都濃郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山口県都濃郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

都濃郡(つのぐん)は、山口県周防国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下松市および周南市の大部分(高瀬・夏切・垰・米光・馬神・巣山および八代より南東を除く)にあたる。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 周防山口藩 23村 長穂村、莇地村、須々万本郷村、須々万奥村、下谷村、切山村、末武上村、末武中村、末武下村、櫛ヶ浜村、平田村、久米村、小畑村、中野村、川上村、湯野村、中須南村、中須北村、金峰村、鹿野上村、鹿野中村、鹿野下村、大潮村
周防徳山藩 26村 徳山村、栗屋村、西豊井村、東豊井村、河内村、来巻村、山田村、生野屋村、譲羽村、瀬戸村、温見村、大藤谷村、大島村、粭島、大津島、下上村、四熊村、上村、川曲村、大道理村、大向村、富田村、福川村、夜市村、須万村、笠戸島[1]
山口藩・徳山藩 1村 戸田村

町村制以降の沿革[編集]

1.久保村 2.豊井村 3.末武南村 4.末武北村 5.米川村 6.久米村 7.太華村 8.徳山村 9.須々万村 10.中須村 11.須金村 12.鹿野村 13.向道村 14.長穂村 15.加見村 16.富岡村 17.富田村 18.福川村 19.夜市村 20.大津島村 21.戸田村 22.湯野村(桃:下松市 赤:周南市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足。特記以外は全域が現・周南市。(22村)
  • 明治29年(1896年9月1日 - 郡制を施行。
  • 明治33年(1900年10月15日 - 徳山村が町制施行して徳山町となる。(1町21村)
  • 明治34年(1901年3月1日 - 豊井村が町制施行・改称して下松町となる。(2町20村)
  • 明治45年(1912年1月1日 - 福川村が町制施行して福川町となる。(3町19村)
  • 大正4年(1915年11月10日 - 富田村が町制施行して富田町となる。(4町18村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年)4月1日 - 末武北村が改称して花岡村となる。
  • 昭和10年(1935年)10月15日 - 徳山町が市制施行して徳山市となり、郡より離脱。(3町18村)
  • 昭和14年(1939年11月3日 - 下松町・久保村・末武南村・花岡村が合併して下松市が発足し、郡より離脱。(2町15村)
  • 昭和15年(1940年
    • 4月29日 - 太華村が町制施行・改称して櫛浜町となる。(3町14村)
    • 11月3日 - 鹿野村が町制施行して鹿野町となる。(4町13村)
  • 昭和16年(1941年)11月3日 - 富岡村が富田町に編入。(4町12村)
  • 昭和17年(1942年)4月1日 - 加見村・久米村が徳山市に編入。(4町10村)
  • 昭和19年(1944年)4月1日 - 櫛浜町・富田町・福川町・大津島村・夜市村・戸田村・湯野村が徳山市と合併し、改めて徳山市が発足、郡より離脱。(1町6村)
  • 昭和24年(1949年
    • 8月1日 - 徳山市の一部(富田)が分立して富田町が発足。(2町6村)
    • 9月1日 - 徳山市の一部(福川)が分立して福川町が発足。(3町6村)
  • 昭和28年(1953年10月1日 - 富田町・福川町が合併して南陽町が発足。(2町6村)
  • 昭和29年(1954年
    • 11月1日 - 米川村が下松市に編入。(2町5村)
    • 12月1日 - 須々万村・中須村・長穂村が合併して都濃町が発足。(3町2村)
  • 昭和30年(1955年
    • 7月20日 - 都濃町および須金村の一部(金峰および須万の一部)が合併し、改めて都濃町が発足。須金村の残部(須万の残部)が鹿野町に編入。(3町1村)
    • 10月1日 - 向道村が徳山市に編入。(3町)
    • 11月1日
  • 昭和41年(1966年)1月1日 - 都濃町が徳山市に編入。(2町)
  • 昭和45年(1970年)11月1日 - 南陽町が改称・市制施行して新南陽市となり、郡より離脱。(1町)
  • 平成15年(2003年4月21日 - 鹿野町が徳山市・新南陽市・熊毛郡熊毛町と合併して周南市が発足。同日都濃郡消滅。山口県内では1896年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年4月1日 明治22年 - 大正15年 昭和元年 - 昭和10年 昭和11年 - 昭和20年 昭和21年 - 昭和29年 昭和30年 昭和31年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
鹿野村 鹿野村 鹿野村 昭和15年11月3日
町制
鹿野町 鹿野町 鹿野町 平成15年4月21日
周南市
周南市
須金村 須金村 須金村 須金村 須金村 昭和30年7月20日
鹿野町に編入
昭和30年7月20日
都濃町
昭和41年1月1日
徳山市に編入
須々万村 須々万村 須々万村 須々万村 昭和29年12月1日
都濃町
中須村 中須村 中須村 中須村
長穂村 長穂村 長穂村 長穂村
向道村 向道村 向道村 向道村 向道村 昭和30年10月1日
徳山市に編入
徳山市
徳山村 明治33年10月15日
町制
昭和10年10月15日
市制
徳山市 昭和19年4月1日
徳山市
徳山市 徳山市
加見村 加見村 加見村 昭和17年4月1日
徳山市に編入
久米村 久米村 久米村
太華村 太華村 太華村 昭和15年4月29日
町制改称 櫛浜町
大津島村 大津島村 大津島村 大津島村
夜市村 夜市村 夜市村 夜市村
戸田村 戸田村 戸田村 戸田村
湯野村 湯野村 湯野村 湯野村
富岡村 富岡村 富岡村 昭和16年11月3日
富田町に編入
富田村 大正4年11月10日
町制
富田町 富田町 昭和24年8月1日
分立 富田町
昭和28年10月1日
南陽町
南陽町 昭和45年11月1日
改称市制 新南陽市
福川村 明治45年1月1日
町制
福川町 福川町 昭和24年9月1日
分立 福川町
佐波郡
和田村
佐波郡
和田村
佐波郡
和田村
佐波郡
和田村
佐波郡
和田村
昭和30年11月1日
南陽町に編入
豊井村 明治34年3月1日
町制改称 下松町
下松町 昭和14年11月3日
下松市
下松市 下松市 下松市 下松市 下松市
久保村 久保村 久保村
末武北村 末武北村 昭和4年4月1日
改称 花岡村
末武南村 末武南村 末武南村
米川村 米川村 米川村 米川村 昭和29年11月1日
下松市に編入

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)1月6日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典』35 山口県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1988年11月1日。ISBN 4040013506
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]