悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
悲しみの忘れ方
Documentary of 乃木坂46
Documentary of Nogizaka46
監督 丸山健志
製作 村松俊亮
北川謙二
大田圭二
秋元伸介
吉成夏子
井上啓輔
ナレーター 西田尚美
出演者 乃木坂46
ほか
音楽 スズキマサヒロ
主題歌 乃木坂46悲しみの忘れ方
撮影 神戸千木
編集 丸山健志
中里耕介
製作会社 ノース・リバー  
配給 東宝映像事業部
公開 日本の旗 2015年7月10日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億7000万円[1]
テンプレートを表示

悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』(かなしみのわすれかた ドキュメンタリー オブ のぎざかフォーティーシックス)は、2015年の日本のドキュメンタリー映画

概要[編集]

乃木坂46初のドキュメンタリー映画。監督は、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」から10thシングル「何度目の青空か?」まで10作連続で収録曲のミュージック・ビデオを手掛けてきた丸山健志[2]。当初は、2015年5月に公開予定だったが「新たに追加取材したい人がいる」という理由で2015年7月10日に延期された[3]

オーディションやコンサートの舞台裏などグループの活動に密着した映像に加え、メンバーたちへのインタビューや、女優の西田尚美のナレーションによる母親たちからのエピソードも交えている[4]。映画の構成は、オーディションの模様や仕事の裏側などに密着したグループ全体の歴史、白石麻衣生駒里奈ら個人にスポットを当てた2段構えで他のAKB48グループのドキュメンタリー映画とは異なり、仕事での姿を描きつつもプライベートな人間性にフィーチャーしている[4]

日本全国46スクリーンで公開され、2015年7月11日・12日の全国映画動員ランキングで初登場9位となった[5]。2015年11月18日、Blu-ray・DVDが発売された[6]

スタッフ[編集]

  • 監督:丸山健志[7]
  • 企画:秋元康[7]
  • 製作:村松俊亮、北川謙二、大田圭二、秋元伸介、吉成夏子、井上啓輔[7]
  • エグゼクティブプロデューサー:窪田康志[7]
  • プロデューサー:石原真、今野義雄、吉澤佳寛、磯野久美子、松村匠、牧野彰宏、堀江誠己[7]
  • ラインプロデューサー:金森孝宏、渡辺洋朗[7]
  • 音楽:スズキマサヒロ[7]
  • 撮影:神戸千木[7]
  • 録音:久連石由文[7]
  • 編集:丸山健志、中里耕介[7]
  • 制作:ノース・リバー[7]
  • 制作協力:パレード・トウキョウ[7]
  • 配給:東宝映像事業部[7]

音楽[編集]

主題歌[編集]

挿入歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 乃木坂46、丸山健志 『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』スペシャル・エディション、東宝、2015年11月18日、Blu-ray。TBR-25431D。ASIN B0156IYSIU
  • 乃木坂46、丸山健志 『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』スペシャル・エディション、東宝、2015年11月18日、DVD。TDV-25432D。ASIN B0154ZICTG
  • 乃木坂46、丸山健志 『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』コンプリート BOX、東宝、2015年11月18日、Blu-ray。TBR-25433D。ASIN B0156IYSN0
  • 乃木坂46、丸山健志 『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』コンプリート BOX、東宝、2015年11月18日、DVD。TDV-25434D。ASIN B0156IYSLW

関連項目[編集]

外部リンク[編集]