ストレイト・アウタ・コンプトン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストレイト・アウタ・コンプトン
Straight Outta Compton
監督 F・ゲイリー・グレイ
脚本 アンドレア・バーロフ英語版
ジョナサン・ハーマン英語版
原案 S・リー・サヴィッジ英語版
アラン・ウェンカス英語版
アンドレア・バーロフ
製作 マット・アルバレス
スコット・バーンスタイン
トミカ・ウッズ=ライト
F・ゲイリー・グレイ
ドクター・ドレー
アイス・キューブ
製作総指揮 ジョン・ジャシュニ英語版
アダム・メリムズ英語版
ウィリアム・パッカー英語版
トーマス・タル英語版
デイヴィッド・エンジェル
ビル・ストラウス
出演者 ジェイソン・ミッチェル英語版
オシェア・ジャクソン・Jr英語版
コーリー・ホーキンス英語版
オルディス・ホッジ
ニール・ブラウン・Jr英語版
ポール・ジアマッティ
コーリー・レイノルズ
音楽 ジョセフ・トラパニーズ
撮影 マシュー・リバティック
編集 ビリー・フォックス
マイケル・トロニック
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
ニュー・ライン・シネマ
キューブ・ヴィジョン英語版
クルーシャル・フィルムズ
ブロークン・チェア・フリックズ
配給 アメリカ合衆国の旗ユニバーサル映画
日本の旗シンカパルコ
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年8月14日
日本の旗 2015年12月19日
上映時間 147分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $28,000,000[1]
興行収入 世界の旗$201,600,000[1]
テンプレートを表示

ストレイト・アウタ・コンプトン』(原題:Straight Outta Compton)は、2015年アメリカ映画。伝説的ヒップホップ・グループ、N.W.Aの結成から脱退、再結成までを描いた伝記的音楽映画。N.W.Aのメンバーと交流のあったF・ゲイリー・グレイが監督を務め、制作としてドクター・ドレーアイス・キューブが参加している。また、アイス・キューブを演じたオーシェア・ジャクソン・Jrはアイス・キューブの実の息子である。[2] 映画内において、元メンバーであるアラビアン・プリンスが全く登場していないため物議をかもした[3]

ストーリー[編集]

1986年、全米で屈指の治安の悪い地域、カリフォルニア州コンプトン。ドラッグの売人として生活するエリック/イージー・E(ジェイソン・ミッチェル)はロサンゼルス一帯でムーブメントとなりつつあったヒップホップに取り憑かれ、音楽ビジネスで生計を立てようと考えていた。DJとして活躍していたドクター・ドレ(コーリー・ホーキンス)やリリックメイカーのアイス・キューブ(オーシェア・ジャクソン・Jr)を加えて、エリックはストリートラップ・グループ、N.W.Aを結成する。彼らの暴力的な日常を題材としたラップはギャングスタ・ラップと呼ばれるようになり、ファースト・アルバム『ストレイト・アウタ・コンプトン』は累計300万枚を超える大ヒットとなる。N.W.Aの存在が社会現象にまでなる一方で、その攻撃的で過激なメッセージから警察やFBIの監視対象となり、世間からの大きな非難にも晒されるようになった。更に、ギャランティーの配分問題からイージー・Eやプロデューサーと対立したアイス・キューブがグループを脱退、各メンバーの間にも亀裂が生じるようになる。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]