濱口浩三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はまぐち こうぞう
濱口 浩三
生誕 (1922-11-28) 1922年11月28日
日本の旗 日本 和歌山県
死没 (2014-06-17) 2014年6月17日(91歳没)
出身校 上智大学文学部卒業
職業 実業家
東京放送ホールディングス元社長室名誉顧問・相談役・社長
配偶者 武藤和子
受賞 マスコミ功労者顕彰

濱口 浩三(はまぐち こうぞう、1922年11月28日 - 2014年6月17日[1])は、日本実業家和歌山県出身。東京放送[2]TBS、現・東京放送ホールディングス)元社長室名誉顧問・相談役・代表取締役社長。

来歴・人物[編集]

和歌山県出身。1944年上智大学文学部新聞学科卒業。1948年報知新聞社に入社。1952年TBSの前身であるラジオ東京に転じ、報道局ニュース部長、ラジオ本部ラジオ局長、大阪支社長、1973年取締役、1977年6月29日常務、1983年6月顧問兼TBS映画社(現・TBSビジョン)社長。

1986年6月社長に就任(社長ポストは山西由之が3月死去後空席だった)。1989年6月29日、社長を退任し相談役に就任(後任は田中和泉)。1993年社長室名誉顧問。

濱口は上智大学出身のマスコミ人で結成しているマスコミ・ソフィア会の会長を務めた。夫人はラジオ東京(TBS)の第1期女性アナウンサーだった武藤和子であった[3]。趣味はゴルフ料理

2013年12月東京都板橋区の自宅の庭で転倒し腰を痛めた後に脳梗塞を発症し入院治療、その後、リハビリをしていたが、[4]2014年6月17日午後11時30分頃、再発性肺炎のため[5]入院先の病院で91歳で死去。死の数時間前には上智大学の神父から洗礼を受けられていたという[4]。霊名は「パウロ[6]。墓所は聖イグナチオ教会クリプタ聖堂地下A111-4[5]

2017年、「マスコミ功労者顕彰」放送部門に選出。同顕彰は、マスコミ界の発展に尽くした故人の功績をたたえるものであり、電通より発表された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元TBS社長の浜口浩三氏が死去 サンケイビズ 2014年6月20日
  2. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス(TBSHD)。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ
  3. ^ 濱口会長令夫人、ルチア濱口和子様ご逝去”. マスコミ・ソフィア会オフィシャルブログ (2010年12月8日). 2010年12月8日閲覧。
  4. ^ a b 訃報:マスコミ・ソフィア会濱口浩三会長=元東京放送社長”. cumsophia on line in FC2 (2014年6月23日). 2015年6月28日閲覧。
  5. ^ a b 故 濱口浩三さん「納骨式」”. Cumsophia Online (2014年10月6日). 2015年6月28日閲覧。
  6. ^ 長女からの会員のみなさまへのメッセージ (PDF)” (2014年7月6日). 2015年6月28日閲覧。
  7. ^ 電通 マスコミ功労者17人を顕彰 毎日新聞 2018年3月20日閲覧