厚狭郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口県厚狭郡の位置

厚狭郡(あさぐん・あづさのこおり)は、山口県長門国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 山陽小野田市の全域
  • 宇部市の大部分(あすとぴあ・今村北・今村南・亀浦三丁目・亀浦四丁目・床波・西岐波・東岐波を除く)
  • 下関市の一部(白崎、王喜宇津井、王喜本町、吉田、吉田地方以東[1]

歴史[編集]

古代 - 近世[編集]

  • 天平9年(737年) - 古文書に厚狭郡の記載が最初に現れる。当初は「あづさ」と読まれていた。
  • 南北朝時代から寛文4年(1664年)までは厚東郡・厚西郡に分かれていた。一時期は吉田郡も分立していた(いずれも私郡)。
  • 慶安3年(1650年) - 長州藩の行政区画である宰判が設置され、郡内には、船木宰判と吉田宰判が置かれる。

近世以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。《 》は左記の村に含まれていると見られる。(56村)
知行 村数 村名
藩領 周防山口藩 54村 東吉部村、西吉部村、奥万倉村、《今富村》、東万倉村、《矢矯村、芦河内村》、西万倉村、船木村、有帆村、東高泊村、千崎村、西高泊村、後潟開作、際波村、東須恵村、西須恵村、藤曲村、中宇部村、上宇部村、沖宇部村、中野開作村[2]、妻崎開作村[2]、棚井村、《広瀬村、末信村、沖ノ旦村》、吉見村、木田村、《山中村、車地村、瓜生野村》、櫟原村、《藤河内村、棯小野村、小野村、如意寺村》[3]、市ノ小野村、宇内村、善和村、吉田村、吉田地方村、宇津井村、松屋村、埴生村、津布田村、山川村、郡村、厚狭村、鴨庄村、川上村[4]、小串村、中山村、高畑村
長門府中藩 1村 福田村[5]
山口藩・府中藩 1村 山野井村

町村制以降の沿革[編集]

1.宇部村 2.藤山村 3.厚東村 4.二俣瀬村 5.小野村 6.吉部村 7.万倉村 8.船木村 9.厚南村 10.須恵村 11.高千帆村 12.厚西村 13.出合村 14.生田村 15.王喜村 16.吉田村(紫:下関市 赤:宇部市 橙:山陽小野田市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足。特記以外は全域が現・市。(16村)
    • 宇部村 ← 沖宇部村、上宇部村、川上村、中宇部村、小串村(現・宇部市)
    • 藤山村 ← 中山村、藤曲村(現・宇部市)
    • 厚東村 ← 広瀬村、棚井村、末信村、吉見村(現・宇部市)
    • 二俣瀬村 ← 山中村、木田村、車地村、善和村、瓜生野村(現・宇部市)
    • 小野村 ← 藤河内村、棯小野村、小野村、櫟原村、如意寺村(現・宇部市)
    • 吉部村 ← 東吉部村、西吉部村(現・宇部市)
    • 万倉村 ← 芦河内村、今富村、矢矯村、奥万倉村、西万倉村、東万倉村(現・宇部市)
    • 船木村(単独村制。現・宇部市)
    • 厚南村 ← 沖ノ旦村、際波村、中野開作村、妻崎開作村、東須恵村(現・宇部市)
    • 須恵村(西須恵村が単独村制。現・山陽小野田市)
    • 高千帆村 ← 有帆村、東高泊村、西高泊村、千崎村、高畑村(現・山陽小野田市)
    • 厚西村 ← 郡村、厚狭村、鴨庄村(現・山陽小野田市)
    • 出合村 ← 山川村、山野井村(現・山陽小野田市)
    • 生田村 ← 津布田村、埴生村、福田村(現・山陽小野田市)
    • 王喜村 ← 松屋村、宇津井村(現・下関市)
    • 吉田村 ← 吉田村、吉田地方村(現・下関市)
  • 明治29年(1896年9月1日 - 郡制を施行。
  • 大正6年(1917年)9月1日 - 船木村が町制施行して船木町となる。(1町15村)
  • 大正7年(1918年10月1日 - 厚西村が町制施行・改称して厚狭町となる。(2町14村)
  • 大正9年(1920年4月3日 - 須恵村が町制施行・改称して小野田町となる。(3町13村)
  • 大正10年(1921年11月1日 - 宇部村が市制施行して宇部市となり、郡より離脱。(3町12村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年)4月1日 - 出合村が厚狭町に編入。(3町11村)
  • 昭和6年(1931年8月1日 - 藤山村が宇部市に編入。(3町10村)
  • 昭和13年(1938年)4月1日 - 高千帆村が町制施行して高千帆町となる。(4町9村)
  • 昭和15年(1940年11月3日 - 小野田町・高千帆町が合併して小野田市が発足し、郡より離脱。(2町9村)
  • 昭和16年(1941年10月20日 - 厚南村が宇部市に編入。(2町8村)
  • 昭和23年(1948年6月1日 - 生田村が町制施行・改称して埴生町となる。(3町7村)
  • 昭和29年(1954年)10月1日 - 厚東村・二俣瀬村・小野村が宇部市に編入。(3町4村)
  • 昭和30年(1955年
    • 4月1日 - 船木町・吉部村・万倉村が合併して楠町が発足。(3町2村)
    • 7月1日 - 王喜村・吉田村が下関市に編入。(3町)
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 厚狭町・埴生町が合併して山陽町が発足。(2町)
  • 平成16年(2004年)11月1日 - 楠町が宇部市に編入。(1町)
  • 平成17年(2005年3月22日 - 山陽町が小野田市と合併して山陽小野田市が発足し、郡より離脱。同日厚狭郡消滅。

変遷表[編集]

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)1月6日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

  1. ^ 吉田地区、王喜地区。
  2. ^ a b 中野妻崎村として記載。
  3. ^ 郷帳類では宇津木小野村のうちとして記載。
  4. ^ 以下4村は「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  5. ^ 福田村・大持村・小埴生村に分かれて記載。

参考文献[編集]

関連項目[編集]