永麻理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
えい まり
永 麻理
プロフィール
本名 岡崎 麻理
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1961-08-08) 1961年8月8日(57歳)
最終学歴 慶應義塾大学文学部
職歴フジテレビアナウンサー
活動期間 1985年 -
配偶者
家族 永六輔(父)
永千絵(姉)
育之介(長男)
拓実 (次男) (東京大学在学中)
出演番組・活動
出演経歴 FNNスーパータイム
FNNワールドUPLINK

永 麻理(えい まり、1961年8月8日 - )は、日本のフリーアナウンサー。本名:岡崎 麻理(旧姓:永)。

来歴・人物[編集]

東京都出身。父の永六輔の「子どもは近所の学校に行くべきだ。」という教育方針から[1]、近所の渋谷区立の小中学校に姉永千絵と共に通う[1]。その後、慶應義塾女子高等学校を経て、慶應義塾大学文学部人間学科卒業。

高校在学中、アメリカ合衆国ハワイ州に留学。同地で学んだプナホウ・スクールの同学年には、後のアメリカ合衆国大統領であるバラク・オバマがいたという[2]

大学卒業後の1985年フジテレビに入社し、アナウンサーとして勤務した。1991年から1993年までの2年間ニューヨーク支局駐在。同社は1993年の帰国後に退職。

放送作家タレント作詞家エッセイストの永六輔は父親、映画評論家で随筆家の永千絵は姉、俳優の育之介は長男(2016年までは育乃介で活動)。次男の拓実は2017年現在東京大学に在学中の大学生であるが、『大遺言 祖父・永六輔の今を生きる36の言葉』(小学館)を著している。

出演[編集]

過去の出演番組[編集]

CM[編集]

同期アナ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『親と子』 永六輔 著、岩波新書、2000年、P.185
  2. ^ 永六輔、矢崎泰久「人生道中膝栗毛 第45回」『月刊現代2009年1月号、講談社、p.467
  3. ^ 永さん未公開音源で新CM/浅田飴、6日からラジオで 四国新聞、2018年4月6日閲覧。

関連項目[編集]