プランタン銀座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社プランタン銀座
PRINTEMPS GINZA Company, Limited
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座三丁目2番1号
設立 1983年8月17日
(1984年4月27日開店)
業種 小売業
事業内容 百貨店業
代表者 代表取締役社長 笹岡 寛
資本金 10億円
売上高 186億円(2012年2月期)
従業員数 270人
決算期 毎年2月
主要株主 株式会社読売新聞東京本社 70%
株式会社三越伊勢丹 30%
関係する人物 中内功
外部リンク http://www.printemps-ginza.co.jp
特記事項:プランタン銀座としては2016年12月31日営業終了
テンプレートを表示
讀賣銀座ビル(プランタン銀座)
Printemps Ginza (2007.9.17).jpg
プランタン銀座(2007年9月17日撮影)
情報
用途 店舗
設計者 三菱地所株式会社
施工 大成建設株式会社
建築主 株式会社プランタン銀座
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
敷地面積 3,957 m²
建築面積 3,519 m² (建蔽率89%)
延床面積 34,857 m² (容積率881%)
階数 地上7階・地下4階
着工 1982年2月
竣工 1984年4月
所在地 104-0061
東京都中央区銀座三丁目2番1号
テンプレートを表示

株式会社プランタン銀座(プランタンぎんざ、: PRINTEMPS GINZA Company Limited: LE PRINTEMPS GINZA S.A.)は、東京都中央区銀座三丁目にある日本の百貨店の運営会社。讀賣銀座ビルでプランタン銀座を運営していた。

概要[編集]

ダイエーが百貨店事業に進出するため、1980年にフランスの百貨店オ・プランタンと提携したことで「プランタン」が日本へ進出。プランタン銀座は1983年8月17日にダイエーの子会社として運営会社が設立され、1984年4月27日にダイエーグループにおける4号店として開業した。

2000年3月にダイエーとオ・プランタンの間での「プランタン」の使用契約が満了することになり、プランタン銀座以外の「プランタン」はカテプリに名称変更された[1]が、プランタン銀座はこれとは別にオ・プランタンとの商号および商標の使用契約を結んでいたために名称の変更は行われず、日本国内では唯一「プランタン」を名乗ることとなった。

ダイエーの経営悪化に伴い、プランタン銀座の株式が売却されることとなり、当初は経営陣による買収(マネジメント・バイアウト)が予定され、2001年8月7日にダイエー、富士キャピタルマネジメント、プランタン銀座経営陣の三者で基本合意書を締結した。

しかし、この合意が賃貸借契約の特約に反して、店舗が入居する土地・建物のオーナーである読売新聞社に無断で行われたため、読売新聞社が賃貸借契約の解除通知をする事態になる。

そこで、読売新聞社を含めて協議を行い、2002年5月30日にダイエーが99.06%の株式を読売新聞社に売却することで合意。2002年6月14日に読売新聞社は株式を買い取った後、三越(現:三越伊勢丹)に30%を売却した。これによりプランタン銀座はダイエーグループを離脱し、親会社を読売新聞社として、読売グループ及び三越グループ(後に三越伊勢丹グループ)に入ることになった。

2015年12月15日、オ・プランタンとの商号および商標の使用契約を2016年12月末で終了し、2017年3月に新名称でプランタン銀座をリニューアルオープンすることが発表された[2]

2016年8月31日、プランタン銀座と読売新聞東京本社は2017年3月中旬から、店舗ブランド名を隣接する「マロニエゲート銀座」に統合・改称すると発表した[3]。外国人観光客の増加や湾岸部の開発、客層の変化などを理由として挙げており、ターゲット層も20代から40代の女性に広げるとしている[4]

2016年12月31日にプランタン銀座が閉店し、日本国内から「プランタン」の名を掲げる店舗が姿を消した[5]

沿革[編集]

  • 1980年3月 - ダイエーがフランスのオ・プランタンと提携調印。
  • 1983年8月17日 - 株式会社プランタン銀座を設立。
  • 1984年4月27日 - プランタン銀座開業。(ダイエー傘下の日本国内4号店)
  • 2000年3月22日 - ダイエー運営のプランタン新さっぽろがカテプリ新さっぽろに名称が変更されたことで、日本において「プランタン」を掲げる店舗がプランタン銀座のみとなる。
  • 2001年8月7日 - ダイエー、富士キャピタルマネジメント、プランタン銀座経営陣の三者で株式売却の基本合意書を締結。
  • 2002年5月30日 - 読売新聞社を交えて株式売却が再協議された結果、ダイエーが99.06%の株式を読売新聞社に売却することで合意。
  • 2002年6月14日 - ダイエーがプランタン銀座株式を読売新聞社へ売却。読売新聞社は三越に株式の一部を売却。ダイエーグループを離脱し、読売グループの一員となる。
  • 2016年12月31日 - オ・プランタンとの商号・商標使用契約が終了。プランタン銀座閉店。日本国内からプランタンが消滅。
  • 2017年3月中旬 - 店舗ブランド名を「マロニエゲート銀座」に改称予定。(プランタン銀座本館を「マロニエゲート銀座2」、プランタン銀座アネックスを「マロニエゲート銀座3」に変更[4]

クレジットカード[編集]

提携カードとして「プランタンGINZAカード」を発行していた。

  • 初代は、ダイエーグループ時代にダイエーファイナンス(現:セディナ)との提携で発行された。十字屋三春屋等、他のダイエー系百貨店のカードフェイスが当時のOMCカードのデザインに準拠していた(ほぼ、文字部の違いのみ)のに対し、一見セゾンカードを思わせる上部に青を使ったオリジナルデザインを採用、しかも『OMC』ロゴを排し国際ブランド(VISAMasterCardJCB)のみを前面に打ち出したものとなった。
  • 現行カードは読売新聞グループ傘下となった後に、ユーシーカード[注 1](現:クレディセゾン)と提携し募集・発行を開始した。国際ブランドはVISA及びMasterCardの2種となり、デザインはVISAがピンク、MasterCardがパープル基調であった。2016年12月末でサービスが終了することが告知され、同カードは2017年1月以降の更新からUCカード(一般)へ切り替えられる[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第二位株主である三越の提携カードである「三越カード」は2002年当時三井住友カード発行であった(2000年度まではさくらカードUC提携)。

出典[編集]

  1. ^ 日経流通新聞 2000年1月11日 札幌・大阪のプランタン 店名をカテプリにより
  2. ^ プランタン銀座、名称変更へ 仏プランタン社と契約終了”. 朝日新聞デジタル (2015年12月15日). 2015年12月16日閲覧。
  3. ^ “プランタン銀座が来年衣替え 「マロニエゲート銀座」に”. 東京新聞. (2016年8月31日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016083101001650.html 2016年8月31日閲覧。 
  4. ^ a b 北爪三記 (2016年11月28日). “パリ流32年 Aurevoir プランタン銀座、年内閉店”. 【TOKYO発】 (東京新聞). オリジナル2016年11月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161129012939/http://www.tokyo-np.co.jp/article/thatu/list/CK2016112802000137.html 2016年11月28日閲覧。 
  5. ^ “プランタン銀座が閉店=働く女性の流行けん引”. 時事通信. (2016年12月31日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016123100160&g=eco 2017年1月1日閲覧。 
  6. ^ 「プランタンGINZAカード」サービス終了のご案内 - ユーシーカード 2016年1月6日掲載 2016年9月7日閲覧

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分25.5秒 東経139度45分54.4秒