ボクたちのドラマシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボクたちのドラマシリーズは、1992年から半年間と、1993年から1994年にかけてフジテレビ系列で放送された少年少女向けのテレビドラマシリーズの総称。

概要[編集]

1992年秋、フジテレビは『世にも奇妙な物語』の終了後、当初『if もしも』を放送する予定だったが制作のための準備が間に合わないため、番組の放送を延期し、木曜夜8時枠を新たに10代の少年少女(ティーンエイジ層)をターゲットにしたドラマ枠を新設した。通常の連続ドラマと異なり、1作品5話完結という方式。ヒロインも売出し中の旬の若手女性タレントを積極的に起用。

1993年春に一度休止するが、秋から土曜夜8時枠(それまで『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』の緊急打ち切りで1クール程空枠となっていた)で復活(その代わり当該期間はバラエティ枠を木曜夜8時枠に編成)。1994年春まで8作品が制作された。

何回か再放送はされているものの、DVD化は実現していない(ビデオは一部作品を除いてポニーキャニオンから在庫限りで現在も発売されている)。

当シリーズ終了後、1995年から「ぼくたちの映画シリーズ」が制作された。

第1シーズン[編集]

1992年10月 - 1993年3月、放送時間:毎週木曜20:00-20:54(JST)

放課後[編集]

1992年10月15日 - 11月12日、全5話
主なキャスト
サブタイトル
  1. LESSON 1
  2. カノジョのカラダに手を出すな!
  3. はじめての告白
  4. 何よりも大切な事
  5. きっとまた会える

その時、ハートは盗まれた[編集]

1992年11月19日 - 12月17日、全5話
主なキャスト
サブタイトル
  1. ファーストキス
  2. 恋愛は戦いだ
  3. あぶない趣味
  4. 自殺未遂
  5. キスの秘密

白鳥麗子でございます![編集]

1993年1月14日 - 2月11日、全5話
主なキャスト
サブタイトル
  1. ホーッホッホッ
  2. Hのしかた教えて
  3. 涙のバレンタイン
  4. 彼の実家に行く
  5. よくってよ、よくってよ

お願いダーリン![編集]

1993年2月18日 - 3月18日、全5話
主なキャスト
フジテレビ 木曜20時台
前番組 番組名 次番組
世にも奇妙な物語
(第3シリーズ)
ボクたちのドラマシリーズ
(第1シーズン)

第2シーズン[編集]

1993年10月 - 1994年3月、放送時間:毎週土曜20:00-20:54

番宣CMで「ドハチはボクドラ」というキャッチコピーを使用。松雪泰子戸田菜穂細川ふみえ内田有紀の4人が派手に宣伝した。同時刻でのドラマは『あいつがトラブル』以来となった。

白鳥麗子でございます![編集]

1993年10月16日 - 11月27日、全6話
主なキャスト

お願いデーモン![編集]

1993年11月27日 - 12月25日、全5話
主なキャスト

幕末高校生[編集]

1994年1月15日 - 2月12日、全5話
主なキャスト

時をかける少女[編集]

1994年2月19日 - 3月19日、全5話
スタッフ
キャスト
  • 芳山和子内田有紀 …(都立羽田西高校の二年生。バスケットボール部部員)
  • 深町一夫 / ケン・ソゴル:袴田吉彦 …(和子の同級生。27世紀から来た未来人)
  • 浅倉吾朗:河相我聞 …(和子の同級生で幼なじみ。実家は銭湯)
  • 神谷真理子:鈴木蘭々 …(和子の同級生、親友)
  • 芳山美代子:安室奈美恵 …(和子の妹。子供の頃の事件がきっかけで、姉との関係はぎこちない)
  • 岡本恵美:菅野美穂 …(バスケットボール部のチームメイト)
  • 高木君江:山下真希 …(和子の友人、クラスメイト)
  • 深町晴夫:塚本信夫 …(深町の父)
  • 深町節子:喜多道枝 …(深町の母)
  • 浅倉哲治:河原さぶ …(吾朗の父)
  • 福島隆司:佐藤B作 …(和子の担任でバスケットボール部の顧問。余命わずかの妻がいる)
  • 小松沙織:森口瑤子 …(羽田西高校の英語教師。福島と不倫関係にある)
  • 藤原正道:筒井康隆 …(和子の自宅近くの寺の住職)
  • 芳山静江:吉沢京子 …(和子の母)
  • 芳山勉:森本レオ …(和子の父。空港の整備士)
サブタイトル
  1. 土曜日の実験室
  2. バスルームの告白
  3. ファーストキス!
  4. ラベンダーの秘密
  5. さよなら
フジテレビ 土曜20時台
前番組 番組名 次番組
ボクたちのドラマシリーズ
(第2シーズン)

関連項目[編集]

同趣旨の若年層向けドラマ枠[編集]