フェイク (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フェイク
Donnie Brasco
監督 マイク・ニューウェル
脚本 ポール・アタナシオ
製作 マーク・ジョンソン
バリー・レヴィンソン
ルイス・ディジャイモ
ゲイル・マトルー
製作総指揮 パトリック・マコーミック
アラン・グリーンスパン
出演者 アル・パチーノ
ジョニー・デップ
音楽 パトリック・ドイル
撮影 ピーター・ソーヴァ
編集 ジョン・グレゴリー
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年2月28日
日本の旗 1997年11月15日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000
興行収入 $124,909,762[1]
テンプレートを表示

フェイク』(原題:Donnie Brasco)は、1997年に制作されたアメリカ映画マフィアボナンノ一家に“ドニー・ブラスコ”の変名で6年間潜入し、彼らの大量摘発に貢献した連邦捜査局(FBI)の特別捜査官、ジョー・ピストーネ英語版の実録手記、"Donnie Brasco: My Undercover Life in the Mafia"に基づく。

ストーリー[編集]

FBI潜入捜査官ジョー・ピストーネは、かねてから連邦捜査局よりマークされていたマフィアの一員である“レフティー”ベンジャミン・ルッジェーロとの接触の機会をついに得る。

宝飾品鑑定の腕をレフティーに見込まれた事をきっかけに、彼は“ドニー・ブラスコ”と偽名を名乗り身分秘匿捜査に入り、レフティーはもとより、その取り巻きたるグループとも親密な関係を築き始める。彼らとマフィアの一員として活動する中で、末端から組織の中核に至るまでの全容を解明しつつ、潜入捜査は淡々と成果を挙げていく。連邦捜査局のバックアップにより、ドニーはグループ内で功績を示し始める。

そして、それまで自分のボスとしてきたレフティーを差し置いて存在感を放つようになり、身内のグループ抗争に勝利して新鋭の勢いを手にし始め、グループのリーダーであるソニー・ブラックにもその手腕を見込まれるまでになってゆく。数々の行動を共にし、私情を持つまでの交友を築いてしまったレフティーに対し、ドニーは潜入捜査官という真実と一人のマフィアという偽りの狭間で苦悩するようになる。

そして、運命の時が訪れる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ポニー ソニー
“レフティー”ベンジャミン・ルッジェーロ英語版 アル・パチーノ 野沢那智
ジョー・ピストーネ
ドニー・ブラスコ
ジョニー・デップ 平田広明
“ソニー・ブラック”ドミニク・ナポリターノ マイケル・マドセン 大塚明夫
ニッキー・サントラ英語版 ブルーノ・カービー 相沢正輝 駒谷昌男
マギー・ピストーネ アン・ヘッシュ 日野由利加 斎藤恵理
ポーリー・セルザーニ ジェームズ・ルッソ 松本大 古宮吾一
ティム・カーリー ジェリコ・イヴァネク 目黒光祐
ディーン・ブランドフォード ジェリー・ベッカー 伊井篤史
“ソニー・レッド”アルフォンゼ・インデリカート英語版 ロバート・ミアノ 石井隆夫
“ブルーノ”アンソニー・インデリカート英語版 ブライアン・タランティーナ 中博史
“リッチー”リチャード・ガッツォ ロッコ・シスト 喜多川拓郎 牛山茂
その他 品川徹
寺内よりえ
岡本章子
高瀬右光
中田雅之
山川亜弥
児玉孝子
星野貴紀
小幡あけみ
外村晶子
一馬芳和
竹内良太
小橋知子
笹森亜希
演出 春日一伸
翻訳 久保喜昭 中村久世
調整 菊池悟史
担当 吉富孝明
制作 ニュージャパンフィルム ACクリエイト
  • ポニー版:VHS・DVD収録。
  • ソニー版:新版DVD・BD収録。
エクステンデッド・エディションの本編では編集が異なるため、脇の配役が一部新録されている。

なお、後にボスとなるジョゼフ・"ビッグ・ジョーイ"・マッシーノ英語版アンソニー・ミラ英語版(ナポリターノらと共に粛清)などの当時ブラスコと親交があった幹部たちの一部が割愛されている。また、存命人物については一部変名となっているものもある。

実際の関係者のその後[編集]

  • レフティ(ベンジャミン・ルッジェーロ)は、劇上のラストシーンでは仲間によって処刑されたかのように描かれていたが、実際には1994年に刑務所内で病死している。ドニー・ブラスコを潜入させた罰として粛清されたのは、ソニー・ブラック(ドミニク・ナポリターノ)であり、彼の最後に残した言葉がレフティーの劇中の科白に取り入れられている。
  • ピストーネには当初マフィアコミッションから$500,000の懸賞金がかかっていたが、ボナンノ一家ガンビーノ一家からの情報によると、その後、取り下げられたようである。
  • ピストーネは証人保護プログラムの適用を受け変名、変装をして身を潜めているが、ジョゼフ・ボナンノの息子サルヴァトーレ・ボナンノゴッドファーザーのコルレオーネ親子のモデルだと自称している)と共著のマフィア小説「グッドガイ」(The Good Guys)を出版したり、マフィア映画のプロデューサーをしたり、各国警察の組織犯罪対策のコンサルタントなどをしている。

視聴媒体[編集]

DVD黎明期にはポニーキャニオンからジュエルケースでDVDが出ていたものの、その後長く絶版状態であったが、ソニー・ピクチャーズから劇場公開版でカットされたシーンが追加されている「フェイク エクステンデッド・エディション」(DVD・BD)が発売された。それに伴い、日本語吹替音声は全編ドルビーデジタル5.1chサラウンドで新録音されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Donnie Brasco (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月6日閲覧。
  2. ^ 以前発売されていたポニーキャニオン版と同じスタッフで制作され吹替声優もアル・パチーノを野沢那智、ジョニー・デップを平田広明、マイケル・マドセンを大塚明夫、ジェリー・ベッカーを伊井篤史が再起用されている。また、端役も石井隆夫、目黒光祐、中博史が同一の役で続投している。

外部リンク[編集]