諏訪博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すわ ひろし
諏訪 博
生誕 (1915-06-11) 1915年6月11日
北海道小樽市
死没 (1989-12-09) 1989年12月9日(74歳没)
死因前立腺ガン
出身校慶應義塾大学経済学部
職業実業家
栄誉勲二等旭日重光章(1985年)、マスコミ功労者顕彰(1991年)[1]

諏訪 博(すわ ひろし、1915年(大正4年)6月11日 - 1989年(平成元年)12月9日)は、日本の実業家北海道小樽市出身。TBS[2]社長などを歴任した。

来歴・人物[編集]

小樽中学校(現・北海道小樽潮陵高等学校)、慶應義塾大学経済学部卒業後、国際電気通信に入社。

1951年(昭和26年)、TBSの前身であるラジオ東京の設立に参加。ラジオ編成部長、テレビ演出部長、テレビ営業局長、常務を歴任。69年社長に昇格、77年6月会長に退き、山西由之に社長を譲る。

1983年(昭和58年)相談役、86年山西が死去したため会長に復帰し、89年6月特別顧問。

不朽の名作ドラマ私は貝になりたい』の演出を手掛け、「ドラマのTBS」の基礎を築いた。また広告契約の「個別セールス」方式を開発したほか、大阪ネットワーク局の朝日放送[3]から毎日放送[4]へのネットチェンジなどテレビ局の経営近代化にも尽力した[1]。晩年は放送番組センター会長として、番組保存に力を注いだ[1]

1989年12月9日、前立腺ガンのため74歳で死去。

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 諏訪 博”. コトバンク. 2022年6月22日閲覧。
  2. ^ 会社法人としては現在のTBSホールディングス。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ
  3. ^ 会社法人としては現在の朝日放送グループホールディングス。放送局としては現在の朝日放送テレビ朝日放送ラジオ
  4. ^ 初代。会社法人としては現在のMBSメディアホールディングス。放送局としては現在の毎日放送(2代目)・MBSラジオ