ジョイフル本田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ジョイフル本田
JOYFUL HONDA CO.,LTD.
ジョイフル本田本社
本社
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
東証1部 3191
2014年4月18日上場
本社所在地 日本の旗 日本
300-0813
茨城県土浦市富士崎1丁目16番2号
北緯36度4分26.6秒 東経140度11分59.5秒 / 北緯36.074056度 東経140.199861度 / 36.074056; 140.199861座標: 北緯36度4分26.6秒 東経140度11分59.5秒 / 北緯36.074056度 東経140.199861度 / 36.074056; 140.199861
設立 1975年(昭和50年)12月15日
業種 小売業
法人番号 6050001009303 ウィキデータを編集
事業内容 ホームセンター・ガーデンセンター
ペットセンター・アート&クラフト
リフォーム(増改築工事・外構工事)
代表者 代表取締役 社長執行役員 細谷武俊
資本金 120億円(2020年6月20日現在)[1]
発行済株式総数 1億0322万5760株
(2020年6月20日現在)[1]
売上高 単独: 1249億0900万円
(2020年6月期)[1]
営業利益 単独: 91億8700万円
(2020年6月期)[1]
経常利益 単独: 105億9300万円
(2020年6月期)[1]
純利益 単独: 109億4900万円
(2020年6月期)[1]
純資産 単独: 1062億1800万円
(2020年6月20日現在)[1]
総資産 単独: 1577億6600万円
(2020年6月20日現在)[1]
従業員数 単独: 2,105人
(2020年6月20日現在)[1]
支店舗数 ホームセンター 15店舗
単独店 6店舗
決算期 6月20日
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人[1]
主要株主 アークランドサカモト株式会社 6.37%
株式会社常陽銀行 4.98%
本田理 4.35%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 4.35%
株式会社アスクリエーション 3.38%
みずほ信託銀行株式会社有価証券管理信託0700040 2.87%
公益財団法人本田記念財団 1.80%
野村信託銀行株式会社(信託口2052148) 1.72%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 1.69%
みずほ信託銀行株式会社有価証券管理信託0700037 1.63%
みずほ信託銀行株式会社有価証券管理信託0700038 1.63%
みずほ信託銀行株式会社有価証券管理信託0700039 1.63%
(2020年6月20日現在)[1]
関係する人物 本田昌也(創業者)
外部リンク https://www.joyfulhonda.com/
特記事項:2020年6月期より単体決算に変更
テンプレートを表示
ジョイフル本田宇都宮店(栃木県河内郡上三川町)
ジョイフル本田 守谷店(茨城県守谷市

株式会社ジョイフル本田(ジョイフルほんだ、: JOYFUL HONDA CO.,LTD.[2])は、茨城県土浦市本社を置き、茨城県を中心に関東地方で大型ホームセンターを展開する企業。また同社が展開する店舗ブランド名も「ジョイフル本田」である。

概要[編集]

極めて大規模な郊外ロードサイド店舗を展開しているのが特徴で、1店舗あたりの商圏も広い。1店舗あたりの平均店舗面積・売上高が大きいため、わずか15店舗の店舗展開であるにもかかわらず、ホームセンター業界で売上高トップ10に名を連ねている。[要出典]

各店舗あたりの平均敷地面積は東京ドーム2.3個分に匹敵する。特に千葉ニュータウン店(千葉県印西市)、瑞穂店(東京都西多摩郡瑞穂町)、幸手店(埼玉県幸手市)、新田店(群馬県太田市)、千代田店(群馬県邑楽郡千代田町)、宇都宮店(栃木県河内郡上三川町)の6店舗は「超大型店」と位置づけており、平均敷地面積は東京ドーム3.0個分、平均駐車場台数は2,723台に達する[3]。公式サイトの店舗案内でも各店舗の敷地面積が東京ドーム何個分相当であるかを掲載している[4]

また、店舗を移転させずに店舗拡大を続ける手法を取り、比較的初期から存在する店舗では、店舗敷地に隣接する田畑や他社事業所跡地などの土地を次々と取り込み、そこに別棟を立てたり駐車場を拡大する手法で、開店当初の規模から徐々に拡大していった店舗が多い。その中には幸手店のように、元はボウリングブーム当時のボウリング場跡の中古建物からスタートした店舗が、長期にわたり全方位に敷地を拡大して別棟や駐車場を追加し、敷地内でのスクラップアンドビルドを重ね続け、ついには移転もないまま当初の数倍規模の大型店舗と化したケースもある。

沿革[編集]

  • 1975年12月 - 株式会社ジョイフル本田設立。
  • 1976年3月 - 初のホームセンター店舗「ジョイフル本田荒川沖店」を茨城県土浦市に開店。
  • 2001年
  • 2009年8月 - 丸の内キャピタル第一号投資事業有限責任組合と資本提携。
  • 2011年6月 - 株式会社ジョイフルカンパニーが株式会社ジョイフル本田(旧小川興産)を吸収合併し、株式会社ジョイフル本田に商号変更。
  • 2013年9月20日 - 創業者で代表取締役会長の本田昌也が逝去(享年83歳)[5]
  • 2014年4月 - 東京証券取引所第一部に上場。
  • 2016年
  • 2017年6月 - エクステリアセンター事業部を株式会社スマイル本田(現:株式会社ジョイフル本田リフォーム)へ譲渡。
  • 2018年3月 - 埼玉県さいたま市見沼区にペット専門単独店の1号店「ペッツクローバー東大宮店」を開店、千葉県千葉市中央区にジョイフル本田のプロショップ1号店「本田屋千葉都町店」を開店。
  • 2018年4月 - 千葉県千葉市稲毛区の「ジョイフル本田千葉店」を全面建て替え工事完了によりリニューアルオープン。
  • 2020年
    • 2月 - セルフガソリンスタンド事業を出光興産に事業譲渡。
    • 3月 - ジョイフル本田リフォーム及びホンダ産業を吸収合併、ジョイフルアスレティッククラブ及びジョイフル車検・タイヤセンターを非連結子会社化。
    • 5月1日 - 群馬県北群馬郡吉岡町に大型店舗「ジョイフル本田吉岡店」出店計画を発表(2023年春以降の開業予定)。また同時に、業績不振による経営資源集中を理由として、東京都稲城市への出店計画を撤回し用地を売却すると発表[6]
  • 2021年

店舗[編集]

直営店舗[編集]

現行店舗については、公式サイト店舗情報を参照。

茨城県4店舗、群馬県2店舗、埼玉県1店舗、千葉県6店舗、栃木県1店舗、東京都1店舗の、計15店舗のホームセンターを展開している。

宇都宮店では宇都宮駅から1時間に1本程度(休日増便あり)、瑞穂店では箱根ヶ崎駅から30分 - 1時間に1本程度(本来は従業員送迎用)の無料送迎バスを運行している。

グループ店舗[編集]

現行店舗については、公式サイト店舗案内を参照。

北海道には、当社を含む3社共同出資の企業・株式会社ジョイフルエーケーによる店舗が存在する。

全7店舗、ホームセンタージョイフルエーケー4店舗(札幌市北区北広島市江別市帯広市)、ペットショップペットワールド PROX3店舗(札幌市手稲区札幌市東区札幌市豊平区)を展開している。

その他の事業[編集]

  • ガソリンスタンド
    郊外型ロードサイド店舗の特徴を生かし、幸手店、千葉ニュータウン店、新田店、宇都宮店、瑞穂店、千代田店、富里店の7店舗では、ジョイフルスピードステーション(JSS)と称するプライベートブランドセルフ式ガソリンスタンド無印スタンド)、全15店舗で灯油スタンドを敷地内に併設して営業している[9]
    2020年2月、JSSのガソリンスタンドと灯油スタンド事業を出光興産に譲渡し、同年4月から6月までの間に順次同社のブランドに転換[10][11]
  • フィットネスクラブ 
    MTJフィットネス」によるフィットネスクラブを3店舗(土浦・守谷・千葉ニュータウン)に併設して運営している。
    2021年3月1日付で、日本におけるゴールドジムの運営元であるTHINKフィットネスへ株式67%が譲渡されたと同時に、商号もジョイフルアスレティッククラブからMTJフィットネスへ変更し、THINKフィットネスとジョイフル本田との共同運営へ移行。ジョイフル本田はMTJフィットネス株式の残り33%を継続保有する[12][13]

関連会社・団体[編集]

スポーツ支援[編集]

  • 総合サッカークラブつくばFCと業務提携しており、男子トップチーム(茨城県社会人リーグ所属)が「ジョイフル本田つくばFC」として活動。ユニフォームスポンサーを務めるほか、地域の小、中、高校生の活動を応援している。逆にジョイフルアスレティッククラブにてつくばFCコーチ陣によるサッカー教室も展開している。
  • 筑波大学蹴球部ユニフォーム胸部ロゴスポンサーにもなっており、これは学生サッカー界初の試みとして注目された。なお、筑波大学蹴球部はつくばFCとも提携を行っており、事実上3団体による業務提携となっている。

CM[編集]

不祥事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 株式会社ジョイフル本田 (2020-9-18). 第45期(2019年6月21日 - 2020年6月20日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 株式会社ジョイフル本田 定款 第1章第1条
  3. ^ 店舗比較”. 公式サイト. ジョイフル本田. 2018年2月26日閲覧。
  4. ^ 店舗情報”. ジョイフル本田. 2020年4月26日閲覧。
  5. ^ 創業者 代表取締役会長 故 本田昌也をしのぶ”. 公式サイト. 株式会社ジョイフル本田. 2018年2月26日閲覧。
  6. ^ a b 特別利益及び特別損失の計上、並びに新規出店に関するお知らせ 株式会社ジョイフル本田、2020年5月1日、2021年3月18日閲覧。
  7. ^ 完全子会社である非連結子会社の株式の全部譲渡に関するお知らせ 株式会社ジョイフル本田、2021年3月5日
  8. ^ 株式会社ジョイフル車検・タイヤセンターの株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ オートバックスセブン、2021年3月5日
  9. ^ セルフガソリンスタンド事業・灯油スタンド事業の譲渡及び特別利益の計上に関するお知らせ”. 株式会社ジョイフル本田 (2020年2月3日). 2020年4月26日閲覧。
  10. ^ “株式会社ジョイフル本田の SS 事業の譲受けに関するお知らせ” (プレスリリース), 出光興産株式会社, (2020年2月3日), https://www.idss.co.jp/content/100030284.pdf 2020年4月26日閲覧。 
  11. ^ “ジョイフル本田 「ガソリンスタンド事業」出光興産に譲渡”. ダイヤモンド・チェーンストアオンライン (ダイヤモンド社). (2020年2月5日). https://diamond-rm.net/management/49839/ 2020年4月26日閲覧。 
  12. ^ 完全子会社である非連結子会社の株式の一部譲渡に関するお知らせジョイフル本田 2021年2月2日
  13. ^ 株式の一部譲受に関するお知らせTHINKフィットネス 2021年2月3日
  14. ^ 希少のオウム販売容疑で逮捕 警視庁、ペット店摘発”. 共同通信 (2016年6月17日). 2016年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]