横田武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横田 武夫(よこた たけお、1904年4月8日 - 1992年5月10日)は日本教育テレビ(NET、現テレビ朝日)第5代代表取締役社長三重県出身。朝日新聞社で経理部門を歩み、代表取締役ののちNETに転じた。

経歴[編集]

旧制第二高等学校卒業、1929年東京帝国大学法学部政治学科卒業、東京朝日新聞社入社。会計、経理各部長、業務局次長、総務経理などを歴任。

1953年12月、取締役。1963年村山事件の際、矢島八洲夫(常務、総務・労務担当)、中川英造(取締役)、安井桂三郎(名古屋本社業務局長)らとともに辞表を提出。同事件収束後の1964年1月、代表取締役に就任したが、同年3月、元社長で大株主の村山長挙は横田ら復職した5人の取締役の職務執行停止の仮処分申請を裁判所に提出。この申請は却下されるが、1965年2月退任する。

1965年3月、日本教育テレビ代表取締役副社長。1970年4月、急逝した山内直元の後継として代表取締役社長に就任。1974年の教育専門局から一般局への転換、1975年3月31日からの、「腸捻転」の解消といわれたネットチェンジへの陣頭指揮を執る。

1974年11月相談役に退く。

1974年4月から1975年1月まで日本民間放送連盟会長。1975年11月、勲二等旭日重光章受章。