F・ゲイリー・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
F・ゲイリー・グレイ
F. Gary Gray
F. Gary Gray
Gray at San Diego Comic-Con in 2015
本名 Felix Gary Gray
別名義 Gary Gray
生年月日 (1969-07-17) 1969年7月17日(52歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
職業 映画監督映画プロデューサー、music video director、俳優
活動期間 1989年 - 活動中
主な作品
ストレイト・アウタ・コンプトン
ワイルド・スピード ICE BREAK
メン・イン・ブラック:インターナショナル
テンプレートを表示

フェリックス・ゲイリー・グレイ(Felix Gary Gray、1969年7月17日 - )[1]は、アメリカ合衆国ミュージック・ビデオ監督、映画監督映画プロデューサー俳優である[2]

アイス・キューブの「It Was a Good Day」、ドクター・ドレーとアイス・キューブの「Natural Born Killaz」、ドクター・ドレーの「Keep Their Heads Ringin'」、TLCの「Waterfalls」、アウトキャストの「Ms.Jackson」など、数々のミュージック・ビデオの監督を務め、高い評価を受け、賞を受賞している。

グレイは、コメディ映画『friday(1995年)で長編映画の監督としてデビューした。その後、映画『SET IT OFF』(1996年)、『交渉人』(1998年)、『ミニミニ大作戦』(2003年)、『Be Cool/ビー・クール』(2005年)、『完全なる報復』(2009年)、『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015年)を監督している。また、『ワイルド・スピード』フランチャイズの第8弾『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)を監督し、この作品は歴代19位の興行収入を記録している[3]

生い立ちとキャリア[編集]

グレイはニューヨークで生まれ、主に南ロサンゼルスで育った[4]。1989年に風刺コメディ映画『メジャーリーグ』にクレジットなしで出演し、キャリアをスタートさせた[要出典]。その3年後には、アイス・キューブの"It Was a Good Day"のミュージック・ビデオを監督した。このビデオは、歌詞を文字通り映像化したものである。彼はその後、アイス・キューブをはじめ、サイプレス・ヒルアウトキャストドクター・ドレークイーン・ラティファなどのアーティストのビデオを監督することになる。

26歳のとき[4]、グレイは、ラッパーでプロデューサーのアイス・キューブとクリス・タッカーが共演した都市型コメディ『friday』を初めて監督した。次に、ジェイダ・ピンケットとクイーン・ラティファが出演した映画『SET IT OFF』を監督した。その後、ケビン・スペイシーサミュエル・L・ジャクソンが共演した『交渉人』を監督し、グレイは1998年のアカプルコ映画祭(Acapulco Film Festival)で最優秀作品賞と最優秀監督賞を受賞した。

2003年には、シャーリーズ・セロンマーク・ウォールバーグ主演のアクションスリラー映画『ミニミニ大作戦』を監督した。国内興行収入が1億ドルを突破したこの作品で、グレイは2004年ブラック・アメリカン・フィルム・フェスティバルで最優秀監督賞を受賞した。次の作品は、ヴィン・ディーゼル主演のアクション・スリラー『ブルドッグ』で、その後、エルモア・レナードの同名小説を映画化した『Be Cool/ビー・クール』を監督した。ジョン・トラボルタ主演のこの作品は、批評家には酷評されたものの、全世界で9500万ドル以上の興行収入を記録した[5]

その後、ジェイミー・フォックスジェラルド・バトラーが出演し、カート・ウィマーが脚本を担当したスリラー映画『完全なる報復』を監督した。この映画は全世界で1億ドル以上の興行収入を記録した。グレイは、Black Hollywood Education and Resource CenterからThe Ivan Dixon Award of Achievementを受賞し、Black Enterprise誌の「50 Best and Brightest African Americans Under 40」の一人に選ばれた。また、African American Film Critics Association(アフリカ系アメリカ人映画批評家協会)から2004年特別功労賞を受賞し、同年にはArtist Empowerment Coalition(アーティスト・エンパワーメント・コーリション)からアーティスト・エンパワーメント賞を受賞している。また、2010年にはPan-African Film and Arts FestivalからPioneer Director賞を受賞している。

グレイは、ヒップホップグループN.W.A伝記映画である2015年のドラマ『ストレイト・アウタ・コンプトン』を監督し、2017年には、『ワイルド・スピード』フランチャイズの第8作目となる『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年4月14日公開)を監督した[6]。公開と同時に、両作品は黒人監督の作品による最高のオープニング興収記録を樹立し[3]、『ワイルド・スピード ICE BREAK』はアフリカ系アメリカ人が監督した初の全世界興行収入10億ドルを超える作品となった[7][8]。2019年4月、グレイがビデオゲーム・フランチャイズ『Saints Row』の映画化を監督することが明らかになり、脚本はGreg Russoが担当することになった[9]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

邦題
原題
監督 製作 カメオ出演(役柄)
1995 friday
Friday
Yes No Black Man at Store
1996 SET IT OFF
Set It Off
Yes Yes Gangster Driving Lowrider
1998 交渉人
The Negotiator
Yes No
2003 ミニミニ大作戦
The Italian Job
Yes No
* ブルドッグ
A Man Apart
Yes 製作総指揮
2005 Be Cool/ビー・クール
Be Cool
Yes 製作総指揮
2009 完全なる報復
Law Abiding Citizen
Yes No Detective with Evidence Bag
2015 追憶の森
The Sea of Trees
No Yes
ストレイト・アウタ・コンプトン
Straight Outta Compton
Yes Yes Greg Mack
2017 ワイルド・スピード ICE BREAK
The Fate of the Furious
Yes No
2019 メン・イン・ブラック:インターナショナル
Men in Black: International
Yes No

テレビシリーズ[編集]

邦題
原題
備考
1999 ライアン〜若き巡査の誇り
Ryan Caulfield: Year One
Episode "Pilot"
2006 Enemies Episode "Pilot"

ミュージック・ビデオ[編集]

タイトル アーティスト
1992 "It Was a Good Day" アイス・キューブ
1993 "Call Me a Mack" アッシャー
"I Ain't Goin' Out Like That" サイプレス・ヒル
"When the Ship Goes Down"
"Truthful" ヘヴィ・D
"Fantastic Voyage" クーリオ
1994 "Natural Born Killaz" ドクター・ドレー
アイス・キューブ
"Saturday Nite Live" Masta Ace Incorporated
"Southernplayalisticadillacmuzik" アウトキャスト
"Black Hand Side" クィーン・ラティファ
1995 "Keep Their Heads Ringin'" ドクター・ドレー
"Pretty Girl" Jon B.[10]
"Come On" バリー・ホワイト
"I Believe in You and Me" ホイットニー・ヒューストン
"Waterfalls" TLC
"Diggin' On You"
1996 "How Come, How Long" ベイビーフェイス
1999 "If I Could Turn Back the Hands of Time" R・ケリー
2000 "Ms. Jackson" アウトキャスト
2004 "Bang Bang Boom" Drag-On
2006 "Show Me What You Got" ジェイ・Z
2010 "Super High" リック・ロス

出典[編集]

  1. ^ F. Gary Gray Biography (1969?-)”. FilmReference.com. 2017年6月29日閲覧。
  2. ^ The New York Times”. The New York Times. 2012年1月21日閲覧。
  3. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2017年4月17日). “‘Fate Of The Furious’ To Clock $100M+ Stateside, As Pic Zooms To All-Time $529M+ Global Debut – Sunday AM Update”. Deadline Hollywood. 2017年4月17日閲覧。
  4. ^ a b Barker, Andrew (2017年4月5日). “On Eve of ‘Fate of the Furious,’ F. Gary Gray Celebrates 25 Years of Filmmaking”. Variety. https://variety.com/2017/film/features/gary-gray-celebrates-25-years-of-filmmaking-1202021599/ 2017年6月29日閲覧。 
  5. ^ Be Cool (2005)”. Box Office Mojo. 2017年8月6日閲覧。
  6. ^ The Fate of the Furious (2017) - Box Office Mojo”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ Box-Office Milestone: 'Fate of the Furious' Crosses $1B Globally”. The Hollywood Reporter (2017年4月30日). 2017年6月22日閲覧。
  8. ^ Harris (2017年4月4日). “‘The Fate of the Furious’: F. Gary Gray is the First African American To Direct a Billion-Dollar Movie”. Indiewire.com. 2017年6月22日閲覧。
  9. ^ Fleming, Mike Jr. (2019年4月30日). “F. Gary Gray Developing To Direct Movie Based On Video Game Franchise ‘Saints Row’ For Fenix, Koch, Occupant” (英語). Deadline. 2020年6月24日閲覧。
  10. ^ "Pretty Girl" by Jon B.”. VH1 (Viacom International) (2004年9月1日). 2015年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]