近キョリ恋愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近キョリ恋愛
ジャンル 少女漫画
漫画
作者 みきもと凜
出版社 講談社
掲載誌 別冊フレンド
レーベル KCデラックス
発表号 2008年5月号 - 2011年6月号
巻数 全10巻
テンプレート - ノート

近キョリ恋愛』(きんキョリれんあい)は、みきもと凜による日本漫画作品。

別冊フレンド』(講談社)にて、2007年11月号から連載された。2008年4月号より、第2部が連載開始された。全10巻。

主人公のゆには、『別冊フレンド』誌上で行われた人気キャラ投票で1位を獲得した。

2014年10月に山下智久主演の実写映画が公開された[1]2014年7月からは映画「近キョリ恋愛」のスピンオフドラマが毎週土曜深夜に放送された。

あらすじ[編集]

成績優秀で学年首席の枢木ゆにの唯一の苦手科目は英語。ひょんなことから、代理担任で英語教師の櫻井ハルカと付き合うことになったゆに。

ハルカの臨時教員期間が終わるまでは、秘密の関係でいようと決めた2人だが、その期間が延長されることになってしまう。

史上最強のツンデレ主人公(単行本での表記)と教師の前途多難な恋を描いたラブコメディ

登場人物[編集]

枢木 ゆに(くるるぎ ゆに)
成績優秀で運動神経も抜群だが、英語だけは昔から苦手。非常にクールな性格で、表情もあまり変化せず、「氷点下(クール)ガール」との異名を取る。自分は精一杯表情を変化させているつもりだが、可愛く見えるようにと、猫の髪留めを付けている。
家族構成は、小説家の父・虎(たいが)、主婦の母・ララ、弟・類。3人ともゆにに劣らぬ変人タイプである。
いわゆるツンデレキャラ。櫻井の容姿は「なぜあんなに美しいのか」と悶絶するほどタイプだが、英語が苦手なこともあり、軽薄な態度を取る櫻井本人のことは苦手。
櫻井 ハルカ(さくらい はるか)
産休に入った教師の代理で来た臨時の英語教師。愛煙家で、ところ構わずタバコを吸う。教師になる前はモデルをしていた、という噂が出るほど美形。高所恐怖症。ゆにが2年生になるまで担任をしていた。京都に妹の美玲がいる。
峰藤 コウ(みねふじ こう)
3年の担任をしている女教師。名前をよく峰不二子と間違えられる。櫻井とは、大学時代からの友人。美少女アニメのフィギュア集めが趣味で、ゆにをコレクションに加えようとする。ゆにに度々コスプレさせている。ゆにの3年生の時の担任。
名波 菊子(ななみ きくこ)
愛称はナミ。ゆにが最も親しくしている友達。ゆにのことを一番理解しているが、どちらかというと面白がっている面が強い。毎日ゆににリクエスト通りのおいしい弁当を提供してもらっている。元ヤンキー。
佐藤 咲(さとう さき)
過度のナルシスト。テストはいつもゆにに勝てず、後にナミと付き合う。ゆにが櫻井のことを好きだということを知っているが、両想いということは知らない。
滝沢 美麗(たきざわ みれい)
櫻井の高校時代の担任であり、元カノ。後にゆにの学校に教師として赴任してくる。ドジだがキレると豹変し、今も櫻井のことを想っている。とても気が強い。
小南 あずさ(こなん あずさ)
ゆにの幼馴染で、海外から来た、帰国子女モデル。ゆにの初恋の相手で、ゆにのことが好き。ゆにに猫の髪留めをあげた人物でもある。
櫻田 レオ(さくらだ れお)
ハルカの父親で、大物俳優。しかし、ハルカが息子であることを世間に隠している。
的場 竜(まとば りゅう)
ゆにの3年生の時の同級生。フランスへ行ってパティシエになるのが夢。
岡本 花音(おかもと かのん)
ハルカが担任を持つクラスの生徒。ハルカの事が好き。

単行本[編集]

  • 著:時海結以、原作・イラスト:みきもと凜 『小説 近キョリ恋愛』 〈講談社・KCデラックス〉 全1巻

ムービーコミック[編集]

2012年4月20日より漫画に音声や特殊効果を加えたムービーコミックがBeeマンガにて配信された[2]

キャスト
枢木ゆに - 喜多村英梨
櫻井ハルカ - 三木眞一郎
峰藤コウ - 笠原あきら
名波菊子 - 笹本菜津枝
佐藤咲 - 逢坂良太
滝沢美麗 - 岡田栄美
小南あずさ - 梶川翔平
主題歌
主題歌:BRIGHT『恋心』

テレビドラマ[編集]

近キョリ恋愛
〜Season Zero〜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜0:50 - 1:20
(土曜日深夜)
(30分)
放送期間 2014年7月20日 - 10月12日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 河合勇人
中茎強
原作 みきもと凜
脚本 松田裕子
プロデューサー 植野浩之
渡邉浩仁
出演者 阿部顕嵐
石橋杏奈
足立梨花
岸優太
オープニング サカナクション蓮の花
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

近キョリ恋愛〜Season Zero〜』(きんキョリれんあい シーズン・ゼロ)のタイトルでテレビドラマ化。2014年7月20日から10月12日まで毎週日曜日0:50 - 1:20(土曜日深夜)に、日本テレビ系で放送された。主演となる櫻井ハルカ役を阿部顕嵐[3]ジャニーズJr.)が、脚本は『ごくせん』・『私立バカレア高校』・『花咲舞が黙ってない』などを担当してきた松田裕子が務めた。

なお本項目では日時表記を日本標準時で記載し、提出された出典内容や公式サイトで表示されている内容とは異なる。

映画版と同じく櫻井ハルカが主人公だが、ハルカの高校時代の恋愛を描いたスピンオフ作品となる。

キャスト[編集]

10年前[編集]

主要人物[編集]

西泉高校[編集]

  • 梶原 光輝 - 高橋颯(ジャニーズJr.)
  • 新谷 海斗 - 田島将吾(ジャニーズJr.)
  • 汐見 豪 - 長妻怜央(ジャニーズJr.)
  • 掛居 真帆 - 山地まり
  • 綿貫 アキ - 松川星
  • 宇野 紗也香 - 小山莉奈
  • 藤沢 愛梨 - 樋口柚子
  • 綾波 リオ - 川島絵里香
  • 田岡(英語教師) - 前川茂輝

慶稜美術大学[編集]

その他[編集]

西泉高校(10年後)[編集]

劇場版「近キョリ恋愛」[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 監督
episode 1 7月20日 河合勇人
episode 2 7月27日
episode 3 8月03日
episode 4 8月10日
episode 5 8月17日
episode 6 8月24日 後藤孝太郎
episode 7 9月07日 河合勇人
episode 8 9月14日 中茎強
episode 9 9月21日
episode 10 9月28日
episode 11 10月5日 河合勇人
episode 12 10月12日

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 2014年7月20日 - 10月12日 日曜日 0:50 - 1:20(土曜日深夜) 日本テレビ系列 制作局
福岡県 福岡放送(FBS) 2014年7月24日 - 10月16日 木曜日 2:10 - 2:40(水曜日深夜) 4日遅れ
宮城県 ミヤギテレビ(MMT) 2014年7月29日 - 10月21日 火曜日 0:59 - 1:29(月曜日深夜) 9日遅れ
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 2014年7月31日 - 10月16日 木曜日 2:43 - 3:18(水曜日深夜) 4日遅れ
北海道 札幌テレビ(STV) 2014年8月3日 - 11月2日 日曜日 2:25 - 2:55(土曜日深夜) 14日遅れ
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 2014年8月6日 - 10月22日 水曜日 2:37 - 3:07(火曜日深夜) 10日遅れ
山梨県 山梨放送(YBS) 2015年1月7日 - 2月12日 水・木曜日 1:26 - 1:56(火・水曜日深夜)
日本テレビ 日曜0:50 - 1:20枠(土曜日深夜)
前番組 番組名 次番組
SHARK
〜2nd Season〜

(2014.4.20 - 2014.7.13)
近キョリ恋愛
〜Season Zero〜
(2014.7.20 - 2014.10.12)
平成舞祭組男
(2014.10.19 - 2015.1.4)

映画[編集]

近キョリ恋愛
監督 熊澤尚人
脚本 まなべゆきこ
原作 みきもと凜
製作 坂下哲也、平体雄二
出演者 山下智久小松菜奈
音楽 安川午朗
主題歌 サカナクション蓮の花
撮影 柳田裕男
編集 熊澤尚人
制作会社 日テレアックスオン
製作会社 「近キョリ恋愛」製作委員会
配給 東宝映像事業部
公開 2014年10月11日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11.7億円[5]
テンプレートを表示

2014年10月11日より公開。

優秀でプライドが高く常に尊大だが、その美しい容姿で女生徒たちから圧倒的な人気を誇るツンデレ教師櫻井ハルカと、超クールな天才女子高生・ゆにが織り成すラブストーリーを、映画『君に届け』の熊澤尚人監督が山下智久を主演に迎えて映像化する。

全国179スクリーンで公開され、公開初週土日の動員13万5,181人、興収1億7,847万2,500円を記録し全国動員ランキングで2位を記録したが、興行収入ランキングでは動員1位の『ふしぎな岬の物語』を上回り1位となっている[6]。10月18日・19日の2日間で、公開2週目にして動員・興収ともランキング1位となった[7]

公開3週目には、3週連続週末興行収入ランキング第1位、2週連続週末動員ランキング第1位を獲得し、11月9日には、興行収入10億円、観客動員81万人を突破した。なお、2014年、200館以下の公開規模で10億円を突破したのは『近キョリ恋愛』が初[8]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原作との相違点[編集]

一部登場人物を除き全体的に原作とは大きく異なるが、主な違いは次の通り。

  • 原作はラブコメディーでパロディーやコスプレが多く登場するが、映画では純愛ラブストーリーで、原作に登場したパロディーやコスプレは一切登場しない。
  • 原作ではゆにがツンデレキャラで、ハルカがクールな性格だったが、映画では2人のキャラが逆転している。
  • 峰藤、小南、櫻田、花音は一切登場しない。逆に吉田は映画オリジナルのキャラクター。
  • 原作ではハルカに美玲(滝沢の下の名前と同じ読みだが漢字が違う)という義理の妹がいるが、ドラマ、映画では登場しない(代わりにドラマでは義理の姉として凛々子が出てくる)。
  • ゆにの両親は海外にいるという設定であり(弟はいない)、いとこでハルカの同僚の数学教師でもある明智がゆにの親代わりをしている。なお、明智は原作では番外編に名前と顔のみ登場し、ゆにの父方のいとこである(ハルカの同僚ではない)とだけ説明されている。
  • ナミと佐藤は登場するが、原作での元ヤン、ナルシスト設定は映画では一切ない。また、映画ではナミがゆにの唯一の親友という設定で、原作のようにゆにと佐藤が2人で話す場面はない。
  • 原作では滝沢はハルカの高校時代の担任だったが、ドラマ、映画ではハルカの幼馴染で同い年になっている。
  • 滝沢がゆにのクラスの担任をもっている。
  • ハルカの父はサラリーマンで、ハルカが12歳の時に自殺している。
  • 原作では付き合うことになった後に教卓の下でキスをしているが、映画では2人が付き合う前に教卓の下でキスをしている。そのため、ゆにがノートに書く言葉も原作とは全く異なる。

脚注[編集]

  1. ^ 山下智久がツンデレ教師役!「近キョリ恋愛」実写映画化”. シネマトゥデイ. 2014年4月23日閲覧。
  2. ^ BRIGHTアルバム収録曲「恋心」がBeeTVアニメ「近キョリ恋愛」の主題歌に決定!2012/4/20からオンエアスタート!”. BRIGHT公式サイト (2012年4月18日). 2016年3月28日閲覧。
  3. ^ 毎日新聞デジタル (2014年6月11日). “近キョリ恋愛:山P主演映画のスピンオフドラマが7月放送 Jr.阿部顕嵐が主演”. 2014年6月15日閲覧。
  4. ^ オリコンスタイル (2014年6月11日). “ジャニーズJr.阿部顕嵐、山Pの高校生時代役でドラマ初主演”. 2014年6月15日閲覧。
  5. ^ 2015年記者発表資料(2014年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2014年1月27日). 2014年1月27日閲覧。
  6. ^ 壬生智裕 (2014年10月15日). “吉永小百合主演作が『るろ剣』に代わりトップ!山下智久『近キョリ恋愛』は2位!【映画週末興行成績】”. 2014年10月15日閲覧。
  7. ^ 山下智久×小松菜奈共演の「近キョリ恋愛」が1位に浮上!!ニコール・キッドマン主演「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」は3位に初登場!!!(10月18日-10月19日)(2014.10.20)、興行通信社、2014年10月20日閲覧。
  8. ^ 映画『近キョリ恋愛』異例の大ヒット!!! 興行収入10億円、観客動員80万人突破!(2014.11.11)、CINEMA TOPICS ONLINE、2014年11月11日閲覧。
  9. ^ サンケイスポーツ (2014年7月11日). “サカナクション、山P主演映画で主題歌”. 2014年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]