東京ドーム公演[注 1]で正規メンバーへの昇格が発表された[4]。2013年8月に新しく結成されたチーム4に昇格した[5]が、2014年2月のAKB48グループシャッフル[注 2]によってチームBに異動となった。

2014年のAKB48選抜総選挙で初めて63位に選出され[7]、2015年は39位に選出された[8]

日本国憲法全文の暗唱を特技としており[9]、2014年4月に、慶應義塾大学経済学部に入学した後、同年7月16日には九州大学法学部教授である南野森と共著した「憲法主義 条文には書かれていない本質」(PHP研究所)を出版した[4][8][10][11]。大学では武山政直に師事[12]

2015年11月1日に、AKB48からの卒業を発表し[4][8][13]、2016年1月31日に卒業公演が行われた。2月21日に活動終了した後は、大学に通いつつテレビ朝日アスクの学生キャスターとなり、AbemaTVなどに出演していた[1][4]

2017年10月16日にホリプロに所属し、「政治タレント」として活動することを発表したが[1]、2018年3月、大学を卒業し博報堂に就職して芸能界を引退した[2][3]

就職後[編集]

2018年、「新聞広告クリエーティブコンテスト」で作品が最終審査に残る[14]

2019年朝日広告賞一般公募の部でクリエイティブ局[注 3]のデザイナー・島田彩による課題広告「トンボ鉛筆の商品宣伝」のモデルを務め、準朝日広告賞を共に受賞[15]

2020年、宣伝会議「ブレーン」の第7回オンライン動画コンテストで、太陽企画の福田眞心と組んで制作した楽天の「走馬灯オーディション」がグランプリを受賞[16]

2021年5月22日、横浜ぴあアリーナMMで行われた『峯岸みなみ卒業コンサート~桜の咲かない春はない~』に出演。峯岸チーム4のOGとして「清純フィロソフィー」「LOVE修行」を歌唱した[17][18]

人物[編集]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

次の足跡』に収録

  • チーム坂 - 「Team 4」名義

ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録

  • To goで - 「倉持Team B」名義

0と1の間』に収録

  • ミュージックジャンキー - 「Team B」名義

劇場公演ユニット曲[編集]

研究生「僕の太陽」公演

  • ヒグラシノコイ

研究生「パジャマドライブ」公演

  • てもでもの涙

峯岸チーム4「手をつなぎながら」公演

  • チョコの行方

倉持チームB「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ
  • パジャマドライブ
  • てもでもの涙
  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

田原総一朗「ド〜なる?!ド〜する?!AKB48」公演

木﨑チームB「ただいま 恋愛中」公演

  • 帰郷

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ドラマ[編集]

ウェブテレビ[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『AKB48 in TOKYO DOME~1830mの夢~』2012年8月24日 - 26日、東京ドーム
  2. ^ 『AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』2014年2月24日、Zepp Diver City Tokyo[6]
  3. ^ クリエイティブ局は無印・第二・第三の全3局体制とみられる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h “元AKB内山奈月がホリプロと契約 政治タレントへ”. 日刊スポーツ. (2017年10月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710160000071.html 2017年11月1日閲覧。 
  2. ^ a b c ―Twitterを活用して世の中にポジティブなアクションを― TwitterAward4HAKUHODO 受賞者決定!博報堂ウェブマガジン「センタードット」2020年10月28日
  3. ^ a b 【金沢】電・博・ADK・Jeki・朝広の若手が登場!「ぶっちゃけ」トークセッションマスナビ
  4. ^ a b c d “元AKB48内山奈月の今後に期待 ホリプロ所属で“政治タレント””. テックインサイト. (2017年10月16日). http://japan.techinsight.jp/2017/10/maki10161311.html 2017年11月1日閲覧。 
  5. ^ “AKB48、研究生16名昇格で峯岸キャプテン“新生チーム4””. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年8月24日). https://natalie.mu/music/news/97932 2021年5月23日閲覧。 
  6. ^ ““交換留学生”含むAKBグループ大組閣、メンバーに衝撃”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年2月25日). https://natalie.mu/music/news/110569 2021年5月23日閲覧。 
  7. ^ 内山奈月のG+”. Google+ (2014年6月7日). 2015年3月10日閲覧。
  8. ^ a b c “AKB内山奈月が卒業発表 憲法著書も”. ORICON NEWS (オリコン). (2015年11月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2061662/full/ 2017年11月1日閲覧。 
  9. ^ 『憲法は世界を広げてくれる』元AKB48内山奈月さんインタビュー NHK「みんなの憲法」
  10. ^ 憲法暗唱が特技のAKB48・内山奈月が『憲法主義』を発売! PHP研究所に出版のきっかけを聞いてみた”. OKMusic. 2015年3月10日閲覧。
  11. ^ ネトウヨに負けるな! AKB、中居くん、ももクロが政治的発言!”. Litera. 2015年3月10日閲覧。
  12. ^ 14期ゼミ員紹介 Vol.6慶応義塾大学経済学部武山政直研究会ウェブサイト、2016年7月3日
  13. ^ “AKB内山奈月が涙の卒業公演「ハッピーでした」”. 日刊スポーツ. (2016年1月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1599161.html 2017年11月1日閲覧。 
  14. ^ 2018年度入賞作品 日本新聞協会新聞広告データアーカイブ
  15. ^ 2019年度一般公募の部:入賞作品朝日広告賞
  16. ^ ブレーン オンライン動画コンテスト「BOVA」宣伝会議
  17. ^ 木村武雄 (2021年5月23日). “峯岸みなみ卒コン、2曲目からサプライズ、峯岸チーム4再集結”. MusicVoice (株式会社アイ・シー・アイ). https://www.musicvoice.jp/entame/idol/190710/ 2021年5月23日閲覧。 
  18. ^ “AKB48、15年半で1期生が全員卒業の節目 折井あゆみ「迎えに来ました」”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年5月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2194289/full/ 2021年5月23日閲覧。 
  19. ^ 赤旗についにAKB48が登場 内山奈月さん「憲法は奥深いものだなぁ…」 狙いは無党派層取り込みか(全5ページ) 産経新聞高木桂一の『ここだけ』の話」2014年10月6日
  20. ^ “2018年3月24日放送” (日本語). 原宿アベニュー/けやき坂アベニュー| AbemaTV. https://news-harajyuku.abema.tv/posts/3907577?categoryIds=92656 2018年4月2日閲覧。 

外部リンク[編集]