竹井博友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけい ひろとも
竹井 博友
生誕 1920年大正9年)10月9日
日本の旗 日本 栃木県
死没 (2003-07-29) 2003年7月29日(満82歳没)
出身校 明治大学
職業 実業家

竹井 博友(たけい ひろとも、1920年(大正9年)10月9日 - 2003年(平成15年)7月29日)は、日本の実業家

不動産会社・株式会社地産代表取締役社長。また徳間書店致知出版社の事実上の創業者でもある。

来歴・人物[編集]

栃木県黒磯町(現・那須塩原市)生まれ。福島県立白河中学校明治大学政治経済学部を卒業後、1943年(昭和18年)に読売新聞社(現在の読売新聞東京本社読売新聞グループ本社)に入社[1]読売新聞社会部記者などを歴任し、読売争議の際には急進的な組合側の急先鋒となっていた。

その後、1946年(昭和21年)に読売新聞を退社してアサヒ芸能新聞社を経営。『アサヒ芸能新聞』、『日東新聞』を創刊する。(その後アサヒ芸能新聞社は読売時代の同僚だった徳間康快が引き継ぎ、現在の徳間書店になる。『アサヒ芸能新聞』は現在は週刊誌の『アサヒ芸能』になっている)。

1952年(昭和27年)の大阪讀賣新聞(現:読売新聞大阪本社)創刊および1975年(昭和50年)の中部讀賣新聞(現在の読売新聞中部支社)創刊に関わった。いずれも「読売の大番頭」であった務臺光雄の命を受けたもの。このため、「務臺(読売)の黒子役」とも言われている。のち、報知新聞社取締役、読売不動産社長を歴任。

一方、1951年(昭和26年)に竹井産業を設立して不動産業に進出した。1965年(昭和40年)に商号を「地産」に改称して、高度経済成長期に全国各地のビジネスホテル・「チサンホテル」やゴルフ場「チサンカントリークラブ」、「チサン」ブランドのマンション分譲を行い不動産事業を拡大して、中堅不動産会社に育成した。地産グループは拡大方針を採り、主に株の買い占めによる手法で地産トーカン・平田紡績など複数の企業買収を繰り返し膨張を続けた。

1973年(昭和48年)には「大自然出版」(のち「竹井出版」を経て「致知出版社」)を創業した。この他、埼玉新聞社を経営していた時期がある[1]

バブル期には、ファミリー企業のミヒロファイナンスと木鶏の2社で株投機を盛んに行い、光進グループをはじめとした仕手グループの有力な資金源となっていた。1991年(平成3年)6月に国際航業株の売買(光進事件)で得た55億円の利益を隠して、東京地検特捜部に34億円の所得税法違反(=脱税)容疑で逮捕された[1]1992年(平成4年)4月に懲役4年、罰金5億円の実刑判決を受け、収監された。また、住専の地銀生保住宅ローンの大口貸出先でもあり、多額の不良債権を生じさせた。

その後、信用の失墜した地産はバブル崩壊もあり、2002年(平成14年)8月に東京地裁会社更生法の適用を申請して事実上倒産した。ホテル、ゴルフ場部門のみローンスターが買収して存続する状態となっている。

脱税事件を巡る裁判の途中に高野山へ修行して、得度して以降は心泉と号していた。書画、陶芸はプロ級の腕前。晩年はヨガの呼吸法を研究していた。

2003年(平成15年)7月29日に自宅で死去。82歳没[1]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “竹井博友氏死去 元地産会長”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年8月4日). http://www.47news.jp/CN/200308/CN2003080401000057.html 2012年11月24日閲覧。 

関連項目[編集]

旧地産グループ系譜の企業