石原俊爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石原 俊爾(いしはら としちか、1945年(昭和20年)10月2日 - )は、株式会社東京放送ホールディングス(TBSHD)取締役会長及びTBSテレビ取締役会長。

経歴[編集]

1969年3月早稲田大学第一政治経済学部卒業後、1969年4月TBSに一般職として入社、アナウンサー14期生として放送界にデビュー(同期には稲生二平木脇豊杉崎一雄田中啓生田中良紹山田修爾[1][2]。ニュース・報道系アナウンサーとして活躍[3]。以後、編成局長・BS推進室局長等を経て、2009年4月、代表取締役社長・取締役会議長・業務監査室担当、2011年4月、株式会社東京放送ホールディングス(以下「TBSHD」)代表取締役社長・業務監査室担当(現任)[4]株式会社毎日新聞グループホールディングス 取締役(社外取締役)[5]。一般社団法人アジア調査会理事[6]

2015年4月1日付で、TBSテレビ代表取締役社長の職を武田信二に譲り、以後同局には取締役として残留(TBSHDの社長職は続投)。

2016年4月1日、TBSHD取締役会長・TBSテレビ取締役会長[7]

家族・親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「1969.4<14期生>7人入社(男7) (一般職として採用後、アナウンサーとして養成) 石原俊爾 稲生二平 木脇 豊 杉崎一雄 田中啓生 田中良紹 山田修爾」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 資料編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。「69.4 <14期生>7人入社 (一般職として採用後、アナウンサーとして養成) 石原 俊爾 稲生 二平 木脇 豊 杉崎 一雄 田中 啓生 田中 良紹 山田 修爾」
  3. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 資料編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。「石原 俊爾…ニュース・報道系」
  4. ^ 代表取締役の異動及び役員人事に関するお知らせ(2011年3月3日付 株式会社東京放送ホールディングス発表資料)
  5. ^ 毎日・スポニチ持株移行株式会社:新役員内定(2011年5月11日付毎日jp)
  6. ^ アジア調査会役員名簿(平成28年5月)
  7. ^ “代表取締役の異動及び役員人事に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東京放送ホールディングス, (2016年3月10日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1335918 2016年6月2日閲覧。 
  8. ^ 小川和久 Twitter 2010年12月10日
[ヘルプ]

関連項目[編集]

参考文献[編集]