ワイルド・スピードシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワイルド・スピード
The Fast and the Furious
監督 ロブ・コーエン(1作目)</smll>
ジョン・シングルトン(2作目)
ジャスティン・リン(3-6作目)
ジェームズ・ワン(7作目)
製作 ニール・H・モリッツ
出演者 ポール・ウォーカー
ヴィン・ディーゼル
ミシェル・ロドリゲス
ジョーダナ・ブリュースター
タイリース・ギブソン
クリス・"リュダクリス"・ブリッジス
サン・カン
ガル・ガドット
ドウェイン・ジョンソン
音楽 BT(1作目)
デヴィッド・アーノルド(2作目)
ブライアン・タイラー(3-5,7作目)
ルーカス・ビダル英語版(6作目)
製作会社 オリジナル・フィルム
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 2001年 - 継続中
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ワイルド・スピード』原題『ザ ファスト アンド ザ フューリアス』(THE FAST AND THE FURIOUS)は、ストリート・レーシングをテーマとしたカーアクション映画のシリーズである。2015年4月時点で7作目までが公開されており、すべてユニバーサル・ピクチャーズの製作である。通称『ワイスピ』。[1]シリーズの時間軸は、1作目→2作目→4作目→5作目→6作目→3作目→7作目の順となっている。

作品[編集]

# 公開順 時系列順
1 ワイルド・スピード
(The Fast and The Furious)
ワイルド・スピード
2 Turbo-Charged Prelude (短編映画) Turbo-Charged Prelude (短編映画)
3 ワイルド・スピードX2
(2 Fast 2 Furious)
ワイルド・スピードX2
4 ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
(The Fast and the Furious: Tokyo Drift)
Los Bandoleros (短編映画)
5 ワイルド・スピード MAX
(Fast & Furious)
ワイルド・スピード MAX
6 Los Bandoleros (短編映画) ワイルド・スピード MEGA MAX
7 ワイルド・スピード MEGA MAX
(Fast Five)
ワイルド・スピード EURO MISSION
8 ワイルド・スピード EURO MISSION
(Fast & Furious 6)
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
9 ワイルド・スピード SKY MISSION[2]
Fast & Furious 7
ワイルド・スピード SKY MISSION[2]
Fast & Furious 7

ワイルド・スピード (2001年)[編集]

ロサンゼルス。凄腕ドライバーのドミニク・トレットは、夜な夜な行われるストリート・レースで荒稼ぎをしていた。そんな彼の前に連続車両強奪事件の潜入捜査の為にロス市警のブライアン・オコナーが身分を隠して現れ、勝負を挑む。やがて二人には友情が芽生え、ブライアンは職務との間で揺れることとなる。

ワイルド・スピードX2 (2003年)[編集]

ロサンゼルスの一件によりブライアンはロス市警を追われる身となり、マイアミでストリート・レーサーとして名を馳せていた。だが、一斉取り締まりによりブライアンは敢え無くFBIに御用となってしまう。連行先には旧知の捜査官が居り、ブライアンは犯罪歴の帳消しと引き換えに、国際的マネー・ロンダリング組織への潜入捜査の話を持ちかけられる。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006年)[編集]

カリフォルニアの高校生、ショーン・ボスウェルは大の車好きであったが、これまでに2度ストリート・レースで事故を起こし、そしてとうとう3度目を起こしたことで少年院行きの危機となった。ショーンはこれから逃れるため、日本に住む父の元へと引っ越す。そこで同じくアメリカから留学してきたトウィンキーと出会い、ドリフト・レースの世界を知ることとなる。

ワイルド・スピード MAX (2009年)[編集]

以前の事件をきっかけに指名手配されたドミニクはロサンゼルスを離れ、ドミニカで燃料タンク車を強奪していた。だがやがてそこにも捜査の手が忍び寄り、恋人レティを守るために彼女の前から姿を消す。だがその後、ドミニクはレティが殺されたという知らせを妹のミアから聞き、復讐の為にロサンゼルスに戻る。やがてドミニクは、復讐相手の手掛かりとなるニトロ搭載車へと行き着くのだが、そこでマイアミの一件をきっかけにFBIとなったブライアンと鉢合わせる。ブライアンもまた麻薬組織捜査のため、ドミニクの標的と同じ人物を追っていたのだ。彼らは標的は同じでも立場も目的も異なるため、別々に行動することとなる。そして麻薬組織のボスが仕切るストリート・レースにそれぞれ参加する。

ワイルド・スピード MEGA MAX (2011年)[編集]

麻薬王のブラガの逮捕に貢献したドミニクであるが、裁判において懲役25年の判決を言い渡される。だが護送中にブライアンと妹・ミアの手により逃亡に成功し、国際指名手配される。 ブラジルのリオデジャネイロに逃亡したブライアンとミアは昔の仲間のヴィンスと再会。麻薬取締局の押収した車の窃盗の仕事をする事になり、そこにドミニクも合流するが、仲間の裏切りにより襲われてしまう。その理由は、ドミニク達が盗んだ車に隠されたリオデジャネイロで最も強い権力をもつ悪徳実業家、エルナン・レイエスの闇金の流れを記録したマイクロチップにあった。 そんな中、ミアがブライアンの子を身籠もった事を知ったドミニクは、過去を消して家族で静かに暮らすのに必要な資金と資格を得る為に、レイエスの闇金1億ドルを強奪する計画を立てて世界中から過去、様々なヤマで出会った色々な分野の凄腕プロを集める。レイエスと癒着した警察署の金庫という突破困難な場所に隠されている現金を、彼らを執拗に追うホブスの米警官部隊やレイエスの手下の攻撃をかわしつつ、強奪する事が果たして出来るのか。

ワイルド・スピード EURO MISSION (2013年)[編集]

ドミニクは元警察官である新たな恋人エレナ(MEGAMAX参照)と、ブライアンは妻ミアとの間に生まれた息子ジャックと共に、自らで大金、自由を手に入れ、それぞれ静かな生活を送っていた。 そんなある日、モスクワにて軍隊が襲撃され、何億円もの価値をもつチップを奪われる事件が発生する。元英国特殊部隊のオーウェン・ショウ率いるヨーロッパを拠点に大きな犯行を繰り返す国際的犯罪組織が関わっており、かねてより追跡していたFBI特別捜査官ホブスは、組織壊滅の協力を要請するため、ドミニクを訪ねる。協力を渋るドミニクだったがホブスに手渡された捜査資料を読み驚く。そこには死んだはずのドミニクのかつてのファミリー・恋人であるレティの写真があったのだ。 ドミニクは真相を確かめるため、そして自分らのこれまでの罪を帳消しにする事を条件にホブスへの協力を了承。ブライアンなどの凄腕ドライバーを始め、かねてより共にヤマをこなしてきたメカニック達を招集し、イギリスを拠点に活動を始める。 程なくロンドンにてショウらのアジトを突き止め、インターポールが逮捕に踏み切るが、動きを事前に察知していたショウはアジトを爆破して逃走。すぐさま追跡を開始するドミニクたちだったが、組織によるハイテク機械、さらには見たこともない改造車に翻弄されあえなく取り逃がしてしまう。 追跡のさなか、ドミニクは組織のものと思しき一台の車と遭遇。レティが運転していると察したドミニクは、激しいカーチェイスの末追い詰める。自分の名前を呼ぶドミニクに対しレティは躊躇なく発砲、ドミニクが負傷した隙に逃亡してしまう。 彼女は本当にドミニクの知っているレティなのか、そしてショウ率いる組織の目的とは。アメリカの刑務所に収監されているはずのブラガの影もちらつく中、ドミニクたちは再び追跡を開始する。

ワイルド・スピード SKY MISSION (2015年)[編集]

前作においてオーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を仲間たちと打倒することに成功し、レティを取り戻すことに成功したドミニクであったが彼女の記憶喪失は戻らず、レティとの関係に苦悩する。また、息子のジャックの送迎を慣れない車で行うという平和な日々を送るブライアンであったが、かつての刺激を恋しく思う言動を妻のミアに打ち明ける。ミアは2人目の子供を身ごもっているが、ブライアンをより束縛してしまうのではないかと妊娠の件を打ち明けられていないことをドミニクに吐露する。 一方、ホブス、エレナが勤めるDSS本部のホブスの部屋に見知らぬ男が彼のPCをハッキングしていた。男の名前はデッカード・ショウ、元イギリス特殊部隊員で秘密諜報機関にも在籍していた男であり、オーウェンの兄でもあった。デッカードは弟の復讐のためホブスの端末からドミニク一味のメンバーを探知、手始めにホブスに手傷を負わせ去っていく。そして東京に移り住んでいたドミニク一味であるハンを事故に見せかけて殺害し、更にドミニクの自宅に爆弾を送り届け、木端微塵にした。入院しているホブスから情報を手に入れたドミニクは仲間の命を狙うデッカードを打倒することを決意。東京にてハンの遺品を受け取り、アメリカでハンの葬儀の最中に現れたデッカードを追い、一触即発となるが直後に現れた特殊部隊によりデッカードは逃走。 特殊部隊はミスター・ノーバディと名乗る男が率いるアメリカ政府に属する秘密組織であり、ドミニクに対してジャカンディという男が率いる民間軍事組織によって捕えられたラムジーというハッカーの奪回を依頼する。ラムジーが開発した『ゴッド・アイ』という監視プログラムは世界中のあらゆる情報機器よりデータを入手することでどんな人物が世界中のどこにいようとわずかな時間で発見することができる代物であり、ノーバディの提案はラムジーと『ゴッド・アイ』の奪還に成功したらそれを利用してのデッカード打倒に協力する、というものであった。 ドミニクは了承し、ファミリー全員と未だ記憶が戻らないレティと共にアゼルバイジャン山中で移動していたジャカンディらの車両部隊へ空からの急襲をかける。

キャストとキャラクター[編集]

  • 灰色のセルは、キャラクターが該当作品に登場しなかった事を示す。
キャラクター 作品名
ワイルド・スピード ワイルド・スピードX2 ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT ワイルド・スピード MAX ワイルド・スピード MEGA MAX ワイルド・スピード EURO MISSION ワイルド・スピード SKY MISSION
ドミニク・トレット ヴィン・ディーゼル ヴィン・ディーゼル
ブライアン・オコナー ポール・ウォーカー ポール・ウォーカー
レティ・オルティス ミシェル・ロドリゲス ミシェル・ロドリゲス (写真のみ) ミシェル・ロドリゲス
ミア・トレット ジョーダナ・ブリュースター ジョーダナ・ブリュースター
ローマン・ピアース タイリース・ギブソン タイリース・ギブソン
テズ・パーカー クリス・"リュダクリス"・ブリッジス クリス・"リュダクリス"・ブリッジス
ハン・ルー サン・カン (アーカイブ映像と写真のみ)
ジゼル・ヤシャ ガル・ガドット (写真のみ)
エレナ・ネベス エルサ・パタキー
ルーク・ホブス ドウェイン・ジョンソン
ヴィンス マット・シュルツ マット・シュルツ
ビルキンス捜査官 トム・バリー
モニカ・フェンテス エヴァ・メンデス エヴァ・メンデス
ショーン・ボズウェル ルーカス・ブラック ルーカス・ブラック
テゴ・レオ テゴ・カルデロン
リコ・サントス ドン・オマール
アルトゥーロ・ブラガ ジョン・オーティス ジョン・オーティス
フェニックス・カルデロン ラズ・アロンソ ラズ・アロンソ
マイケル・スタジアック捜査官 シェー・ウィガム シェー・ウィガム
デッカード・ショウ ジェイソン・ステイサム
ジョニー・トラン リック・ユーン
レオン ジョニー・ストロング英語版
ジェシー チャド・リンドバーグ
サージェント・タナー テッド・レヴィン
カーター・ベローン コール・ハウザー
スーキー デヴォン青木
マークハム捜査官 ジェームズ・レマー
D.K.(タカシ) ブライアン・ティー
トゥインキー バウ・ワウ バウ・ワウ(アーカイブ映像のみ)
ニーラ ナタリー・ケリー ナタリー・ケリー(アーカイブ映像のみ)
モリモト レオナルド・ナム英語版
ボズウェル少佐 ブライアン・グッドマン英語版
ペニング捜査官 ジャック・コンレイ英語版
トリン捜査官 ライザ・ラピラ
エルナン・レイエス ホアキン・デ・アルメイダ
ジジ マイケル・アービー
オーウェン・ショウ ルーク・エヴァンズ
ライリー・ヒックス ジーナ・カラーノ
ジャー ジョー・タスリム英語版
クラウス キム・コールド
ヴェーグ クララ・パジェット
アドルフソン ベンジャミン・デイヴィス
ミスター・ノーバディ カート・ラッセル
ラムジー ナタリー・エマニュエル
ジャカンディ ジャイモン・フンスー
キエット トニー・ジャー
カーラ ロンダ・ラウジー
翻訳 戸田奈津子 菊池浩司 岡田壯平

日本語吹き替え版[編集]

  • 灰色のセルは、キャラクターが該当作品に登場しなかった事を示す。
キャラクター 作品名
ソフト版 テレビ版 機内版
ワイルド・スピード ワイルド・スピードX2 ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT ワイルド・スピード MAX ワイルド・スピード MEGA MAX ワイルド・スピード EURO MISSION ワイルド・スピード SKY MISSION ワイルド・スピード ワイルド・スピードX2 ワイルド・スピード MAX ワイルド・スピード MEGA MAX
ドミニク・トレット 内田直哉 内田直哉 楠大典 菅田俊 大塚明夫
ブライアン・オコナー 森川智之 高橋広樹 堀内賢雄 藤原啓治 尾崎英二郎
レティ・オルティス 喜田あゆ美 甲斐田裕子 甲斐田裕子 高山みなみ 本田貴子
ミア・トレット 幸田夏穂 園崎未恵 井上喜久子 魏涼子
ローマン・ピアース 楠大典 松田健一郎 乃村健次
テズ・パーカー 江川央生 渡辺穣 菅原正志
ハン・ルー 室園丈裕 三戸崇史 川島得愛 平田広明
ジゼル・ヤシャ 藤井リナ 東條加那子 東條加那子
エレナ・ネベス 武井咲 坂井恭子
ルーク・ホブス 小山力也
ヴィンス 落合弘治 相沢まさき 西凜太朗
ビルキンス捜査官 宝亀克寿 郷里大輔 藤本譲
モニカ・フェンテス 朴璐美 日野由利加 山像かおり
ショーン・ボズウェル 小西克幸 浪川大輔
テゴ・レオ ピストン西沢 隈本吉成
リコ・サントス 吉村昌広 西凜太朗
アルトゥーロ・ブラガ 後藤哲夫 後藤哲夫 若本規夫
フェニックス・カルデロン 咲野俊介 山野井仁
マイケル・スタジアック捜査官 丸山壮史 丸山壮史 檀臣幸
デッカード・ショウ 山路和弘
ジョニー・トラン 中田和宏 池田秀一
レオン 樫井笙人 桐本琢也
ジェシー 青木誠 鳥海勝美
サージェント・タナー 稲葉実 金尾哲夫
カーター・ベローン てらそままさき 中田和宏
スーキー 小池栄子 弓場沙織
マークハム捜査官 谷口節
D.K.(タカシ) 最上嗣生
トゥインキー 大畑伸太郎 金城大和
ニーラ 佐古真弓
モリモト 星野貴紀
ボズウェル少佐 菅生隆之
ペニング捜査官 小川真司 小川真司
トリン捜査官 田中晶子 林真里花
エルナン・レイエス 有本欽隆
ジジ 志村知幸
オーウェン・ショウ 東地宏樹
ライリー・ヒックス 林真里花
ミスター・ノーバディ 大塚芳忠
ラムジー 坂本真綾
ジャカンディ 立木文彦
キエット 浪川大輔
カーラ 佐古真弓
サファー 佐藤せつじ
翻訳 岩佐幸子 平田勝茂 桜井裕子 松崎広幸 平田勝茂 古瀬由紀子

評価[編集]

興行収入[編集]

作品名 公開日 興行収入 興行収入順位 製作費 出典
北米 北米外 世界 北米歴代 世界歴代
ワイルド・スピード 2001年9月7日 $144,533,925 $62,750,000 $207,283,925 #261 #498 $38,000,000 [3]
ワイルド・スピードX2 2003年6月5日 $127,154,901 $109,195,760 $236,350,661 #343 #407 $76,000,000 [4]
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 2006年6月15日 $62,514,415 $95,953,877 $158,468,292 #1,019 - $85,000,000 [5]
ワイルド・スピード MAX 2009年4月1日 $155,064,265 $208,100,000 $363,164,265 #228 #203 $85,000,000 [6]
ワイルド・スピード MEGA MAX 2011年4月20日 $209,837,675 $416,300,000 $626,137,675 #118 #68 $125,000,000 [7]
ワイルド・スピード EURO MISSION 2013年5月24日 $233,313,000 $448,700,000 $682,013,000 #100 #65 $160,000,000 [8]
ワイルド・スピード SKY MISSION 2015年4月10日[9] $190,000,000 [10]
合計 $918,679,181 $1,284,524,637 $2,273,417,818 N/A N/A $759,000,000 N/A

批評家の反応[編集]

作品名 Rotten Tomatoes Metacritic
ワイルド・スピード 52% (145 reviews)[11] 58 (29 reviews)[12]
ワイルド・スピードX2 36% (155 reviews)[13] 38 (35 reviews)[14]
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 35% (108 reviews)[15] 46 (31 reviews)[16]
ワイルド・スピード MAX 27% (172 reviews)[17] 45 (27 reviews)[18]
ワイルド・スピード MEGA MAX 78% (183 reviews)[19] 67 (29 reviews)[20]
ワイルド・スピード EURO MISSION 72% (138 reviews)[21] 61 (35 reviews)[22]
ワイルド・スピード SKY MISSION % ( reviews) ( reviews)


関連項目[編集]

Xbox360Xbox One対応のレーシング・ゲーム。2015年3月27日に同作品とコラボレーションした外伝版が配信された[23]

参考文献[編集]

  1. ^ 『ワイルド・スピード』が稀有なシリーズである理由ぴあ・映画生活
  2. ^ a b “『ワイルド・スピード7』邦題は『SKY MISSION』に決定!”. シネマトゥデイ. (2014年11月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067963 2014年11月7日閲覧。 
  3. ^ The Fast and the Furious (2001)”. Box Office Mojo. IMDB. 2012年9月5日閲覧。
  4. ^ 2 Fast 2 Furious (2003)”. Box Office Mojo. IMDB. 2012年9月5日閲覧。
  5. ^ The Fast and the Furious: Tokyo Drift (2006)”. Box Office Mojo. IMDB. 2012年9月5日閲覧。
  6. ^ Fast and Furious (2009)”. Box Office Mojo. IMDB. 2012年9月5日閲覧。
  7. ^ Fast Five (2011)”. Box Office Mojo. IMDB. 2012年9月5日閲覧。
  8. ^ Fast & Furious 6”. Box Office Mojo. IMDB. 2013年5月23日閲覧。
  9. ^ 当初は2014年7月11日の予定だったが、出演者のポール・ウォーカーが2013年11月に事故死したため延期となった。
  10. ^ Fast & Furious 6”. Box Office Mojo. IMDB. 2013年5月23日閲覧。
  11. ^ The Fast and the Furious”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年4月29日閲覧。
  12. ^ Fast and the Furious, The (2001): Reviews”. Metacritic. CBS. 2011年4月29日閲覧。
  13. ^ 2 Fast 2 Furious”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年4月29日閲覧。
  14. ^ 2 Fast 2 Furious (2003): Reviews”. Metacritic. CBS. 2011年4月29日閲覧。
  15. ^ The Fast and the Furious: Tokyo Drift”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年4月29日閲覧。
  16. ^ Fast and Furious: Tokyo Drift, The (2006): Reviews (Top Critics)”. Metacritic. CBS. 2011年4月29日閲覧。
  17. ^ Fast & Furious”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年4月29日閲覧。
  18. ^ Fast and Furious: Tokyo Drift (2009): Reviews (Top Critics)”. Metacritic. CBS. 2011年4月29日閲覧。
  19. ^ Fast Five”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年4月29日閲覧。
  20. ^ Fast Five”. Metacritic. CBS. 2011年4月29日閲覧。
  21. ^ Fast & Furious 6”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年5月17日閲覧。
  22. ^ Fast & Furious 6 (2013)”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年5月17日閲覧。
  23. ^ 『Forza Horizon 2 Presents Fast & Furious』をプレイ! 映画『ワイルド・スピード』の世界で『Forza』を楽しむ心地よさ - ファミ通(2015年3月29日閲覧)

外部リンク[編集]