ドクター・ドレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドクター・ドレー
Dr. Dre in 2011.jpg
ドクター・ドレー(2011年)
基本情報
出生名 アンドレ・ロメル・ヤング
生誕 1965年2月18日(51歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州コンプトン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ヒップホップ
担当楽器 歌、シンセサイザーキーボード蓄音機ドラムマシンサンプラー
活動期間 1984年 - 現在
レーベル プライオリティ、デス・ロウアフターマスインタースコープ
共同作業者 ワールド・クラス・レッキング・クルー、N.W.A.2パック50セントエミネムケンドリック・ラマーゲーム (ラッパー)スヌープ・ドッグネイト・ドッグイグジビットウォーレン・G
テンプレートを表示

ドクター・ドレーDr. Dre)ことアンドレ・ロメル・ヤングAndre Romel Young1965年2月18日 - )は、アメリカ合衆国音楽プロデューサーラッパー実業家俳優

概要[編集]

ヒップホップ・ミュージックの分野で、最も影響力があり、最も成功し、最も有名なプロデューサーの一人である。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第56位。

アルバム『2001』は、批評的にもセールス的にも大成功した。またアルバム『クロニック』は、発表から4年間、ヒップホップ・ミュージックの主流となり、今日まで影響を与え続けているウェスト・コーストGファンクの起源として、ヒップホップに革命をもたらしたと云われている。

近年は、ヘッドホンブランド「beats by dr.dre」を設立。

2014年、アップル社に現金と株式の合計30億ドル(3000億円)でビーツを売却、世界で最も高収入(630億円)のミュージシャンとなった。 

来歴[編集]

1980年代前半、ワールド・クラス・レッキン・クルー(World Class Wreckin' Cru)の一員としてプロデューサーとしてのキャリアを開始した。1986年に、ドレーとワールド・クラス・レッキン・クルーのメンバーであるDJ・イェラ(DJ Yella)は、1990年代ギャングスタラップと呼ばれるスタイルを確立したラップ・グループ、N.W.A.に初期メンバーとして参加した。

N.W.A.は人気の頂点にあったが、N.W.A.とそのレーベルであるルースレス・レコード(Ruthless Records)の創設メンバーであるイージー・E(Eazy E)との不和により、1991年に脱退、シュグ・ナイトと共にデス・ロウ・レコード(Death Row Records)を設立した。

1992年春に初のソロ・シングル「ディープ・カバー(Deep Cover (AKA 187))」を発表した。このシングルは、MCスヌープ・ドギー・ドッグ(現スヌープ・ドッグ)との共演の始まりとなった。スヌープは、同年発表のドレーのソロデビューアルバム『クロニック』でも大々的にフィーチャーされた。同アルバムは「ナッシン・バット・ア・G・サング(Nuthing But A 'G' Thang)」、「ファック・ウィズ・ドレー・デイ(**** Wit Dre Day (And Everybody's Celebratin'))」、「レット・ミー・ライド(Let Me Ride)」などのヒット・シングルを生み出し、マルチ・プラチナ・アルバムとなり、歴史上最も売れたヒップホップアルバムの一つとなった。「レット・ミー・ライド」は、1993年グラミー賞ベスト・ラップ・ソロ・パフォーマンスを獲得した。

続く1993年、ドレーはスヌープ・ドッグのデビュー・アルバム「ドギー・スタイル(Doggystyle)」をプロデュースした。同アルバムは、初のビルボード・チャート1位デビューという大ヒットを記録した。

1996年2パック、ロジャー・トラウトマン共演の「カリフォルニア・ラヴ(California Love)」をプロデュースし、自らも客演することで大ヒットさせた。この大ヒットにより、デス・ロウ、そしてドレー自身の音楽業界での立場が確固たるものとなった。しかし、同年の終わり、2パックが死亡し、シュグ・ナイトが脅迫罪に問われて逮捕されたことにより、デス・ロウの存在が危うくなった。これを受けてドレーは同レーベルを脱退、自らの手でアフターマス・エンターテインメント(Aftermath Entertainment)を立ち上げた。それと同時に発表されたアルバム『ドクター・ドレー・プレゼンツ〜ジ・アフターマス』は、アフターマスと契約した新人の曲を含むコンピレーションで、ドレー自身のヒット・シングル「ビーン・ゼア・ダン・ザット(Been There, Done That)」も収録されている。同曲は、ドレーがギャングスタ・ラップへの決別を表現していることが特徴的な曲であった。アルバムはプラチナムとなったが、ドレーとしては商業的にも質的にも失敗作であった。

1997年ナズ、フォクシー・ブラウン、AZ、ネイチャーらが参加したアルバム『ザ・ファーム(The Firm: The Album)』に収録された数曲をプロデュースした。このアルバムもプラチナムとなったが、同様に批判的な評を受けた。

アフターマスの転機は、ドレーがデトロイトのラッパー、エミネムと契約した1998年に訪れた。翌1999年、エミネムのメジャー・デビュー・アルバム『ザ・スリム・シェイディ LP』、続く2000年に『ザ・マーシャル・マザーズ・LP』をプロデュースし、大ヒットさせた。2002年発表の『ザ・エミネム・ショウ』では、エミネム自身のプロデュースが増えているが、2004年発表の『アンコール』、2009年発表の『Relapse』では再びドレーのプロデュース曲が増えている。

1999年、ドレーの2作目のアルバム『2001』を発表、デヴィン・ザ・デュードやヒットマン、スヌープ・ドッグ、エミネムなどが、数多く参加している。

2000年、『ザ・マーシャル・マザーズ LP』と『2001』における業績で、グラミー賞のプロデューサー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。これらのアルバムは、深く豊かなベースラインに高音のピアノ弦楽器のメロディを重ねるという、その後の楽曲の方向性を示唆した。このスタイルは、ドレーのプロデュースの、イヴの「レット・ミー・ブロウ・ヤ・マインド(Let Me Blow Ya Mind)」、バスタ・ライムズの「Break Ya Neck」、メアリー・J・ブライジの「ファミリー・アフェアー(Family Affair)」などの各曲に活かされている。

SET IT OFF』、『ザ・ウォッシュ』、『トレーニング・デイ』などの映画にも出演。彼自身は後に役者になるつもりは無かったと語っている。ノクターナル(Knoc-turn'al)をフィーチャーした「バッド・インテンションズ(Bad Intentions)」は、『ザ・ウォッシュ』のサウンドトラックに収録されている。同サウンドトラックでは、他に「On the Blvd.」、「The Wash」という曲で、スヌープ・ドッグと競演している。

2003年、50セントのメジャーデビューアルバム『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン(Get Rich Or Die Tryin')』をプロデュースし、ヒットさせた。同アルバムからは、「イン・ダ・クラブ(In Da Club)」が大ヒット。

2005年、ゲーム (ラッパー)のメジャーデビューアルバム『The Documentary』をプロデュースし、ヒットさせた。

2010年末、『Detox』からの先行シングルとして、"Kush feat. Snoop Dogg & Akon"を発表。2012年には、エミネムスカイラー・グレイをフィーチャーしたシングル『I Need A Doctor』を発表。

2012年、ケンドリック・ラマーのメジャーデビューアルバム『Good Kid, M.A.A.D City』をプロデュースし、ヒットさせた。

2015年、16年振りとなる3作目のアルバム『Compton』を発表。これにより長年、噂されていた『Detox』は正式に制作中止になった。

経営者としての活動[編集]

2008年、ジミー・アイヴォンと共同でBeats Electronicsを設立。ヘッドフォン「Beats by Dr. Dre」、定額制音楽ストリーミングサービス「Beats Music」、高音質技術「Beats Audio」ブランドを手がける。

来日[編集]

2012年8月17日、エミネムのQVCマリンフィールド公演にスペシャル・ゲストとして登場。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[1]
AUS
[2]
CAN
[3]
FRA
[4]
GER
[5]
IRE
[6]
NL
[7]
NZ
[8]
SWI
[9]
UK
[10]
1992 The Chronic 3 91 74 48 43
1999 2001
  • 発売日: 1999年11月16日
  • レーベル: Aftermath, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 766.4万枚[14]
2 26 2 15 20 7 17 11 36 4
  • US: 7× プラチナ[12]
  • AUS: 2× プラチナ[15]
  • CAN: 5× プラチナ[16]
  • FRA: ゴールド[17]
  • GER: ゴールド[18]
  • NZ: 2× プラチナ[19]
  • SWI: ゴールド[20]
  • UK: 3× プラチナ[13]
2015 Compton
  • 発売日: 2015年8月7日
  • レーベル: Aftermath, Interscope
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 63.5万枚[21]
2 1 1 1 4 1 1 1 1 1
  • AUS: ゴールド[22]
  • UK: ゴールド[13]
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

コンピレーション[編集]

  • Concrete Roots
  • First Round Knock Out
  • Back 'n the Day
  • Dr. Dre Presents the Aftermath
  • Chronicle: Best of the Works
  • Chronicles: Death Row Classics

サウンドトラック[編集]

  • The Wash soundtrack

映画[編集]

  • SET IT OFF - Set It Off(1996年)
  • Rhyme&Reason ライム&リーズン - Rhyme & Reason (1997年、出演)
  • ウェルカム・トゥ・デス・ロウ - Welcome to Death Row (2001年、出演)
  • ザ・ウォッシュ - The Wash (2001年、製作総指揮・歌・出演)
  • トレーニング・デイ - Training Day (2002年、出演)
  • ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン - Get Rich or Die Tryin' (2005年、製作)

出典[編集]

  1. ^ Peak chart positions for albums in the United States:
  2. ^ Discography Dr. Dre”. 'australian-charts.com'. Hung Medien. 2015年8月25日閲覧。
  3. ^ Peak chart positions for albums in Canada:
  4. ^ Discographie Dr. Dre” (French). 'lescharts.com'. Hung Medien. 2012年4月3日閲覧。
  5. ^ Chartverfolgung / Dr. Dre / Longplay” (German). 'musicline.de'. Media Control Charts. 2012年4月3日閲覧。
  6. ^ Discography Dr. Dre”. 'irish-charts.com'. Hung Medien. 2012年4月3日閲覧。
  7. ^ Discografie Dr. Dre” (Dutch). 'dutchcharts.nl'. Hung Medien. 2012年4月3日閲覧。
  8. ^ Discography Dr. Dre”. 'charts.org.nz'. Hung Medien. 2012年4月3日閲覧。
  9. ^ Discographie Dr. Dre” (German). 'hitparade.ch'. Hung Medien. 2012年4月3日閲覧。
  10. ^ Dr. Dre (select "Albums" tab)”. The Official Charts Company. 2012年4月3日閲覧。
  11. ^ Caulfield, Keith (2015年7月10日). “Billboard 200 Chart Moves: Dr. Dre's 'Chronic' Returns After Over 20 Years”. Billboard. Prometheus Global Media. 2015年7月11日閲覧。
  12. ^ a b Gold & Platinum: Dr. Dre”. Recording Industry Association of America. 2012年4月3日閲覧。
  13. ^ a b c BPI Certified Awards Search (insert "Dr Dre" into the "Search" box, and then select "Go")”. British Phonographic Industry. 2012年4月3日閲覧。
  14. ^ Paine, Jake. “Hip Hop Album Sales: The Week Ending 6/30/2013”. HipHop DX. 2013年7月12日閲覧。
  15. ^ http://www.aria.com.au/pages/httpwww.aria.com.aupagesaria-charts-accreditations-albums-2014.htm
  16. ^ Gold and Platinum Search (Dr. Dre)”. Music Canada. 2012年4月3日閲覧。
  17. ^ Dr. Dre Certifications”. Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2015年8月20日閲覧。
  18. ^ Gold-/Platin-Datenbank: Dr. Dre” (German). Bundesverband Musikindustrie. 2012年4月3日閲覧。
  19. ^ Top 50 Albums Chart: Chart #1250 (Sunday 11 March 2001)”. Recording Industry Association of New Zealand. 2012年6月11日閲覧。
  20. ^ The Official Swiss Charts and Music Community: Awards (Dr. Dre)”. 'swisscharts.com'. Hung Medien. 2012年6月19日閲覧。
  21. ^ Smith, Trevor (2015年9月13日). “Charts Don't Lie: September 12”. 2015年9月14日閲覧。
  22. ^ Ryan, Gavin (2015年9月19日). “ARIA Albums: Bring Me the Horizon 'That's the Spirit' Debuts At One in Australia”. Noise11. 2015年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]