スターゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スターゼン株式会社
Starzen Co.,Ltd
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
108-0075
東京都港区港南2-5-7 港南ビル
設立 1948年6月17日
業種 卸売業
法人番号 9010401015760
事業内容 食肉の加工・販売、食肉製品・食品の製造・販売等
代表者 代表取締役社長 中津濵健
資本金 98億9,975万円
発行済株式総数 87,759,216株
売上高 連結:2,565億81百万円円
単独:195億87百万円
(2014年3月期)
純資産 連結:294万65百万円
単独:285億46百万円
(2014年3月期)
総資産 連結:937万77百万円
単独:625億49百万円
(2014年3月期)
従業員数 連結:2,258名、単独:155名
(2014年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 三井物産 16.39%
三井住友銀行 3.42%
(2016年5月31日現在)
外部リンク https://www.starzen.co.jp/
テンプレートを表示

スターゼン株式会社は、東京都港区に本社を置く食肉専門の商社である。

食肉の生産・加工・販売および食肉の輸入・販売のほか、ハム・ソーセージなど食肉加工品の製造・販売も行っている。

沿革[編集]

  • 1948年6月 - 全国畜産協同組合を母体に全国畜産株式会社を設立。
  • 1955年10月 - オーストラリアから初の冷凍牛肉の試験輸入を行う。
  • 1962年11月 - 東証二部上場。
  • 1970年6月 - 社名を株式会社ゼンチクに商号を変更。
  • 1972年4月 - 日本マクドナルドと取引契約、千葉工場を開設しハンバーガーパティの製造開始。
  • 1977年9月 - 東証一部上場。
  • 1998年5月 - 子会社の株式会社石狩ゼンチクを存続会社とし、株式会社阿久根ゼンチク、株式会社三戸ゼンチクを吸収合併。同時に株式会社スターゼンミートグループ(現・スターゼンミートプロセッサー株式会社)に商号を変更。
  • 1999年4月 - 社名をスターゼン株式会社に商号を変更。
  • 2005年6月 - ローマイヤ株式会社の第三者割当増資を引き受け、子会社化。
  • 2005年10月 - 栃木スターゼン株式会社の営業権をローマイヤ株式会社に譲渡。
  • 2008年10月 - 国内食肉卸売事業を分社化し、事業持株会社となる。
  • 2010年7月 - キング食品株式会社の全株式を取得し、完全子会社化。
  • 2010年10月 - プライフーズ株式会社の第三者割当増資を引き受け、持分法適用関連会社化。
  • 2012年8月 - 株式交換によりローマイヤ株式会社を完全子会社化、本社移転。
  • 2013年4月 - 子会社のスターゼン東日本販売株式会社、スターゼン北日本販売株式会社、スターゼン西日本販売株式会社、スターゼン南日本販売株式会社の4社を合併し、スターゼン販売株式会社を設立。
  • 2014年3月 - 株式会社東京部分肉センター(現・スターゼンロジスティクス株式会社)を完全子会社化。
  • 2016年5月 - 三井物産と資本業務提携。同社がその他の関係会社となる[1]

関連会社[編集]

連結子会社
  • スターゼン販売株式会社
  • スターゼンミートプロセッサー株式会社
  • スターゼンインターナショナル株式会社
  • 株式会社ゼンチク販売
  • ローマイヤ株式会社
  • 株式会社丸全
  • 株式会社キング食品
  • スターゼンサービス株式会社
  • 有限会社ゼンチクサービス
  • スターゼンロジスティクス株式会社
  • スターゼンITソリューションズ株式会社
  • 有限会社ミート・サービス
  • 株式会社青木食品
  • 青木食品販売株式会社
  • 株式会社三戸食肉センター
  • 株式会社小美玉ファーム
  • 有限会社ホクサツえびのファーム
  • 道央食肉センター株式会社
  • ゼンチクオーストラリア PTY. LTD
  • スターゼンアメリカ, INC.
持分法適用関連会社
  • 株式会社美保野ポーク
  • ゼンミ食品株式会社
  • 株式会社南部ファーム
  • 株式会社阿久根食肉流通センター
  • オレンジベイフーズ株式会社
  • プライフーズ株式会社

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]