斎藤ちはる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さいとう ちはる
斎藤 ちはる
プロフィール
愛称 ちーちゃん
ちはるん
出身地 日本の旗 日本 埼玉県
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-02-17) 1997年2月17日(22歳)
血液型 A型
最終学歴 明治大学文学部文学科演劇学専攻
勤務局 テレビ朝日
部署 アナウンス部
活動期間 2019年 -
著名な家族 斎藤伸明(父)
出演番組・活動
出演中羽鳥慎一モーニングショー

斎藤 ちはる(さいとう ちはる、1997年2月17日 - )は、テレビ朝日女性アナウンサー、女性アイドルグループ乃木坂46の元メンバーである[1]。愛称は、ちーちゃんちはるん[2]

埼玉県出身[1]日出学園高等学校(現:目黒日本大学高等学校)[3]明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業[4][5]。身長166cm[1][6]。血液型はA型[1]。父はアメリカンフットボール選手兼指導者の斎藤伸明[7][8]

略歴[編集]

生い立ち[編集]

アメリカンフットボール選手の父と大学でアメリカンフットボール部マネージャーとして出会った母との間に、2人姉妹の長女として誕生。近所の写真館で撮影した七五三の記念写真がモデルとして店頭に飾られたのをきっかけに「子供モデルのようなものが向いているのでは?」と新聞掲載の子供モデル募集に応募し、花王のテレビCMに抜擢されたほか、日本マクドナルドのCM、しまじろうのビデオ、ディズニーの雑誌などで人気子供モデルとして活動。小学校入学を契機に「同級生のお友達をたくさん作りたい」と多忙だったモデルの仕事を辞めて芸能活動から身を引き、学業に専念する[7]

乃木坂46[編集]

幼少期にきらびやかな芸能界を垣間見て女優やモデルに憧れを抱き、高校進学を控えて受験勉強中心の生活の中で目にした新アイドルグループ結成のチラシから、「中学最後の経験としてオーディションを受けてみたい」と乃木坂46のオーディションに応募[7]。2011年8月21日、38,934人の応募者の中から36人の第1期メンバーの1人に選出される[7]。モデルのようなルックスと高い歌唱力を活かして活動し、2014年8月には第10弾シングル「何度目の青空か?」で初の選抜入りを果たす[8][9]。2017年7月には子どもの頃から憧れていた『日立 世界・ふしぎ発見!』(TBS)のミステリーハンターに抜擢された[10]

日出高等学校進学後は芸能活動と学業とを両立し、高校卒業後の2015年4月には明治大学文学部文学科へ進学して演劇学を専攻[4][8][11]、アメリカ演劇を研究する[12]

2018年5月20日に静岡富士市文化会館ロゼシアターで行われた乃木坂46『アンダーライブ全国ツアー2018〜 中部シリーズ〜』千秋楽で乃木坂46からの卒業を発表、同日に民放キー局のアナウンサーに入社試験を経て内々定したことが報じられる[13]。同年7月16日に千葉幕張メッセで行われた握手会にて乃木坂46を卒業[14]

テレビ朝日アナウンサー[編集]

2019年3月に明治大学文学部文学科演劇学専攻を卒業[15]。同年4月1日よりテレビ朝日にアナウンサーとして入社し、同日より『羽鳥慎一モーニングショー』において宇賀なつみの後任として第2代アシスタントに就任[5][16]。2019年3月1日に一部スポーツ紙記事で、同年4月よりテレビ朝日にアナウンサーとして入社し『羽鳥慎一モーニングショー』の第2代アシスタントとして起用されることが報じられた。4月1日の入社式に先立って同日朝より出演し[17]、入社式前のアナウンサーの番組デビューはテレビ朝日では初であった[注 1][6][19][12]。進行ができるフリーアナウンサー羽鳥慎一のもとで、実践で進行を学ぶ[20][21]

人物[編集]

趣味は一眼レフカメラでの写真撮影、歌うこと、スポーツ観戦[5]。父とともに西武ドーム埼玉西武ライオンズの試合を観戦したり[22]アメリカンフットボールが好きでアメリカのプロアメリカンフットボールリーグ・NFLを観戦するため渡米したこともある[12][23]

サッカー選手サッカー日本代表メキシコ五輪代表)ディフェンダー鈴木良三大伯父(父方の祖母の兄)にあたる[8][24]

乃木坂46[編集]

乃木坂46では中学校3年生の時、生田絵梨花・斎藤ちはる・中元日芽香の3名で「中3組」[25]、「いたいこりずみかる中3ほねほね同盟」を結成している[26]

出演[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

乃木坂46

アルバム[編集]

乃木坂46

映像作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 入社式当日のアナウンサーデビューとしては、2009年に入社した宇賀なつみ(当時)が同年4月1日の入社式当日のその夜の『報道ステーション』気象情報担当キャスターとして登板した例がある[18]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(2)【合格者一覧(前半)】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日) 2016年10月1日閲覧。
  2. ^ 特別付録 乃木坂46 アンダーメンバー 私立乃木坂アンダー学園 出席名簿」『週刊ヤングジャンプ』2015年4月23日号、集英社、2015年4月9日、NO.19、3-5頁。ASIN B009CND5S0
  3. ^ 斎藤ちはる”. テレビ朝日アナウンサーズ. 株式会社テレビ朝日. 2019年4月15日閲覧。
  4. ^ a b 斎藤, ちはる (2018年2月2日). 乃木坂46・斎藤ちはるさんにインタビュー【第1回】「明治大学で学ぶ演劇学と、芸能活動との両立」. インタビュアー:金谷有里子. MEIJI NOW(明治大学).. https://meijinow.jp/senior/interview/19583 2019年3月29日閲覧。 
  5. ^ a b c d “『羽鳥慎一モーニングショー』宇賀なつみアナの後任に元乃木坂・斎藤ちはる”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年3月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2130601/full/ 2019年3月29日閲覧。 
  6. ^ a b “元乃木坂・斎藤ちはるアナ、テレ朝史上初の入社式前デビュー 入社当日朝の「羽鳥モーニング」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月13日). https://hochi.news/articles/20190312-OHT1T50240.html 2019年3月29日閲覧。 
  7. ^ a b c d 三尾圭 (2016年11月22日). “レジェンドQBの父から人気アイドルの娘へのラブレター”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20161122-00064694/ 2019年3月29日閲覧。 
  8. ^ a b c d “宇賀ちゃん後任は元乃木坂・斎藤ちはる!4月入社でテレ朝“朝の顔”に大抜てき”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 2. (2019年3月1日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190301/geo19030104300004-n2.html 2019年3月29日閲覧。 
  9. ^ a b “乃木坂46生田絵梨花、次作で初センター就任”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月4日). https://natalie.mu/music/news/122718 2019年4月1日閲覧。 
  10. ^ “乃木坂46・斎藤ちはるが念願の『世界ふしぎ発見!』ミステリーハンターに挑戦「まさか自分が…」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年7月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2094293/full/ 2019年3月29日閲覧。 
  11. ^ “乃木坂46斎藤ちはる、明治大学に入学 決断の理由を語る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年3月13日). https://mdpr.jp/news/detail/1473670 2019年3月29日閲覧。 
  12. ^ a b c “斎藤ちはる:元「乃木坂46」の新人アナがテレ朝入社式に 目標は「人との繋がりを」”. マイナビニュース (マイナビ). (2019年4月1日). https://mantan-web.jp/article/20190401dog00m200026000c.html 2019年4月2日閲覧。 
  13. ^ “乃木坂斎藤ちはる、民放アナ内々定 市来玲奈に続く”. 日刊スポーツ. (2018年5月21日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805200001031.html 2019年3月29日閲覧。 
  14. ^ “斎藤ちはると相楽伊織が乃木坂46卒業、コール響く”. 日刊スポーツ. (2018年7月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807160000930.html 2019年3月29日閲覧。 
  15. ^ “山下智久 母校明大の卒業式にサプライズ登場で歓声”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年3月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903260000640.html 2019年3月29日閲覧。 
  16. ^ “元乃木坂46斎藤ちはる:4月入社で即デビュー 「羽鳥慎一モーニングショー」で宇賀アナ後任に抜てき”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年3月1日). https://mantan-web.jp/article/20190301dog00m200021000c.html 2019年3月29日閲覧。 
  17. ^ “「モーニングショ-」宇賀アナ後任の斎藤ちはるアナ、4・1の出演後に入社式…玉川徹氏「えっ、入社前に働くの?”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月1日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190301-OHT1T50097.html 2019年3月1日閲覧。 
  18. ^ “宇賀なつみアナが3月末にテレ朝退社へ 一昨年結婚”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年1月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812310000905.html 2019年4月6日閲覧。 
  19. ^ “テレ朝の元「乃木坂」新人・斎藤ちはるアナ、入社式前にデビュー「一歩一歩前向きに、そして元気に進んでいきたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年4月1日). https://hochi.news/articles/20190401-OHT1T50076.html 2019年4月1日閲覧。 
  20. ^ “テレ朝会長 元乃木坂アナの入社前から出演「実践で教育」「人材不足ではない」”. デイリースポーツ online. (2019年3月26日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/26/0012182822.shtml 2019年4月1日閲覧。 
  21. ^ “テレ朝会長、元乃木坂の新人アナ4月から抜擢も「人材不足ではない」 起用理由を説明”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/26/kiji/20190326s00041000224000c.html 2019年4月1日閲覧。 
  22. ^ “乃木坂46がチーム埼玉を結成!?春の浦和で集会!”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2015年4月3日). https://www.walkerplus.com/article/57196/ 2019年4月2日閲覧。 
  23. ^ 三尾圭 (2019年1月2日). “【新春特別企画】斎藤ちはる、夢を叶える〜 ‎ 念願のNFL現地取材で、憧れのトム・ブレイディとも対面〜 ‎”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyoshimio/20190102-00105091/ 2019年4月2日閲覧。 
  24. ^ “乃木坂46:浦和サポから“ブーイング”の洗礼「反応がないよりは……”. まんたんウェブ (MANTAN). (2012年4月21日). http://mantan-web.jp/2012/04/21/20120421dog00m200029000c.html 2019年3月29日閲覧。 
  25. ^ 「乃木坂46 ゆるふわ相関図」『EX大衆』2014年10月号、双葉社、2014年9月13日、月刊版、87頁。ASIN B00MW63KAM
  26. ^ 斎藤ちはる (2012年8月2日). “いたいこりずみかる中3ほねほね同盟うぃ♪♪(o・ω・)ノ))”. 乃木坂46 斎藤ちはる 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]