大久保好男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおくぼ よしお
大久保 好男
生誕 (1950-07-08) 1950年7月8日(73歳)
日本の旗 日本 山梨県
出身校 東京外国語大学外国語学部フランス語学科
職業 日本テレビホールディングス代表取締役会長
日本テレビ放送網代表取締役会長
読売新聞グループ本社取締役
読売巨人軍取締役
よみうりランド取締役
読売新聞東京本社監査役
テンプレートを表示

大久保 好男(おおくぼ よしお、1950年7月8日 - )は、日本実業家ジャーナリスト日本テレビホールディングス代表取締役社長日本テレビ放送網代表取締役社長を経て、両社代表取締役会長公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事山梨県出身[1]

経歴・人物[編集]

山梨県出身。山梨県立甲府第一高等学校を経て、東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業。フリージャーナリストで元フジテレビアナウンサー田丸美寿々は東京外国語大学の同期である。

1975年4月、読売新聞社(現:読売新聞グループ本社)に入社。入社後は報道記者として東北総局(宮城県仙台市)や成田支局(千葉県成田市)など地方支局勤務を経て東京本社編集局へ戻った後に世論調査部に勤務、1983年政治部へ異動した後には防衛庁自治省(いずれも当時)担当記者を務める。

その後に内閣総理大臣官邸及び自由民主党記者クラブキャップなどを経て1995年に政治部デスクとなり、選挙や政局などの取材・報道の指揮を執る。

2000年に政治担当の論説委員2003年には政治部長に就任。2008年に同社執行役員メディア戦略局局長となる(2009年取締役へ選任)。

2010年6月に日本テレビ放送網へ転籍し、取締役執行役員に就任。

2011年6月に第12代日本テレビ放送網代表取締役社長に就任[2][3]。2011年7月、I&S BBDO取締役[4]2013年よみうりランド取締役[5]。また、読売新聞グループ本社の取締役と読売新聞東京本社監査役読売巨人軍の取締役も務めている[5][6]

2014年1月15日から放送されたドラマ『明日、ママがいない』では、全スポンサーがスポンサー表示やCM自体を自粛する中で、内容を変更することはないとした[7]。また、全国児童養護施設協議会が、番組を見た施設の子供15人が自傷行為に及んだり学校での嫌がらせを受けたとして謝罪を要求したことについて、厚生労働大臣が影響の調査を表明する事態となったが[8]、日本テレビとして謝罪を含む対応は考えていないとした[9]

2018年6月に日本民間放送連盟会長に就任した[5]

2019年6月27日付で日本テレビHD代表取締役会長及び日本テレビ放送網代表取締役会長執行役員に昇任[10]

2022年6月29日付で日本テレビHD代表取締役会長及び日本テレビ放送網代表取締役会長執行役員を退任し、日本テレビ放送網顧問に就任[11]

自身の出身県の系列局である山梨放送が、2023年度より「DayDay.」をネットすることになり、1980年頃以来30年ぶりに平日午前の情報系番組が日テレ系番組に戻った。

著書[編集]

  • 『ポリティカル・パルス―現場からの日本政治裁断』[12]東信堂/2005年)

脚注[編集]

関連項目[編集]