松井玲奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつい れな
松井 玲奈
松井 玲奈
生年月日 (1991-07-27) 1991年7月27日(27歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県
出身地 日本の旗 日本愛知県豊橋市
身長 162 cm[1]
血液型 O型[2]
職業 女優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2008年 -
事務所 Grick
公式サイト 松井玲奈公式サイト
主な作品
テレビドラマ
名古屋行き最終列車
放送博物館危機一髪
神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎
笑う招き猫
海月姫
まんぷく
映画
gift
笑う招き猫
めがみさま
舞台
マジすか学園 〜京都・血風修学旅行〜
新・幕末純情伝
備考
SKE48メンバー(2008年 - 2015年)
(チームS→チームE)
乃木坂46メンバー(2014年 - 2015年)

松井 玲奈(まつい れな、1991年7月27日 - )は、日本女優タレントであり、女性アイドルグループSKE48[3]および乃木坂46の元メンバーである[4]兵庫県生まれ[5]愛知県豊橋市出身[6]Grick所属[2]。身長162cm[1]。血液型O型[2]

略歴[編集]

デビュー前[編集]

小学校1年生の頃までは明るい性格だったが、小学校2年生の頃に転校し、転校先の学校でませている子が多く派閥などがあり、それに衝撃を受けて内気な性格になり、クラスでも目立たないような存在になった[7]。また、両親からの門限が早く自分の家で遊ぶことが多くなったり、兄の影響もあり、アニメ少年漫画ゲームなどの二次元の世界にのめり込んでいた[5]。中学生時代にAKB48が『ミュージックステーション』で「スカート、ひらり」を披露しているのを見て、二次元的で振り付けも斬新で興味を持った[5]。『AKB48 第二回研究生(5期生)オーディション』を受けたかったが、上京できないため諦めかけていた時にAKB48の名古屋版(SKE48)ができると聞き、オーディションに応募した[5]

2008年7月31日、『SKE48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数2,670名、最終合格者22名)[8]。歌唱審査ではAKB48の「桜の花びらたち」を歌った[9]

SKE48在籍時[編集]

2008年10月5日、『SKE48 チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」』公演で選抜メンバー16名のうちの1名として公演デビューした[10]

2009年3月、選抜メンバー16名がチームSへ移行し、チームSのメンバーとなった[11]

AKB48の10thシングルで選抜入りした松井珠理奈に続き、2009年3月4日発売のAKB48の11thシングル「10年桜」にSKE48から選抜入りした[12]。連続して12thシングル「涙サプライズ!」にも選抜入りした[13]。『AKB48 13thシングル 選抜総選挙』では29位となり、13thシングル「言い訳Maybe」のカップリング曲を歌うアンダーガールズに選出された[14]。14thシングル「RIVER」でもアンダーガールズ入りした。

2009年8月5日にSKE48の1stシングル「強き者よ」が発売され、SKE48のデビューシングルに歌唱メンバーとして参加した。

2010年1月放送開始の『マジすか学園』(テレビ東京)でドラマデビューし、ラッパッパ四天王のゲキカラ役を演じた[15]。同年9月18日放送の単発ドラマ『おかげ様で!』(CBCテレビ)にも出演[2]

2010年3月24日発売のSKE48の2ndシングル「青空片想い」に歌唱参加したほか、AKB48の15thシングル「桜の栞」のカップリング曲「マジスカロックンロール」、16thシングル「ポニーテールとシュシュ」のカップリング曲「マジジョテッペンブルース」の選抜メンバーにもなった。アンダーガールズ入りした「ポニーテールとシュシュ」のカップリング曲「盗まれた唇」では、センターポジションを務めた。SKE48においては、7月7日発売の3rdシングル「ごめんね、SUMMER」および11月17日発売の4thシングル「1!2!3!4! ヨロシク!」で松井珠理奈とダブルセンターポジションを務めた。また、4thシングルのカップリング曲「TWO ROSES」では、松井珠理奈と期間限定ユニット「キネクト」を結成した[16]

2010年の『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』では11位となり、選抜メンバーに選出された[17][注 1]

2010年7月31日に開催された『SKE48 リクエストアワーセットリストベスト30 2010〜神曲はどれだ?〜』では、自身のソロユニット曲である「枯葉のステーション」(『teamS 3rd Stage 制服の芽』公演の楽曲)が1位となり[18]、2011年1月に開催された『AKB48リクエストアワーセットリストベスト100 2011』でも、「枯葉のステーション」がSKE48の楽曲では最高位となる22位にランクインした[19]。また、同年11月に開催された『SKE48 リクエストアワーセットリストベスト50 2011〜ファンそれぞれの神曲たち〜』では、「枯葉のステーション」が2年連続で1位となった[20]

2011年3月9日に発売されたSKE48の5thシングル「バンザイVenus」でも松井珠理奈とダブルセンターポジションを務め、SKE48として初の週間チャート1位を獲得した[21]

2011年の『AKB48 22ndシングル 選抜総選挙』では、SKE48メンバーで最上位の10位となり、選抜メンバーに選出された[22]

同年7月23日には、『スター姫さがし太郎』で「玲奈大陸」と題した密着取材の映像がオンエアされた[23]。8月25日放送のオムニバスドラマ『新あなたの知らない世界』(日本テレビ)の「罪と罠」ではドラマ初主演を務めた[24]。10月1日には、携帯電話サイトBeeTVのドラマ『オシャレに恋したシンデレラ〜おかりえが夢を叶えるまで〜』に主役・松岡りえ役で出演[25]

2011年11月27日には、中京競馬場グランドオープンの「広報大使」に当時AKB48メンバーであった篠田麻里子とともに就任することが発表され[26]、2012年3月3日のグランドオープン記念イベントで安藤勝己騎手らと共にテープカットを行った[27]

2012年3月4日、Google+秋元康の投稿においてぐぐたす選抜が発表され、ぐぐたす選抜入りした[28]。同年3月25日に開催されたAKB48および姉妹グループコンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』3日目公演において、Grickから所属事務所移籍の打診があったことが発表され[29]、6月11日、AKSからGrickへ移籍した[30]

2012年の『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では前年と同じ10位となり、選抜メンバーに選出された[31]

2013年

3月23日、郷ひろみとCM「ジャーマンクレイフェイスソープ」のPRで『Girls Award 2013 SPRING/SUMMER』に登場した[32]

3月29日、マルチチャンネルドラマ『放送博物館危機一髪』(NHK総合)でNHKドラマ初主演を務めた[33]

4月2日(1日深夜)から、ラジオ番組『ミュ〜コミ+プラス』(ニッポン放送)に月曜日レギュラーアシスタントとして出演を開始した[34]

4月13日、日本ガイシホールで開催された『SKE48春コン2013「変わらないこと。ずっと仲間なこと」』で「組閣」と称したチーム再編により、チームEへの異動とチームEのリーダーになることが発表された[35]

4月25日、日本武道館で開催された『AKB48グループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』のSKE48単独公演で、初めて新チームEのメンバーで楽曲を披露した[36]

5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では7位で、選抜メンバーに選出された[37]。7月17日、新チーム体制に再編(チームEへ異動)[38]

7月23日、8月24日放送のクイズ番組『日立 世界・ふしぎ発見!』(TBSテレビ)でミステリーハンターに初挑戦することが発表された[39]

2014年

1月、SKE48とGALAXYによる新ユニットGALAXY of DREAMSが結成され、メンバーに選出された[40]

2月24日、「AKB48グループ大組閣祭り〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜」のチーム再編において、交換留学の名目で当時乃木坂46のメンバーであった生駒里奈がAKB48チームBと兼任するのに合わせて、乃木坂46と兼任することが発表された[41]

3月16日、『関西コレクション2014 SPRING/SUMMER』でモデルを初挑戦した[42]

4月13日、幕張メッセで開催された乃木坂46の握手会に登場し「気づいたら片想い」を初披露した[43]。合わせて、5月30日からスタートする乃木坂46の舞台第3弾「16人のプリンシパル trois」に参加することも発表し[43]、乃木坂46のメンバーとしての活動を開始した[44]

6月14日、愛知県限定公開の映画『gift』で映画初出演・初主演(遠藤憲一とW主演)を務める予定を発表した[45]。7月12日からは県外9館でも公開されることが決定した[46]

5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では5位で、選抜メンバーに選出された[47]

2015年

3月24日、6月に開票予定の『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』に立候補しないことを表明[48]

3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』において乃木坂46との兼任解除が発表された[4]

4月4日から読売テレビ系列で放送開始のテレビアニメ電波教師』で主人公の妹役として声優デビュー&テレビアニメ初準主演を果たす[49]

4月12日、東京ビッグサイトで開催された乃木坂46の個別握手会において、乃木坂46との兼任解除を記念したセレモニーが行われた[50]

6月10日深夜(11日未明)に放送された『AKB48のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)において、同年8月いっぱいでSKE48を卒業することを発表[51]

8月15日、ポートメッセなごやで卒業記念なごや横断ウルトラクイズを開催。クイズで勝ち残った参加者と名古屋市内を観光後、SKE48劇場で研究生記念公演を一緒に観覧[52]

8月30日、豊田スタジアムにおいて卒業コンサートが開催され[53][54]、8月31日、SKE48劇場において卒業公演が行われた[55]。SKE48を卒業後は女優の道を選んだ[56]

SKE48卒業後[編集]

2015年9月、徳川美術館のイメージキャラクターに起用される[57]

2016年4月6日、姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」とのコラボレーションによる「松井玲奈とチャランポ・ランタン」名義で、SKE48卒業後初のシングル「シャボン」を発売[58]

同年6月から7月にかけては、『新・幕末純情伝』で主人公・沖田総司役を演じた[59]。2017年1月には、豊橋(3日 - 4日、穂の国とよはし芸術劇場PLATホール新春幕開け公演)と沖縄(7日 - 8日、第1回中城演劇フェスティバル)で特別再演[60][61]

2016年8月1日には、豊橋市から「豊橋カレーうどん大使」および「豊橋ふるさと大使」を委嘱される[62][63]。また、2017年3月3日から5日まで開催された「第1回ええじゃないか とよはし映画祭」では、アンバサダーを務めた[64]

2018年1月放送開始の『海月姫』でフジテレビ「月9」ドラマに初出演[65]。女優業に専念するため、同年3月20日(19日深夜)の放送をもって約5年間にわたりレギュラーアシスタントを務めたラジオのレギュラー番組『ミュ〜コミ+プラス』を卒業[66]。2018年8月4日公開の映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』で「特撮デビュー」[67]。映画では初の悪役でもある[68][注 2]

2018年10月放送開始の『まんぷく』でNHK連続テレビ小説に初出演[69]。同年10月17日発売の『小説すばる』11月号に自身初の短編小説『拭っても、拭っても』が掲載され、小説家デビューする[70]

人物[編集]

愛称は、れな[3]。SKE48の同期生の松井珠理奈からは「玲奈ちゃん」と呼ばれる[71]。後輩メンバーの古畑奈和からはブログ内で「にゃにゃ」と称されている[72]。乃木坂46では「玲奈さん」と呼ばれている[73]島崎遥香指原莉乃など一部のメンバーからは北原里英が命名した「れなひょん[74]」という名で呼ばれる[75]横山由依からは「ひょんさん」と呼ばれている[76]

「玲奈」という名の読みは、最初は「れいな」にしようと考えられていたが、「れい」が零と読めて縁起が悪いことから「れな」になった[77]

性格はマイペースで[78]、人見知り[79]。マメな性格でもあり、アメブロ、SKE公式ブログ、Google+、Twitterを頻繁に更新する[80]柏木由紀によれば、体調不良時にAKB48のどのメンバーよりも早くメールが来るほど気遣いがよい[80]。SKE48のメンバーからは「基本的に静か」「女の子らしい」「心が広い」「後輩にもすごくやさしい」「弱音をはかない」と評される[81]。座右の銘は「日々鍛錬」[82]

幼少時代、利き手は右のはずが左利きの兄の影響で左利きだった[83]。保育園に通うようになってからは自然と右利きに直した[83]

小学生時代、吹奏楽部に所属していた[5]トロンボーントランペットなどを演奏できる[5]

中学生時代、入りたかった演劇部がなかった[84]剣道部に入ったのは、着物を着るのが好きで胴着とを着てみたいという思いがあり、実際に中学の剣道部を見学した際に女性が男性と互角に戦う姿を見て、自らも強くなりたいと思ったからである[85]。剣道3級で[38]、市内の剣道大会で3位に入賞した経験をもつ[86]。ただし、運動は苦手で『めちゃ×2イケてるッ!』の体育祭で最下位になるほどである[87]。高校生時代は演劇部に所属した[88]

自他ともに認める雨女[89]PVの撮影日など、大事な日に雨が降ることが多々ある[89]。2014年7月17日放送の『ダウンタウンDX』にスタジオゲストとして出演した際には、映画『gift』で共演した遠藤憲一によると2か月間の撮影期間中、梅雨時期ではなかったにも関わらず松井の現場入りと同時に雨が降り出して撮影が中断したことも度々あり、撮影期間中の8割が雨だった[89]。また、SKE48が出したシングルでも15回目まで行われたPV撮影は全て雨だった。15thシングル「不器用太陽」は曲のPV撮影でも朝から大雨に見舞われており、監督から「今回は雨上がりの設定」と言われ「すごく貢献した」と一安心した[90]。しかし、後からメンバーに聞かされたのは「雨が降ってきたから急遽、設定変わった」というエピソードがある[90]

好きな俳優は生瀬勝久藤原竜也[91]

方向音痴で、SKE48の本拠地サンシャイン栄の近隣にある百貨店『丸栄』に辿り着くのに苦労し、建物内で迷うほどである[92]

握手会でウインクを求められることがあるがウインクができない[93]

結婚願望はない[94]

靴のサイズは23.5cm[1]

「左右が分からない」ことがある[95]。また、テレビの生放送で「昭和」を「照和」と書くなど漢字が苦手であり[96]、本人も「漢字とか本当は書けないんです」と発言している[97]。他に、2014年6月30日放送分の『乃木坂って、どこ?』の企画「乃木坂頭脳王決定戦!」で松村沙友理のことを「バカっぽい」と評していたが、学力テストの成績では松井が9位、松村が5位という結果だった[98]

嗜好[編集]

好きな食べ物は野菜[99]、毎日朝晩必ず飲む炭酸[81]、1日1個は食べるようにしているメロンパン[81]

メロンパンは「サクふわ(サクッとふわっと)」が重要なポイントと語る[100]。2010年6月5日、幕張メッセで開催された「ポニーテールとシュシュ」発売記念大握手会でAKB48の島崎遥香と「メロンパン同盟」を締結した[101]。会長は松井玲奈、副会長に島崎遥香[102]。その後、市川美織福本愛菜[103]、磯原杏華[104]村重杏奈松岡菜摘宮脇咲良[105]朝長美桜が加入した[106]富士山五合目に所在する五合園レストハウスで販売している「富士山めろんぱん」を食べることを目標にしながら[107]、日本のメロンパンの消費活動に貢献することを同盟の活動内容としていた[108]。2013年7月1日、福本のNMB48卒業を機に同盟は解散[109]、『週刊プレイボーイ』2013年7月15日号には「解散記念グラビア」「最初で最後の全員出席座談会」が掲載された[110]

好きな料理はグリーンカレー[111]。ただし、仕事時間中は食事をとらないようにしている[81]。嫌いな食べ物はワサビ[112]、肉類[113]

辛いものを好み、サラダドレッシングではなく大量のタバスコをかけて食べるなど[114]、常人では口に入れるだけで悶絶するような激辛料理すら平然と平らげる[81]。辛く感じた時、辛さが強くなると体が反応し、しゃっくりが出る[81][23]。『週刊AKB』の「AKB激辛部」において、他の三人のメンバーが口に入れただけで悶絶するような激辛ハバネロチキンを一気に完食した[115]。前述のとおり肉類が苦手であるが、表情を変えずに完食したほどで、その辛さへの圧倒的強さから激辛部エースの称号を手にする[116]。2009年10月2日放送分では、自ら部長となって「SKE激辛部」を率いた[117]。2015年2月2日放送分の『乃木坂って、どこ?』の「乃木坂46スキー合宿『ロシアンたこ焼き』」対決で激辛たこ焼きを食べた後に「あれ、私かもしれない。『辛い』を感じなくて…」と事後報告をした際、進行を担当していた小峠英二から「このゲーム台無しですよ!」と指摘されたことがある[118]。ドラマ『マジすか学園』における彼女の役名も「ゲキカラ」。

好きなアーティストはビートルズ[119]ブリンク 182[119]BUMP OF CHICKEN[119]ASIAN KUNG-FU GENERATION[120]アヴリル・ラヴィーンAI[120]THE BAWDIES[119]MAN WITH A MISSIONなどを挙げている[119]。また、Sound Horizonの大ファンでコンサートに行ったこともある[81]

爬虫類が好き[121]

東京ディズニーランドが好きで、好きなキャラクターは「チップとデール」、東京ディズニーシーシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジのチャンドゥ[39]。好きなアトラクションはスター・ツアーズであり、1日に10回乗ってキャストに顔を覚えられたことがある[39]

ゲーマーで、とくに『ラブプラス』などの恋愛シミュレーションゲームを好む[122]

趣味[編集]

趣味はアニメ[123]、マンガ[123]、鉄道[123]

アニメ特撮番組を好む自他共に認めるアキバ系[85]。とくに『魔法少女まどか☆マギカ』、『エウレカセブン』、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ、『マクロスF』などを好む[124]。登場人物では『魔法少女まどか☆マギカ』の佐倉杏子[125]、『マクロスF』の「シェリル[124]、『機動戦士ガンダムSEED』の「ディアッカ・エルスマン」を好む[126]コスプレも披露しており、宝島社の雑誌『smart』の企画では『魔法少女まどか☆マギカ』のキャラクター・暁美ほむら[127]、『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』の選挙ポスターでは『キルラキル』のスタッフの協力の下、同作の主人公・纏流子に扮している[128]。また、特撮番組に出演するスーツアクターのファンであることを公言しており[129]、2014年7月27日放送分の『乃木坂って、どこ?』で「私の尊敬する人ベスト3」の第1位として、仮面ライダーシリーズなどでスーツアクターを務める高岩成二を尊敬していると語った[130]。2018年公開の映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』で「特撮デビュー」を果たす[67]

鉄道ファンで、ブログやTwitterなどで鉄道愛を綴っている[131]。鉄道ファンになった契機は、2011年春に仕事でリニア・鉄道館に行き展示されていた新幹線車両を見たことである[132]。特に新幹線が好きで、2011年9月16日に放送された『オシャレに恋したシンデレラ〜おかりえが夢を叶えるまで〜』の番宣で『PON!』にVTR出演した際には0系N700系E5系の形態模写を披露している[133]。その後、2014年6月17日放送の『PON!』にスタジオゲストとして出演した際には、0系と200系との「顔」(前面形状)の見分け方やE5系とE6系の外見の微妙な違いなどを解説していた[134]。新幹線で好きな車両は全てJR東日本所属車両で、200系・E3系E4系・E5系・E6系である[135]。さらに、NHK BSプレミアムの鉄道特集番組『驚き! ニッポンの底力 鉄道王国物語』[136]、『東海道新幹線開業50周年 まるごと新幹線〜昨日・今日・明日 夢の超特急の50年』[137]、日本テレビ系『笑神様は突然に…』鉄道BIG4の旅、テレビ朝日系『タモリ倶楽部』タモリ電車クラブついに西日本進出!!大阪環状線一周ツアーに出演している[138]

特技[編集]

特技はプログラミング[82]

保有資格は全商情報処理検定[139]。その他、習字珠算電卓、商業英語、簿記などの資格がある[140]。高校生時代、商業科に在籍し[7]、商業英語の資格を持っている。

SKE48[編集]

SKE48の中心メンバーの一人であり、SKE48在籍中のシングル18作品すべてにおいて選抜メンバーになっている[141]

キャッチフレーズは「12時まで魔法は解けない、ガラスの靴は脱ぎません」である[3]

SKE48の1期生であり、同期の松井珠理奈とともに「W(ダブル)松井」と称され[12]、同グループの人気を牽引する存在である[71]。松井珠理奈とのコンビは「W松井」以外にも「Jurina」「Rena」の2人の頭文字を取って「JR(コンビ)[142]」や「じゅりれな[143]」とも呼ばれている。しかし、最初は「第2の松井」と言われ珠理奈の影に隠れがちな存在だった[9]。玲奈はダンス未経験のため、SKE48劇場のグランドオープンで公演デビュー時の序列は後列で端っこのポジションだった[144]。「後ろで悔しい思いをしていたんですけど、皆の背中を見て皆に合わせて踊るっていう事を学べて、他の子の良い所とか頑張っている姿を全部見る事ができた。思い返すと良い経験をした」と後に語っている[9]

秋元康は、珠理奈の存在で「2番手に見えていますが本当はSKEのトップにいる人だと思う」と評価している[145]。また、SKE48劇場の支配人湯浅洋は「負けず嫌いで、執着心が人一倍強い性格。何かに挑戦する事が大好きで、気合いが100万倍入っちゃうタイプ。遅刻は絶対にしないなど、プロ意識は高い」と評している[145]

第1回選抜総選挙からランクインし、第4回こそ順位が前回と同様の10位だったものの、第6回まで順位を1度も下げていない唯一のメンバーである[146]

「SKE48二次元同好会」の会員番号3番である[147]。2011年3月3日に副会長に任命された[147]

SDN48戸島花の大ファン[148]。AKB48で尊敬するメンバーは大島優子[91]。NMB48で推したいメンバーはチームMの小柳有沙[148]

飛べないアゲハチョウ」で、指原莉乃と向かい合う振付の際に、指原が「笑ってくれるんじゃないか」と思い、松井に毎回ウインクをしていたが、ただ殻に閉じ籠り、AKB48のメンバーとの会話はあまりなかった[149]。当時、指原にウインクのことを聞けなかったが、後にウインクが松井のことを思っての行動だったと知り、その後はAKB48のメンバーに少しずつ打ち解けた[149]。その後も「ため口で話そう!」と指原が後輩の松井を気にかけるさまが本人のブログで言及されている[150]

よく使う顔文字は「(・ω・)」であり、ブログ記事のタイトルでこの顔文字の中に言葉を入れて使用する[151]。正しい使用法は、左右対称になるように文字を入力し奇数の場合は「!」等で字数調節をする[152]

SKE48の楽曲で最も好きなのは「手紙のこと」、AKB48の楽曲で最も好きなのは「竹内先輩[153]

Google+におけるAKB48グループの部活動で演劇部に所属している[154]

高柳明音は親友であり、SKE48卒業後も交流がある[155]

乃木坂46[編集]

乃木坂46のan・an美脚選抜[156]

乃木坂46では秋元真夏と仲が良く[157]堀未央奈とは、松井が「ほっとした」というほど心許せる相手である[158]。生駒里奈とは、共にアニメ好きで、オタクトークをする間柄[158]川後陽菜とは、メールアイドルトークをする仲。川後によれば、松井とはお互いのアイドルの趣味が合うとのことで、蒼波純を例に挙げている[159]

西野七瀬は当初のイメージついて「SKE48の真ん中を務めてらっしゃる方なので、凄いな」と答え、白石麻衣は「乃木坂46の制服も凄い似合ってます」と褒めた[158]高山一実は、松井の加入で初めは乃木坂46の雰囲気が変わるのではないかと思っていたが、自分の中での大きな変化はなく、松井の存在が大きな刺激になっていると語っている[160]

秋元真夏は松井の顔が小さいと言い、堀未央奈は「顔が小さくてイクラみたい」と言う[158]

ダンスについてSKE48では激しく踊れば踊るほど評価されたが、乃木坂46ではいかに可愛く踊るかという点が評価の対象とされた[161]深川麻衣は、他の仕事で自分たちよりも振り入れが遅いのにも関わらず、覚えるのが本当に早く、ダンスもキレキレで、スキルの高さを間近で感じたと述べている[160]橋本奈々未は、松井から「背筋をしっかり伸ばした方が良い」とアイドルの先輩として指導された思い出を告白している[159]。一方天然[97]斉藤優里は、松井が斉藤の靴を履いて「今日足むくんだのかな?」と言ったエピソードを披露している[157]。ドM[162]、失敗をする度に土下座を披露することがあり[163]、2014年10月14日放送分の『NOGIBINGO!3』で「一番土下座が似合いそうなメンバー」として自身を挙げるほどである[157]。無邪気な一面があり[164]、2014年4月13日に千葉幕張メッセで行われた8thシングル「気づいたら片想い」発売記念の全国握手会で橋本が間違って「松井」と呼び捨てをしてしまったことに『乃木坂って、どこ?』で触れ、「"松井"って呼んでもいいんだよ(笑)」と冗談交じりに言って、橋本を困惑させたり[165]、『乃木坂工事中』で白石麻衣に蛇のボールパイソンを首元に巻きつかせて終始絶叫させたりした[166]。また、『乃木坂って、どこ?』の企画「雪玉入れ対決」で小峠英二バイきんぐ)の顔面目掛けて大量の雪を思いきり当て、終了後に小峠から「松井さん、アンタ特にヒドイよ! 俺の頭を見てるもん」と指摘された[164]

松村沙友理は、松井が「スニーカー集めるのが好きと聞いたので、(松井のスニーカーを)一つなんか欲しい」とおねだりしたが、足のサイズが合わないため断念した[159]

秋元真夏はブログで松井が眼帯萌えであることを暴露し[167]、2015年1月23日放送の『ミューシックステーション』で秋元が眼帯を着けた状態で出演した際、楽屋で秋元に「今すごく興奮してるの」と話しかけた行動に「相変わらず不思議でかわいい玲奈さんです」とブログに綴っている[167]

妄想セリフを考えることが好きで[157]、松井が乃木坂46兼任する前の2014年1月25日放送の『NOGIBINGO!2』の企画「あなたのムフフ叶えます 妄想リクエスト!!」で生駒里奈に言われたい妄想なセリフを投稿したことがあり[168]、『NOGIBINGO!3』で桜井玲香の「明日もここで待ってなさい」とドSなセリフや、橋本奈々未の「アナタのこと、好きになっちゃった」といったセリフを発言させるほどである[157]

2014年12月13日に有明コロシアムで行われた『乃木坂46 Merry X'mas Show 2014』でこの日インフルエンザで休演した生駒里奈に代わって「制服のマネキン」のセンターを務めた[169]。当初は生駒の後ろという本来ないポジションで歌う予定だったと、自身が出演するラジオ番組『ミュ〜コミ+プラス』で明かしている[170]

『乃木坂って、どこ?』の企画「1ヶ月あればこれができます! 夏休みの目標発表会」で唯一未提出だった「古典落語時そば』をマスターする」に挑戦し、三代目桂やまとを師匠に稽古をつけてもらうが、そばをすする演技が出来なかったり、つゆを飲むくだりでは、何回も「しる」と言い間違えることから、桂やまとから高座名を「桂しるこ」と命名され、本番では勘定をごまかす男とそれを真似して失敗する男を見事に演じ分けるも、同演目の見せ場である「そばをすする」演技がどうしても上手くできず、スタジオのメンバーが笑ってしまう締まりのない一席となったが、桂やまとから「稽古とは違い、時そばをしっかりと演じきった」松井を評価し、合格の判定を下した。この結果に設楽統バナナマン)は「これで営業回れるよ」と評価をしている[171]

乃木坂工事中』の出演者を鉄道に例えると、日村勇紀ラッセル車、設楽統はゆりかもめ、白石麻衣は「日本一キレイ」と言われている阪急電車、川後陽菜は南海電気鉄道ラピート、西野七瀬は埼京線、川村真洋は都営地下鉄浅草線[159]

松井の兼任解除の発表を受けて、桜井玲香は最初は一緒にやるのはすごいプレッシャーがあったと振り返りながら、生活態度やライブに対する姿勢などいろいろなことを学び、松井の加入により乃木坂46がすごく変わったと述懐している[172]

グルメ漫画が好きで[159]、乃木坂46での最後の出演となった『乃木坂工事中』2015年5月18日放送分の松井をフィーチャーした企画「松井玲奈の世界一教えたい授業[注 3]」で、秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華衛藤美彩星野みなみ、松村沙友理を生徒に「グルメ漫画」をテーマに講義を繰り広げ、『おとりよせ王子 飯田好実』を「巻末の情報からお取り寄せができる」と紹介し、じゃんけんで敗北した伊藤以外の7人が松井がお取り寄せした「燻し鯖鮓」を堪能し、収録後に生駒から「大切な大先輩であり、ずっと乃木坂のメンバーなので、これからもよろしくお願いします」とエールが送られて番組が締め括られた[159][注 4]。8月30日に豊田スタジアムで行われた卒業コンサートに、神宮球場でコンサートを同日開催していた乃木坂46から松井が乃木坂46で最初に着た衣装が届けられ、桜井玲香から「私たちをずっと忘れないでくださいってことと、元気が欲しいとき、いつでも乃木坂46に帰ってきてほしいという思いを込めました」と惜別のメッセージが送られると、「サプライズで、聞いていた話と違うことばっかりあって、うれしいです」と乃木坂46への感謝の言葉を述べた[173]

乃木坂46で好きな振付は「制服のマネキン[174]。好きな曲は「制服のマネキン」、「君の名は希望[174]

2017年5月1日放送の『笑神様は突然に…』鉄道BIG4・北海道編に生駒里奈がゲスト出演し[注 5]、SKE48卒業後に乃木坂46メンバーとの初共演となった[176]。また、テレビドラマ『まんぷく』では、深川麻衣と共演し、乃木坂46卒業メンバーとの初共演となった[177]

作品[編集]

シングル[編集]

SKE48

  • 強き者よ(2009年8月5日、LACM-4638) - EAN 4540774406388
  • 青空片想い(2010年3月24日、CRCP-10244) - EAN 4988007238533
  • ごめんね、SUMMER(2010年7月7日、CRCP-10255) - EAN 4988007241489
  • 1!2!3!4! ヨロシク!(2010年11月17日、CRCP-10258/9) - EAN 4988007242752
  • TWO ROSES(2010年11月17日、CRCP-10258/9) - EAN 4988007242752
  • 青春は恥ずかしい(2010年11月17日、CRCP-10259) - EAN 4988007242769
  • そばにいさせて(2010年11月17日、SKE-10003) - EAN 4988007242776
  • バンザイVenus(2011年3月9日、CRCP-10261/2) - EAN 4988007243674
  • 誰かのせいにはしない(2011年3月9日、CRCP-10261/2) - EAN 4988007243674
  • パレオはエメラルド(2011年7月27日、AVCD-48127/30) - EAN 4988064481279
  • 積み木の時間(2011年7月27日、AVCD-48127/9) - EAN 4988064481279
  • パパは嫌い(2011年7月27日、AVCD-48128) - EAN 4988064481286
  • 花火は終わらない(2011年7月27日、AVCD-48129) - EAN 4988064481293
  • オキドキ(2011年11月9日、AVCD-48227/30) - EAN 4988064482276
  • 初恋の踏切(2011年11月9日、AVCD-48227/9) - EAN 4988064482276
  • 微笑のポジティブシンキング(2011年11月9日、AVCD-48228) - EAN 4988064482283
  • 歌おうよ、僕たちの校歌(2011年11月9日、AVCD-48229) - EAN 4988064482290
  • 片想いFinally(2012年1月25日、AVCD-48342/4) - EAN 4988064483426
  • 今日までのこと、これからのこと(2012年1月25日、AVCD-48342/4) - EAN 4988064483426
  • 声がかすれるくらい(2012年1月25日、AVCD-48343) - EAN 4988064483433
  • 寡黙な月(2012年1月25日、AVCD-48344) - EAN 4988064483440
  • アイシテラブル!(2012年5月16日、AVCD-48416/8) - EAN 4988064483440
  • なんて銀河は明るいのだろう(2012年5月16日、AVCD-48416/8) - EAN 4988064484188
  • キスだって左利き(2012年5月16日、AVCD-48569/74) - EAN 4988064485697
  • 神々の領域(2012年5月16日、AVCD-48569/74) - EAN 4988064485697
  • チョコの奴隷(2013年1月30日、AVCD-48652/7) - EAN 4988064486526
  • バイクとサイドカー(2013年1月30日、AVCD-48653) - EAN 4988064486533
  • 美しい稲妻(2013年7月17日、AVCD-48757/63) - EAN 4988064487578
  • 青春の水しぶき(2013年7月17日、AVCD-48758) - EAN 4988064487585
  • シャララなカレンダー(2013年7月17日、AVCD-48759) - EAN 4988064487592
  • 賛成カワイイ!(2013年11月20日、AVCD-48845/53) - EAN 4988064488452
  • 道は なぜ続くのか?(2013年11月20日、AVCD-48845/53) - EAN 4988064488452
  • ずっとずっと先の今日(2013年11月20日、AVCD-48845/53) - EAN 4988064488452
  • 未来とは?(2014年3月19日、AVCD-48910/7) - EAN 4988064489107
  • GALAXY of DREAMS(2014年3月19日、AVCD-48910) - EAN 4988064489107
  • 待ち合わせたい(2014年3月19日、AVCD-48913) - EAN 4988064489138
  • 不器用太陽(2014年7月30日、AVCD-83006/14) - EAN 4988064489138
  • Coming soon(2014年7月30日、AVCD-83006/14) - EAN 4988064489138
  • 友達のままで(2014年7月30日、AVCD-83006/14) - EAN 4988064489138
  • バナナ革命(2014年7月30日、AVCD-83008) - EAN 4988064830121
  • 12月のカンガルー(2014年7月30日、AVCD-83092/100) - EAN 4988064830923
  • I love AICHI(2014年7月30日、AVCD-83092/100) - EAN 4988064830923
  • 青春カレーライス(2014年7月30日、AVCD-83094) - EAN 4988064830947
  • コケティッシュ渋滞中(2015年3月31日、AVCD-83169/76) - EAN 4988064831692
  • 僕は知っている(2015年3月31日、AVCD-83169/76) - EAN 4988064831692
  • 音を消したテレビ(2015年3月31日、AVCD-83171) - EAN 4988064831715
  • 前のめり(2015年8月12日、AVCD-83373/9) - EAN 4988064833719
  • 長い夢のラビリンス(2015年8月12日、AVCD-83374) - EAN 4988064833733
  • 2588日(2015年8月12日、AVCD-83373) - EAN 4988064833740

AKB48

びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ

スケバンGirls

AKB48チームサプライズ

  • 重力シンパシー(2012年9月12日、AKBS-10001/2)[178]
  • 水曜日のアリス(2012年9月12日、AKBS-10003/4)[179]
  • 素敵な三角関係(2012年11月7日、AKBS-10019/20)[180]
  • 旅立ちのとき(2012年11月14日、AKBS-10021/2)[181]
  • AKBフェスティバル(2012年11月21日、AKBS-10023/4)[182]
  • キミが思ってるより…(2013年7月16日、AKB-D2172/3)[183]
  • ハートのベクトル(2013年8月17日、AKB-D2182/3)[184]
  • 未来が目にしみる(2014年9月6日、AKBS-20101/2)
  • Hell or Heaven(2014年10月11日、AKBS-20113/14)
  • 失恋同盟(2014年11月8日、AKBS-20121/22)
  • バラの儀式(2014年11月15日、AKBS-20123/24)
  • 美しい狩り(2015年11月2日、AKBS-20125/6)
  • 哲学の森(2015年11月21日、AKBS-20127/8)
  • ほっぺ、ツネル(2015年11月28日、AKBS-20131/2)

乃木坂46

松井玲奈とチャラン・ポ・ランタン

アルバム[編集]

AKB48

SKE48

スギテツ(杉ちゃん&鉄平)

  • 走れ! 夢の超特急楽団〜Super Express 50th Anniversary Album〜(2014年10月1日、KICC-1148) - EAN 4988003456757

乃木坂46

未音源化曲[編集]

ぱちスロAKB48 勝利の女神[186]

  • 君のニュース(2017年)
  • ヘビーローテーション(2017年)
  • AKBフェスティバル(2017年)

ぱちんこAKB48-3 誇りの丘[186]

  • 誇りの丘(2018年)
  • 左の腕で連れ去って…(2018年)
  • やさしさに甘えられない(2018年)

映像作品[編集]

執筆作品[編集]

脚本

小説

  • 拭っても、拭っても(『小説すばる』2018年11月号、集英社) - 短編。小説デビュー作[193]
  • カモフラージュ(2019年4月5日刊行予定、集英社) - 短編集[194]
    • 「ハンドメイド」 - 書き下ろし
    • 「ジャム」 - 『小説すばる』2019年2月号に掲載
    • 「いとうちゃん」 - 書き下ろし
    • 「完熟」 - 書き下ろし
    • 「リアルタイム・インテンション」 - 『小説すばる』2019年4月号に掲載
    • 「拭っても、拭っても」 - 『小説すばる』2018年11月号に掲載

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • 電波教師(2015年4月4日 - 9月26日、読売テレビ) - 鑑純音 役[49]

その他のテレビ番組[編集]

現在の出演番組

過去の出演番組

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

  • ミュ〜コミ+プラス(2013年4月2日 - 2018年3月20日、ニッポン放送) - 月曜日レギュラーアシスタント[34]、毎週火曜(月曜深夜)放送番組。
    • ニッポン放送開局60周年ミュ〜コミ+プラス・ラジオドラマ「バック・トゥ・ザ・レディオ」(2014年8月26日 - 29日) - 本人 役[240]
  • オールナイトニッポン劇場「家族編」(2018年4月2日 - 6月22日、ニッポン放送)[241]

CM[編集]

ネット配信[編集]

  • SKE48の私立SPA!学園(2011年2月22日、ニコニコ動画[249]
  • オシャレに恋したシンデレラ〜おかりえが夢を叶えるまで〜(2011年10月1日 - 、BeeTV) - 主演・松岡りえ 役[25]
  • 学校の怪談(2012年7月20日 - 9月1日、BeeTV) - ストーリーテラー[250]
  • 松井玲奈(SKE48)の(おひとり・ω・さま!!)(2013年3月18日 - 、AmebaStudio[251]
  • DAMチャンネル(2015年3月、第一興商) - SKE48期間限定MC[252]
  • 東京ヴァンパイアホテル 第2話(2017年6月16日、Amazonプライム・ビデオ)[253]

イベント[編集]

キャンペーン[編集]

  • 日本クレジットカード協会 啓発キャンペーン『好きです、ルールを守る人!』(2013年4月 - 6月)[264]
  • 壱番屋 カレーハウスCoCo壱番屋 チームシーフード リーダー(2013年10月16日 - )[265]
  • 名鉄名古屋駅構内アナウンス
    • (2016年1月23日 - 2月4日)[266]
    • (2017年1月21日 - 2月9日)[267]

広告[編集]

公演[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

カレンダー[編集]

ムック本[編集]

  • ARTIST FILE 2 BIG ONE GIRLS NO.001 スクリーン特編版(2010年3月6日、近代映画社[281]
  • ARTIST FILE 2 BIG ONE GIRLS NO.002 スクリーン特編版(2010年6月30日、近代映画社)[282]
  • 20±SWEET 2013 SUMMER(2013年7月1日、東京ニュース通信社)[283]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第1回総選挙で30位以内に入ったメンバーのうち、最も順位がアップした(18ランクアップ)
  2. ^ ドラマではデビュー作『マジすか学園』のゲキカラ役が初の悪役。
  3. ^ 日本テレビ系『世界一受けたい授業』のパロディ。
  4. ^ エンディングの最後に、出演者のバナナマン、生田絵梨花、生駒里奈、井上小百合、川後陽菜、川村真洋、白石麻衣、中田花奈、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、松村沙友理の他に、秋元真夏、齋藤飛鳥新内眞衣鈴木絢音永島聖羅樋口日奈、堀未央奈が駆け付け、松井玲奈と共に集合写真を撮る模様が放送された。
  5. ^ ただし、2015年6月8日放送の『ミュ〜コミ+プラス』で秋元真夏・中田花奈・新内眞衣がゲスト出演し、乃木坂46との兼任解除後に初共演となった[175]
  6. ^ 第27話で「桑原敏子」へとクレジット名を変更。
  7. ^ 2016年は留学中の平野綾の代理[221]として出演。2017年3月24日(2017年3月25日未明)放送分から正式なレギュラーとして出演。
  8. ^ NHKではCMの概念はないためスポット番組として扱っている[要出典]
  9. ^ テレビ愛知限定で7回のみの放送[要出典]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「PRESENT」『週刊少年マガジン』2014年2月12日号、講談社、2014年1月29日、No.9、107頁。ASIN B00I3RKNYK
    ジーユー (2014年3月24日). “GU×ファッション雑誌「LARME」による女性限定コラボイベント! (PDF)”. GU. ジーユー. 2014年3月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 松井玲奈”. Grick. Grick (2012年). 2014年11月11日閲覧。
  3. ^ a b c SKE48 | プロフィール | 松井玲奈”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE. AKS. 2014年4月28日閲覧。
  4. ^ a b AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. オリコン (2015年3月26日). 2015年4月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『BOMB』2011年3月号、学研マーケティング、2013年2月9日、月刊版。ASIN B004K8VTR6
  6. ^ “SKE48・松井玲奈主演の地域ドラマ、第2弾制作決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年10月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2030003/full/ 2014年3月10日閲覧。 
  7. ^ a b AKB48グループ 『AKB48グループ公式インタビュー集『あなたがいてくれたから』』 朝日新聞出版、2013年11月19日、173-175頁。ISBN 9784023312517
  8. ^ SKE松井玲奈、7年の活動に幕「次は大きな花を」”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年9月1日). 2015年10月1日閲覧。
  9. ^ a b c 「特典映像「松井珠理奈の軌跡」documentary movie」『パレオはエメラルド』TYPE-B、avex trax、2011年7月27日。ASIN B0052X8XE0
  10. ^ SKE48 『SKE48 LIVE! TeamS 1st「PARTYが始まるよ」公演』SK-09050301、ピタゴラス・プロモーション、2009年6月15日。
  11. ^ 『SKE48 Complete Book ~2008→2009~』 竹書房、2009年10月10日。ISBN 9784812439708
  12. ^ a b “W松井が語るSKE愛 「AKBの松井玲奈」はショックです”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年11月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/11/08/kiji/K20111108001985060.html 2014年6月29日閲覧。 
  13. ^ “AKB48『涙サプライズ!』ジャケット公開”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2009年5月30日). http://www.scramble-egg.com/artist/akb48/74namida_surprise.htm 2014年5月30日閲覧。 
  14. ^ “神様に誓ってガチ! AKB48新選抜メンバーついに決定”. ナタリー (ナターシャ). (2009年7月8日). http://natalie.mu/music/news/18524 2014年7月8日閲覧。 
  15. ^ a b CAST”. ドラマ24「マジすか学園」. テレビ東京. 2010年2月18日閲覧。
  16. ^ “SKE48のW松井、「一線を越えた」衝撃ビデオ解禁”. ORICON STYLE (oricon ME). (2010年10月27日). http://www.oricon.co.jp/news/81437/full/ 2014年10月27日閲覧。 
  17. ^ “第2回選抜総選挙過去の選挙:第6回AKB48選抜総選挙特集”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/election/result/result-02.html 2013年4月23日閲覧。 
  18. ^ “SKE48初のリクエストアワー、“神曲”は松井玲奈ソロ曲”. ナタリー (ナターシャ). (2010年8月1日). http://natalie.mu/music/news/35518 2014年8月1日閲覧。 
  19. ^ AKB48 『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011 4日目』 AKS、2011年3月19日。ASIN B0053OAFEO
  20. ^ “2冠達成! SKE48 ファン投票による楽曲1位は今年も松井玲奈ソロ「枯葉のステーション」”. リッスンジャパン. (2011年11月28日). http://listen.jp/store/musicnews_36232_all.htm 2011年11月29日閲覧。 
  21. ^ “SKE48、デビュー以来初首位 自己最高の初週21万枚”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年3月15日). http://www.oricon.co.jp/news/85710/full/ 2014年8月12日閲覧。 
  22. ^ AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果”. AKB48オフィシャルブログ. CyberAgent (2011年6月10日). 2011年6月10日閲覧。
  23. ^ a b 2011年7月23日放送『スター姫さがし太郎』”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2011年7月23日). 2014年10月24日閲覧。
  24. ^ a b “SKE48松井玲奈も出演、夏の風物詩ドラマ早くもDVD化”. ナタリー (ナターシャ). (2011年8月26日). http://natalie.mu/music/news/55460 2011年8月26日閲覧。 
  25. ^ a b “SKE48松井玲奈、BeeTVで清楚キャラからギャルに大変身”. ナタリー (ナターシャ). (2011年9月16日). http://natalie.mu/music/news/56620 2011年9月16日閲覧。 
  26. ^ “新スタンド愛称は「ペガサス」に!その他重大発表が!!【中京競馬場】”. 日本中央競馬会 (JRA). (2011年11月27日). http://jra.jp/news/201111/112703.html 2011年11月29日閲覧。 
  27. ^ “SKE松井玲奈、中京競馬場でテープカット”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2012年3月4日). http://www.sanspo.com/keiba/news/20120304/kei12030405000002-n1.html 2012年3月4日閲覧。 
  28. ^ “AKB「ぐぐたす選抜」に高城亜樹、松井玲奈ら16人決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年3月5日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2007981/full/ 2012年4月8日閲覧。 
  29. ^ “メンバー15人の移籍先事務所発表”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年3月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120325-923197.html 2012年4月8日閲覧。 
    “AKB横山&SKE松井玲奈ら15人が所属事務所移籍へ”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年3月26日). http://career.oricon.co.jp/news/2009099/ 2012年4月8日閲覧。 
  30. ^ 松井玲奈 (2012年6月11日). “れな(大阪・ω・さん)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2012年6月11日閲覧。
  31. ^ AKB48 (2012年6月6日). “AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2012年6月6日閲覧。
  32. ^ a b “セクシーに肩出し!SKE松井玲奈が泡モチーフのピタピタドレス姿を披露”. 東京ウォーカー. (2013年3月24日). http://www.news-gate.jp/article/37546/ 2013年3月24日閲覧。 
    松井玲奈 (2013年3月24日). “れな(ガールズコ・ω・レクション)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2013年3月24日閲覧。
  33. ^ a b ““実は見えるんです!”新人ディレクター・松井玲奈が幽霊を退治する!!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2013年3月28日). http://thetv.jp/news_detail/37640/ 2014年3月28日閲覧。 
  34. ^ a b 真紀和泉 (2013年9月24日). “【エンタがビタミン♪】SKE48・松井玲奈が声優・小野大輔と初共演。「緊張のあまり汗だく」の状況に。”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2013年9月24日閲覧。
  35. ^ SKE48 組閣発表”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE. AKS (2013年4月13日). 2013年4月13日閲覧。
  36. ^ “「AKB48グループ臨時総会」SKE単独ライブで開幕! 新チームでパフォーマンスを披露”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2013年4月26日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/24399 2014年10月26日閲覧。 
  37. ^ AKB48 (2013年6月8日). “AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48 Official Blog 〜1830mから〜. CyberAgent. 2013年6月8日閲覧。
  38. ^ a b “松井玲奈「足りないのは知名度」本音激白”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年7月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20130717-1158522.html 2014年7月17日閲覧。 
  39. ^ a b c “松井玲奈、ミステリーハンター初挑戦 ディズニーランドの秘密に迫る”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年7月23日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2026847/full/ 2013年7月28日閲覧。 
  40. ^ GALAXY of DREAMS結成のお知らせ”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE. AKS (2014年1月24日). 2014年1月24日閲覧。
  41. ^ “SKE48松井玲奈、乃木坂46との兼任を発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年2月24日). http://mdpr.jp/news/detail/1331917 2014年2月24日閲覧。 
  42. ^ a b “SKE松井玲奈 モデル初挑戦で闊歩”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年3月17日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/03/17/0006785152.shtml 2014年6月7日閲覧。 
    松井玲奈 (2014年3月16日). “玲奈です(・ω・)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2014年3月16日閲覧。
  43. ^ a b “SKE48松井玲奈、乃木坂46握手会にサプライズデビュー”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2014年4月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140413/akb14041313130004-n1.html 2014年4月13日閲覧。 
  44. ^ “SKE松井玲奈 モデル初挑戦で闊歩”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月13日). http://natalie.mu/music/news/114367 2014年4月13日閲覧。 
  45. ^ “SKE松井玲奈、キャバ嬢役で映画初主演!遠藤憲一とのW主演作”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2014年5月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0062730 2014年5月4日閲覧。 
  46. ^ “SKE48松井玲奈の出演作に反響 異例の決定に歓喜”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年6月27日). http://mdpr.jp/cinema/detail/1381670 2014年6月27日閲覧。 
  47. ^ AKB48 (2014年6月7日). “「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48 Official Blog 〜1830mから〜. CyberAgent. 2014年6月7日閲覧。
  48. ^ SKE松井玲奈、総選挙不出馬理由明かす 「順位」より「自分との勝負」 オリコン(2015年3月24日)2015年5月24日閲覧。
  49. ^ a b “SKE48松井玲奈「電波教師」でアニメ声優デビュー!”. シネマトゥデイ. (2015年3月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0071215 2015年3月4日閲覧。 
  50. ^ “松井玲奈、乃木坂46兼任解除セレモニー「乃木坂大好きです!」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年4月13日). http://natalie.mu/music/news/143904 2015年5月24日閲覧。 
  51. ^ SKE48松井玲奈、8月末で卒業を発表”. オリコン (2015年6月11日). 2015年6月11日閲覧。
  52. ^ “松井玲奈、SKE卒業記念イベントでバスガイドに変身”. ORICON NEWS (オリコン). (2015年8月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2057653/full/ 2019年2月15日閲覧。 
  53. ^ 松井玲奈、8・30豊田スタジアムで卒業コンサート”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年6月21日). 2015年6月21日閲覧。
  54. ^ 松井玲奈“涙なし”卒業コンサート「皆さん、また会いましょう」”. Sponichi Annex (2015年8月31日). 2015年8月31日閲覧。
  55. ^ 松井玲奈、涙のグループ卒業「SKEが私の青春”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年8月31日). 2015年8月31日閲覧。
  56. ^ “松井玲奈らが直面するAKBグループOG活動の“難点””. 東スポWeb. (2015年10月8日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/456740/ 2015年10月11日閲覧。 
  57. ^ 村松秀規 (2015年9月24日). “松井玲奈さんをイメージキャラクターに 徳川美術館”. 中日新聞(CHUNICHI Web). http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20150924/CK2015092402000061.html 2015年10月11日閲覧。 
  58. ^ “松井玲奈、4月にSKE卒業後初シングル チャラン・ポ・ランタンとコラボ”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2066571/full/ 2016年2月8日閲覧。 
  59. ^ a b “松井玲奈が「9代目沖田総司」激しい殺陣&ラブシーンに体当たり”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年3月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160229-OHT1T50227.html 2016年3月1日閲覧。 
  60. ^ a b “松井玲奈が故郷豊橋凱旋「新・幕末純情伝」を再演”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年10月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1723160.html 2016年10月12日閲覧。 
  61. ^ a b “松井玲奈、沖縄の世界遺産で殺陣「貴重な機会感謝」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年1月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1762714.html 2017年1月9日閲覧。 
  62. ^ “愛知)松井玲奈さんにダブルで大使を委嘱 豊橋市”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年7月7日). オリジナルの2017年5月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170521194010/http://www.asahi.com/articles/ASJ754GBHJ75OBJB007.html 2016年9月14日閲覧。 
  63. ^ ふるさと大使/豊橋市”. 豊橋市. 2016年9月14日閲覧。
  64. ^ a b “園子温監督と松井玲奈が……愛知・豊橋で映画祭を盛り上げる!”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2016年8月1日). http://eiga.com/news/20160801/12/ 2017年1月13日閲覧。 
  65. ^ a b “松井玲奈:“鉄道オタク”役で月9初出演 アフロヘア姿も披露”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年12月18日). https://mantan-web.jp/article/20171217dog00m200030000c.html 2017年12月18日閲覧。 
  66. ^ 松井玲奈、番組アシスタント卒業直前!リスナーからのメールで涙”. allnightnippon.com. ニッポン放送 (2018年3月15日). 2018年3月28日閲覧。
  67. ^ a b c “松井玲奈、念願の特撮デビュー 「劇場版 仮面ライダービルド」に登場”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年5月10日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180509-OHT1T50085.html 2018年5月10日閲覧。 
  68. ^ “松井玲奈 衝撃の「悪女」宣言!?かき氷トークではダメ出しも…”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2018年8月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/05/0011513510.shtml 2018年8月5日閲覧。 
  69. ^ a b “NHK「まんぷく」新キャスト発表 松井玲奈、桐谷健太、片岡愛之助が朝ドラ初出演―”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年6月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/04/kiji/20180604s00041000154000c.html 2018年6月4日閲覧。 
  70. ^ a b “松井玲奈、小説家デビュー決定「自分の新しい感性に出会える予感がしています」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2121324/full/ 2018年10月12日閲覧。 
  71. ^ a b 「思い出のマーニー」特別対談…松井玲奈×松井珠理奈”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社 (2014年8月12日). 2014年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月8日閲覧。
  72. ^ 古畑奈和 (2013年7月28日). “にゃにゃ♯古畑奈和”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2013年7月28日閲覧。
  73. ^ “松井玲奈の加入への乃木坂46メンバーの複雑な本音とは”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年7月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2039691/full/ 2014年7月11日閲覧。 
  74. ^ “北原里英 久々の“復帰””. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2014年7月22日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/230295/ 2014年7月22日閲覧。 
  75. ^ 島崎遥香. “こんばんは(^^)/ みおたすだよ♪ 皆さんにお知らせです(´∀`) この前、 松井玲奈さんにお会いしたときに メロンパン同盟に…”. 島崎遥香. Google+. 2013年3月18日閲覧。
    指原莉乃. “れなひょんのテンションたかすぎついていけません”. 指原莉乃. Google+. 2013年2月15日閲覧。
    北原里英. “れなひょんとわたし(●´▽`●)”. 北原里英. Google+. 2013年2月16日閲覧。
  76. ^ 横山由依. “ゆいぱるラジオ収録してたら帰りに偶然れなひょんに遭遇♡ 大好きなれなひょん♡”. 横山由依. Google+. 2013年3月18日閲覧。
  77. ^ 松井玲奈 (2012年2月3日). “れな(質問・ω・大会)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2012年2月3日閲覧。
  78. ^ SKE48 COMPLETE BOOK 2010-2011』 光文社、2010年12月10日。ISBN 978-4-334-90177-6
  79. ^ 松井玲奈 (2012年10月28日). “れな(人見・ω・知り)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2012年10月28日閲覧。
  80. ^ a b 「枯葉のステーション」『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2012』 AKS、2012年6月13日。ASIN B007VXLLLQ指原・柏木・大家談。
  81. ^ a b c d e f g 真紀和泉 (2011年7月26日). “【エンタがビタミン♪】「私を撮っても面白くない」と言う、SKE48松井玲奈に密着するとかなり面白かった。”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2011/07/ske48-matuirena-mittyaku.html 2011年7月27日閲覧。 
  82. ^ a b SKE48|プロフィール|松井玲奈”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE. AKS. 2012年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月21日閲覧。
  83. ^ a b “キスって…松井玲奈「ドキドキするはず」菅なな子「難しかったよ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年9月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/09/25/kiji/K20120925004191740.html 2012年9月26日閲覧。 
  84. ^ 松井玲奈 (2015年). SKE48 松井玲奈 特別インタビュー. インタビュアー:大西雅美. Benesse.. http://chu.benesse.co.jp/bukatsu/interview/ 2015年10月10日閲覧。 [リンク切れ]
  85. ^ a b 松井玲奈 (2010年4月9日). “(61・ω・90)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2010年4月9日閲覧。
  86. ^ 『BIG ONE GIRLS』NO.003、近代映画社、2010年9月28日、83頁。ISBN 9784764882638
  87. ^ “AKB運動オンチNo.1は松井玲奈「罪悪感でいっぱい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/16/kiji/K20131116007024990.html 2013年11月16日閲覧。 
  88. ^ 松井玲奈 (2014年8月8日). “れな(私の・ω・1日)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2014年8月8日閲覧。
  89. ^ a b c “SKE48『苦手なものからトラウマまで、意外な一面を告白!』”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年7月27日). http://www.oricon.co.jp/music/interview/2011/ske0727/index.html 2014年7月22日閲覧。 
    “SKE48『SKE48の魅力をそのまま詰め込んだ待望の1stアルバムが完成!』”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年9月21日). http://www.oricon.co.jp/music/interview/page/222/ 2014年7月22日閲覧。 
  90. ^ a b “松井玲奈の仰天"雨女伝説"! 松本人志「秋元さんは辞めて欲しいんじゃ…」”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年7月18日). http://news.mynavi.jp/news/2014/07/18/112/ 2014年8月18日閲覧。 
  91. ^ a b 松井玲奈 (2012年1月16日). “れな(飛び出せ・ω・ドキドキ)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2012年1月16日閲覧。
  92. ^ 松井玲奈 (2011年11月5日). “れな(シャル・ω・たま!)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2011年11月5日閲覧。
  93. ^ 松井玲奈 (2011年4月16日). “れな(大阪・ω・握手)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2011年4月16日閲覧。
    松井玲奈. “私にアイドル性が足りないと思うのは ウィンクができないってのが大きい。”. 松井玲奈. Google+. 2012年1月22日閲覧。
  94. ^ “松井玲奈 結婚願望と10年後…”. デイリースポーツ online. (2015年10月6日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/06/0008460848.shtml 2015年10月11日閲覧。 
  95. ^ 松井玲奈 (2013年6月20日). “(左右・ω・さん)”. きつね目の女. Blogger. 2014年10月24日閲覧。
  96. ^ メンバーにガチな欠点を指摘され憤慨したSKE48の松井玲奈が話題に”. トピックニュース. ライブドアニュース (2011年11月17日). 2014年10月24日閲覧。
  97. ^ a b 真紀和泉 (2014年7月22日). “【エンタがビタミン♪】SKE48・松井玲奈に“おバカ”疑惑。一緒にTDSで遊んだ元研究生が告白。”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2014年10月24日閲覧。
  98. ^ 向原康太 (2014年6月30日). “乃木坂46松井玲奈、松村沙友理への不安漏らす「喋ったあとに『ウフフ』って、大丈夫かな…」”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2014/06/post-801.html 2017年11月1日閲覧。 
  99. ^ 松井玲奈 (2011年11月6日). “(野菜と・ω・しらす)”. SKE48 松井玲奈オフィシャルブログ. AKS. 2011年11月6日閲覧。
  100. ^ 松井玲奈 (2010年5月20日). “(明日・ω・は!)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2010年5月20日閲覧。
  101. ^ 松井玲奈 (2010年6月5日). “(メロンパ・ω・ン同盟!)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2010年6月5日閲覧。
  102. ^ 松井玲奈 (2012年1月22日). “れな(あ行・ω・だけ)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2012年1月22日閲覧。
  103. ^ 松井玲奈 (2011年9月11日). “(メロ・ω・パン)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2011年9月11日閲覧。
  104. ^ 磯原杏華 (2011年10月23日). “∞.嬉しいお知らせ!”. SKE48 磯原杏華オフィシャルブログ. AKS. 2011年10月23日閲覧。
  105. ^ 松井玲奈 (2012年2月5日). “れな(増え・ω・たよ)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2012年2月5日閲覧。
  106. ^ 朝長美桜. “こんばんは(^^)/ みおたすだよ♪ 皆さんにお知らせです(´∀`) この前、 松井玲奈さんにお会いしたときに メロンパン同盟に…”. 朝長美桜. Google+. 2013年3月27日閲覧。
  107. ^ “ガンプラに夢中! オフの松井玲奈「富士山メロンパンも食べに行きたい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/02/kiji/K20120302002740160.html 2014年10月24日閲覧。 
  108. ^ “SKEtch48”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2010年11月10日) 
  109. ^ “AKB48グループの非公式ユニット「メロンパン同盟」が7月1日で解散!”. 週プレNEWS. (2013年7月1日). http://wpb.shueisha.co.jp/2013/07/01/20098/ 2013年7月2日閲覧。 
  110. ^ 「解放記念グラビア」『週刊プレイボーイ』2013年7月15日号、集英社、2013年7月1日、no.28。ASIN B00DICWQE0
  111. ^ 松井玲奈、卒業カウントダウン! 名残惜しい“限定バスツアー“に密着潜入”. 週プレNEWS. 集英社 (2015年8月25日). 2015年10月5日閲覧。
  112. ^ 松井玲奈 (2012年2月9日). “(さしみ・ω・わさび)”. SKE48 松井玲奈オフィシャルブログ. AKS. 2012年2月9日閲覧。
  113. ^ 松井玲奈 (2010年4月12日). “(231・ω・260)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2010年4月12日閲覧。
  114. ^ SKE松井玲奈「サラダに大量タバスコの激辛映像」”. J-CASTニュース (2011年6月17日). 2014年10月24日閲覧。
  115. ^ 「週刊AKB」 2009年11月27日(金)放送内容”. 価格.com. ワイヤーアクション&価格.com (2009年11月27日). 2014年10月24日閲覧。
    週刊AKB DVD Vol.4”. AKB48 DVD & CD SHOP. 2014年10月24日閲覧。
  116. ^ 2012年2月24日放送『週刊AKB』”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2012年2月24日). 2014年10月24日閲覧。
  117. ^ 「週刊AKB」 2009年10月2日(金)放送内容”. 価格.com (2009年10月2日). 2014年10月24日閲覧。
  118. ^ 向原康太 (2015年2月2日). “乃木坂46・秋元真夏の歌声は放送自粛級? 「歌い終わったらマネージャーさんが会議を始めて…」”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2015/02/post-2383.html 2018年3月28日閲覧。 
  119. ^ a b c d e 松井玲奈 (2013年2月27日). “れな(音楽・ω・さん)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2013年2月27日閲覧。
  120. ^ a b 松井玲奈 (2010年4月8日). “れな(30・ω・60)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2010年4月8日閲覧。
  121. ^ ““爬虫類好き”SKE48松井玲奈、カメレオンに感激「どんどん甘えてくる」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年9月28日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2002187/full/ 2012年5月25日閲覧。 
  122. ^ 松井玲奈 (2012年2月6日). “(新しい・ω・やつ!)”. SKE48 松井玲奈オフィシャルブログ. AKS. 2012年2月6日閲覧。
  123. ^ a b c 松井玲奈 (2014年12月10日). チャラン・ポ・ランタン×松井玲奈「テアトル・テアトル」対談. インタビュアー:内本順一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/charan-po-rantan03 2015年10月10日閲覧。 
  124. ^ a b 松井玲奈 (2012年2月27日). “れな(とって・ω・おきの)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2012年2月27日閲覧。
  125. ^ smart』2013年4月号、宝島社、2013年2月23日、月刊版、93頁。ASIN B00B86KXMK
  126. ^ TVシリーズ最新作「ガンダムビルドファイターズ」発表!「ガンダム新作映像発表会」レポート”. GUNDAM.INFO. sunrise (2013年7月2日). 2013年7月2日閲覧。
  127. ^ “SKE48玲奈&乃木坂46生駒が念願「まどマギ」コスプレ”. ナタリー (ナターシャ). (2013年7月24日). http://natalie.mu/music/news/95634 2013年7月24日閲覧。 
  128. ^ “松井玲奈が反響呼ぶ選挙ポスター”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年5月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140521-1304457.html 2014年5月22日閲覧。 
  129. ^ “SKE松井玲奈、スーツアクターが好き”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年8月18日). http://www.cinematoday.jp/page/N0075635 2015年9月13日閲覧。 
  130. ^ 2014年7月28日放送『乃木坂って、どこ?』”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2014年7月28日). 2014年10月24日閲覧。
  131. ^ 松井玲奈 (2012年10月14日). “(鉄道・ω・の日)”. 松井玲奈オフィシャルブログ. AKS. 2012年10月14日閲覧。
  132. ^ 「ダイヤに輝く鉄おとめ第76回」『JTB時刻表』2014年6月号、JTBパブリッシング、2014年5月24日、月刊版。ASIN B00K28M6G6
  133. ^ 価格.com - 「PON!」で紹介された情報”. 価格.com. カカクコム (2011年). 2015年10月1日閲覧。
  134. ^ “松井玲奈、鉄道愛爆発でギリギリトーク”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年5月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140617-1319342.html 2014年7月20日閲覧。 
  135. ^ “SKE48松井玲奈が語る新幹線LOVE 「新幹線フェチって言われます」 (1/3)”. 週プレNEWS (集英社). (2014年3月7日). http://wpb.shueisha.co.jp/2014/03/07/25586/ 2014年10月24日閲覧。 
  136. ^ 驚き! ニッポンの底力 鉄道王国物語”. NHKオンライン. 日本放送協会 (2015年). 2015年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  137. ^ 東海道新幹線開業50周年 まるごと新幹線〜昨日・今日・明日 夢の超特急の50年”. NHKオンライン. 日本放送協会 (2015年). 2015年3月8日閲覧。
  138. ^ a b 笑神様は突然に…”. 日本テレビ放送網 (2015年). 2015年3月8日閲覧。
  139. ^ “AKB48、大会後はじゃんけんに「抵抗ある」”. オリコンCSランキング (oricon ME). (2011年9月24日). http://life.oricon.co.jp/2002043/ 2014年9月24日閲覧。 
  140. ^ 松井玲奈 (2012年1月16日). “れな(明太子・ω・ちゃん)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2012年1月16日閲覧。
  141. ^ SKE48松井玲奈卒業コンサートのDVD/Blu-ray発売決定 劇場最終公演やメンバー70名からの卒業メッセージも”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation , PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC. (2015年10月1日). 2015年10月1日閲覧。
  142. ^ “ジャケは松井JR!SKE48、3rdシングルはメンバー全員参加”. ナタリー (ナターシャ). (2010年6月16日). http://natalie.mu/music/news/33353 2010年6月16日閲覧。 
    “SKE“JR”の「DESIRE-情熱-」熱唱でライブハウスが震撼!”. webザテレビジョン (KADOKAWA). (2013年3月27日). http://news.thetv.jp/article/37613/ 2013年3月27日閲覧。 
  143. ^ 真紀和泉 (2013年7月26日). “【エンタがビタミン♪】SKE48松井珠理奈が突然泣き出す。涙のわけに松井玲奈は感激「やっぱり妹みたい」。”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2013/07/matuijulina-namida-rena2013072.html 2013年7月26日閲覧。 
  144. ^ “松井珠理奈11歳当時の姿も…SKE初映画場面カット公開”. ORICON STYLE. (2015年2月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2048114/full/ 2015年10月3日閲覧。 
  145. ^ a b 『AKB48総選挙公式ガイドブック2010』 講談社、2010年5月12日。ISBN 978-4-06-379454-0
  146. ^ SKE48・松井玲奈は「卒業が待ち遠しい」!? TIFで見せた“晴れ晴れしすぎる”笑顔の裏側”. おたぽる. サイゾー (2015年8月4日). 2015年10月4日閲覧。
  147. ^ a b 『SKE48フォトブック『放課後、二次元同好会』』 サイゾー、2012年4月20日。ISBN 9784904209202
  148. ^ a b 松井玲奈 (2011年9月12日). “れな(大好き・ω・な人達)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2011年9月12日閲覧。
  149. ^ a b 「飛べないアゲハチョウ」『AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~』 AKS、2011年6月24日、初回仕様限定盤。ASIN B00524BUGW
  150. ^ 松井玲奈 (2011年4月5日). “れな(殻を・ω・破る)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2011年4月5日閲覧。
  151. ^ 「松井玲奈 100の激白」『週刊AKB DVD』Vol.14、AKS、2011年12月23日。ASIN B006SW4OMY
  152. ^ 松井玲奈 (2010年5月13日). “(マグ・ω・ロ!)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2010年5月13日閲覧。
  153. ^ 松井玲奈 (2010年5月25日). “(ちゅり・ω・れな!)”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2010年5月25日閲覧。
  154. ^ 中村麻里子. “ゆいぱるラジオ収録してたら帰りに偶然れなひょんに遭遇♡ 大好きなれなひょん♡”. Google+. 2013年3月16日閲覧。
  155. ^ “SKE高柳明音が明かした親友・松井玲奈への感謝の思い”. 東スポWeb. (2015年9月30日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/451885/ 2015年10月11日閲覧。 
  156. ^ “乃木坂46“美脚”選抜10人、タオル一枚のセクシーショット”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月18日). http://mdpr.jp/news/detail/1487766 2016年4月7日閲覧。 
  157. ^ a b c d e 向原康太 (2014年10月14日). “乃木坂46メンバーは食い意地が張りすぎ? 西野七瀬「日々の楽しみがもう『食』しかない」”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2014/10/post-1520.html 2016年4月6日閲覧。 
  158. ^ a b c d 向原康太 (2014年5月19日). “乃木坂46メンバーは松井玲奈をどう迎えたか 堀未央奈「顔が小さくてイクラみたい」”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2014/05/post-564.html 2017年2月6日閲覧。 
  159. ^ a b c d e f g 向原康太 (2015年5月18日). “乃木坂46・松井玲奈、アイドル仕事の喜びを語る 「大好きな相手とスキンシップが取れて最高」”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2015/05/post-3267_2.html 2015年5月18日閲覧。 
  160. ^ a b 乃木坂46『昭和チックな清楚な感じが私たちの魅力☆交換留学の松井玲奈と生駒里奈についても語る!』. インタビュアー:星野彩乃. (2014年7月9日). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/special/1246/ 2017年10月3日閲覧。 
  161. ^ 松井玲奈 (2014年8月17日). 松井玲奈「きんぎょのその後」乃木坂46兼任を語る. (インタビュー). ドワンゴジェイピーnews.. http://news.dwango.jp/2014/08/17/9757/idol/2/ 2014年8月17日閲覧。 [リンク切れ]
  162. ^ “松井玲奈 ドM体質を指摘される”. リアルライブ (フェイツ). (2017年3月9日). http://npn.co.jp/article/detail/79700431/ 2017年3月17日閲覧。 
  163. ^ “松井玲奈、歌詞間違え土下座も…「あれはクセの強いアレンジ」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年4月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/10/kiji/K20160410012376610.html 2017年3月17日閲覧。 
  164. ^ a b 向原康太 (2015年2月9日). “乃木坂46メンバーのボウリング技術にバナナマン設楽呆然「誰がまともに投げられるんだ」”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2015/02/post-2446_2.html 2017年3月17日閲覧。 
  165. ^ a b “松井玲奈、橋本奈々未の呼び捨て騒動に言及!? 白石麻衣とは"公開処刑"危惧”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年5月19日). http://news.mynavi.jp/news/2014/05/19/116/ 2014年5月19日閲覧。 
  166. ^ 向原康太 (2015年4月20日). “乃木坂46西野七瀬、新番組で動物好きをアピール バナナマン設楽「そういう番組からオファー来るかもね」”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2015/04/post-3038.html 2017年6月20日閲覧。 
  167. ^ a b “やっぱり変わりモノ? SKE48 松井玲奈は眼帯少女マニア!”. リアルライブ (フェイツ). (2015年1月28日). http://npn.co.jp/article/detail/33969621/ 2017年3月14日閲覧。 
    秋元真夏 (2015年1月27日). “眼帯少女(・ω□)321”. 乃木坂46 秋元真夏 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年3月14日閲覧。
  168. ^ 2014年1月25日放送『NOGIBINGO!2』”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2014年1月25日). 2017年6月20日閲覧。
  169. ^ 真紀和泉 (2014年12月24日). “【エンタがビタミン♪】松井玲奈が乃木坂ファンの言葉に感激。「ありがたいよね」”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2017年2月6日閲覧。
  170. ^ “松井玲奈、センターに「申し訳ない」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年12月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20141216-1409822.html 2017年2月6日閲覧。 
  171. ^ 向原康太 (2014年12月15日). “乃木坂46松井玲奈が古典落語に挑戦 今後は「桂しるこ」の高座名で活躍?”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2014/12/post-2016.html 2017年6月14日閲覧。 
  172. ^ “乃木坂46西野七瀬&桜井玲香、交換留学解除に心境”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年3月27日). https://mdpr.jp/music/detail/1476798 2017年1月30日閲覧。 
  173. ^ “松井玲奈「えっ」乃木坂46の生中継祝辞に驚き”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年8月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1530811.html 2017年8月2日閲覧。 
    “松井玲奈に乃木坂から生中継で惜別メッセージ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年8月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1531010.html 2017年9月6日閲覧。 
  174. ^ a b 松井玲奈 (2014年3月28日). 松井玲奈(SKE48)『SKE48への思いと乃木坂46への交換留学――現在の心境を語る!』. インタビュアー:星野彩乃. ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/special/1028/2/ 2016年4月7日閲覧。 
  175. ^ 15:18:00 SPウィーク開始!初日は乃木坂46!”. ミュ〜コミ+プラス. ニッポン放送 (2015年6月8日). 2017年9月11日閲覧。
  176. ^ “「笑神様は突然に」千鳥が菅田将暉らと東大へ、サンシャイン池崎参加ロケも”. ナタリー (ナターシャ). (2017年4月25日). http://natalie.mu/owarai/news/230233 2017年6月6日閲覧。 
  177. ^ “松井玲奈、“ちょっと不満な”セーラー服姿にファン歓喜 深川麻衣との“クレジット共演”でNHKに絶賛の声”. おたぽる (サイゾー). (2019年1月18日). https://otapol.jp/2019/01/post-52779.html 2019年3月6日閲覧。 
    “『まんぷく』松井玲奈&深川麻衣、“元乃木坂ペアショット”にファン歓喜”. 日刊大衆 (双葉社). (2019年2月26日). https://taishu.jp/articles/-/63742?page=1 2019年3月6日閲覧。 
  178. ^ AKB48 チームサプライズ「重力シンパシー」公演M1”. 重力シンパシー公式サイト. AKS (2012年10月2日). 2012年10月2日閲覧。
  179. ^ AKB48 チームサプライズ「重力シンパシー」公演M2”. 水曜日のアリス公式サイト. AKS (2012年10月2日). 2012年10月2日閲覧。
  180. ^ AKB48 チームサプライズ「重力シンパシー」公演M10”. 素敵な三角関係公式サイト. AKS (2012年11月25日). 2012年11月15日閲覧。
  181. ^ AKB48 チームサプライズ「重力シンパシー」公演M11”. 旅立ちのとき公式サイト. AKS (2012年11月23日). 2012年11月23日閲覧。
  182. ^ AKB48 チームサプライズ「重力シンパシー」公演M12”. AKBフェスティバル公式サイト. AKS (2012年11月30日). 2012年11月30日閲覧。
  183. ^ AKB48 チームサプライズ「重力シンパシー」公演M13”. キミが思ってるより…公式サイト. AKS (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  184. ^ AKB48 チームサプライズ「重力シンパシー」公演M15”. ハートのベクトル公式サイト. AKS (2013年8月28日). 2013年8月28日閲覧。
  185. ^ “乃木坂46、松井玲奈参加「気づいたら片想い」動画公開”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月16日). http://natalie.mu/music/news/114639 2014年10月16日閲覧。 
  186. ^ a b AKB48 in KYOURAKU DOME.AKS
  187. ^ 「名古屋行き最終列車」ディレクターズカット版DVD”. メ〜コレ. 名古屋テレビコレクション. 2017年8月2日閲覧。
  188. ^ 「名古屋行き最終列車 season 2」ディレクターズカット版DVD”. メ〜コレ. 名古屋テレビコレクション. 2017年8月2日閲覧。
  189. ^ 【5巻セット】「名古屋行き最終列車 season 3」ディレクターズカット版DVD”. メ〜コレ. 名古屋テレビコレクション. 2017年8月2日閲覧。
  190. ^ 「名古屋行き最終列車 season 4」ディレクターズカット版DVD”. メ〜コレ. 名古屋テレビコレクション. 2017年8月2日閲覧。
  191. ^ 「名古屋行き最終列車 season 5」ディレクターズカット版DVD”. メ〜コレ. 名古屋テレビコレクション. 2017年8月2日閲覧。
  192. ^ “チャランポもものひとり芝居で、松井玲奈、黒猫チェルシー渡辺大知が脚本家デビュー”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年1月17日). https://www.barks.jp/news/?id=1000137127 2017年1月17日閲覧。 
  193. ^ “松井玲奈、短編小説『拭っても、拭っても』で小説家デビュー”. RBB TODAY (イード). (2018年10月12日). https://www.rbbtoday.com/article/2018/10/12/164333.html 2019年1月31日閲覧。 
  194. ^ “松井玲奈、初の単行本出版決定 書き下ろし含む短編集に”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年1月11日). https://mdpr.jp/news/detail/1814854 2019年1月31日閲覧。 
  195. ^ ゲキカラ 松井玲奈”. ドラマ24「マジすか学園2」. テレビ東京 (2011年). 2011年7月1日閲覧。
  196. ^ “SKE48・松井玲奈が「中学生日記」に演劇部の先輩役で出演”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2010年10月23日). http://thetv.jp/news_detail/17935/ 2014年10月23日閲覧。 
  197. ^ 人物相関図”. モウソウ刑事. 東海テレビ (2011年). 2011年1月5日閲覧。
  198. ^ “ダーリンハニー吉川&キンコメ今野がメ〜テレ鉄道ドラマに”. ナタリー (ナターシャ). (2014年1月13日). http://natalie.mu/owarai/news/107623 2014年1月13日閲覧。 
  199. ^ “いとうあさこ、やしろ優らがドラマ出演、松井玲奈の「名古屋行き最終列車」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月23日). http://natalie.mu/owarai/news/136877 2015年1月23日閲覧。 
  200. ^ “ニッチェ江上、いとうあさこが鉄道ドラマ「名古屋行き最終列車」第4弾登場”. ナタリー (ナターシャ). (2016年1月17日). https://natalie.mu/owarai/news/172770 2018年11月23日閲覧。 
  201. ^ “松井玲奈主演、メ~テレドラマ初の4K制作「名古屋行き最終列車」第5弾 今冬放送決定” (プレスリリース), メ〜テレ, (2016年11月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000164.000014977.html 2017年1月13日閲覧。 
  202. ^ “松井玲奈の主演ドラマ『名古屋行き最終列車』新作にハマケン、入山法子ら”. CINRA.NET (株式会社CINRA). (2017年1月13日). http://www.cinra.net/news/20170113-nagoyasaishu 2017年1月13日閲覧。 
  203. ^ “松井玲奈主演『名古屋行き最終列車』第6弾にして初の連ドラ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2101930/full/ 2017年12月7日閲覧。 
  204. ^ “松井玲奈:名古屋・ナナちゃん人形の大きさに「驚き」 7年目7度目の「名古屋行き最終列車」放送へ”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年12月20日). https://mantan-web.jp/article/20181220dog00m200011000c.html 2018年12月22日閲覧。 
  205. ^ “松井玲奈SKE卒業後初ドラマは日テレ目玉作に決定”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年11月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1566718.html 2015年11月16日閲覧。 
  206. ^ “ドラマ「ニーチェ先生」主要キャスト発表、恋する常連・塩山楓の松井玲奈ら -”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月26日). http://natalie.mu/comic/news/167143 2015年11月26日閲覧。 
  207. ^ “バッサリ15センチ! 松井玲奈、“小悪魔会社員”役作りで大胆変身”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年1月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160119/geo16011905040001-n1.html 2016年1月19日閲覧。 
  208. ^ 柄本時生、お笑い芸人役で連ドラ主演 恋の相手役に松井玲奈”. ORICON STYLE (2016年1月25日). 2016年1月26日閲覧。
  209. ^ “松井玲奈ドラマ初主演、コインランドリーのバイト娘演じて主題歌も担当”. ナタリー (ナターシャ). (2016年2月22日). http://natalie.mu/music/news/177050 2016年3月5日閲覧。 
  210. ^ “松井玲奈、女スリ師役で時代劇ドラマ初出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2084475/full/ 2017年1月13日閲覧。 
  211. ^ “松井玲奈、時代劇に出演! CS放送「小河ドラマ 織田信長」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170123/geo17012305020004-n1.html 2017年1月23日閲覧。 
  212. ^ a b “清水富美加がツッコミ 松井玲奈と息ピッタリ漫才コンビ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年1月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/30/kiji/20170129s00041000383000c.html 2017年1月30日閲覧。 
  213. ^ “野田洋次郎主演「100万円の女たち」福島リラ、松井玲奈、我妻三輪子ら出演”. ナタリー (ナターシャ). (2017年3月18日). http://natalie.mu/comic/news/225112 2017年5月11日閲覧。 
  214. ^ “松井玲奈:三浦春馬と“動物園デート”へ? 初共演で幼なじみ役に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年10月17日). https://mantan-web.jp/article/20171016dog00m200018000c.html 2017年10月17日閲覧。 
  215. ^ 直撃! シンソウ坂上2時間SP ~日航123便からのメッセージ・33年目の真相~ とれたてフジテレビ
  216. ^ “坂上忍『日本航空123便墜落事故』から33年の御巣鷹山へ 遺族へのインタビューやドラマを放送”. ORICON NEWS (ORICON STYLE). (2018年8月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2117599/full/ 2018年8月17日閲覧。 
  217. ^ “連続テレビ小説「まんぷく」あらたな出演者発表!”. NHKドラマトピックス (日本放送協会). (2018年6月4日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/298749.html 2018年6月4日閲覧。 
  218. ^ “安藤政信、松井玲奈、若葉竜也、松本まりか、山口紗弥加主演ドラマ『ブラックスキャンダル』に出演”. Real Sound (リアルサウンド映画部). (2018年9月11日). https://realsound.jp/movie/2018/09/post-248632.html 2018年9月12日閲覧。 
  219. ^ “西田敏行、『必殺仕事人2019』で悪役に 伊藤健太郎、飯豊まりえ、松井玲奈らも出演決定”. Real Sound (リアルサウンド映画部). (2019年2月17日). https://realsound.jp/movie/2019/02/post-320164.html 2019年2月19日閲覧。 
  220. ^ a b “早見あかり主演で「女の機嫌の直し方」映画&ドラマ化、平岡祐太も参加”. ナタリー (ナターシャ). (2019年3月1日). https://natalie.mu/eiga/news/322003 2019年3月1日閲覧。 
  221. ^ a b “【エンタがビタミン♪】松井玲奈 平野綾の代理に続き『バズ☆ドル』新MCも決定”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). (2016年4月2日). http://japan.techinsight.jp/2016/04/matuirena-bazudol-mc-02.html 2016年7月10日閲覧。 
  222. ^ アイチ☆ポリスSEASON3”. 名古屋テレビ【メ〜テレ】. 名古屋テレビ放送 (2013年). 2014年7月25日閲覧。
  223. ^ a b c “西川貴教と松井玲奈、アニメ・マンガ・ゲーム情報番組開始”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月3日). http://natalie.mu/music/news/113693 2014年4月3日閲覧。 
    西川貴教・松井玲奈 (2014年7月9日). 【インタビュー】「【朗報】西川貴教と松井玲奈のアニメとマンガとゲームばかりの番組が東京でも放送が決まった件について」MC西川貴教&松井玲奈インタビュー. インタビュアー:加藤竜樹. TV LIFE.. http://www.tvlife.jp/2014/07/09/24442 2014年7月9日閲覧。 
  224. ^ “乃木坂46「NOGIBINGO!3」放送決定! 自前のパジャマ姿でマル秘トークも!”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2014年10月2日). http://www.cinematoday.jp/page/N0066738 2014年10月2日閲覧。 
  225. ^ 乃木坂46、冠番組新シリーズ始動! メンバーがざわちんメイクでまいやん顔に”. ナターシャ (2015年3月21日). 2015年10月4日閲覧。
  226. ^ “SKE48松井玲奈「運転シーンで覚えたのはワイパーの使い方」――映画『gift』全国公開記念”. 日刊SPA! (扶桑社). (2014年7月25日). http://nikkan-spa.jp/683384 2014年7月25日閲覧。 
  227. ^ “松井玲奈が喫茶店の店主に、酒井麻衣新作「はらはらなのか。」出演”. 映画ナタリー. (2016年10月28日). http://natalie.mu/eiga/news/207034 2016年10月28日閲覧。 
  228. ^ “廣瀬智紀が松井玲奈×新川優愛W主演映画「めがみさま」に出演決定”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年3月4日). https://thetv.jp/news/detail/102488/ 2017年3月4日閲覧。 
  229. ^ “「ビルド」犬飼貴丈や赤楚衛二、北九州ロケ振り返る「ホテルで朝まで語り明かした」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年6月12日). https://natalie.mu/eiga/news/286260 2018年6月12日閲覧。 
  230. ^ 最新映画情報”. 株式会社ビデオプランニング. 2017年5月10日閲覧。
  231. ^ 藤野涼子主演の時代劇「輪違屋糸里」溝端淳平、松井玲奈、佐藤隆太、塚本高史も参加” (2018年10月4日). 2018年10月8日閲覧。
  232. ^ “松井玲奈、日南響子、唐田えりか、伊藤沙莉らが山戸結希「21世紀の女の子」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月21日). https://natalie.mu/eiga/news/300492 2018年9月21日閲覧。 
  233. ^ “篠原涼子主演「今日も嫌がらせ弁当」に佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太が出演”. 映画ナタリー. (2018年7月8日). https://natalie.mu/eiga/news/290193 2018年7月8日閲覧。 
  234. ^ 乃木坂46、笑いと貪欲に向き合ったプリンシパル公演終了”. ナタリー. ナターシャ (2014年6月18日). 2015年10月4日閲覧。
  235. ^ “AKBドラマを初舞台化 松井玲奈&横山由依W主演「マジすか?」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年1月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2047697/full/ 2015年4月6日閲覧。 
    AKB舞台版『マジすか学園』キャスト決定 大和田南那ら14人が合格”. oricon ME (2015年4月6日). 2015年4月6日閲覧。
  236. ^ “鴻上尚史「ベター・ハーフ」再演に松井玲奈、風間俊介×中村中×片桐仁が続投”. ナタリー (ナターシャ). (2017年3月14日). http://natalie.mu/stage/news/224491 2017年5月11日閲覧。 
  237. ^ “串田和美、チェーホフ作品初挑戦「24番地の桜の園」に高橋克典&小林聡美”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年6月8日). http://natalie.mu/stage/news/235902 2017年8月18日閲覧。 
  238. ^ “青井陽治追悼公演「ラヴ・レターズ」に尾上右近&松井玲奈、演出は藤田俊太郎”. ナタリー (ナターシャ). (2017年10月5日). http://natalie.mu/stage/news/251610 2017年10月16日閲覧。 
  239. ^ “村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』舞台版に古川雄輝、松井玲奈ら”. CINRA.NET (CINRA). https://www.cinra.net/news/20190222-kaminokodomo 2019年2月22日閲覧。 
  240. ^ 【ニッポン放送開局60周年ミューコミプラス・ラジオドラマ『バック・トゥ・ザ・レディオ』第一話 時をかけるヒサノリ】”. 『ミュ〜コミ+プラス』番組公式サイト. ニッポン放送 (2014年8月25日). 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月27日閲覧。
  241. ^ 松井玲奈・長野里美・藤井隆らが出演、鴻上尚史作のラジオミニドラマが放送決定!”. allnightnippon.com. ニッポン放送 (2018年4月2日). 2018年4月11日閲覧。
  242. ^ “AKB48野菜シスターズ、新メン加入で全30種類に強化”. ナタリー (ナターシャ). (2011年6月22日). http://natalie.mu/music/news/51753 2011年6月22日閲覧。 
  243. ^ “AKB48の大島優子、ウエンツは「お友達です」 - 「ぷっちょ」CM発表会”. マイナビニュース (マイナビ). (2010年8月10日). http://news.mynavi.jp/news/2010/08/10/019/ 2010年8月10日閲覧。 
  244. ^ “マイクロソフト、Xbox 360新型コントローラー「Kinect」。プロモーションにSKE48の松井玲奈さん、松井珠理奈さんを起用”. GAME Watch (インプレス). (2010年10月5日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101005_398130.html 2010年10月5日閲覧。 
  245. ^ 『週刊Gallop』2012年3月4日号、産業経済新聞社、2012年2月27日。
  246. ^ ジャーマンクレイ無添加オーガニック CMギャラリー”. クラブヤマノフェイシャルガーデンコスメティクス. 2012年12月11日閲覧。
  247. ^ スクエニ、『キングダム ハーツ アンチェインド キー』のTVCMの放映が決定! 松井玲奈さんを起用 記念キャンペーンも実施”. 2016年2月2日閲覧。
  248. ^ 第93回箱根駅伝用オリジナルCM」年始特別版放送のお知らせ”. 2016年12月22日閲覧。
  249. ^ 松井玲奈登場!! SKE48の私立SPA!学園 開校♪”. ニコニコインフォ. ニワンゴ (2011年2月22日). 2011年2月22日閲覧。
  250. ^ “SKE48主演『学校の怪談』特集『人気ホラーが復活! メンバーが語る恐怖体験から、メイキング&場面カットも満載!』”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年8月7日). http://www.oricon.co.jp/special/146/ 2012年8月7日閲覧。 
  251. ^ “SKE松井玲奈がしゃべり倒す「(おひとり・ω・さま!!)」”. ナタリー (ナターシャ). (2013年3月12日). http://natalie.mu/music/news/86566 2013年3月12日閲覧。 
  252. ^ “DAM CHANNEL12代目MCにマギー登板! 2015年4月からスタート” (プレスリリース), 第一興商, (2015年3月3日), http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/ajaxfiles/load2015.html?file=150303_02 2015年3月3日閲覧。 
  253. ^ “斎藤工、中川翔子、松井玲奈が園子温のドラマ「東京ヴァンパイアホテル」に出演”. ナタリー (ナターシャ). (2017年5月23日). http://natalie.mu/eiga/news/233652 2017年6月14日閲覧。 
  254. ^ “松井玲奈「いろいろ勉強」中京が新装OP”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年3月3日). http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20120303-911992.html 2012年3月3日閲覧。 
  255. ^ “fripSide、藍井エイル、Ray、i☆Risが平安神宮で熱いライブを展開!『平安神宮奉納ライブ2014』レポート”. こえぽた (KoePota). (2014年9月22日). http://www.koepota.jp/news/2014/09/22/0201.html 2018年10月8日閲覧。 
  256. ^ 【GirlsAward 2014 A/W】乃木坂46がライブパフォーマンス! 白石麻衣や松井玲奈がランウェイを彩る!!”. webザテレビジョン. KADOKAWA (2014年10月2日). 2014年10月2日閲覧。
  257. ^ “京都市、西日本最大級のマンガ・アニメイベント「京都国際マンガ・アニメフェア2015(京まふ)」を9月に開催…出展企業・作品を発表”. Social Game Info (株式会社ビジプル). (2015年7月12日). https://gamebiz.jp/?p=146504 2018年10月8日閲覧。 
  258. ^ “松井玲奈、爽やかスマイルで沖縄に降臨 華やかにオーラ振りまく<琉球アジアコレクション2015>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年10月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1536845 2018年10月8日閲覧。 
  259. ^ “デジタル配信ライフを満喫中の松井玲奈「お風呂で映画を1本見ます」”. 映画.com (映画.com). (2016年12月14日). https://eiga.com/news/20161214/22/ 2018年10月8日閲覧。 
  260. ^ “松井玲奈「しびれました」アニソンメドレーに感激”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年2月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1775016.html 2017年2月5日閲覧。 
  261. ^ 「とよはし映画祭」全ラインナップ&ゲスト発表!”. 映画.com (2017年2月21日). 2019年2月13日閲覧。
  262. ^ 「とよはし映画祭2018」開幕!”. 映画.com (2018年3月2日). 2019年2月13日閲覧。
  263. ^ 「とよはし映画祭2019」開幕! 療養中の園子温監督、愛情たっぷりのエールで祝福”. 映画.com (2019年3月8日). 2019年3月10日閲覧。
  264. ^ 松井玲奈さんをキャンペーンモデルに「クレジットカード啓発キャンペーン」を実施 (PDF)”. 一般社団法人日本クレジットカード協会 (2013年4月1日). 2013年4月1日閲覧。
  265. ^ SKE48とカレーハウス「CoCo壱番屋」コラボレーション第一弾!! (PDF)”. CoCo壱番屋 (2013年10月9日). 2013年10月9日閲覧。
  266. ^ 松井玲奈、名鉄名古屋駅の構内アナウンスに挑戦”. ORICON STYLE (2016年1月23日). 2016年1月25日閲覧。
  267. ^ “鉄子松井玲奈、系統板に続き駅構内アナウンスも担当! メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2017」主演 松井玲奈さんが名鉄名古屋駅の構内アナウンスで癒しのメッセージ!” (プレスリリース), メ〜テレ, (2017年1月20日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000193.000014977.html 2017年1月20日閲覧。 
  268. ^ “元SKE48・松井玲奈、“国宝”とともに…徳川美術館イメージキャラクター就任” (プレスリリース), RBBTODAY, (2015年10月23日), https://www.rbbtoday.com/article/2015/10/23/136403.html 2018年10月4日閲覧。 
  269. ^ “キャンペーンキャラクターは松井玲奈さん! メ~テレの番組を見ると総額500万円相当の賞品が当たるキャンペーンを2月1日(月)から実施” (プレスリリース), RBBTODAY, (2016年1月26日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000014977.html 2018年10月4日閲覧。 
  270. ^ SKE48 新チームE公演はリーダー松井玲奈が一番好きな「僕の太陽」に決定”. GirlsNews. レゾリューション (2013年7月24日). 2015年10月4日閲覧。
  271. ^ SKE48チームE公演初日レポート「SKEを引っ張るのはチームE!?」”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2014年5月5日). 2015年10月5日閲覧。
  272. ^ 松井玲奈 『きんぎょ-松井玲奈ファースト写真集』 櫻田厚志・丸谷嘉長、光文社、2012年3月1日。ISBN 978-4-33-490185-1
    “SKE松井玲がメンバー初のソロ写真集”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2012年2月17日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/02/17/0004820841.shtml 2012年2月18日閲覧。 
  273. ^ 松井玲奈 『ヘメレット』 桑島智輝・MARCO、ワニブックス、2014年4月1日。ISBN 978-4-8470-4633-9
  274. ^ 「ひとりぼっちの映画祭」『週刊SPA!』2013年6月18日号、扶桑社、2013年6月11日、週刊版。ASIN B00D2YBT42
  275. ^ @rena_infoのツイート(613215350394634240) - 松井玲奈オフィシャルインフォ 2015年6月22日
  276. ^ 今週発売のSPA!で松井玲奈さんのコラムが最終回を迎えます。またSKE48ふたり遊びは、福士奈央さんと一色嶺奈さんが登場。. 週刊SPA! アイドル情報. 2016年10月18日。
  277. ^ 「松井玲奈の真夜中の雑記帳」『TV Bros.』2014年4月12日号、東京ニュース通信社、2014年4月9日。ASIN B00JK2XEVQ
    松井玲奈オフィシャルインフォ (2014年9月23日). “3:44 PM - 23 Sep 2014”. @rena_info. Twitter. 2014年9月23日閲覧。
  278. ^ 松井玲奈オフィシャルインフォ (2015年8月24日). “4:57 AM - 24 Aug 2015”. @rena_info. Twitter. 2015年8月24日閲覧。
  279. ^ 小説現代 2016年10月号”. 講談社. 2016年11月25日閲覧。
  280. ^ Rena Matsui CALENDAR 2012』 ハゴロモ、2011年11月23日。ASIN B0060EPFKA
  281. ^ ARTIST FILE 2 BIG ONE GIRLS』NO.001、近代映画社、2010-03-06、スクリーン特編版。ISBN 978-4-33-490185-1
  282. ^ ARTIST FILE 2 BIG ONE GIRLS』NO.002、近代映画社、2010-06-30、スクリーン特編版。ISBN 978-4764882560
  283. ^ 20±SWEET 2013 SUMMER』365号、東京ニュース通信社〈TOKYO NEWS MOOK〉、2013年7月1日。ISBN 978-4-86336-325-0

外部リンク[編集]