FNNスーパータイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FNNスーパータイム
FNN Super Time
ジャンル 報道番組
オープニング 作曲:たかしまあきひこ
エンディング 同上
製作
プロデューサー 澤雄二
村上孝麿
制作 フジテレビジョンFNN
放送
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
月-金曜版
出演者歴代出演者」を参照
放送期間1984年10月1日 - 1997年3月28日
放送時間月-金曜 18:00 - 19:00
放送枠フジテレビ系列夕方ニュース枠
放送分60分
土日版
出演者歴代出演者」を参照
放送期間1985年4月6日 - 1997年3月30日
放送時間【土曜】18:00 - 18:30
【日曜】17:30 - 18:00
放送枠フジテレビ系列夕方ニュース枠
放送分共に30分
番組年表
前作FNNニュースレポート6:00
(月-金曜版)
FNNニュースレポート5:30
(土日版)
次作FNNニュース555 ザ・ヒューマン
(月-金曜版)
FNNニュース ザ・ヒューマン
(土日版)

特記事項:
ネット局により番組タイトルが異なる時期があった(詳細は当該項目を参照)。
放送回数:全曜日合わせて全4497回
テンプレートを表示

FNN スーパータイム』とは、フジテレビ系列(FNN)で1984年昭和59年)10月1日から1997年平成9年)3月30日(月 - 金曜版は1984年10月1日から1997年3月28日、土日版は1985年4月6日から1997年3月30日まで)にかけて放送されていた夕方の報道番組である。略称および番組タイトルコールは「スーパータイム」。

1980年代後半以降、特にフジテレビ系列において力を入れることになる、「ニュース」の冠を入れない、柔軟性を活かした報道番組の草分け的存在であった。

概要[編集]

1970年代、"母と子のフジテレビ"をキャッチフレーズにしていたフジテレビは、視聴率競争でどん底に落ち込んでいた[1]。しかも社内は管理部門が強く、外からは自民党寄り、財界寄りの保守的なテレビ局と言われ、TBS日本テレビに比べワンランク下のステーション・イメージにおおわれていた[1]

危機感を抱いたフジサンケイグループ総帥鹿内信隆1980年(昭和55年)5月1日、「残念ながら、フジテレビは創立以来、最大の危機に瀕している。この局を創設し、日本一のネットワーク を形成した私としては、もはや黙っていることはできない。そこで、私は松下幸之助さんの故事にならって、会長のまま強化本部長を兼務し、第一線の指揮を執ることにする」と演説し、直ちに刷新人事が発表された[1][2]。子息の鹿内春雄(当時35歳)が代表取締役副社長に就任することになった。春雄の就任について、信隆は「私が不在の場合を考え、春雄を副社長に任命し、強化本部長の職務をすべて代理統括させる」と述べた。専務には村上七郎が、系列局のテレビ新広島から戻って就任し、編成局長にはネット営業部長の日枝久(当時42歳)が就いた。初のフジテレビ生え抜きの編成局長である[2]。新編成局長の日枝は先輩編成局長の寂しい帰趨にかんがみて、「これでフジテレビにおける自分の前途は途絶えた」との思いにかられたと回想する[3]。"どうせ二世のボンボン経営"と見られ、反感をもって迎えられた春雄だったが、実質的経営権を握ると矢継ぎ早に改革案を実行していった[1]。フジテレビの関連会社プロダクションの社員を正式社員に採用し、奇妙な目玉に似たシンボルマークCIを発表。若手を抜擢し、現場に裁量権を大幅に渡すなど、従来のフジテレビ社員からすると、父・信隆の旧方針を全部否定してかかっているかのように見えた[1]

フジテレビは、春雄体制の下で81年以降、「楽しくなければテレビじゃない」のスローガンを打ち出す。そして、"視聴率、売上高で日本一をめざす" "メディア文化の覇権をめざす" など、勇ましい目標に向かってグループが一丸となっていく[4]。まず手をつけられたのが、娯楽、情報、バラエティ分野だった。看板番組だった『スター千一夜』、『小川宏ショー』を打ち切り、『笑っていいとも』『オレたちひょうきん族』『なるほど!ザ・ワールド』などのバラエティ路線に火をつけ、漫才ブームトレンディドラマなどでもリード役となって、"母と子"から"軽チャー路線"へと大変身を遂げた[5]。こうして、82年から三冠王を93年まで連続12年間にわたって獲得。83年度には売上高日本一も達成し、一挙にテレビ界の主役に躍り出た[5]。このバラエティ路線で足元を固めた後、フジテレビは弱体だったニュース番組にも視聴率戦争を仕掛け、軽チャー路線を持ち込み始める[5]

1984年(昭和59年)10月の改編期を前に、編成部長だった中出傳二郎(のち常務)は突然、報道センター室長に替わり、新しいニュース番組を担当することになった[6]。中出は藤村邦苗報道局長(のち副社長)らとともに[7]、新番組の責任者として、気象庁科学技術庁詰めだった小櫃眞佐己(のち常務)や澤雄二(のち公明党参議院議員)を引っ張り、「6時台の1時間枠で、今までにないまったく新しいタイプのニュース番組を作り出してほしい」と命じた[5]。当時、フジテレビの夕方6時台のニュース視聴率は3パーセントから4パーセントだった[5]。「ニュースも視聴率を上げなけりゃ、電波のムダ使いだ。新聞には"5W1H"という原稿書きの方法論があるが、テレビではこの5W1Hに何かプラスワンかツーをつけたテレビ的特色、テレビ感覚を入れてほしい」と中出は注文をつけた[8]。小櫃と澤らにも、「これまでの各局のニュース番組に欠けているのは"感性"だ」という思いがあった。感性が出すぎると、ニュースの信頼性を失う危険性はあるが、「"感性の箱"のなかで論理の世界を扱わねばならない矛盾を矛盾として受けとめながら、とにかく感性の部分をニュースに取り入れ、そこから視聴率競争に切り込みをはかろうと」考えた[8]。そして、ニュースにもスターを作ろうと、キャスターらしくない逸見政孝幸田シャーミンをメインキャスター起用。タイトルには派手な音をつけ、スーパー文字をカラー化し、映像も面白くて、視聴者が見たいと思うものを出していった[8]。こうした手法には視聴者が服装や音、刺激的な映像に気をとられ、論理がおろそかになるという批判はあった。が、論理を歪める気はさらさらなかったものの、「テレビとはそういうものだ」と割り切ったのである[9]。6時のニュース時間帯なのに、あえてニュースという言葉をはずし、『スーパータイム』と銘打った事情も同様だった[9]

この『スーパータイム』の出現で、6時のニュース帯は、激戦区となって行く。3パーセントから4パーセントだったフジテレビの視聴率が、やがて2桁を取り始めたからだ[9]。そんなとき、1985年(昭和60年)8月12日の日本航空123便墜落事故で、フジテレビの取材クルーはこの大惨事の中で生存者がいることを伝え、救出作戦を生中継するという大スクープを演じ[10]、テレビ界初の日本新聞協会賞(編集部門)を受賞した[11]。以後、フジの報道イメージは上がり、スーパータイムはTBSの『JNNニュースコープ』を追い抜き[12]、トップに躍り出るようになり[9]、番組は出演者やスタッフを替えながら、月-金曜版は12年間半、土日版は12年間、それぞれ続いた。

歴代出演者[編集]

『FNN スーパータイム』出演者の変遷
期間 メインキャスター スポーツ 天気
月 - 金曜日 土・日曜日 月 - 木曜日 金曜日 土・日曜日 月 - 水曜日 木・金曜日 土・日曜日 月 - 金曜日 土・日曜日
1984年10月01日 - 1985年03月29日 逸見政孝[13]1・2・3 放送なし 幸田シャーミン[13]4 (放送なし) 河村保彦[13]1 江本孟紀 (放送なし) (下記参照) (放送なし)
1985年04月01日 - 1986年03月30日 陣内誠5 城ヶ崎祐子 長田渚左 森末慎二6 川端健嗣7 (メインが兼務)
1986年03月31日 - 1986年09月28日 三宅正治
1986年09月29日 - 1987年03月29日 山中秀樹5
1987年03月30日 - 1987年09月27日 幸田シャーミン4 野間脩平7 永麻理8
1987年09月28日 - 1988年03月31日 野間脩平7 安藤優子 笠井信輔
1988年04月1日 - 1988年07月10日 黒岩祐治 安藤優子3・4 小田多恵子 筒井櫻子
1988年07月11日 - 1989年04月02日 塩原恒夫
1989年04月03日 - 1989年09月30日 上田昭夫3 有賀さつき
1989年10月01日 - 1990年09月30日 木幡美子
1990年10月01日 - 1991年03月31日 田代尚子
1991年04月01日 - 1992年03月31日 黒岩祐治3 小林穂波 松井みどり
1992年04月01日 - 1993年09月26日 露木茂9 山中秀樹10・13 大林典子11 大坪千夏
1993年09月27日 - 1994年03月31日 近藤サト13 佐藤里佳12・13・14 岩谷忠幸
1994年04月01日 - 1994年09月30日 松山香織4 上田昭夫
中井美穂
1994年10月01日 - 1995年10月01日 山形斉子 岩谷忠幸15
1995年10月02日 - 1995年12月03日 上田昭夫
八木沼純子16
1995年12月04日 - 1996年03月31日 濱田典子
1996年04月01日 - 1997年03月30日 菊間千乃
  • 前述の月 - 金曜日お天気コーナーはフジテレビの若手女性アナウンサーがシフトで担当。なお濱田は当時フジテレビアナウンサーであったが、気象予報士の資格を持っていたため、「気象予報士」の肩書きで出演。

『FNSの日』放送時の特別キャスター[編集]

期間 メイン司会 パートナー司会 スポーツ 天気 中継
1987年 タモリ1・2 逸見政孝 なし 福井敏雄1
長野智子
畑正憲
1988年 露木茂2 笑福亭鶴瓶3
塩原恒夫
福井敏雄2 黒岩祐治
1989年 明石家さんま3
中井美穂3
横山隆晴
黒岩祐治
西村洋子
1990年 黒岩祐治 小田多恵子 木幡美子 太平シロー4
八木亜希子4
なし
1991年 武田鉄矢 露木茂4 なし 須田哲夫
1992年 逸見政孝4
岡本夏生4
なし 木幡美子 なし
1993年 辰巳琢郎
奥山佳恵
安藤優子 (不明)
1994年5 露木茂 安藤優子
大塚範一
1996年 ラサール石井 松山香織

放送時間[編集]

月-金曜版、土日版(1985年4月6日開始)ともに放送時間は一貫して変わらなかった。以下、日本時間(JST)で表記。

月 - 金曜日 土曜日 日曜日
全編 全国枠 全編 全国枠 全編 全国枠
18:00 - 19:00
(60分)
18:00 - 18:20
(20分)
(後に18:25まで)
18:00 - 18:30
(30分)
18:00 - 18:20
(20分)
17:30 - 18:00
(30分)
17:30 - 17:50
(20分)

年末年始も休止せず通常の出演者・体裁で放送されたが、月-金曜版については日によって18:30までの短縮版で放送される場合もあった(主に正月三が日や『FNS番組対抗NG名珍場面大賞年末スペシャル』が放送される日が該当)[注釈 1]

歴史[編集]

1984年度後期 - 1987年度(逸見・幸田時代)

前番組『FNNニュースレポート6:00』と『FNNニュースレポート6:30』を統合した民放初の1時間枠のニュース番組(実際は「あすの天気」が別枠扱いのため55分)。1984年10月1日に放送開始。メインキャスターには『FNNニュースレポート6:00』から引き続き逸見政孝、フリーアナウンサーの幸田シャーミンが起用され、スポーツコーナーは月 - 水曜日は『FNNニュースレポート6:00』から野球解説者河村保彦、木・金曜日は野球解説者の江本孟紀が担当。タイトルデザインは『なるほど!ザ・ワールド』等のロゴを手がけた山形憲一、音楽は『クイズダービー』等を手がけたたかしまあきひこが担当。

1984年
  • 10月1日 - 放送開始。
1985年
1986年
1987年
  • 3月29日 - 三宅が降板。スポーツ実況に専念。
  • 4月1日 - この日以降、幸田は、担当曜日を月 - 木曜日の週4日に縮小。
  • 4月3日 - 金曜日メインキャスターとして野間脩平が登板。逸見との男性コンビとなる。
  • 4月4日 - 土日版のスポーツコーナーに美味しんぼ倶楽部の総合司会担当の永麻理が登板。
  • 7月18日・19日 - 『FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島』が放送され本番組も『FNNスーパータイムスペシャル』として放送。司会は同番組総合司会のタモリと月-金曜版メインキャスターの逸見が担当。天気予報はお天気キャスターの福井敏雄長野智子アナウンサー(当時)が、宮城県からの中継をムツゴロウさんこと畑正憲が担当した。
  • 9月27日 - 山中・城ヶ崎・永が揃って降板。山中・城ヶ崎は『FNNモーニングコール』のキャスターとなり、永は『美味しんぼ倶楽部』に専念となる。
  • 10月2日 - 金曜日、土日版のメインキャスターに安藤優子が登板。
  • 10月3日 - 土日版のメインキャスターに金曜日メインキャスターを担当した野間脩平、スポーツコーナーは笠井信輔がそれぞれ担当。
1988年
  • 3月27日 - 野間・笠井が降板。野間は『FNNスピーク』の金曜日メインキャスター。笠井は『タイム3』のキャスターとなる。
  • 3月31日 - 幸田が降板。ハーバード大学ケネディスクールに留学。
1988年度(逸見・安藤時代)

フリーアナウンサーとなった逸見政孝と上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科を卒業し、それまで金曜日、土日版を担当した安藤優子の全曜日担当に昇格。

1988年
1989年
  • 3月31日 - 逸見が降板。1978年10月からスタートした『FNNニュースレポート6:30』から足掛け10年半にわたる活躍だった。降板後はフリーアナウンサーだけではなくタレントとしても活躍。
  • 4月2日 - 塩原が降板。スポーツ実況に専念。
1989年度 - 1990年度(上田・安藤時代)

『FNN DATE LINE』の司会を務めた上田が2代目メインキャスターとして移籍登板。

1989年
1990年
1991年
1991年度(黒岩・安藤時代)

土日版のメインキャスターを務めた黒岩が月-金曜版に異動。土日版メインキャスターは『FNNモーニングコール』や『FNN朝駆け第一報!』の司会を務めた小林穂波が務めた。

1991年
1992年
  • 3月29日 - 小林・田代・松井が揃って降板。小林は人事異動で外信部デスクとなり、また『週刊フジテレビ批評』のコメンテーターとなる。田代は『FNN World Uplink』のパリ中継の為、パリ支局に異動。松井はスポーツ中継に専念。
  • 3月31日 - 黒岩が降板。『報道2001』の司会となる。
1992年度 - 1993年度(露木・安藤時代)

『FNN World Uplink』の司会を務めた露木が月-金曜版メインキャスター、大林典子、『FNNスピーク』の金曜日メインキャスターを務め、木曜日 - 土曜日→土曜日のメインキャスターと兼務する山中が土日版メインキャスターとして登板。

1992年
  • 4月1日 - 月-金曜版リニューアル。露木がメインキャスターとして登板。番組冒頭、露木は「今日から私、『スーパータイム』を担当することになりました。どうぞよろしくお願いします。エイプリルフールではありません」と登板の挨拶をした。
  • 4月4日 - 土日版リニューアル。4年半ぶりに山中が再登板。スポーツコーナーは大坪千夏が登板。
  • 7月18日・19日 - 『FNSスーパースペシャル1億2000万人の平成教育テレビ』が放送され、本番組も『FNNスーパータイムスペシャル』として放送。司会は初代メインキャスターで『平成教育委員会』の司会者であった逸見と同じく『平成教育委員会』の解答者であった岡本夏生が担当。スポーツ・天気コーナーは『モーニングLIVE』および『FNN World Uplink』(いずれも、木・金曜日担当)さらに、『FNNスピーク』土曜版の木幡が担当。この日の放送では、第1回放送のオープニング部分とエンディング(関東ローカル)部分の一部が放送された。
  • 7月26日 - 第16回参議院議員通常選挙が開票され『スーパータイム選挙スペシャル』が放送[14]。司会は露木と安藤。コーナー司会に『上岡龍太郎にはダマされないぞ!』の上岡龍太郎が担当。コメンテーターは早坂茂三と野坂昭如。
1993年
  • 4月1日 - FCIワールドコーナーが設けられ、ニューヨーク支社特派員として城ヶ崎が5年半ぶりに再登板。同時にオープニング演出及びCMに突入時のアタック音楽も変更となる。
  • 7月18日 - 第40回衆議院議員総選挙が開票され『スーパータイム選挙スペシャル』が放送。司会は露木と安藤、レポーターは前メインキャスターで『報道2001』司会の黒岩が担当。
  • 7月24日・25日 - 『FNS大サービスバラエティー1億2450万人の平成教育テレビ』が放送され、本番組も『FNNスーパータイムスペシャル』として放送。月-金曜版メインキャスターの安藤と『平成教育委員会』解答者の辰巳琢郎奥山佳恵が担当。
  • 9月26日 - 大林・大坪が降板。大林は半年の休養の後、『おはよう!ナイスデイ』のキャスターに再就任。大坪は『タイムアングル』のキャスターとなる。
  • 9月27日 - 月-金曜版のお天気コーナーに気象予報士の岩谷忠幸が登板。
  • 10月1日 - 10年目に突入。同時に『スーパータイム関東』が放送開始。また進行胃癌(スキルス胃癌)で入院中の逸見からメッセージが届く。メッセージは、安藤が代読した。
  • 10月2日 - 土日版のメインキャスターに『FNN おはよう!サンライズ』から近藤サト、スポーツコーナーに佐藤里佳が登板。
  • 12月25日 - 月-金曜版初代メインキャスターの逸見が末期のスキルス胃癌・再発転移による癌性悪液質の為死去(享年48)。この日の当番組でも逸見の死をトップニュースで伝え、逸見が入院していた東京都内の病院前からの中継を担当した吉沢孝明はリポートの締めくくりにフジテレビアナウンサー時代の逸見との思い出を語ったほか、月-金曜版メインキャスターの露木のお悔やみのコメントも放送された。そして、土日版のメインキャスターだった山中はニュースの最後に「今日はスタジオにいる私にとっても、中継に出ているアナウンサーにとっても辛い1日となりました。(逸見さんは)プロのアナウンサーでした。ご冥福をお祈り致します」とコメントした。また、この日は逸見の死去を受け、本番組の後続の時間帯(18:30 - 19:54)に『追悼・衝撃のガン告白から110日…逸見政孝さんついに逝く』を急遽放送した(テレビ大分・鹿児島テレビでは土曜日の19時台が日本テレビの『なんだろう!?大情報!』をネットしている関係〈鹿児島テレビは当時〉上非ネット。遅れネットも行わず。前述の2局は、日本テレビ系においての逸見の緊急追悼特番の方を同時ネットした)。
  • 12月27日 - 逸見政孝の葬儀・告別式をトップで伝え、露木が葬儀の様子を、安藤がフジテレビ前で逸見の棺を乗せた霊柩車が通過した様子をそれぞれリポートした。その後在りし日の逸見の映像を流し、安藤が号泣する場面があった。
1994年
1994年度 - 1996年度(露木・松山時代)

『報道2001』の司会を務めた元中部日本放送(現:CBCテレビ)アナウンサーで、フリーアナウンサーの松山香織が安藤と入れ違いでメインキャスターとして登板。また、前月まで『FNNおはよう!サンライズ』の司会を担当し、慶応義塾大学のラグビー部の監督に再就任した2代目メインキャスターの上田、『プロ野球ニュース』を担当していた中井がスポーツキャスターとして登板。

1994年
  • 7月23日・24日 - 『FNS総力スペシャル1億2500万人の平成夏休みバラエティー』が放送され、『オールキャスターニュース』として司会は本番組から露木、前メインキャスターで『ニュースJAPAN』の安藤、『めざましテレビ』の大塚範一が担当。
  • 10月1日 - 月-金曜版を担当した岩谷が、土日版に異動。
  • 10月3日 - 10周年。これを機にオープニング演出およびセットが一新。また新たに気象予報士として山形斉子が登板。
  • 10月8日 - この日、ナゴヤ球場でプロ野球セ・リーグの中日ドラゴンズ読売ジャイアンツの同率首位同士による最終戦(勝ったチームが優勝・いわゆる10.8決戦)が行われ、この日の本番組でも番組冒頭からナゴヤ球場から生中継を実施。この日は番組のほとんどをこの試合の中継に充て、冒頭数分間ナゴヤ球場からの中継を伝えた後、山中は「今日はナゴヤ球場以外のニュースは3つ、4分20秒しかお伝え出来ません。ほとんどナゴヤ球場の中継になります」と告げ、一旦他のニュースを伝えた後再び野球中継に切り替えた。
1995年
  • 1月17日 - この日の早朝に阪神・淡路大震災兵庫県南部地震)が発生。昼頃から報道特番体制となり、昼過ぎ以降は本番組の露木・松山が進行を担当。18:00 - 19:00の間は通常通り『スーパータイム』として放送されたが、この日は午後帯の報道特番からの流れで、普段使用している第7スタジオからではなく報道フロアからの放送[注釈 2]となり、内容も終盤にこの日会派離脱届提出の動きがあった社会党に関するニュースや関東地方の天気予報を伝えた以外は全て関西テレビの『FNNアタック600』(近畿地区のローカルパート)のスタジオと結びながら地震関連のニュースで持ち切りだった。
  • 4月8日 - 『FNNスピーク』の木 - 土曜日→土曜日メインキャスターと兼務して務めていた山中がこの日以降、本番組に専念となる。
  • 7月23日 - 第17回参議院議員通常選挙が開票され、『激動待ったなし!!FNN参院選スペシャル』が放送。司会は本番組から露木、前メインキャスターで『ニュースJAPAN』の安藤が担当。コメンテーターは舛添要一と『めざましテレビ』より森田実が務めた。
  • 9月29日 - 中井が降板。同年12月、ヤクルト選手・古田敦也と結婚し退社、フリーアナウンサーとなる。
  • 10月2日 - 月-金曜版のスポーツキャスターとしてフィギュアスケート選手の八木沼純子が登板。この日のスポーツコーナーはスケート場から生中継で行われ、コーナー冒頭八木沼が滑りを披露したが、転倒するハプニングがあった。
  • 12月1日 - 山形が降板。
  • 12月4日 - 月-金曜版のお天気コーナーに気象予報士の資格を取った濱田典子が登板。
1996年
  • 3月29日 - FCIワールドコーナーが終了。城ヶ崎は帰国後、広報局に異動。
  • 3月31日 - 佐藤が降板。『めざまし天気』、『夕食ばんざい』、『風まかせ 新・諸国漫遊記』の専念となる。
  • 4月6日 - 土日版のスポーツコーナーに菊間千乃が登板。
  • 7月13日・14日 - 『FNSの日十周年記念1億2500万人の超夢リンピック』が放送され、本番組も『FNNスーパータイムスペシャル』として放送。司会は『平成教育委員会』解答者のラサール石井と月-金曜版メインキャスターの松山が担当。
  • 9月30日 - この日からオープニング演出を大幅に簡略化。月-金曜版の場合、冒頭5秒間トップ項目のニュース映像をバックにタイトルCGを表示[注釈 3]し、その後すぐスタジオに映像が切り替わりキャスター挨拶→トップニュースという形となり、ヘッドラインは廃止された(ネットスポンサーの前提供クレジットは最初のCM入り前に移動)。また、同時にニュース部分のVTR導入時のアタック音やCM前ジングルなどの各種演出も一新された。
  • 10月20日 - 第41回衆議院議員総選挙が開票され、『FNN選挙の鉄人』が放送。司会は本番組から露木、前メインキャスターで『ニュースJAPAN』の安藤、『めざましテレビ』の大塚と八木亜希子、『プロ野球ニュース』・『料理の鉄人』の福井謙二が担当。
  • 12月ごろ - 翌年3月の放送終了を発表[要出典]
1997年
  • 3月10日 - フジテレビのお台場への本社移転に伴い、新社屋(現社屋)から放送開始。ただ、この3週間後に番組が終了することとなっていたためスタジオセットは組まれず、報道フロアの一角に河田町の旧社屋から持ってきたテーブルを置いて放送していた(スポーツコーナーはお台場の夜景を見渡す社内の渡り廊下に看板とテーブルを置いて放送した)。
  • 3月28日 - 月-金曜版終了。特集コーナーでは歴代キャスター陣の取材シーンやハプニング映像をまとめた特別企画を放送。また、「NEWS SCRAMBLE」のコーナーでフジテレビのプロデューサーと芸能事務所の社員が少女に暴行した容疑で逮捕されたニュースを報じた際、露木が「『スーパータイム』最後の日に、私ども身内の大馬鹿者のニュースをお伝えしなければならないのは大変情けないと思います」と前置きでコメントした場面があった。そして番組終盤の天気予報の後、露木・松山が各々挨拶を行い、露木は本番組を担当した5年間は自分のアナウンサー生活の中で一番激動した時期だったと振り返った。その後、後継番組『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』のメインキャスター・笠井、笹栗実根から露木・松山に花束が贈られた。エンディングでは濱田・上田も挨拶を行い(濱田には次番組の天気キャスター・三井良浩から花束が贈られた)、露木が笠井・笹栗に「24時間頑張ってください」とエールを送った。最後は松山が「どうもありがとうございました」と視聴者に感謝し、番組は終了した。終了後、露木は『報道2001』の司会を、松山は『ニュースJAPAN WEEKEND』のメインキャスター、上田はラグビー部の監督に専念と同時にスポーツ局スポーツ業務推進センター・スポーツ業務部デスク担当部長となる。濱田は同時期に福原直英と結婚し、フジテレビを退社。フリーとして『Grade-A』を担当。八木沼は引き続き次番組のスポーツコーナーを担当。
  • 3月30日 - 土日版終了(放送回数:4497回)。終了後、山中は『森田一義アワー 笑っていいとも』のテレフォンアナウンサーに専念。近藤は『FNNスピーク』の月-金曜版メインキャスターとなる。菊間は『めざましテレビ』のリポーターに専念。岩谷は引き続き次番組の天気コーナーを担当。

主なコーナー[編集]

月〜金曜日
  • オープニング[注釈 4](18:00)
  • ヘッドライン
    • 初期は「それでは今日の主な項目です。」のセリフをきっかけに通常は前半FNN全国ニュースから2-3項目→後半ネット各局のローカルニュースから2-3項目(フジテレビは特報とスポーツの内容)という体裁。オープニングの挨拶はフジテレビのみの放送だったため、ヘッドラインが終わった後に全国向けに改めて挨拶を入れた。
    • 中期以降は各局出しのオープニングロゴ[注釈 5]とともにヘッドラインを開始し、1994年10月からはフジテレビから全国ニュース2項目、各局からローカルニュース2項目(フジテレビは特報とスポーツの内容)という体裁になった[注釈 6]。提供クレジットとオープニングをヘッドライン後に回す形となった。
  • FNN全国ニュース(中断CM2枠あり。CM2前は、フジテレビでは関東ローカルにCM3明けの内容を表示。フジテレビ以外では何も表示しない局や、自局ローカル枠の予告テロップを送出する局もあった。[注釈 7]
  • 提供クレジット(18:22〈初期は18:20〉)
    • 東京都内の天気カメラの中継映像をバックに、まずネットスポンサーの後提供クレジットを全国送出で表示[注釈 8]。フジテレビ以外のネット局ではネットスポンサーの後提供クレジットを表示し終えたところで各局送出の映像に切り替えられる。その後、関東地区ではバックの映像はそのまま(1995年からはタイトルコール後は特報のVTRに切り替え)でオープニングとは別パターンのタイトルCG(1993年3月まではテロップ表示)がと共に「スーパーターイム!!」のタイトルコールが流れた後、関東ローカルスポンサーの前提供クレジットが表示されていた[注釈 9]他、岡山放送など一部の系列局でもタイトルコールが流れていた。
    • 北海道文化放送では全国パートからローカルパートへの切り替えの際、全国パートの提供スーパー終了後、フジテレビからのネット回線の映像を縮小して、札幌市内の天気カメラの映像を一旦2画面にした状態で映し出し、ネット回線映像を先に左へスライドアウトしてから札幌市内の天気カメラの映像をズームする形で画面いっぱいに表示し、ニューススタジオに切り替わる構成をとっていた。
    • FNNでもキー局フジテレビに従属的な東海テレビの場合は、ローカル切り替えを行う際に全国のニュースを終了する上でのスポンサー表示後、同局のスタジオでメインキャスター(高井 一ら)がキャスターデスクに着席してスタンバイ中の光景が提供スポンサーのバックとして映し出されていた。その後、キー局版スーパータイムの構成などに変更などがあると全国ニュースの提供スポンサーの背景として名古屋市内のビル群などを映し出すようになり、『FNNスーパータイム』以上に硬派気味な番組内容を『イブニングニュース600』の頃から実施していた。
  • 特報(18:24、関東ローカル、ネット局はローカルニュース(ローカルパートの内容に関しても各局任意で編成)、中断CMあり/初期は「NEWS JOCKEY」・「外信コーナー 〜松浦さんの海外うらおもて〜」)
    • 記者やキャスターによる実験・体験ものから検証・密着まで硬軟にとらわれない様々な企画が放送された[15]。逸見・幸田時代には「ニュース塾」と題して視聴者からの投稿ビデオコーナー、露木・松山時代には「FNNスーパー映像」と題してFNN系列各局から届いた季節ものやハプニング映像を紹介する企画も放送されていた。
    • 重大ニュースが起きた日は全国枠を拡大し、このコーナー枠を使ってその他のニュースを伝える。
  • NEWS JOCKEY(18:34、関東ローカル、ネット局は引き続きローカルニュース)
    • 関東各地の話題やニュース、視聴者から送られてきた映像、フジテレビからのお知らせなどを紹介。ここでのアタック音は全国パートとは異なりピアノの音だった。このコーナーでは椅子に座る形で進行が行われ、キャスターの前には視聴者からの情報提供のための電話番号が書かれたプレートがあった。1994年10月からはこのコーナー専用の椅子とテーブルが設けられ電話番号のプレートはCGになった。
  • スポーツ(18:40、愛称は「わくわくスポーツ」。全国ネット〈関西テレビを除く〉、東海テレビも独自の時期あり)
    • スタジオセットの右端(1994年10月からは左端)に設けられた専用セットから伝えていた。場合によっては現役アスリートがゲスト出演する事もあった。
  • きょう1日 → NEWS SCRAMBLE(18:47、関東ローカル、ネット局は再びローカルニュース・天気予報)
    • 「きょう1日」時代は岡山放送・山陰中央テレビでもネットされていた。初期のきょう1日は街の映像などをバックに今日起きたニュースや天気予報・為替などを電子テロップで表示し、その後はキャスターが出てきて短いトークなどをして一旦中締めとなり、天気予報に繋がる[注釈 10]
    • 「NEWS SCRAMBLE」はミニ特集かニュースを数項目読み上げていた。
  • 天気予報・エンドカード(18:53、初期は「きょう1日」・エンドカード・天気予報の順)
    • 放送初期は、先に「スーパータイム」としてのエンドカードを出した後に別途天気予報のタイトル・エンドカードを表示していたが、1980年代末期からは天気予報のエンドカードを無くしたうえで天気予報の後に「スーパータイム」としてのエンドカードを出す形となった[注釈 11]
    • 天気予報は1994年9月まではお天気カメラの映像が表示された窓状のクロマキーがある専用セットにキャスターが立って、お天気キャスターと対話する形で放送していた。1994年10月からはスタジオセットの背景をクロマキー[注釈 12]にする事で対応している。天気予報を伝え終わるとメインキャスターが軽めのフリートークと締めの挨拶をして番組は終了する。
    • 天気予報は殆どの場合フジテレビの構内だが、イベントや観光地など中継先から天気を伝える場合もあった(この場合は「NEWS JOCKEY」でも繋ぐ事があった)。濱田がキャスターになってからはスタジオからクロマキー合成によるCG画面をバックに伝え、お台場に移転した最後の3週間は7階の屋上庭園(後に「フジさんテラス」という名称が付く)から伝えていた。BGMには服部克久『ディオリッシモ・残香』が長らく使われていた。
土・日曜日
  • オープニング(土曜:18:00・日曜:17:30、中断CMあり)
  • 全国ニュース
  • スポーツ
  • フラッシュニュース
  • ローカルニュース(土曜:18:20・日曜:17:50、オープニング映像→中断CMあり)
  • 天気予報
    • 前半は全国の予報、後半は関東地方の予報と季節の話題1本という流れで、全国天気の部分は一部の地方局でもネットされていた。
  • 終了タイトル
    • 土日版のヘッドラインは月-金曜版と違い、オープニングタイトル終了後すぐ始まっていた。東海テレビは1993年3月までヘッドライン終了後に飛び乗っていた。その後、1994年10月以降は月-金曜版と同様番組開始と同時にヘッドラインが始まっていた。ただ、月-金曜版とは異なりヘッドラインは石井康嗣ではなくメインキャスターの山中・近藤が生で読み上げていた。
    • フジテレビは日曜日のみノンスポンサーだったため1996年9月までは提供部分に日付テロップを、10月以後はCM明けの予告テロップを2回(2回目は関東のみ)出す事で対応していた。また、土日版ではネットスポンサーがなかった。
    • 天気予報・終了タイトルは、お天気カメラの映像が表示されたクロマキー(月-金曜版と異なり画面全体)の前にキャスターが座って放送していた。男性キャスターは正面を向いていたが女性キャスターは斜め45度で浅めに腰掛けるという特色があった。エンドカードは月-金曜版とは違っていた。

ネット局の番組名の変遷[編集]

番組開始当初から数年間、この番組はテレビ静岡・テレビ愛媛・テレビ西日本・鹿児島テレビの4局を除いて地域ごとに独自のタイトルに差し替えていた(ただし、この4局もフジテレビと全く同一のタイトルではなく、例えばテレビ静岡においては『FNN テレビ静岡 スーパータイム』など、各ネット局の名前も入った番組タイトルとなっていた。)。

このため、キー局フジテレビでは『スーパータイム』のオープニングをベース[注釈 13]に番組タイトルを各局のものに差し替えたオープニング用VTRも制作・提供していた。ただし連続するスポンサークレジットは、急なスポンサー降板に備えて東京から送られていたため、オープニングとスポンサークレジットでは本来同じタイトルバックのはずがズレが生じていた(BGMはスポンサークレジットの都合のため東京から送られていたがテレビ大分のように地元局発に差し替えた局もあった)。また、同じ理由で、当番組の前の時間帯(17時台)に放送されていた『夕やけニャンニャン』のニュースコーナーでは『スーパータイム』の名前が使えずに「6時のニュース」等と表現したり、全国のニュースの冒頭の『主な項目』(=ヘッドライン)の紹介の直後に(系列各局がフジテレビからの放送に飛び乗るタイミングで)「全国の皆さん、こんばんは」と挨拶をしたりしていた(1993年3月31日まで)[注釈 14]。ちなみにこの挨拶は、後年、当番組とほぼ同じ時間帯にて2018年4月から2019年3月まで放送されていた『プライムニュース イブニング』及びその後継番組『Live News it』→『イット!』の18時台全国ネット枠冒頭のキャスター挨拶にも取り入れられている。もう一つこの両番組の共通する事項は番組のテーマソングである。フジテレビではテーマソングに月-金曜版女性キャスターによる"Super Time!"のタイトルコールが乗っていた。一方でネット局向けにはタイトル差し替えの場合は乗せていなかった[注釈 15]。『プライムニュース イブニング』及びその後継番組『Live News it』→『イット!』では番組コールの乗っているものと乗っていないものを各々配布、タイトルコールは各局で差し替えるなどして対応できるように配慮がなされるようになった。

フジテレビ特有の挨拶の理由は、FNNの場合、スーパータイム以前は長らく6時から全国ニュース、6時半からローカルニュースだったので、フジテレビ以外の系列局の固定視聴者層に配慮して、1時間の全国・ローカル混合型へ改編する際、秋田テレビ、山陰中央テレビ以外の局ではローカルニュース担当キャスターの挨拶にほぼ差し替えられていた。その為キー局のフジテレビは上述の通り挨拶が重複。関東エリアと全国への挨拶を行っていた。ちなみにフジテレビ以外の他系列はその当時すべて、ワイド化する以前は6時台後半に全国ニュースを持ってきていた。 斬新な編成は画期的であり、最終的に高い人気を博し、当時の民放の雄TBSニュースコープ」を終了させるなど、営業的には大成功を収めた。しかし内容面では系列との軋轢が多く、全国ニュースはあくまでも「ローカルニュースワイドの前半部に内包する枠」という立ち位置だった為、系列局のタイトルが違うことにより、関東の視聴者層の中にはスーパータイムは関東ローカルだと思っていた人が多くいた。また、前番組では全国ニュースの枠の中に挿入していたスポーツコーナーを、この番組においてでは別立てにしたため、全国ニュースの枠というのは正味20分足らずだった。

土日版も同様に差し替えた地域に配慮して、冒頭の挨拶では「○月○日土曜日(日曜日)のニュースです」(1995年以降は「○月○日土曜日(日曜日)です」)と言っており、番組名は入れていなかった。1994年9月までは挨拶の際にキャスター名をフルネームで言っていたが、その後は挨拶と日付 • 曜日のみなった。

番組放送後期にさしかかった頃には福島テレビ『FTVテレポート』、関西テレビ『アタック600(日曜日はアタック530)』、テレビ大分『ニュースインおおいた』(ただし、福島テレビは1985年12月までの月-金曜・土曜のネットパートを独立番組扱いならびに1993年3月までの日曜日を、テレビ大分は1985年度の日曜版にスーパータイムのタイトルを使用していた)の3局(+日曜日はここに『中日新聞テレビ日曜夕刊』に差し替える東海テレビ・富山テレビ・石川テレビが加わり6局)を除くネット局(あくまでこの番組放送当時だが)で「スーパータイム」に番組タイトルが統一されていた(1992年4月から)。

以下に表記するネット局による差し替えタイトル表は、番組放送当時のものである。下の表で1984年10月番組開始となっている番組は、テレビ新広島を除いて土日版は1985年4月放送開始であるが、煩雑になる為注記を省略した。また、●は『スーパータイム』が放送開始した1984年10月以前からの番組名を引き継いでいる番組である(「FNN」が付けられたものや、「600」など数字部分のみの変更も含む)。

放送局名 番組名
CX フジテレビ
基幹・報道部番組制作局
FNNスーパータイム
UHB 北海道文化放送 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN イブニングニュース / キリンお天気ジョッキー(月-金曜)
1985年4月1日 - 1988年3月31日:FNNイブニングニュース / キリンお天気ジョッキー(月-金曜)、FNNイブニングニュース(土曜)、uhbニュースレポート5:30 FNN / 道新ニュース天気予報(日曜)
1988年4月1日 - 1993年9月30日:FNN uhbスーパータイム → uhbスーパータイム FNN / キリンお天気ジョッキー(月-金曜)、FNN uhbスーパータイム → uhbスーパータイム FNN(土日)
1993年10月1日 - 1996年3月31日:FNNスーパータイムHOKKAIDO / キリンお天気ジョッキー → ホクレンお天気アイズ(月-金曜)、uhbスーパータイム FNN(土日)
1996年4月1日 - 1997年3月30日:uhbスーパータイム FNN / ホクレンお天気アイズ(月-金曜)、uhbスーパータイム FNN(土日)
mit 岩手めんこいテレビ
1991年4月1日開局)
1991年4月1日 - 1997年3月30日:mitスーパータイム FNN
OX 仙台放送 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN仙台放送イブニングニュース●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1988年3月31日:FNN仙台放送イブニングニュース(全曜日)
1988年4月1日 - 1997年3月30日:FNN仙台放送スーパータイム
※1992年4月3日 - 1994年9月30日は『FNNとうほく 金曜ニュース一番星』(OX・mit・YTS(1993年3月26日まで)・AKT・FTV)、1994年10月3日 - 1996年12月は『夕やけTV編集局』、1997年1月6日 - 9月26日は『ほっとチャンネル』として放送。
AKT 秋田テレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNNテレポートあきた / お天気ダイアリー●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1989年4月2日:FNNテレポートあきた / お天気ダイアリー(月-金曜)、FNNスーパータイム / AKTニュース・お天気ダイアリー(土日)
1989年4月3日 - 1997年3月30日:FNNスーパータイムあきた(月-金曜)、FNNスーパータイム / AKTニュース・お天気ダイアリー(土日)
YTS 山形テレビ
(現:テレビ朝日系列)
1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN YTSニュースワイド60(月-金曜)
1985年4月1日 - 1987年3月31日:FNN YTSニュースワイド60(月-金曜)、FNN YTSニュースワイド60 / YTSニュース天気予報(土日)
1987年4月1日 - 1993年3月31日:FNN YTSニュース スーパータイム → YTSニュース スーパータイム FNN
※1993年3月31日で番組終了。[注釈 16]
SAY さくらんぼテレビ 1997年3月15日 - 3月30日:スーパータイム
※約2週間のサービス放送期間中のみの放送だったため、最後までタイトルに「FNN」が付かなかった。サービス放送開始当初はローカル枠も全てフルネットだったが最後の1週間のみ山形ローカル枠が設けられ、スポーツコーナーの後に15分程度放送された。
FTV 福島テレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNNスーパータイム / FTVテレポート●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1986年1月5日:FNNスーパータイム / FTVテレポート(月-土曜)、FNNスーパータイム(日曜)
1986年1月6日 - 1993年3月28日:FNN FTVテレポート / お天気リポート(月-土曜)、FNNスーパータイム(日曜)
1993年3月29日 - 1996年6月30日:FNN FTVテレポート / お天気リポート(月-土曜)、FNN FTVテレポート(日曜)
1996年7月1日 - 1997年3月30日:テレポート525(月-土曜17時台) / FNN FTVテレポート / お天気リポート(月-土曜18時台)、FNN FTVテレポート(日曜)
NST 新潟総合テレビ
(現:NST新潟総合テレビ)
1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN NSTワイド6:00 / お天気ホットライン●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1990年9月30日:FNN NSTワイド6:00 / お天気ホットライン(月-金曜)、FNNスーパータイム / NSTニュースコーナー・天気予報(土日)
1990年10月1日 - 1993年3月31日:NSTニュース予告編 / NSTスーパータイム FNN(月-金曜)、FNNスーパータイム / NSTニュースコーナー・天気予報(土日)
1993年4月1日 - 1997年3月30日:NSTスーパータイム予告編 / NSTスーパータイム FNN(月-金曜)、FNNスーパータイム / NSTニュースコーナー・天気予報(土日)
NBS 長野放送 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN NBSイブニング6:00●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1990年4月1日:FNN NBSイブニング6:00(月-土曜)、FNN NBSイブニング5:30(日曜)
1990年4月2日 - 1997年3月30日:FNN NBSスーパータイム NEWS&SPORTS
SUT テレビ静岡 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNNテレビ静岡スーパータイム / HOT6 GOGO(月-金曜)
1985年4月1日 - 1997年3月30日:FNNテレビ静岡スーパータイム / HOT6 GOGO(月-金曜)、FNNテレビ静岡スーパータイム(土日)
T34 → BBT 富山テレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNNイブニングワイド6:00(月-金曜)
1985年4月1日 - 1986年3月30日:FNNイブニングワイドとやま6:00(月-土曜)、中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN(日曜 / 現在も『FNN北陸中日新聞 日曜夕刊』として放送中)
1986年3月31日 - 1992年4月5日:FNNスーパータイムとやま(月-土曜)、中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN(日曜 / 現在も『FNN北陸中日新聞 日曜夕刊』として放送中)
1992年4月6日 - 1994年3月27日:スーパータイムとやま530 / FNNスーパータイムとやま(月-金曜)、FNNスーパータイムとやま(土曜)、中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN(日曜 / 現在も『FNN北陸中日新聞 日曜夕刊』として放送中)
1994年3月28日 - 1997年3月30日:5時ってうきうき / FNNスーパータイムとやま(月-金曜)、FNNスーパータイムとやま(土曜)、中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN(日曜 / 現在も『FNN北陸中日新聞 日曜夕刊』として放送中)
ITC 石川テレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNNニュースワイド石川6:00●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1986年3月31日:FNNニュースワイド石川6:00(月-土曜)、中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN(日曜 / 現在も『FNN北陸中日新聞 日曜夕刊』として放送中)
1986年4月1日 - 1997年3月30日:FNN石川テレビスーパータイム(月-土曜)、中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN(日曜 / 現在も『FNN北陸中日新聞 日曜夕刊』として放送中)
FTB 福井テレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN福井テレビニュース6:00●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1989年4月1日:FNN福井テレビニュース6:00(月-土曜)、FNNスーパータイム(日曜)
1989年4月3日 - 1997年3月30日:FNN福井テレビスーパータイム
THK 東海テレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNNイブニングニュース600●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1990年4月1日:FNNイブニングニュース600(月-土曜)、中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN(日曜 / 現在も放送中)
1990年4月2日 - 1997年3月30日:FNN東海テレビスーパータイム(月-土曜)、中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN(日曜 / 現在も放送中)
KTV 関西テレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN KTVアタック600●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1986年3月30日:FNN KTVアタック600(月-金曜)、KTVニュース FNN(土日)
1986年3月31日 - 1997年3月30日:FNN KTVアタック600 → FNNアタック600(月-土曜)、FNN KTVアタック530 → FNNアタック530(日曜)
年末年始のみ『KTVニュース FNN』として放送された時期がある。
TSK 山陰中央テレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN TSKイブニングワイド(月-金曜)
1985年4月1日 - 1988年4月3日:FNN TSKイブニングワイド(全曜日)
1988年4月4日 - 1997年3月30日:FNN TSKスーパータイム → TSKスーパータイム FNN
※年末年始のみは『FNNスーパータイム』として放送。
OHK 岡山放送 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN OHK報道センター6:00(月-金曜)
1985年4月1日 - 1988年3月31日:FNN OHK報道センター6:00(月-金曜)、FNNニュースレポート6:00 / OHKニュース(土曜)、FNNニュースレポート5:30 / OHKニュース(日曜)
1988年4月1日 - 1997年3月30日:FNN OHKスーパータイム → OHKスーパータイム FNN
※1992年10月10日 - 1997年3月29日、土曜のみは『OHKスーパータイムWEEKLY』として放送。
tss テレビ新広島 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN tssワイドニュース / 天気予報(月-金曜)
1985年4月1日 - 1987年10月4日:FNN tssワイドニュース / カープとお天気(月-金曜)、FNN tssワイドニュース(土日)
1987年10月5日 - 1997年3月30日:FNN tssスーパータイム → tssスーパータイム FNN / カープとお天気 → カープっ娘TV(月-金曜)、FNN tssスーパータイム → tssスーパータイム FNN(土日)
EBC テレビ愛媛 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNNスーパータイムEBC600 / 天気予報(月-金曜)
1985年4月1日 - 1990年4月1日:FNNスーパータイムEBC600 / 天気予報(月-土曜)、FNNスーパータイムEBC530 / 天気予報(日曜)
1990年4月2日 - 1997年3月30日:EBCスーパータイム FNN / 天気予報
KSS 高知さんさんテレビ 1997年3月20日 - 3月30日:SUNSUNスーパータイム FNN
※サービス放送期間中に放送。
TNC テレビ西日本 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN TNCスーパータイム NEWS&SPORTS / とべとべトピックス(月-金曜)
1985年4月1日 - 1997年3月30日:FNN TNCスーパータイム NEWS&SPORTS / とべとべトピックス → とべとべホークス(月-金曜)、FNN TNCスーパータイム NEWS&SPORTS(土日)
sts サガテレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN stsニュースレポート / 佐賀新聞ニュース●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1989年4月2日:FNN stsニュースレポート / 佐賀新聞ニュース(月-金曜)、FNN stsニュースレポート(土日)
1989年4月3日 - 1991年3月31日:FNN stsニュースレポート / デイリーフラッシュ(月-金曜)、FNN stsニュースレポート(土日)
1991年4月1日 - 1995年4月2日:stsスーパータイム / デイリーフラッシュ(月-金曜)、stsスーパータイム(土日)
1995年4月3日 - 1997年3月30日:stsスーパータイム
KTN テレビ長崎 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNNニュースワイドKTN / 天気予報(月-金曜)
1985年4月1日 - 1987年10月4日:FNNニュースワイドKTN / 天気予報(月-金曜)、FNNニュースワイドKTN(土日)
1987年10月5日[16] - 1997年3月30日:FNN KTNスーパータイム → KTNスーパータイム FNN / 天気予報(月-金曜)、FNN KTNスーパータイム → KTNスーパータイム FNN(土日)
TKU テレビ熊本 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN TKUニュース・アイ / 天気予報●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1989年4月2日:FNN TKUニュース・アイ / 天気予報(月-金曜)、FNNスーパータイム(土日)
1989年4月3日 - 1997年3月30日:FNN TKUスーパータイム → TKUスーパータイム FNN / 天気予報(月-金曜)、FNN TKUスーパータイム → TKUスーパータイム FNN(土日)
TOS テレビ大分 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNNニュースインおおいた TOS / あしたのお天気おはなしマイク●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1986年3月30日:FNNニュースインおおいた TOS / あしたのお天気・おはなしマイク(月-金曜)、FNNニュースインおおいた TOS / あしたのお天気(土曜)、FNN TOSスーパータイム(日曜)
1986年3月31日 - 1989年4月2日:FNNニュースインおおいた TOS / あしたのお天気・おはなしマイク(月-金曜)、FNNニュースインおおいた TOS / あしたのお天気(土日)
1989年4月3日 - 1996年9月30日:FNNニュースインおおいた TOS / おはなしマイク(月-金曜)、FNNニュースインおおいた TOS / あしたのお天気(土日)
1996年10月1日 - 1997年3月30日:FNNニュースインおおいた TOS / あしたのお天気
UMK テレビ宮崎 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN UMKニュースレポート / 天気予報●(月-金曜)
1985年4月1日 - 1988年4月17日:FNN UMKニュースレポート / 天気予報(月-金曜)、FNNスーパータイム / UMKニュース(土日)
1988年4月18日 - 1992年3月31日:FNN UMKニュースリポート → UMKニュースリポート FNN / 天気予報(月-金曜)、FNNスーパータイム / UMKニュース(土日)
1992年4月1日 - 1996年3月31日:UMKスーパータイム FNN / 天気予報(月-金曜)、UMKスーパータイム FNN(土曜)、FNNスーパータイム / UMKニュース(日曜)
1996年4月1日 - 1997年3月30日:UMKスーパータイム FNN
KTS 鹿児島テレビ 1985年4月1日 - 1995年10月31日FNN KTSスーパータイム NEWS&SPORTS
1995年11月1日 - 1997年3月30日:KTSスーパータイム530 / FNN KTSスーパータイム NEWS&SPORTS(月-金曜)、FNN KTSスーパータイム NEWS&SPORTS(土日)
※1985年3月31日まではNNNのニュースをネット。
OTV 沖縄テレビ 1984年10月1日 - 1985年3月29日:FNN OTVイブニングワイド / 天気予報(月-金曜)
1985年4月1日 - 1992年3月31日:FNN OTVイブニングワイド / 天気予報(月-金曜)、FNNスーパータイム(土日)
1992年4月1日 - 1997年3月30日:OTVスーパータイム FNN / 天気予報(月-金曜)、OTVスーパータイム FNN(土日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その場合、全国ニュースの部分は通常の流れで進行したが、関東ローカルパートはニュース数本と天気予報を伝えるのみで終わっていた。
  2. ^ 報道フロア内の緊急ニュース用のブースに地震の被害状況などが記されたボードが掲げられた簡易的な仕切り板を置き、そこに露木・松山が座って放送していた。
  3. ^ BGMは従来のオープニング音楽の出だしの部分をアレンジしたもの+タイトルコールとなっていた。
  4. ^ 秋田テレビ、福島テレビ、山陰中央テレビは司会者の横顔のアップを写してスタートしていた。
  5. ^ 富山テレビのように系列局ではロゴを表示しなかった局もあった。
  6. ^ 後半2項目から提供部分までをローカルパートの挨拶に充てていた局もある。福島テレビでは1項目だけ伝えた後に4項目目の部分でタイトル・提供を入れ、その後フジテレビがタイトル・提供に充てている部分でキャスター挨拶と全国ニュースのトップ項目の紹介を行って福島テレビのキャスターが「まず東京からお伝えします」と言ったところで飛び乗り、東海テレビと富山テレビは4項目をローカルニューススタジオからの挨拶に当ててタイトル・提供を挟んで飛び乗っていた。
  7. ^ 番組末期のCM前の予告テロップは画面左上に「スーパータイム(番組ロゴ) NEXT」と表示していたが、全国ネット枠でのCM1前は、タイトルを差し替えてネットしている地域に配慮し「NEXT」とだけ表示し、CM2(ローカル枠へ切り替わる直前のCM)前(ここは関東ローカルのみに送出)からは「スーパータイム」のロゴが追加されていた。
  8. ^ その際の「ここまではご覧のスポンサーがお送りしました」という提供読みのアナウンスもそのまま全国で流れていたが、関西テレビなど一部系列局ではBGMを差し替え、提供読みのアナウンスも自社送出のものを流していた。またテレビ静岡のように、同じ曲なのに途中でネットを切って自局出しした局もあった他、提供読み自体を自社送出した局もあった。
  9. ^ ローカルパート突入後の対応については他局の夕方ニュースでも言えることだが、各局の任意。
  10. ^ 岡山放送はキャスターが出てくるタイミングでOHKのスタジオの戻り、モニターにはオープニングと同様にフジテレビの映像が映っていた。山陰中央テレビはこのコーナーが終わったと同時に番組自体が終わっていた。
  11. ^ それまで「スーパータイム」としてのエンドカードを表示していた箇所は関東ローカルスポンサーの後提供クレジットを残してキャスターの天気予報への短い繋ぎコメントとなった。
  12. ^ 河田町では最後となったこのセットは背景を全国ニュースの時間帯は宇宙空間のイラスト、特報以後の時間帯は新宿の夜景写真、天気予報や全国ニュースの時間帯に中継を呼ぶ際はグリーンクロマキーと3つのパネルにそれぞれ切り替える事が出来た。
  13. ^ 初期のものは金一面の画面が割れ、FNNが現れ、奥の魚眼レンズから見た街のCGに向かって飛び散った破片が吸い込まれ、魚眼レンズから見た街のCGに一本の赤い線が差し込むというもの。赤い線が差し込む前にロゴができる。YTSではこの下地のみを流用して『YTSニュース』にも使用していた。
  14. ^ 番組開始当初はヘッドライン直前に飛び乗りポイントがあり、「今日のニュースの主な項目です」と言ってヘッドラインになり、ヘッドライン終了後ニュース本編に入るなど、全国向け挨拶はなかった。後にヘッドラインからの飛び乗り、ヘッドライン終了後の挨拶に改められた。
  15. ^ 初期で多いパターンであった。また、同一タイトルでもフジテレビのタイトルコールのタイミングがずれていた局(山形テレビでの改題当初)や、タイトルコール自体がない局(テレビ愛媛)もあった。さらに、テレビ静岡では1988年3月までフジテレビのテーマをそのまま流していた。尚、1988年4月以降は同一タイトルの場合、テーマ曲と共にタイトルコールも同時に乗っている状態で系列局に配布されていた。また、東海テレビなど一部では独自の"Super Time!"コールを送出していた。
  16. ^ ただし、近隣のフジテレビ系列局(新潟総合テレビ・仙台放送・福島テレビ・秋田テレビ)をケーブルテレビなどで受信できた場合は引き続き見ることができた。ネットチェンジ後はテレビ朝日のステーションEYEをネット。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 嶌 1995, p. 290.
  2. ^ a b 境 2020, p. 139.
  3. ^ 境 2020, p. 140.
  4. ^ 嶌 1995, p. 291.
  5. ^ a b c d e 嶌 1995, p. 292.
  6. ^ 嶌 1995, p. 291 -292.
  7. ^ 牛次郎 流れ流され80年 <17>原稿を持ち込んだ「夕刊フジ」で記者に…忙しい日々に”. 日刊ゲンダイ (2020年9月3日). 2023年5月27日閲覧。
  8. ^ a b c 嶌 1995, p. 293.
  9. ^ a b c d 嶌 1995, p. 294.
  10. ^ 境 2020, p. 94.
  11. ^ 高堀冬彦 (2022年8月12日). “御巣鷹山「日航機事故」から37年 なぜフジテレビは生存者4人の救出劇を独占生中継できたのか”. デイリー新潮. 2023年5月27日閲覧。
  12. ^ 嶌 1995, p. 190.
  13. ^ a b c フジテレビ調査部 編『楽しくなければテレビじゃない : 80年代フジテレビの冒険』フジテレビ出版、1986年11月13日、109頁。NDLJP:12276856/60 
  14. ^ 日本民間放送連盟(編)「“早打ち競争”の時代へ対応する出口調査 フジテレビ / 山本潤」『月刊民放』第22巻第11号、日本民間放送連盟、1992年11月1日、17 - 19頁、NDLJP:3471083/9 
  15. ^ 「フジ・スーパータイムの創り方――数字なければ報道番組じゃない / 溝上晴夫」『月刊政治と経済』第22巻第2号、政治と経済、1996年2月1日、42 - 46頁、NDLJP:2877858/22 
  16. ^ 長崎新聞1987年10月2日10月3日10月4日10月5日付朝刊ラ・テ欄で確認。

参考文献[編集]

  • 嶌信彦『メディア 影の権力者たち』講談社、1995年4月。ISBN 978-4062076289 
  • 境政郎『そして、フジネットワークは生まれた』扶桑社、2020年1月。ISBN 978-4594084028 
フジテレビおよびFNN 月-金曜夕方のFNNニュース(1984年10月1日 - 1997年3月28日)
前番組 番組名 次番組
FNNスーパータイム
※全国・ローカル枠を統合
フジテレビおよびFNN 土日夕方のFNNニュース(1985年4月6日 - 1997年3月30日)
FNNスーパータイム
FNNニュース ザ・ヒューマン
フジテレビ系列 土曜18:00枠(1985年4月6日 - 1997年3月29日)
あした天気になあれ
(金曜19:00へ移動)
FNNスーパータイム
FNNニュース ザ・ヒューマン