塩田丸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しおだ まるお
塩田 丸男
生誕 (1924-07-27) 1924年7月27日(92歳)
日本の旗 日本 山口県
職業 作家、評論家

塩田 丸男(しおだ まるお 1924年7月27日 - )は、日本の作家評論家である。

人物[ソースを編集]

1924年大正13年)、山口県豊北町(現在の下関市)生まれ。國學院大學中退。読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説者などを経て、作家・評論家となった。サラリーマンをテーマにしたエッセイやテレビ出演で人気に。 しかし、1995年フジテレビワイドショーおはよう!ナイスデイ」に出演した際、NHKの朝の連続ドラマ「春よ、来い」で主役だった安田成美の降板問題に対して行った発言でレギュラー出演していた全てのTV番組から降板する事態になった。

代表作は「臆病者の空」(第89回直木賞候補作)、「天からやってきた猫」(新潮社刊、NHK銀河テレビ小説原作)など。1992年平成4年)、日本ジャーナリスト大賞受賞。小説、エッセイなどに食をテーマとした諸作品があり、グルメとしても知られる。

日本テレビの大相似形テレビにレギュラー出演していた頃には「松本伊代が好き」とも発言していた。その他少年アシベの登場人物である「アシベのじいちゃん」に似ているとも言われていた。

家族[ソースを編集]

夫人の塩田ミチル、娘の塩田ノアは、いずれも料理研究家

出演[ソースを編集]

著作[ソースを編集]

  • 『臆病者の空』『死なない鼠』(第89回直木賞候補作)
  • 『天からやってきた猫』(新潮社刊・NHK銀河テレビ小説原作)
  • 『ケチの天才たち : お金は命より大切や!』(KKベストセラーズ1984年
  • 『味はみちづれ』 / 塩田丸男、塩田ミチル著(新潮社・1985年)
  • 『塩田丸男・塩田ミチルのこんな家庭で暮らしてみたい』 / 塩田丸男、塩田ミチル著(フォー・ユー・1987年
  • 『食べる日本語 』(講談社2006年
  • 『マユツバ語大辞典』(新潮新書・2007年

など。