内山斉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内山 斉(うちやま ひとし、1935年2月6日 - )は、読売新聞グループ本社顧問、同社元代表取締役社長、日本新聞協会会長、第13代横綱審議委員会委員長。

経歴・人物[編集]

北海道札幌市出身。日本大学文学部社会学科卒業。1957年4月、読売新聞社入社。地方部を中心に記者として活動する。制作局を担当していた当時、印刷拠点の分散化を経営トップに進言して功績が認められる。のちに渡邉恒雄から後継者指名を受ける。

読売新聞入社後の略歴[編集]

関連項目[編集]

先代:
鶴田卓彦
(元日本経済新聞社社長)
横綱審議委員会委員長
(2013~2015)
次代:
守屋秀繁
(千葉大学名誉教授)
先代:
北村正任毎日新聞社
日本新聞協会会長
(2009~2011)
次代:
秋山耿太郎朝日新聞社