郷里大輔

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ごうり だいすけ
郷里 大輔
プロフィール
本名 長堀 芳夫
(ながほり よしお)[1]
愛称 郷里ちゃん[2][3]、ゴーリー[4]、ゴッチ
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京都江東区[5]
死没地 日本の旗 日本・東京都中野区本町[6]
生年月日 (1952-02-08) 1952年2月8日
没年月日 (2010-01-17) 2010年1月17日(57歳没)
血液型 A型[7][8]
職業 声優ナレーター俳優
事務所 青二プロダクション(最終所属)[9]
配偶者 あり[2][8]
公式サイト 郷里大輔|青二プロダクション
公称サイズ(時期不明)[10]
身長 / 体重 176 cm / 78 kg
活動
活動期間 1973年 - 2010年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

郷里 大輔(ごうり だいすけ、1952年2月8日[7] - 2010年1月17日[5][7][11])は、日本声優ナレーター俳優。本名・旧芸名は、長堀 芳夫(ながほり よしお)。東京都江東区出身[5]青二プロダクションに所属していた[9]

生涯

東京都立化学工業高等学校[12]テレビタレントセンター東京校卒業[5]

レストランのニュートーキョーで皿洗いのアルバイトをしながら「これからどうしようか」と考えていたところ、偶然夕刊に黒沢良が設立した声優学校の記事が載っており、それを読んだ時「僕は勉強が得意じゃなかったけど、本を朗読することはいつも褒められたな。なら、声優という世界は自分に合っているかもしれない」と気が付いたのが声優を始めたきっかけだという。当時は舞台役者から声優業を始める人物が多かったが、自分は声優をやりたくて仕事を始めたと語っている[2]

記事に掲載されていた声優学校の試験を1年間待っていたが、結局その学校は翌年募集がなかったため、テレビタレントセンターの養成所へ行き、永井一郎に演技のイロハを教わる[2]

デビュー後しばらくは、アルバイトを掛け持ちしながら活動する[3]。当時同期だった井上和彦と一緒にラジオドラマを作ってラジオ局に送ったり、アルバイトを行っていた[2]

アニメのデビュー作は、1973年に放送された『キューティーハニー』でのナレーション[13]

1979年、『機動戦士ガンダム』にてドズル・ザビを演じる。以降は本人いわく「ケダモノ役」が専門になったという[14]

吉沢演劇塾、江崎プロダクションを経て、青二プロダクションに所属した[5]

デビュー当初から吹き替えが中心だったが、青二への移籍後は初めてナレーションを務めた。また、着ぐるみをかぶってのテレビ出演、歌の披露などを経験することが多かったという[8]

2008年、俳優として山田洋次監督作品『母べえ』に出演した[13]

2010年1月17日午後3時頃、東京都中野区本町の路上で、腕や手首などから血を流し倒れているところを通行人に発見され、死亡が確認された[11][6]。現場付近には、家族宛てに「ごめんね」「ありがとう」などと書かれた走り書きのメモやカッターナイフがあったことから、自殺による失血死とみられている[11][6]。57歳没。所属する青二プロダクションからは、死因が急性心不全と発表された[15]。死の数年前から糖尿病を患い、網膜剥離を併発して視力が極端に低下したことで悩んでいたといい、仕事の度に「台本が読めない。思うように仕事ができない」と愚痴をこぼしていたという[6]

葬儀は遺族の意思により密葬にて執り行われ[6]3月1日に偲ぶ会が行われた[16]

人物

既婚者で子供がいた[2][8]

特色

太く迫力ある声に定評があり[13]悪役や豪放・豪傑な人物、大柄で筋肉質なキャラクターを演じることが多い[17]

ゴツい役の他、『サクラ大戦』のミュージカルでオカマ役や『機動警察パトレイバー』の山崎ひろみなど気弱な役も演じている。オカマ役を演じる機会も意外と多いという[2]

テレビ番組CMなどのナレーションの仕事も数多く手掛けていた。

エピソード

演じることの多い悪役のイメージとは対照的に、温和で非常に優しい性格である。しかし本気で怒らせると非常に怖かったという[18]。自分の地は「すごく恥ずかしがり屋で気弱」とのことで、そういう部分を隠すためにドズル・ザビのような強い役をやってみたいという[2]

本人によると、多く担当する「強いケダモノ系のキャラクター」を演じる際は強さだけを表現するだけではなく、その中にも愛情や苦しみなど複雑な面があることを意識してを演じていたという[17]

美形の役を演じたいという願望があったようで、『機神咆吼デモンベイン』でカリグラを演じた際は当初「今回も美形じゃないのか、ハ〜〜〜〜」と残念がっていた[19]

小学生の頃までは高い声だった。高校3年の時に低い声の友達がおり、「いい声だなぁ。俺もそういう声になりたいよ」と言うと「自分だって声が低いじゃないか」と返され、気付かないうちに声変わりで低くなっていたという[2]

19歳の頃に研究開発の仕事をしていた[2]

声の仕事の他、舞台活動も行っており、テレビでは大きな声を出してもボリュームを絞られたり現場でミキサーに抑えられたりするが、舞台は大きな声がそのボリュームのまま伝わり、また自分なりに色んな工夫もできて直接反応も受けられるため舞台も好きだという[2]

野沢雅子によると「本人もがっちりしていてゴツいイメージがある」といい、「芸名を長堀芳夫から郷里大輔に変更しようと思うんです。」と改名の相談をされたところ、野沢は彼のイメージから「なに? ゴリラ? じゃないよね。なんていうの?」と聞き返してしまったという[20]

声優の井上和彦とは、養成所で会って以来の親友同士で、デビュー前や新人時代の数年間は同じ場所でアルバイトをしていた。2人で接客をしながら発声練習をするなど共によく勉強をしたといい、念願の共演を果たした際は焼鳥屋で2人して泣きながら呑んだという[3]。なお、郷里と井上は様々な作品で多数共演しており、収録スタジオで会う度に談笑していたという[注 1]

同じ事務所の古川登志夫からは「ゴッチ」の愛称で呼ばれていた。古川が主宰していた劇団青杜の「うさぎはねている」公演時には、忙しい仕事の合間を縫って客演したという[21]

羽佐間道夫からは「ゴーリー」の愛称で呼ばれていた。羽佐間は郷里について「若山弦蔵と並ぶ日本人離れした声の持ち主」と評しており、『ミッドナイト・ラン』で共演した際の演技についても「素晴らしかった」と絶賛していた。また、羽佐間は自身の当たり役として有名な『ロッキー』シリーズのシルベスター・スタローンの吹き替えに関しても「もしキャスティングし直せるなら、ゴーリーにやらせたかった」とも語っていた[4]

死去の影響

突然の訃報は、多くのファンに衝撃を与えた。数日前の1月13日には、多数の作品で共演した同事務所所属だった田の中勇も死去していたため、相次ぐ訃報であったことも大きな影響を与えたという[6][22]

ドラゴンボールZ』でミスター・サタンの娘ビーデルを演じた皆口裕子は、「もしも『ドラゴンボール改』が続いて、ビーデルを演じる時が来たとしても…郷里さんがミスターサタンじゃないなら、私もビーデルやりたくないと泣き、みんなを困らせました」と、自身のブログで心境を吐露している[23]

ビートたけしのTVタックル』では、2010年1月25日放送のエンディングで、同番組のナレーションを務めていた郷里の死去に対するお悔やみの言葉を添えて放送した。

クレヨンしんちゃん』では双葉商事の部長を演じていたが、郷里の死後約5年間は台詞なしでの登場、もしくは名前のみでの登場となった(2015年公開の劇場版23作目と同年6月以降のテレビアニメ版からは大友龍三郎が担当している)。

郷里が複数役で出演していた『スターフォックス64』では、リメイク版の『スターフォックス64 3D』で郷里の死去を理由にキャストが総入れ替えされた。

週刊プレイボーイ』2010年2月22日号では、同誌連載の『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編』の扉ページに、アニメ版にて郷里の持ち役だったロビンマスクが掲載された。原作者ゆでたまごのうち原作を担当する嶋田隆司は「唯一無二の声優だっただけに、わたしの心に穴がポッカリあいてしまいましたが、これからも誠心誠意ロビンを描いていくことを誓います」と、自身のブログで発表した[24]

戦国無双シリーズ」では、郷里がナレーターや武田信玄役を務めた『戦国無双3』の公式サイトで追悼のメッセージが掲載された。

ラジオ番組『YAGアニメラボ』(ニッポン放送)が行った2010年3月31日の公開録音にて、同局アナウンサーの吉田尚記の私物をプレゼントする企画では、ゲーム『ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜』のサイン入り台本がプレゼントされるはずだったが、観客や吉田の意思を尊重し、郷里のサイン入り台本のみ除外された。

後任

郷里の死後、持ち役・ナレーションを引き継いだ人物は以下の通り。ただし、声優を総入れ替えした作品については対象外としている。

後任 役名 概要作品 後任の初担当作品
今村直樹 ナレーション ビートたけしのTVタックル 2010年1月25日放送回
銀河万丈 アナタの名字SHOW 第2回
『ビートたけしのTVタックル』 2010年4月放送回
かぜこんこん それいけ!アンパンマン 第1190話[注 2]
大友龍三郎 バジル キディ・ガーランド 第19話
ドンカエン トミカヒーロー レスキューファイアー 第48話
ポルンガ ドラゴンボールシリーズ ドラゴンボール改』第51話
コルド大王 『ドラゴンボール改』第55話
牛魔王
閻魔大王 『ドラゴンボール改』第129話
武田信玄 戦国無双シリーズ」 戦国無双3 猛将伝
ブルル かいけつゾロリ 映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!
ローズ / タケシ クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ カスカベ映画スターズ!
部長 クレヨンしんちゃん クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃
アシュラマン キン肉マン ぱちんこキン肉マン〜夢の超人タッグ編〜
ばい菌の親玉 ユニリーバ・ジャパンCM『ドメスト』 2010年放送回
マンモシ博士 ネクスコCM『マンモシ博士の冬の高速道路講座』 2011年放送回
バスク・オム 機動戦士Ζガンダム 機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE[25]
石塚運昇 ミスター・サタン 「ドラゴンボールシリーズ」 『ドラゴンボール改』第86話[注 3]
三島平八 鉄拳シリーズ 鉄拳タッグトーナメント2[注 4]
ナレーション 「戦国無双シリーズ」 『戦国無双3 猛将伝』
江田島平八 魁!!男塾 魁!!男塾 〜日本よ、これが男である!〜
ロビンマスク 『キン肉マン』 『CRぱちんこキン肉マン〜夢の超人タッグ編〜』
宝亀克寿 ジンベエ ONE PIECE 第442話
ドロダボ ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空 ドラゴンボールヒーローズ
星野充昭 ビネガー ドラゴンボールZ
稲田徹 黒煙の龍 ドラゴンボールGT
小山剛志 ミソカッツン ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ
ザッパ ポポローグ 『ポポロクロイス物語 〜ナルシアの涙と妖精の笛』
イアン・ギブ ライデン ザ・キング・オブ・ファイターズ ザ・キング・オブ・ファイターズXIII
立木文彦 ヴァチール所長(マスター・サイ) カンフー・パンダ カンフー・パンダ2
斉藤次郎 サウンドウェーブ トランスフォーマー/リベンジ トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
ブルル 『かいけつゾロリ』 もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ
五王四郎 ブルース ファインディング・ニモ Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ
石井康嗣 ヨセミテ・サム ルーニー・テューンズ ルーニー・テューンズ・ショー
エッジマスター ソウルキャリバー ソウルキャリバーV
島香裕 サム キャッツ & ドッグス キャッツ & ドッグス 地球最大の肉球大戦争
三宅健太 バース・アームストロング デッド オア アライブ DEAD OR ALIVE Dimensions
ブリ・キデーラ 装甲騎兵ボトムズ 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇
コーウェン 真ゲッターロボ 世界最後の日
カリグラ 機神咆吼デモンベイン スーパーロボット大戦UX
乃村健次 山崎ひろみ 機動警察パトレイバー 『CR機動警察パトレイバー』
小林達也 ウィンストン・ジ・オーガ バンデットQ 35周年Blu-ray版追加収録部分
楠見尚己 ブレア・ベア 南部の唄 『Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ』
藤井隼 アロンゾ・モーズリー ミッドナイト・ラン』(テレビ朝日版) ムービープラス追加収録部分[26]
川津泰彦 ドル・アーミー 獣神ライガー スーパーロボット大戦DD
岡田誠 バルー ジャングル・ブックシリーズ ミッキーのマジカルミュージックワールド
斎藤志郎 ロックスター 『ONE PIECE』 ONE PIECE FILM RED

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1973年
1975年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2022年

劇場アニメ

1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1999年
2001年
2002年
2003年
2005年
2007年
2008年
2009年
2010年
  • REDLINE(ハメシュ・フリーニ〈ゴリライダー〉)

OVA

年数不明
  • キン肉マン 世紀の大決戦 アイドル超人VS悪魔超人(ロビンマスク)
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
  • KI・ME・RA(フェンダー)
  • 闘神伝(ガイア)
1998年
2004年
2005年
2007年
2008年
2009年
2010年

Webアニメ

ゲーム

2011年以降の出演作品は生前の収録音声を引用したライブラリ出演。

1989年
1990年
  • ヴァリスIII(グラメス王)
  • 迷宮のエルフィーネ(プロフェット)
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2013年
2014年
2018年
  • クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム(ロマノフ)
2021年
2022年
2024年

パチンコ・パチスロ

吹き替え

俳優

ヴィング・レイムス
ブラッド・ギャレット
マイケル・クラーク・ダンカン
ヤフェット・コットー

映画

ドラマ

アニメ

人形劇

特撮

1985年
1992年
1996年
1997年
1999年
2001年
2002年
2003年
2006年
2007年
2008年
2009年

人形劇

ラジオドラマ

デジタルコミック

CD

ナレーション

テレビドラマ

映画

バラエティ

ドキュメンタリー

教養番組

CMナレーション

その他コンテンツ

脚注

注釈

  1. ^ リトル・マーメイド』で共演した際は、収録スタジオで「(井上は)またイケメンキャラクターなのか。すごいな〜。俺も一回くらい演じてみたいよ。」と言い、苦笑いをしていたという。
  2. ^ 郷里の生前も一部の回で代役を担当している。
  3. ^ 石塚の死後は江原正士に引き継がれた。
  4. ^ 石塚の死後は楠大典に引き継がれた。
  5. ^ 「長塚芳夫」と誤表記。
  6. ^ 郷里の死後、ロマノフは本作を以て第一アカデミーから引退した設定として扱い、『QMA8』以降は出演しない措置が執られた[要出典]
  7. ^ ミスター・サタンの声は2016年3月更新のゴッドミッション7弾以降は石塚運昇が担当。ゴタンは郷里の声が引き続き使用されている。

シリーズ一覧

  1. ^ 『GGENERATION』(1998年)、『ZERO』(1999年)、『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『NEO』(2002年)、『SEED』(2004年)、『PORTABLE』(2006年)、『SPIRITS』(2007年)、『WARS』(2009年)、『WORLD』『3D』(2011年)、『OVER WORLD』(2012年)、『GENESIS』(2016年)
  2. ^ 『戦国無双』(2004年)、『猛将伝』(2004年)
  3. ^ 『戦国無双2』(2006年)、『Empires』(2006年)、『猛将伝』(2007年)
  4. ^ 『無双OROCHI』(2007年)、『魔王再臨』(2008年)
  5. ^ 『戦国無双3』(2009年)、『Z』(2011年)
  6. ^ 『ヒーローズ』(2010年 - 2012年)、『アルティメットミッション』(2013年)、『アルティメットミッション2』(2014年)、『スーパードラゴンボールヒーローズ』(2016年)、『アルティメットミッションX』(2017年)、『ワールドミッション』(2019年)

出典

  1. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、442頁。ISBN 978-4415008783 
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『機動戦士ガンダム』 ジオンSIDE、竹書房、2006年、36-41頁。ISBN 4812429870 
  3. ^ a b c 井上和彦 (2010年1月18日). “郷里大輔さんが”. 井上和彦オフィシャルブログ「風まかせ」. 2021年6月20日閲覧。
  4. ^ a b 『ポセイドン・アドベンチャー〈日本語吹替完全版〉コレクターズ・ブルーレイBOX〔初回生産限定〕』インタビュー集より
  5. ^ a b c d e 青二プロダクション 郷里 大輔 - ウェイバックマシン(2016年10月29日アーカイブ分)
  6. ^ a b c d e f “声優界衝撃「ロビンマスク役」郷里大輔さん路上死のナゾ”. zakzak. (2010年1月20日). https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100120/enn1001201608010-n2.htm 2021年6月20日閲覧。 
  7. ^ a b c 郷里 大輔」『Excite News』(エキサイト株式会社)。2023年11月5日閲覧。
  8. ^ a b c d 「青二プロダクション創立40周年記念座談会[第1回]」『声優アニメディア』2009年9月号、学研ホールディングス、2009年9月、116-117頁。 
  9. ^ a b 郷里大輔|株式会社青二プロダクション”. 2020年9月6日閲覧。
  10. ^ 青二プロダクション 郷里 大輔 - ウェイバックマシン(2013年12月7日アーカイブ分)
  11. ^ a b c 「キン肉マン」ロビンマスク声優の郷里大輔さん自殺か」『asahi.com朝日新聞社、2010年1月18日。2010年1月18日閲覧。オリジナルの2010年1月22日時点におけるアーカイブ。
  12. ^ 『日本タレント名鑑(1983年版)』VIPタイムズ社、1982年、162頁。国立国会図書館書誌ID:000001628171 
  13. ^ a b c 李信恵、山田武志「『機動戦士ガンダム』ドズル・ザビ役の声優、郷里大輔さんが死去」『エキサイトニュース』、2010年1月28日。2010年1月28日閲覧。
  14. ^ 皆が心を1つにして叫ぶジーク・ジオン! ビッグサイトで“生”ガルマ国葬が”. 電撃オンライン (2009年8月23日). 2022年11月30日閲覧。
  15. ^ WHAT'S NEW - ウェイバックマシン(2010年3月5日アーカイブ分)
  16. ^ 神谷明 (2010年3月1日). “ご報告!”. 神谷明オフィシャルブログ「神谷明の屁の突っ張りはいらんですよ!!」. アメーバブログ. 2022年11月30日閲覧。
  17. ^ a b インタビュー 第35回郷里大輔”. 銀河英雄伝説 ON THE WEB (2001年). 2022年11月30日閲覧。
  18. ^ 集まれ昌鹿野編集部』2007年8月19日放送分での小野坂昌也の発言より
  19. ^ 『機神咆吼デモンベイン Picture Stories 公式魔導書』117pより。
  20. ^ 野沢雅子「第6章 素晴らしき声優仲間 そして、たくさんの後輩たち」『ボクは声優。』オプトコミュニケーションズ、1995年11月19日、187頁。ISBN 4-07-217886-1 
  21. ^ TOSHIO'sHOME - DIARY 2010年1月18日、2010-01-20 閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ “声優の郷里大輔さん死去=中国アニメファンも哀悼の意―日本”. Record China. (2010年1月19日). オリジナルの2015年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150513073154/http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38989&type=1 
  23. ^ 皆口裕子 (2010年1月20日). “2010/01/20”. 皆口裕子オフィシャルブログ「ちまちまの神様」. 2021年6月20日閲覧。
  24. ^ 嶋田隆司 (2010年1月20日). “安らかに…。”. Pehlwans. 2021年6月20日閲覧。
  25. ^ CHARACTER”. 機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE 公式サイト. 2022年11月9日閲覧。
  26. ^ @otayahiijuf (2018年7月8日). "藤井隼のツイート". X(旧Twitter)より2023年5月12日閲覧
  27. ^ 機動戦士ガンダム”. メ〜テレ アニメ史 - 名古屋テレビ【メ〜テレ】. 名古屋テレビ. 2024年1月31日閲覧。
  28. ^ 作品データベース ゴールドライタン”. タツノコプロ. 2022年11月8日閲覧。
  29. ^ 戦国魔神ゴーショーグン”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2022年3月9日閲覧。
  30. ^ 科学救助隊テクノボイジャー - メディア芸術データベース
  31. ^ 鈴木秀明 編「全58話ストーリーCHECK」『タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン COMPLETE BOOK』ぴあ、2018年2月5日、42頁。ISBN 978-4-8356-3846-1 
  32. ^ キン肉マン”. 東映アニメーション. 2022年7月17日閲覧。
  33. ^ a b c 中山基(編)『フィギュア王』No.119、ワールドフォトプレス、2008年1月30日、31頁、ISBN 978-4-8465-2701-3 
  34. ^ 掛尾良夫 編「男性篇」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、109頁。ISBN 4-87376-160-3 
  35. ^ a b c スプーンおばさん”. ぴえろ公式サイト. 2022年12月17日閲覧。
  36. ^ ブリ・キデーラ”. ボトムズWeb. テレビシリーズ. サンライズ. 2023年1月28日閲覧。
  37. ^ 作品データベース OKAWARI-BOY スターザンS”. タツノコプロ. 2022年12月14日閲覧。
  38. ^ ゴッドマジンガー”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年3月28日閲覧。
  39. ^ CHARACTER GAIL”. 『巨神ゴーグ』公式サイト. サンライズ. 2024年4月6日閲覧。
  40. ^ 魔法の妖精 ペルシャ”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2022年9月2日閲覧。
  41. ^ STAFF/CAST”. 機動戦士Ζガンダム. サンライズ. 2022年3月27日閲覧。
  42. ^ 魔法のスターマジカルエミ”. メディア芸術データベース. 2022年9月2日閲覧。
  43. ^ 銀牙 流れ星 銀”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。
  44. ^ 剛Q超児イッキマン|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2024年3月28日閲覧。
  45. ^ ドラゴンボール”. 東映アニメーション. 2022年5月8日閲覧。
  46. ^ 新メイプルタウン物語 パームタウン編”. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  47. ^ 魁!!男塾”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  48. ^ トッポ・ジージョ”. 日本アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  49. ^ 夢見るトッポ・ジージョ”. 日本アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  50. ^ 『魔神英雄伝ワタル メモリアルブック』新紀元社、2006年3月3日、69頁。ISBN 978-4-7753-0436-5 
  51. ^ a b 松田岳久 編「設定資料集」『トランスフォーマージェネレーション』勁文社〈ケイブンシャの大百科別冊〉、2001年7月30日、113・115頁。ISBN 4-7669-3800-3 
  52. ^ 山﨑鉄夫 編「エンサイクロペディア・オブ・ラムネス」『VS騎士ラムネ&40炎 熱血勇者の書』白夜書房〈白夜ムックNo.19〉、1996年9月26日、88頁。ISBN 4-89367-506-0 
  53. ^ 『魔神英雄伝ワタル メモリアルブック』新紀元社、2006年3月3日、142頁。ISBN 978-4-7753-0436-5 
  54. ^ 勇者エクスカイザー”. 勇者Web. サンライズ. 2021年9月12日閲覧。
  55. ^ ゲッターロボ號”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  56. ^ 太陽の勇者ファイバード”. 勇者Web. サンライズ. 2021年9月26日閲覧。
  57. ^ スーパービックリマン”. 東映アニメーション. 2022年9月14日閲覧。
  58. ^ ムカムカパラダイス”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  59. ^ FF:U ~ファイナルファンタジー:アンリミテッド~”. GONZO公式サイト. 2024年3月28日閲覧。
  60. ^ ドリー”. 2018年1月28日閲覧。
  61. ^ ロックスター”. 2018年1月28日閲覧。
  62. ^ ジンベエ”. 2018年1月28日閲覧。
  63. ^ キン肉マンII世”. 東映アニメーション. 2022年7月22日閲覧。
  64. ^ キン肉マンII世アルティメットマッスル”. 東映アニメーション. 2022年7月22日閲覧。
  65. ^ 手配者リスト VODKA”. KING OF BANDIT JING. アニプレックス. 2017年3月26日閲覧。
  66. ^ 犬夜叉”. official web. 2022年12月27日閲覧。
  67. ^ STAFF & CAST”. デモンベイン総合サイトページ. 2024年3月28日閲覧。
  68. ^ キャラクター”. デルトラクエスト. テレビ愛知. 2024年4月10日閲覧。
  69. ^ Character 破面 ドンドチャッカ”. BLEACH公式サイト. 株式会社ぴえろ. 2022年12月26日閲覧。
  70. ^ STAFF・CAST”. Master of Epic The Animation Age. あにてれ. 2017年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月22日閲覧。
  71. ^ 墓場鬼太郎”. 東映アニメーション. 2022年7月12日閲覧。
  72. ^ 「ドラゴンボール改」アフレコ記者会見”. 東映アニメーション (2009年3月24日). 2024年3月3日閲覧。
  73. ^ zackpromotionの2022年10月25日のツイート2022年12月26日閲覧。
  74. ^ アリオン - メディア芸術データベース
  75. ^ 北斗の拳|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年7月25日閲覧。
  76. ^ ドラゴンボール 神龍の伝説|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年6月5日閲覧。
  77. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボール 魔神城のねむり姫. 東映アニメーション. 2022年6月5日閲覧。
  78. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険. 東映アニメーション. 2022年6月5日閲覧。
  79. ^ a b キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボールZ. 東映アニメーション. 2022年6月5日閲覧。
  80. ^ a b キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ. 東映アニメーション. 2020年8月1日閲覧。
  81. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空. 東映アニメーション. 2022年6月5日閲覧。
  82. ^ 獣兵衛忍風帖”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  83. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴. 東映アニメーション. 2022年6月5日閲覧。
  84. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ. 東映アニメーション. 2022年6月5日閲覧。
  85. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ. 東映アニメーション. 2020年8月1日閲覧。
  86. ^ 魔法陣グルグル [劇場版]”. 日本アニメーション. 2022年10月14日閲覧。
  87. ^ ゲゲゲの鬼太郎 大海獣”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  88. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボール 最強への道. 東映アニメーション. 2022年6月5日閲覧。
  89. ^ 活動写真 サクラ大戦 - メディア芸術データベース
  90. ^ シャム猫 -ファーストミッション-”. ArtPort Inc. Web Site. 2016年6月10日閲覧。
  91. ^ パトレイバー WXIII”. マッドハウス. 2016年6月17日閲覧。
  92. ^ ドラえもん のび太とロボット王国[キングダム] - メディア芸術データベース
  93. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード - メディア芸術データベース
  94. ^ ラブ・ポジション ハレー伝説”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月3日閲覧。
  95. ^ ジャングルウォーズ”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  96. ^ サロゲート”. スターチャンネル. 2024年1月28日閲覧。
  97. ^ 隣のヒットマン”. スターチャンネル. 2024年1月28日閲覧。
  98. ^ ミッドナイト・ラン[吹]日曜洋画劇場+追録版”. スターチャンネル. 2024年1月28日閲覧。
  99. ^ イヤー・オブ・ザ・ドラゴン”. 洋画専門チャンネル ザ・シネマ. 2024年1月30日閲覧。
  100. ^ パーティやろうか!特撮SF映画「ガンヘッド」Blu-rayが6月発売、地上波吹替版も収録”. 映画ナタリー (2022年3月31日). 2024年3月28日閲覧。
  101. ^ グーニーズ|吹替の力”. 吹替の力. ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント. 2023年12月2日閲覧。
  102. ^ 地獄のバスターズ”. Zeque Productions, LLC.. 2024年3月27日閲覧。
  103. ^ 醒拳(「ジャッキー・チェン 〈拳〉シリーズ Box Set 2」収録作品)”. paramount pictures. 2024年2月1日閲覧。
  104. ^ ジャッキー・チェンの必殺鉄指拳”. paramount pictures. 2023年11月26日閲覧。
  105. ^ スネーク・アイズ”. The WALT DISNEY Studios. 2024年3月26日閲覧。
  106. ^ ニューヨーク東8番街の奇跡”. スターチャンネル. 2024年1月28日閲覧。
  107. ^ ロビン・フッド(1991)”. スターチャンネル. 2024年1月28日閲覧。
  108. ^ 作品情報 白バイ野郎ジョン&パンチ<ファースト・シーズン>”. ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント. 2024年1月30日閲覧。
  109. ^ アイアン・ジャイアント シグネチャー・エディション”. ワーナー・ブラザース. ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント. 2024年1月28日閲覧。
  110. ^ ゲームで大暴れしたあの人気キャラクターたちが、今度はCDドラマで大暴れ!『戦国無双 百花饗演』発売!!”. アニメイトタイムズ (2009年9月14日). 2024年3月26日閲覧。

関連項目

外部リンク