ジョンソン (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョンソン (会社)から転送)
移動先: 案内検索
ジョンソン株式会社
JOHNSON COMPANY, LIMITED
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス8階
設立 1962年7月1日
業種 化学
事業内容 住居用クリーナー、カビ取り剤、風呂釜洗浄剤、廃油処理剤、消臭芳香剤、虫よけ剤などの製造販売
代表者 鷲津雅広
資本金 4億9999万5,000円
従業員数 約200名
外部リンク http://www.johnson.co.jp/
テンプレートを表示

ジョンソン株式会社: Johnson Company, Limited)は、主に家庭用洗剤製造販売する化学メーカーアメリカSCジョンソン社の日本法人である。本社は神奈川県横浜市西区。ちなみに、アメリカ合衆国の製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業である『ジョンソン・エンド・ジョンソン』とは関係ない。

歴史[編集]

  • 1886年、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ラシーンで寄木細工の床材メーカーとしてスタートしたのが始まりで、以後自社製床材を美しく保ちたいというカスタマーのニーズに応える形で、床用ワックスを発売したのを皮切りに数々の製品をリリースする。現在は全世界で約50の国や地域でクレンリネス&サニテーションを提供している。
  • 1962年に日本進出。以後、カビキラーを筆頭に固めるテンプル、スキンガード、スクラビングバブルなど多くのヒット商品を世に送り出している。なお、以前は神奈川県中郡大磯町に本社・工場があったが、現在は自社での製造は行っておらず、海外から原液を輸入するか、国内の他社に製造を外注している。工場跡地は平塚学園湘南研修センターとなっている。1996年10月に本社を横浜市中区山下町に移転(現在の研究開発部所在地)、2014年11月に本社を横浜市西区みなとみらい(現住所)に再移転している。
  • 業務用の床用ワックス・洗剤を製造販売するジョンソンプロフェッショナル株式会社は元々同社の業務用製品部であったものをアメリカ本社の分社化に伴い、日本でも1998年に同様の分社化を行なったものである。
  • ジョンソンプロフェッショナル株式会社はティーポール株式会社、ディバーシー株式会社を吸収しジョンソンディバーシー株式会社(現社名:シーバイエス)として2002年に新たなスタートを切っている。
  • また、ペット用品・家庭園芸用品事業については1981年7月に設立した子会社のジョンソントレーディング株式会社で担当していたが、2015年7月に園芸用品の分野において長きに亘って友好な取引関係にあった株式会社ニチリウ永瀬へ同社の全株式を譲渡[1]し、事実上撤退した。

主な商品[編集]

  • カビキラー
速攻カビ分解処方を採用したカビ取り剤のブランド。25年以上に亘り発売されているロングセラー製品。2013年9月には電動スプレーと大容量750gサイズとした「カビキラー電動スプレー」を発売した。
カビ取り剤のほかに、洗濯槽クリーナー「洗濯槽カビキラー(塩素系・液体タイプ)」、キッチン用スプレー式漂白剤「除菌@キッチン」、発酵エタノールからできたアルコールスプレー「アルコール除菌」がある。2014年2月に後述の「スクラビングバブル プッシュ&クリーン」と同形状の容器を採用した「アルコール除菌 食卓用」を、同年3月に「洗濯槽カビキラー」のラインナップを増やし、非塩素系・粉末タイプで全自動洗濯機専用の「アクティブ酸素で落とす 洗濯槽カビキラー」を発売した。
  • スクラビングバブル
アメリカでは40年以上の歴史を持つ住居用洗剤のブランドで、日本では2009年8月に発売された浴室用洗剤「激泡バスクリーナー」から事業展開を開始した。2010年から他ブランドで発売されていた製品が本ブランドへ順次移行・統合されており、同年2月に「シャット」ブランドで発売されていた「ブラックバスター(トイレ用洗浄剤、「強力トイレクリーナー」に改名後、2013年9月に改良し「超強力トイレクリーナー」に再改名)」と「流せるトイレブラシ」を、同年9月に「クルー」ブランドで発売されていた「換気扇とレンジの強力クリーナー(キッチン用洗剤、現在の「激泡キッチンクリーナー」)」を、2011年10月に同じく「クルー」ブランドで発売されていた「網戸とガラスワイパー(網戸専用に特化し、「網戸ワイパー」となる)」、「ガラスクルー(エアゾール式ガラス用洗剤、「激泡ガラスクリーナー」に改名)」、「液体ガラスクルー(スプレー式ガラス用洗剤、「ガラスクリーナー」に改名)」を、2012年9月に「カビキラー」ブランドで発売されていた「カビも防ぐバスクリーナー(浴室用洗剤、「防カビバスクリーナー」に改名後、2014年9月に改良し「強力バスクリーナー」に再改名)」をリニューアルに伴って同ブランドへ組み入れられた(ガラス関連製品の発売に伴って、日本国内での「クルー」ブランドは廃止)。尚、2013年に長年独立ブランドであった風呂釜用洗浄剤「ジャバ」もこのブランドに統合されている。
旧ブランドからの移行品だけでなく新規品もあり、2011年3月には便器に直接スタンプして使用するトイレ用洗剤「トイレスタンプクリーナー」を、2014年9月には「トイレスタンプ」の派生製品として、酸素系漂白成分を配合した「トイレスタンプ漂白成分プラス」を、2015年9月にはジェルタイプのクリーナー「強力ジェル バス用」・「強力ジェル キッチン用」を発売した。
  • グレード
芳香・消臭剤。マイクロコントローラーにより白い雲状のミスト(パフ)が一定間隔で飛ばすオイルタイプ「消臭パフパフ」を2008年2月に発売した時から日本で本格的に展開するようになり、2009年4月にはモーションセンサーを搭載したスプレータイプ「消臭センサー&スプレー」を、2012年3月には海外で発売されている製品をそのまま導入し、白を基調としたデザインとした置き型タイプ「ソリッドエアフレッシュナー」を、2014年10月には薄型・小型の吊り下げタイプ「ハング&フレッシュ 香りのプチバッグ」を発売した。
2013年3月からは白を基調としたパッケージに一新し、ブランドロゴも変更。同年5月には「消臭パフパフ」の製造を終了。同年10月には天然エッセンシャルオイルを配合した「アロマキャンドル」を発売した。
  • パイプユニッシュ
排水パイプ用洗浄剤のブランドで元々はユニ・チャームから発売されていたが、2002年2月に当社が取得し、事業展開を開始。現在はジェルタイプの「パイプユニッシュ」、濃縮ジェルタイプの「パイプユニッシュプロ」、錠剤タイプの「2色でポン!」、粉末タイプの「激泡パウダー」の4種類を発売している。
  • スキンガード【防除用医薬部外品】
虫よけ剤。ソフトパウダー配合のスタンダードタイプの「スキンガード」、効果長持ちタイプの「スキンガードエクストラ」、ノンガスタイプの「スキンガードアクア」の3種類がある。2015年6月に「スキンガード」と「スキンガードエクストラ」をパッケージリニューアルし、「スキンガード」のBIGサイズは250mlに、「スキンガードエクストラ」は220mlに大容量化した。日本以外では、アメリカ・カナダ・ドイツでOFF!(オフ)のブランド名で販売されている。
  • KIWI(キィウイ)
関連製品のブランド。2011年6月に当社が取得し、事業展開を開始。また、2015年秋からはこれまで独立ブランドで発売されていた上履き・運動靴用洗剤「ズックリン」をブランド統合し、「KIWI ズックリン」に改名した。
  • プレッジ
家具用ワックスのブランド。2006年9月にそれぞれ別のブランドで発売されていたカーペット用クリーナー・床用ワックス・家具用ワックスの3品を本ブランドに統合されたが、カーペット用クリーナーと床用ワックスが2011年で製造を終了したため、現在は家具用ワックスのみの展開である。
  • テンプル
油処理剤のブランド。固めるタイプの「固めるテンプル」と冷えた油専用の「吸わせるテンプル」の2種類。
  • シャット
トイレ用消臭剤のブランド。かつてはトイレ用洗剤も扱っていたが、一部製品の「スクラビングバブル」へのブランド統合や製造終了により、現在は酸性タイプの液体消臭剤「シャット」のみである。

販売終了品[編集]

  • パイプジャバ
排水パイプ用洗浄剤。
  • プスムス
ハンドソープ。
  • 香りのプチ工房
芳香剤。
  • ダックリン

広告[編集]

  • 2011年7月24日地上デジタルテレビ放送への完全移行後もCMについてはSD制作がほとんどだが、「グレード 消臭パフパフ/消臭センサー&スプレー」のCMよりHD制作となり、以降に製作されたCMもHD制作となっている。なお、CMの最後、必ず右下がめくれてジョンソンの社名ロゴが現れるが、このめくりの部分も同CMから改訂されている。
  • 2013年から30秒CMには「S.C.Johnson A Family Company」、15秒CMには「S.C.Johnson」の外国人のナレーションが入るようになった。後に30秒CMは廃止となった。

CM出演者[編集]

現在のCM出演者[編集]

  • 五明祐子 - グレード 消臭パフパフ/消臭センサー&スプレー

過去のCM出演者[編集]

提供番組[編集]

現在の提供番組[編集]

過去の提供番組[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ジョンソントレーディング株式会社の株式取得に関するお知らせ - 株式会社ニチリウ永瀬 ニュースリリース 2015年7月1日(2015年11月9日閲覧)

外部リンク[編集]