乃木神社 (東京都港区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乃木神社
乃木神社(東京都港区) 拝殿
拝殿
所在地 東京都港区赤坂八丁目11-27[1]
位置 北緯35度40分08秒
東経139度43分41秒
座標: 北緯35度40分08秒 東経139度43分41秒
主祭神 乃木希典将軍
乃木静子夫人[1]
社格 府社・別表神社
創建 大正12年(1923年[1]
本殿の様式 神明造
例祭 9月13日[1]
地図
乃木神社の位置(東京都区部内)
乃木神社
乃木神社
乃木神社 (東京都区部)
テンプレートを表示
乃木神社(東京都港区)一の鳥居

乃木神社(のぎじんじゃ)は、東京都港区赤坂八丁目にある神社乃木希典将軍と乃木静子夫人を祀る。

乃木夫妻が明治天皇大葬の日に自刃した邸宅の隣地である。旧社格は府社。現在は神社本庁別表神社

歴史[編集]

明治45年(1912年)7月30日に明治天皇が崩御された。御大葬の日と決まった大正元年9月13日。祭神である乃木希典将軍と乃木静子夫人が先帝に殉じて自刃を遂げられた。

乃木夫妻の忠誠心に感激した国民が次々と乃木邸を訪れ、その数は日増しに増えていった。そして、御夫妻の葬儀と同時に、当時幽霊坂と呼ばれていた坂の名前が“乃木坂”と改められた。

大正2年(1913年)、東京市長だった阪谷芳郎が中心となって中央乃木会を設立し、乃木邸内の小社に乃木夫妻の御霊をお祀りした。そして大正8年(1919年)には乃木神社創建の許可が下り、大正12年(1923年)11月1日に鎮座祭が行われた。設計は大江新太郎が手がけた。

昭和20年5月の東京大空襲で焼失したが、戦後全国の崇敬者の篤志により、昭和37年(1962年)9月13日、ご祭神50年祭に併せて本殿・幣殿・拝殿が復興された。なお、このときの設計は、新太郎の息子・大江宏が手がけた。また、昭和58年(1983年)には宏の長男・大江新と三男・昭によるコンクリート造の宝物殿が建てられた[2]

施設・乃木會館・関連事項[編集]

  • 乃木會館は、神社隣接の、婚礼・宴会等に使用される施設。また會館の隣には、レストラン・メゾンブランシュも併設されている。
  • 当社の施設ではないが、乃木家の墓所が近くの青山墓地の中にあり、例祭日には墓前祭が行われる。
  • 乃木神社では、梅の花が咲く期間限定で「梅香守」を頒布している[3][4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 東京都神社庁.
  2. ^ 由緒”. 乃木神社. 2020年4月7日閲覧。
  3. ^ おしらせ”. 乃木神社. 2020年4月7日閲覧。
  4. ^ 乃木神社の梅が見頃迎える 冬季限定「梅香守」頒布も”. 赤坂経済新聞 (2018年2月6日). 2020年4月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 乃木神社”. 東京都神社庁. 2020年7月4日閲覧。

参考項目[編集]

外部リンク[編集]