諏訪博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

諏訪 博(すわ ひろし、1915年6月11日 - 1989年12月9日)は日本の実業家北海道小樽市出身。TBS[1]社長などを歴任した。

来歴・人物[編集]

慶應義塾大学経済学部卒業後、国際電気通信に入社。1951年、TBSの前身であるラジオ東京の設立に参加。ラジオ編成部長、テレビ演出部長、テレビ営業局長、常務を歴任。

1969年社長就任、1977年6月29日会長就任、山西由之に社長を譲る。1983年相談役就任、1986年に山西が死去したため会長に復帰。1989年6月29日特別顧問就任。同年12月9日、前立腺ガンのため74歳で死去。

1958年、不朽の名作『私は貝になりたい』の演出を手掛け、「ドラマのTBS」の基礎を築いた。広告契約の「個別セールス」方式開発、大阪ネットワーク局の朝日放送[2]から毎日放送への変更などテレビ局の経営近代化に大きな功績を残した。晩年は放送番組センター会長として、番組保存に力を注いだ。

著書[編集]

  • 「一葦の記―私の民放営業三十年」(1981年1月、TBSブリタニカ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス(TBSHD)。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ
  2. ^ 会社法人としては現在の朝日放送グループホールディングス。放送局としては現在の朝日放送テレビ朝日放送ラジオ