美祢郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
山口県美祢郡の位置

美祢郡[1](みねぐん)は、山口県長門国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、美祢市の大部分(豊田前町各町を除く)にあたる。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

大田村、長登村、綾木村、長田村、真名村、岩永本郷村、岩永下郷村、秋吉村、嘉万上郷村、嘉万下郷村、青景村、赤村、絵堂村、厚保原村、厚保本郷村、厚保川東村、山中村、伊佐村、河原村、大嶺東分村、大嶺西分村、大嶺奥分村、大嶺北分村、於福上村、於福下村

町村制以降の沿革[編集]

1.大田村 2.綾木村 3.真長田村 4.秋吉村 5.岩永村 6.伊佐村 7.東厚保村 8.西厚保村 9.大嶺村 10.於福村 11.別府村 12.共和村 13.赤郷村(桃:美祢市)

変遷表[編集]

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)1月6日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

  1. ^ 「祢」の字は、祢(「ネ」+「尓」)旧郵便番号簿など、禰(「ネ」+「爾」)雲雀峠の美禰郡赤郷村阿武郡明木村 碑雲雀峠)と表記の揺れがある。『和名類聚鈔』よりも200年も前に、既に「美祢郷」「岑郷」「美祢郡司」などの表記があり、古来から美禰の略字「美祢」が使用されていたことが歴然であり、これまで一般的な通説となっていた後世に略字化されたという説は崩壊した。(「美祢」の地名の由来についてを参照)

参考文献[編集]

関連項目[編集]