宇部都市圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇部都市圏(うべとしけん)は、山口県宇部市を中心市とする都市圏である。山口宇部空港宇部興産山口大学医学部工学部があるなど、山口県内の重要な都市圏の1つである。北部九州地域との交流も深く、経済圏としては関門都市圏の一部に含まれる[1]

官公庁の定義[編集]

宇部・小野田広域都市圏[編集]

人口:約26万人(2015年10月1日)。

山口県が指定する旧宇部市と旧小野田市を中心とした都市計画区域は、「宇部・小野田広域都市圏[2]」と呼ばれる。また、当該地区を「厚狭地域」と呼ぶことも多い。山口県発表の2016年10月1日の推計人口は256,389人[3]

宇部市都市圏[編集]

国土交通省による、追加条件付の 5% 通勤圏。定義は都市圏#国土交通省の定義による。範囲は宇部市山陽小野田市、および阿知須町山口市と合併し消滅)。

民間の定義[編集]

都市雇用圏[編集]

金本良嗣・徳岡一幸によって提案された都市圏。細かい定義等は都市雇用圏に則する。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

宇部市を中心市とする都市雇用圏(10% 通勤圏)の人口は約24万人(2010年国勢調査基準)。

都市雇用圏の変遷
  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
豊北町 下関 都市圏
348875人
下関 都市圏
338049人
- - 下関 都市圏
290693人
下関 都市圏
280947人
下関市
豊田町 下関 都市圏
318904人
下関 都市圏
287935人
豊浦町
菊川町
下関市
山陽町 宇部 都市圏
258180人
宇部 都市圏
245216人
宇部 都市圏
238322人
山陽小野田市
小野田市 宇部 都市圏
229729人
宇部 都市圏
237389人
宇部 都市圏
237010人
宇部市 宇部市
楠町
阿知須町 山口 都市圏 山口 都市圏 山口市

地域メディア[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今なぜ関門海峡が必要か”. 九州経済連合会関門海峡道路建設促進協議会. 2012年2月20日閲覧。
  2. ^ 宇部・小野田広域都市圏 都市計画区域マスタープラン - 山口県
  3. ^ 人口移動統計調査 - 山口県

外部リンク[編集]

関連項目[編集]