山西由之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山西 由之(やまにし よしゆき、1922年10月1日 - 1986年3月22日)は日本実業家長崎県平戸市出身。TBS[1]社長を歴任した。

来歴・人物[編集]

東亜同文書院在学中に兵役に就き、1947年九州大学法文学部を卒業し、改造社に入社。雑誌「改造」の編集にあたった後、1955年廃刊とともにTBSの前身であるラジオ東京に転じ、テレビ編成局長、テレビ本部長、取締役、常務、1975年5月専務を歴任。

1977年6月29日、諏訪博の後任として社長に就任。1986年3月22日、心不全のため63歳で死去。社長ポストは6月濱口浩三が就任するまで空席だった。

1981年5月藍綬褒章受章。1982年から1984年まで日本民間放送連盟会長。東京データビジョン、テレビユー福島などの設立に尽くした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス(TBSHD)。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ