加藤嘉一 (TBS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 嘉一(かとう よしかず、1956年5月28日 - )は、TBSテックス代表取締役社長。元・東京放送ホールディングス(TBSHD)取締役、TBSテレビ取締役、TBSラジオ&コミュニケーションズ(現・TBSラジオ)代表取締役社長・会長、テレビプロデューサー

来歴・人物[編集]

早稲田大学卒業後、1979年にTBS入社。以来多くの番組に携わる。中でも『オールスター感謝祭』の初代プロデューサーとして陣頭指揮を行い、春秋の人気期首特番へと導いた[1]。その後制作現場から離れ、テレビコンテンツ事業局長等の管理職を経て2009年6月に会長に退いた余田光隆の後を受けてTBSラジオ&コミュニケーションズ(現・TBSラジオ)第3代代表取締役社長に就任、2012年4月1日にTBSラジオ&コミュニケーションズ取締役会長とTBSテレビ取締役にそれぞれ就任した。

2016年3月31日付でTBSテレビ取締役を、同年6月29日付でTBSHD取締役をそれぞれ退任した[2]。同年4月1日からTBSテックス顧問に就任し、6月より同社の代表取締役社長に就任。

担当番組[編集]

プロデューサー[編集]

バラエティー

ドラマ

ディレクター[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第1回1991年秋から2001年春まで9年半にわたり担当。1991年秋第1回放送では「つぎの4つのうち、当番組プロデューサー・加藤嘉一はどれでしょう?」という視聴者にはわからない4択問題にも出題されたほか、1996年秋の回では顔出し出演もしている
  2. ^ 代表取締役の異動及び役員人事に関するお知らせ東京放送ホールディングス

外部リンク[編集]