長田渚左

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長田 渚左(おさだ なぎさ、1956年3月23日[1] - )は、日本のノンフィクション作家である。日本ペンクラブ会員、日本スポーツ学会代表理事、早稲田大学立教大学講師、淑徳大学特命教授。

東京都杉並区出身[1]桐朋学園大学演劇専攻科卒[1]

1985年から1994年まで長らくフジテレビ系『FNNスーパータイム』でスポーツキャスターを務めた[2]

2006年より[3]スポーツフリーペーパー『スポーツゴジラ』編集長[4][5]

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

  • 花王「バブ」(1986年)

著作[編集]

共著
  • 『スポーツのできる子どもは勉強もできる』深代千之著 幻冬舎新書 2012

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1988年12月30日号 p.78「プロフィール」
  2. ^ “長田渚左さん「上田さんはキャスター向きだった」 - ラグビー : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/sports/news/1511908.html 2018年8月4日閲覧。 
  3. ^ 上月財団 | 「スポーツゴジラ」連載記事”. www.kozuki-foundation.or.jp. 2018年8月4日閲覧。
  4. ^ 著者インタビュー 『桜色の魂』 長田渚左氏 その1 - HONZ」『HONZ - 読みたい本が、きっと見つかる!』。2018年8月4日閲覧。
  5. ^ 特定非営利活動法人 スポーツネットワークジャパン” (日本語). sportsnetworkjapan.com. 2018年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]