広瀬道貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひろせ みちさだ
広瀬 道貞
生誕 (1934-11-12) 1934年11月12日(87歳)
大分県
国籍日本の旗 日本
出身校慶應義塾大学法学部
職業ジャーナリスト実業家
広瀬正雄

広瀬 道貞(ひろせ みちさだ、1934年(昭和9年)11月12日 - )は、日本ジャーナリスト実業家朝日新聞社専務を経てテレビ朝日社長、第13代日本民間放送連盟(民放連)会長などを務めた。

来歴・人物[編集]

大分県出身。江戸時代の高名な儒学者広瀬淡窓の弟・広瀬久兵衛の子孫で[1]、父は自由民主党衆議院議員郵政大臣を務めた広瀬正雄[2][3]

正雄の二男として生まれ[3]、兄に富士紡績社長の広瀬貞雄、弟に大分県知事広瀬勝貞興銀証券常務の広瀬興貞らがいる。

1958年(昭和33年)慶應義塾大学法学部卒業後、朝日新聞社入社[4]同期筑紫哲也轡田隆史。政治部記者として活躍し、69年那覇支局長、81年論説委員、97年代表取締役専務[4]

1998年(平成10年)全国朝日放送(現・テレビ朝日)に転じ顧問を経て、代表取締役副社長[4]、99年代表取締役社長[4]、05年代表取締役会長兼全社変革推進運動顧問[4]、07年取締役会長[4]、08年取締役相談役[4]、09年顧問。

ほかに朝日放送(現・朝日放送グループホールディングス社外取締役日本民間放送連盟会長なども務めた。

その他役職[編集]

  • 財団法人放送セキュリティセンター評議員
  • 社団法人日本ゴルフトーナメント振興協会理事
  • 社団法人全日本シーエム放送連盟相談役
  • 財団法人放送番組国際交流センター評議員
  • 財団法人海外通信・放送コンサルティング協力理事
  • 財団法人民間放送教育協会理事長
  • 財団法人電通育英会評議員
  • 財団法人2007年ユニバーサル技能五輪国際大会日本組織委員会理事
  • 財団法人放送文化基金評議員
  • 財団法人文字・活字文化推進機構理事
  • 財団法人フォーリン・プレスセンター評議員
  • 富士山を世界遺産にする国民会議理事
  • 財団法人2005年日本国際博覧会協会評議員
  • 財団法人森林文化協会評議員
  • 社団法人麻布法人会副会長
  • 一般財団法人日本プロゴルフ殿堂理事長[5]
  • 公益財団法人香雪美術館理事

映画[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 地元新聞 日田市版(2015年3月15日号)。
  2. ^ 『政治家人名事典』446頁。
  3. ^ a b 『人事興信録 第15版 下』ヒ20頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 株式会社テレビ朝日 第68期 有価証券報告書
  5. ^ 日本プロゴルフ殿堂:設立へ 第1回は来年2月にも決定[1] 2011年10月30日閲覧

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。
  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年。