ヴィン・ディーゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴィン・ディーゼル
Vin Diesel
Vin Diesel
2013年
本名 Mark Sinclair Vincent
生年月日 (1967-07-18) 1967年7月18日(51歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
身長 182cm
著名な家族 パロマ・ジメンネズ(パートナー 2008-)
主な作品
リディック』シリーズ
ワイルド・スピード』シリーズ
トリプルX』シリーズ
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

ヴィン・ディーゼルVin Diesel, 1967年7月18日 - )は、アメリカ合衆国俳優脚本家映画監督映画プロデューサーである。本名はマーク・シンクレア・ヴィンセントMark Sinclair Vincent)。ニューヨーク市出身。身長182cm。2000年代以降のハリウッドを代表するアクションスターである。映画製作会社One Race Filmsを設立、また筋金入りのゲーマーとしても知られていて、ゲーム開発会社Tigon Studiosを所有している。

プロフィール[編集]

ニューヨークにてイタリア系及び黒人系の両親から生まれる[1][2]。ただし父とは会ったことがなく、演劇関係者であった義父の元で育つ[1][3]

7歳のときにグリニッジ・ヴィレッジの劇場で初舞台を踏む。養父が運営していた劇団の舞台にも立った。ハンター・カレッジで英文学を学ぶが、3年で中退して俳優になるべくハリウッドへ向かうも役を得ることができず、ニューヨークに戻る。戻った後、母親の勧めもあり、自分で脚本を書いて1994年に短編映画『Multi-Facial』を制作。この作品は3日の撮影期間、3,000ドルという超低予算での制作であったが、1995年のカンヌ国際映画祭で高い評価を得た。

1998年

『Multi-Facial』を見たスティーヴン・スピルバーグ監督に抜擢されて『プライベート・ライアン』に出演し、これがチャンスとなった。スピルバーグがヴィンの存在感にほれ込み、脚本中に無かった役をヴィンのために作ったといわれている。この時ヴィンは31歳で年収2万ドルであった。

2000年

SF映画ピッチブラック』で、リディックという残忍で強靭な肉体を持つ囚人の役を演じた。

2001年

ワイルド・スピード』のドミニク役において強烈な存在感を見せつけた。以降、自身を代表するシリーズとなる。

2002年

主演映画『トリプルX』にて、エクストリームスポーツのエキスパートという役柄を演じ、一躍スターへの階段を上った。

2004年

リディック』で4年ぶりにリディック役を演じる。

2005年

ディズニー実写映画『キャプテン・ウルフ』ではハウスキーパーをする軍人というコメディな役も演じている。

2006年

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』にてカメオ出演。

2008年

バビロン A.D.』主演。

2009年

ワイルド・スピード MAX』にて、8年ぶりに主演としてドミニク役を演じ、前作を大幅に超えるヒットとなる。また、製作としても関わり、以降の作品も参加していく。

2011年

ワイルド・スピード MEGA MAX』にて、ドミニク役で出演した。

2013年

ワイルド・スピード EURO MISSION』にて、ドミニク役で出演し、「2014年MTVムービーアワード BEST ON-SCREEN DUO」を受賞[4]

リディック:ギャラクシー・バトル』にて、9年ぶりにリディックを演じる。

2014年

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にて、グルート役のモーションキャプチャ及び声を担当し、北米だけで3億ドルを超す大ヒットとなる。

2015年

ワイルド・スピード SKY MISSION』にて、ドミニク役で出演。全世界で15億ドルを超え、シリーズ最大のヒットとなった。

また、「Forbes」誌が毎年発表する高額出演料ランキングにおいて4700万ドルを稼ぎ出し、3位となった[5]

2017年

この年は自身が参加するシリーズが3本公開した。

トリプルX:再起動』にて、15年ぶりにザンダー・ゲイジを演じる。

ワイルド・スピード ICE BREAK』にて、ドミニク役で出演し、全世界で12億ドルを超え、またも記録的なヒットとなった。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス』にて、ベビー・グルートの声を担当し、前作を超えるヒットとなる。

結果的に出演映画の興行収入を基に俳優を順位付けする「俳優の興行収入ランキング」で2017年第1位に輝いた。

また、「Forbes」誌の「世界で最も稼いだ俳優」ランキングにおいて5450万ドルを稼ぎ出し、3位となった[6]

2018年

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にて、グルートの声を担当。

私生活[編集]

2008年4月、ガールフレンドのパロマ・ジメンネズとの間に娘が生まれている[7]。2010年に息子。2015年3月に娘が生まれており名前は2013年11月に急逝した親友のポール・ウォーカーからとっている[8]

出演[編集]

映画[編集]

公開年 日本語題
原題
役名 備考
1990 レナードの朝
Awakenings
病院の用務員 ノンクレジット
1997 ストレイ・ドッグ
Strays
リック 兼監督・脚本・製作
1998 プライベート・ライアン
Saving Private Ryan
エイドリアン・カパーゾ二等兵
1999 アイアン・ジャイアント
The Iron Giant
アイアン・ジャイアント 声の出演
2000 マネー・ゲーム
Boiler Room
クリス
ピッチブラック
Pitch Black
リディック
2001 ワイルド・スピード
The Fast and The Furious
ドミニク・トレット
ノックアラウンド・ガイズ
Knockaround Guys
テイラー・リース
2002 トリプルX
xXx
ザンダー・ケイジ 兼製作総指揮
2003 ブルドッグ
A Man Apart
ショーン・ヴェッター 兼製作総指揮
2004 リディック
The Chronicles of Riddick
リディック
2005 キャプテン・ウルフ
The Pacifier
シェーン・ウルフ
2006 コネクション マフィアたちの法廷
Find Me Guilty
ジャッキー・ディノーシオ
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
The Fast and The Furious: Tokyo Drift
ドミニク・トレット カメオ出演
2007 ヒットマン
Hitman
N/A 製作総指揮
2008 バビロン A.D.
Babylon A.D.
トーロップ
2009 ワイルド・スピード MAX
Fast & Furious
ドミニク・トレット
2011 ワイルド・スピード MEGA MAX
Fast Five
ドミニク・トレット 兼製作
2013 ワイルド・スピード EURO MISSION
Fast & Furious 6
ドミニク・トレット 兼製作
リディック: ギャラクシー・バトル
Riddick
リディック 兼製作
2014 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
Guardians of the Galaxy
グルート モーションキャプチャ及び声の出演
2015 ワイルド・スピード SKY MISSION
Fast & Furious 7
ドミニク・トレット 兼製作
ラスト・ウィッチ・ハンター
The Last Witch Hunter
コールダー 兼製作
2016 ビリー・リンの永遠の一日
Billy Lynn's Long Halftime Walk
シュルーム
2017 トリプルX:再起動
xXx: The Return of Xander Cage
ザンダー・ケイジ 兼製作
ワイルド・スピード ICE BREAK
The Fate of the Furious
ドミニク・トレット 兼製作
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
Guardians of the Galaxy Vol. 2
ベビー・グルート 声の出演
2018 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
Avengers: Infinity War
グルート 声の出演

テレビゲーム[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]