丸信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社丸信[1][2]
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地

日本の旗 日本
山口県吉敷郡小郡町中央通り754[1]



山口市朝田県流通センター内[2]
設立 1959年(昭和34年)4月9日[1]
業種 小売業
事業内容 スーパーマーケット[1]・ファッション専門店[1]
代表者 有田芳夫(代表取締役社長)(設立時)[1]

有田昇(代表取締役社長)(破産申請時)[3]
資本金 2億6700万円[1]
従業員数 432人
(うち社員151人)
(破産申請時)[3]
テンプレートを表示
レッドキャベツ埴生店(旧・丸信埴生店)
レッドキャベツ宇部新天町店(旧・宇部丸信)
トポス北千住店(旧・東京丸信)

丸信(マルシン)は、かつて山口県内に存在したスーパーマーケットチェーンである。 吉敷郡小郡町(現在の山口市)上郷の山口県流通センターに本部を置いていた。

歴史・概要[編集]

1959年(昭和34年)に、株式会社丸久の設立者の一人で経営上の食い違いから同社を離れた有田芳男によって設立された。 山口県内の主要各都市などを中心にチェーン店を展開し、一時期はダイエーと提携し東京に出店(後のトポス北千住店トポスの最後の店舗でもあった。2016年11月14日をもって閉店)するなどの攻勢をかけたこともあった。

1989年平成元年)12月7日には子会社である宇部丸信の本店が火災により全焼した。店舗再建に当たっては、周辺の土地も含めて再開発する案が隣接する商店街の宇部新天町名店街(ハミングロード宇部)から出されたが、最終的に丸信単独で店舗を建設することとなった。新たな宇部丸信本店は、地下と屋上に駐車場を備えた地上3階(一部4階)地下1階、床面積4,112m2の店舗となり、1990年(平成2年)に開業した。

1990年代以降は、バブル景気崩壊後の消費不況や同業他社(特に同じ山口県内や周辺各県を基盤とした他のスーパーマーケットチェーン)との競争激化などにより業績が悪化。

2000年(平成12年)2月28日に約112億円を抱えて山口地方裁判所にグループ3社(宇部丸信、岩国丸信、下関丸信)とともに自己破産を申請し、倒産した[3]

なお、同時期には丸信の発祥となった丸久も経営破綻がささやかれていたが、食品スーパーに特化しそれ以外の部門を全て他社に譲渡する等した結果、現在は経営を再建している。

年表[編集]

過去に存在した店舗[編集]

山口県[編集]

山口市[編集]

店舗跡に湯の町市場を開設する計画があったが、2002年(平成14年)7月に頓挫した[10]

徳山市[編集]

宇部市[編集]

防府市[編集]

下関市[編集]

岩国市[編集]

  • 岩国店 - 岩国市[2]1969年(昭和44年)11月開店[2]、店舗面積900m²[2]
  • 西岩国店 - 岩国市西岩国2-16-2[13]1969年(昭和44年)8月開店[2]、店舗面積600m²[2]
  • 麻里布店 - 岩国市麻里布町7-11[14]、?開店、店舗面積570m²[14]
  • 駅前店 - 岩国市麻里布町2-4-27[13]、?開店、店舗面積1,000m²[13]
  • 三笠店 - 岩国市三笠町3-7-8[14]、?開店、店舗面積230m²[14]
  • 銀座店 - 岩国市岩国2-4-15[15]

光市[編集]

1982年(昭和57年)10月開店[2]、店舗面積500m²[2]

1982年(昭和57年)12月開店[2]、店舗面積500m²[2]

山陽小野田市[編集]

広島県[編集]

広島市[編集]

呉市[編集]

  • 呉店 - 呉市栄町4-11[1]、1964年(昭和39年)4月1日開店[21]、売場面積243m²[19] → 687m2[21]

大竹市[編集]

佐伯郡[編集]

東京都[編集]

倒産後の丸信[編集]

旧本部・社宅など
80年代前半頃まで使用されていた旧本部(小郡中学校の隣)は、山口県流通センターへの移転後も土地・建物は丸信が所有し、隣接していた社宅もしばらくの間利用されていたが、現在、建物は全て取り壊され、跡地は住宅地や結婚式場となっている。
店舗
山口、防府、宇部市内にあった旧店舗の一部は、丸久(店舗名はアルク)が引き継ぎ営業を行っている。
埴生店(山陽小野田市)はレッドキャベツが引き継ぎ営業を行っていたが後に閉店している。
レッドキャベツは後に旧宇部丸信(宇部市新天町)の建物を買収し、レッドキャベツ宇部新天町店として営業を行っていたが、現在は閉店している。閉店当時レッドキャベツが営業を行っていたのは3階建ての建物のうち1階のみであり、2階にはザ・ダイソーレッドキャベツ宇部新天町店が入居、3階は空店舗となっていた。現在は、丸喜常盤通り店として営業。[24]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『流通会社年鑑 1978年版』 日本経済新聞社、1977年10月25日。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 『流通会社年鑑 1990年版』 日本経済新聞社、1990年11月24日。
  3. ^ a b c d e “丸信グループ12店舗432人解雇” 山口新聞 (みなと山口合同新聞社). (2000年2月29日)
  4. ^ 『日本セルフ・サービス年鑑 1970年版』 日本セルフ・サービス協会、1970年3月20日。pp9
  5. ^ a b 総理府統計局 編『会社企業名鑑 昭和43年版』 日本統計協会、1968年11月。pp1374
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『日本スーパーマーケット名鑑 1969年版』 商業界、1969年。pp521
  7. ^ a b c d e f g 『日本スーパーマーケット名鑑 1969年版』 商業界、1969年。pp520
  8. ^ 『日本セルフ・サービス年鑑 1970年版』 日本セルフ・サービス協会、1970年3月20日。pp319
  9. ^ 『日本スーパーマーケット名鑑 1969年版』 商業界、1969年。pp522
  10. ^ “山口市のスーパー丸信湯田店跡に計画された湯の町市場は計画を断念”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年7月18日)
  11. ^ 『日本セルフ・サービス年鑑 1970年版』 日本セルフ・サービス協会、1970年3月20日。pp320
  12. ^ a b 『防長年鑑 昭和45年版』 防長新聞社、1969年11月1日。 pp582
  13. ^ a b c 『日本スーパーマーケット名鑑 1970年版』 商業界、1970年。pp516
  14. ^ a b c d 『日本スーパーマーケット名鑑 1970年版』 商業界、1970年。pp517
  15. ^ 『日本スーパーマーケット名鑑 1970年版』 商業界、1970年。pp640
  16. ^ a b 『日本商業年鑑 1972年版』 商業界、1972年。
  17. ^ 『町勢要覧さんよう 町制30周年記念』 山陽町、1986年11月。pp72
  18. ^ a b c 『日本スーパーマーケット名鑑 1966年版』 商業界、1966年。pp230
  19. ^ a b c d 『日本スーパーマーケット名鑑 1966年版』 商業界、1966年。pp231
  20. ^ a b 『日本スーパーマーケット名鑑 1970年版』 商業界、1970年。pp502
  21. ^ a b 『日本スーパーマーケット名鑑 1969年版』 商業界、1969年。pp511
  22. ^ a b c d 『日本スーパーマーケット名鑑 1970年版』 商業界、1970年。pp503
  23. ^ a b c 『日本スーパーマーケット名鑑 1970年版』 商業界、1970年。pp237
  24. ^ 宇部・新天町にスーパー「まるき」 中心市街地に出店、地元野菜市場も(山口宇部経済新聞2020年10月14日)

関連項目[編集]