小林與三次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 與三次(こばやし よそじ、1913年7月23日 - 1999年12月30日)は、日本内務自治官僚実業家。読売新聞社主、日本テレビ取締役会長などを歴任した正力松太郎の女婿。

来歴・人物[編集]

富山県大門町に正力家の土建資材を運ぶイカダ舟船頭・小林助次郎の三男として生まれる[1]

高岡中学校第四高等学校を経て、1935年東京帝国大学法学部独法科を卒業、東大在学中に、高等文官試験の司法科と行政科の両方に合格し、内務省に入省。内務官僚時代の逸話として、敗戦後、小林は毎日のように連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)に通っていたが、その際にイガグリ頭の上に戦闘帽を被り、頭陀袋を肩からかけた、引揚者や敗残兵のような格好をしていた。周囲からは、イガグリ頭はアメリカでは囚人のスタイルだからやめた方がいいと注意されたが、小林はこれを聞き入れなかった。「軍人による戦争には敗けたが、歴史と伝統を保持する日本は潰れてはいないぞ」という気概が、小林に「復員スタイル」をとらせていた。小林が第一生命館に入居していたGHQに入っていくと、米兵たちは驚いていたが、夜になってから、小林がアメリカ軍の宿舎として接収されていた大蔵省庁舎の前を通ると、米兵たちはおもしろがって小林の頭を戦闘帽の上からポンポン叩いていたという[2]

小林は、地方の役人が公職追放されてしまうと、彼らが路頭に迷ってしまうと考え、GHQに公職追放される前に解職して、退職金を支給していた。GHQはそれを知ると、小林を「半追放」し、小林は行政課から審議室に異動させられている[3]

内務省の解体・廃止後の1948年に、小林は内事局の官房自治課長を務めていたが、GHQから公職追放の対象としてにらまれた際に、旧内務省国土局(土木局)の後身である建設省に一時的に「退避」している。GHQによる占領統治が終るまでの間、小林は建設省の文書課長という枢要なポストを務めており、その後、1952年8月に自治庁行政部長として返り咲いている[4]

自治事務次官として自治庁の省昇格に尽力し、自治省の設立を成し遂げたのち、1965年読売新聞社に入社。1966年報知新聞社取締役に就任し、1970年には日本テレビ代表取締役社長社長に就任。

その後、読売新聞社社長を1981年から10年間務め、1991年務臺光雄(名誉会長)が死去したのを機に渡邉恒雄に社長を譲って会長に就いた。

また、日本新聞協会会長、日本民間放送連盟会長を務め、東京讀賣巨人軍最高経営会議のメンバーとして、プロ野球球団経営にも参画していた。

1999年12月30日、がん腹膜炎のため東京医科歯科大学病院で死去。

略歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐野眞一の著書『巨怪伝 上 正力松太郎と影武者たちの一世紀』19頁に「その対岸には、のちに正力の長女梅子の婿となる小林與三次の生家が残っている。要塞のような正力家の屋敷に比べ、庄川の水べりのすぐそばに建つ小林の生家は見るからに貧相だった。その対照的な光景は、当主を“おやっさん”(親方)と呼ぶ、印半纏(しるしばんてん)の人足が何十人となく出入りしていた正力家の羽ぶりのよさと、その正力家の土建資材を運ぶイカダ船の船頭に過ぎなかった小林の父との境遇の違いを、残酷なまでに見せつけている。小林與三次の足の裏の皮が今でも厚いのは、子供の頃イカダ乗りの手伝いをした名残である」とある(読売新聞・歴史検証
  2. ^ 青柳恵介 『風の男 白洲次郎』 新潮文庫 p.134
  3. ^ 青柳恵介 『風の男 白洲次郎』 新潮文庫 p.135
  4. ^ 中野晃一 『戦後日本の国家保守主義 内務・自治官僚の軌跡』 岩波書店 p.8

外部リンク[編集]